高級腕時計の品格をもっと気軽に。カルレイモンが提唱する“クラシック”とは

高級腕時計の品格をもっと気軽に。カルレイモンが提唱する“クラシック”とは

ムーンフェイズを搭載したクラシック時計が3万円台前半で買える。今や“手が届く高級時計ブランド”の代名詞となった『カルレイモン』。その実力を改めて検証しよう。

2022.07.15
SHARE
記事をお気に入り
押条 良太

執筆者

暮らしを豊かにする、“定番”の魅力を探究

押条 良太
「MEN′S CLUB」編集部を経て独立。「OCEANS」「Begin」「UOMO」「LEON」「GQ」などのメンズ誌やブランドのカタログ、広告を手がける。得意分野はドレスからアメカジ、靴、ウェルネス、美容と幅広い。シングルフィンログをこよなく愛するサーファーでもある。 記事一覧を見る
...続きを読む

その名は『カルレイモン』。クラシックウォッチを身近にした、異端児について

時流に流されず、末長く使える腕時計。そんな一本を探すとき、価値観の確かな基準になるのが、クラシックであるかどうかだ。トレンドに影響されない普遍的な魅力を持ちつつ装いの品格を高め、ビジネススタイルから週末カジュアルまで幅広い着こなしに調和する。そう、クラシックな雰囲気を纏う腕時計こそ、買って間違いのない腕時計のひとつといえる。

その名は『カルレイモン』。クラシックウォッチを身近にした、異端児について

CAMERON

CAMERON

お気に入り追加

ただ、デザインがそうであればなんでもいい、というわけではない。大人が使うにふさわしい質感の高さも譲れないポイントだ。何よりクラシックを標榜する腕時計は、細部の仕上げで手を抜くと途端に安っぽく見えてしまう。とはいえ、質感が高ければ高いほど、当然高額になってしまうわけで……。クラシックな腕時計に憧れを抱く多くの人々にとって理想的なのは、「カジュアルプライスで買える、質感の高い一本」。ところが、いざ探してみると、そういったモノ作りを行っているブランドがほとんど存在しないことに気づかされるのだ。

その名は『カルレイモン』。クラシックウォッチを身近にした、異端児について 2枚目の画像

想いを繋ぐ百貨店 【TSUNAGU】

想いを繋ぐ百貨店 【TSUNAGU】

お気に入り追加

そんな時計界の現状に、日本の大学で学んでいた2人の外国人留学生が疑問を抱く。クラシックウォッチ、とりわけムーンフェイズウォッチを熱烈に愛していた彼らはある想いを描くようになる。「時計の技術と美意識の結晶であるムーンフェイズの魅力を、もっとたくさんの人々に伝えたい」。そんな理想を実現するべく、彼らは国内最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」でプロジェクトを開始した。すると、またたく間に国内外から計3,500万円以上の支援が集まった。この額は「Makuake」のアナログ時計部門における歴代ナンバーワンの記録である。

支援者の中にはクラシックな腕時計に憧れを抱く若い世代だけでなく、目の肥えた40~50代の時計愛好家も少なくなかった。彼らの声に押されるようにして、2017年に『カルレイモン』が設立された。

その名は『カルレイモン』。クラシックウォッチを身近にした、異端児について 3枚目の画像

腕時計本舗

腕時計本舗

お気に入り追加

デザインのコンセプトは「クラシック時計への回帰」。ドレスウォッチを踏襲した2針をはじめ、主張しない小ぶりな38mmケース、随所にちりばめられた古典的なディテール、黄金比率が駆使された文字盤のバランス……。その姿はクラシックな腕時計の王道を体現している。にもかかわらず、価格は“3万円台前半”という驚異のプライスを実現しているのだ。

そして時計愛好家の度肝を抜いたのが、全モデルに搭載されているムーンフェイズ。これは18世紀の天才時計師・ブレゲが発明した、月の満ち欠けを表現するという仕掛け。ひと昔前は、一握りの高級時計のみが持つ複雑機構だったが、『カルレイモン』はそんな時計業界の常識を覆し、3万円台のクォーツ時計にこの機構を搭載したのだ。ちなみに『カルレイモン』が脚光を浴びたことをきっかけに、ムーンフェイズの搭載されたカジュアルウォッチが台頭。この潮流に先鞭をつけたのは同ブランドといっても過言ではないだろう。

腕に巻けば一目瞭然。『カルレイモン』で、いつものスーツにも“格”が宿る

腕に巻けば一目瞭然。『カルレイモン』で、いつものスーツにも“格”が宿る

想いを繋ぐ百貨店 【TSUNAGU】

想いを繋ぐ百貨店 【TSUNAGU】

お気に入り追加

ことわっておくが、ムーンフェイズの『カルレイモン』は、単なる所有欲を満たす趣味の腕時計ではなく、れっきとした“使える腕時計”である。例えば、ビジネススーツの小物としても値千金。主張し過ぎない端正な顔つきと、袖口に収まりのいい38mm径ケースを併せ持つ腕時計は、ドレッシーなスーツスタイルにも違和感なく調和する。さらに高級時計の代名詞的な機構であるムーンフェイズが装いに趣味のいいアクセントを付与。また、過剰な装飾性が省かれたシンプルな文字盤は視認性にも優れる。

クラシックなデザインと大人が着けるにふさわしい高い質感、そしてビジネスシーンにも使える実用性。そんな美点を兼ねそなえた腕時計が3万円台前半で買えると聞けば、人気が高まるのは当然。さらに素材やディテール、仕上げを見ていけば、いかにこの価格が信じがたいものであるかを知ることになる。

情熱が叶えた作り込み。時計好きが驚く、『カルレイモン』の強みとは

価格をはるかに超える高見え感と、腕に巻いた際の満足感こそが『カルレイモン』が高い人気を誇る理由。では、そんな優れたプロダクトはどのようにして生まれるのだろう? 通常、3万円台の腕時計となれば、中国製が主流になるもの。しかし『カルレイモン』は、高い技術力で知られる日本の工場で生産されている。「3万円台のムーンフェイズウォッチ」という既存の常識を覆す発想は、日本のモノ作りによって実現されているのだ。

強み1

数十回の試行を経て生み出された、文字盤上の黄金比率

数十回の試行を経て生み出された、文字盤上の黄金比率

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

インデックスやサブダイヤルなどさまざまな要素で構成される文字盤は、腕時計の印象を大きく左右する“顔”というべき部分。それぞれの要素の大きさや位置が命であり、少しでも乱れがあろうものなら、全体のバランスが崩れ、美観とともに高級感までもが損なわれてしまう。そこで『カルレイモン』では、クラシックな腕時計を熟知する2人の創業者が、黄金バランスを徹底的に研究。かつパートナーである国内工場の職人たちがそのこだわりを形にしている。特にムーンフェイズのある文字盤はバランスをとるのが難しく、サイズやサブダイヤルの直径は数十回にもわたって微調整が繰り返されることで、ようやく完成にいたったという。

強み2

サージカルステンレスにサファイアガラス……当然のように素材は上質

サージカルステンレスにサファイアガラス……当然のように素材は上質

想いを繋ぐ百貨店 【TSUNAGU】

想いを繋ぐ百貨店 【TSUNAGU】

お気に入り追加

各パーツの素材も上質の一言だ。ケースの素材はサージカルステンレスとも呼ばれる、ステンレス316L。もともと医療器具に使われていたこのステンレスはその硬度から傷がつきにくく、錆びにも強いという特性を持っている。さらに、金属アレルギーの方でも安心して取り入れることができるのだ。また、風防にはサファイアクリスタルガラスを使用。一般的にこの価格帯の腕時計には手頃なミネラルガラスが使われることが多いが、『カルレイモン』では耐久性と視認性に優れたサファイアクリスタルガラスが使用されている。

強み3

ケースに仕込まれた3つの仕掛けが、静かな“高級感”を醸成する

ケースに仕込まれた3つの仕掛けが、静かな“高級感”を醸成する

腕時計本舗

腕時計本舗

お気に入り追加

ケースにも時計玄人をうならせる3つのこだわりが。まず、ケースの構造には、高級時計に見られるケースとベゼルが別々になったセパレート構造を採用。精度の高さも求められる分コストも上がるが、一体型ケースと比べるとエッジが際立ち、重厚感が一層高まる。細かい話だが、ケースに内蔵されたムーブメントを止める爪も特筆すべきポイントだ。この価格帯であれば、爪はプラスチック製がほとんど。しかし、『カルレイモン』は金属製のものを採用している。ムーブメントの安定感が高まるだけでなく、手に巻いた際に程良い重厚感を味わうことができるのだ。また、ベルトにも高級時計でお馴染みのD(ディプロイメント)ナックルを採用。高級感もさることながら、ワンタッチで着脱ができ、かつ革ベルトへのダメージを抑えることでベルト自体の寿命が延びるというメリットも期待できる。

通常は見えない細部にも及ぶ高級感の追求。この丹念なこだわりの積み重ねが時計愛好家の鋭い感覚に響くのだ。

強み4

腕時計を購入するという経験も、『カルレイモン』はプロデュースする

腕時計を購入するという経験も、『カルレイモン』はプロデュースする

想いを繋ぐ百貨店 【TSUNAGU】

想いを繋ぐ百貨店 【TSUNAGU】

お気に入り追加

腕時計自体の高級感はばっちりでも、収納ケースがなんとなく安っぽい……。ハイコスパを謳う腕時計ブランドの“あるある”といえるが、『カルレイモン』は違う。上品な光沢を帯びた外装といい、なめらかな質感の内装といい、その収納ケースのクラス感は数十万する時計ブランドのケースと並べても見劣りしない。高級時計を購入したときの高揚感を味わえるのはもちろん、ギフトとしても映えるのだ。

こだわるからこそ、3型のみ。今手に入る『カルレイモン』のラインアップ

デビューしてすでに5年余りが経つ『カルレイモン』だが、これまで発表されたモデルは4本にとどまる。この価格帯のブランドにしては寡作といえるが、その理由はほかでもない。1本1本を丁寧に作り込むことで、極限まで完成度が高められているためだ。現在は現行の4本のうち、一作目の「クラシックパイオニア」をはじめとする3本が巷のショップやECモールで販売されている。トリプルカレンダーを搭載した待望のラグスポモデル「マジェスティ」が気になる人はブランド公式ショップをチェックしよう。

▼モデル1:インダイヤルの配置も美しい「クラシックパイオニア」

▼モデル1:インダイヤルの配置も美しい「クラシックパイオニア」

CAMERON

CAMERON

お気に入り追加

ブランドのファーストモデルはその名も、「クラシックパイオニア」。月・日・曜日を表示するフルカレンダーに加え、月齢を表示するムーンフェイズという、機械式時計では複雑機構とされる2つの機能が搭載されている。ケースはポリッシュ仕上げが施された316Lステンレス製で、風防には反射防止コーティングが施されたサファイアクリスタルガラス。3万円台前半~後半の腕時計とは到底思えない高級感溢れるモデルは、『カルレイモン』の名を一躍有名にした。

カラー1

ステンレススチール ウィズ ホワイトダイヤル

ステンレススチール ウィズ ホワイトダイヤル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『カルレイモン』のファーストチョイスとしておすすめの「クラシックパイオニア」。なかでも狙い目は、シルバーのステンレススチールケース×ホワイトダイヤルというこちらのモデル。スマートな色使いがクラシックウォッチを一層品良く見せている。サイズ:38mm、クォーツ式、SSケース。

カラー2

ステンレススチール ウィズ ブラックダイヤル

ステンレススチール ウィズ ブラックダイヤル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シルバーのステンレススチールケースにブラックダイヤルを組み合わせた「クラシックパイオニア」は、クリーンなホワイトダイヤルとは一味違う精悍なイメージが魅力的だ。同じく黒であしらわれたクロコの型押しベルトと相まって、着こなしをキリッと引き締める。サイズ:38mm、クォーツ式、SSケース。

カラー3

ゴールド ウィズ ブルーダイヤル

ゴールド ウィズ ブルーダイヤル

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ツヤっぽいクラシックウォッチが好みの方にはこちら。ゴールドのステンレススチールケースがラグジュアリーなイメージを、深海のようなブルーダイヤルがスポーティなイメージを醸成する。スーツはもちろん、休日カジュアルにも大人の色気を添えてくれる。サイズ:38mm、クォーツ式、SSケース。

▼モデル2:2種の仕上げが奥行きと高級感を生み出す「クラシックシンプリシティ」

▼モデル2:2種の仕上げが奥行きと高級感を生み出す「クラシックシンプリシティ」

時計専門店 ラグゼ

時計専門店 ラグゼ

お気に入り追加

第2のモデルは「クラシックシンプリシティ」。その名の通りのシンプルなデザインだが、文字盤の中央にはヴァーグギョーシェが刻まれ、インデックスが並ぶその外側には円形のヘアラインが施されている。クラシックな腕時計に見られる2つの仕上げが駆使された顔つきは、どこか知的な華やかさを醸成。また、時分針はオーセンティックなドーフィン針を採用しており、その直線的な力強いフォルムが文字盤に洗練された空気を付与している点も見逃せない。

カラー1

ステンレススチール ウィズ ホワイトダイヤル

ステンレススチール ウィズ ホワイトダイヤル

CAMERON

CAMERON

お気に入り追加

シルバーのステンレススチールケースに白ダイヤルというクリーンな組み合わせ。文字盤はヘアラインが施された外側がシルバーで、中央のギョーシェが刻まれた部分が白というツートーンカラーが実に上品だ。シンプルさが際立つ配色ゆえ、ムーンフェイズが一層映えるのだ。サイズ:38mm、クォーツ式、SSケース。

カラー2

ゴールド ウィズ ブラックダイヤル

ゴールド ウィズ ブラックダイヤル

グローリーズウォッチストア

グローリーズウォッチストア

お気に入り追加

ゴールドのステンレススチールケースにブラックダイヤルという「クラシックシンプリシティ」は、“ラグジュアリー”という言葉がしっくりくる一本。夜空を思わせる文字盤に、ムーンフェイズの月が鮮やかに浮かび上がる。色バリエーションの中でも存在感は随一だ。サイズ:38mm、クォーツ式、SSケース。

カラー3

ゴールド ウィズ ホワイトダイヤル

ゴールド ウィズ ホワイトダイヤル

CAMERON

CAMERON

お気に入り追加

古き良きクラシックウォッチの気風を感じさせるのは、ゴールドのステンレスチールケースと白ダイヤルを組み合わせたこちら。さらにブラウンのクロコの型押しベルトがレトロなムードを醸し出している。全カラーバリエーションの中でも、品の良さはピカイチだ。サイズ:38mm、クォーツ式、SSケース。

▼モデル3:あえての引き算によりクラス感を獲得した「クラシックシンプリシティ2」

▼モデル3:あえての引き算によりクラス感を獲得した「クラシックシンプリシティ2」

想いを繋ぐ百貨店 【TSUNAGU】

想いを繋ぐ百貨店 【TSUNAGU】

お気に入り追加

三作目の「クラシックシンプリシティ2」は、ブランドのコンセプトであるクラシックスタイルに原点回帰したモデルだ。インデックスは前作のアラビアン&バーインデックスから立体的なローマンインデックスに、ドーフィン針は優雅な曲線を描く古典的なリーフ針にアップデートされた。前作が華やかさを感じさせたのに対し、本作はクラシックなディテールが使われつつも、余分な装飾性が引き算されることで端正なイメージが強められている。

カラー1

ステンレススチールウィズホワイトダイヤル&ブルーハンズ

ステンレススチールウィズホワイトダイヤル&ブルーハンズ

CAMERON

CAMERON

お気に入り追加

クラシックな高級時計に見られるブルーの針を採用した「ブルーハンズシリーズ」の「クラシックシンプリシティ2」。シルバーのステンレススチールケース×ホワイトダイヤルというクリーンな顔立ちに、青いリーフ針と型押しのレザーベルトが鮮やかに映える。サイズ:38mm、クォーツ式、SSケース。

カラー2

ステンレススチール ウィズ ブルーダイヤル

ステンレススチール ウィズ ブルーダイヤル

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

シルバーのステンレススチールケースに組み合わせたのはブルーのダイヤル&型押しレザーベルト。全体の色数を抑えることで、このモデルの持ち味であるシンプルさが一層際立っている。ネイビースーツやシャツ姿に優雅なアクセントを利かせてくれるだろう。サイズ:38mm、クォーツ式、SSケース。

カラー3

ゴールド ウィズ ホワイトダイヤル

ゴールド ウィズ ホワイトダイヤル

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

「クラシックシンプリシティ2」の3色のバリエーションの中でも、トップクラスの人気を誇るのがゴールドのステンレススチールケース×白ダイヤルというこちらの一本だ。スーツはもちろん、きれいめカジュアルに合わせてレトロなスパイスを利かせるのも新鮮。サイズ:38mm、クォーツ式、SSケース。

高級腕時計ブランド46選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

腕時計・ウォッチ

高級腕時計ブランド46選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。長く愛用するに足る逸品の選び方と、傑作をご紹介しましょう。

夏目 文寛

2022.07.24

メンズが腕時計を選ぶ5つの基準。機能、ルックス、それともブランド力か

腕時計・ウォッチ

メンズが腕時計を選ぶ5つの基準。機能、ルックス、それともブランド力か

腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

夏目 文寛

2021.08.13

見た目だけじゃない。ムーンフェイズウォッチを大人が選ぶ理由とは

腕時計・ウォッチ

見た目だけじゃない。ムーンフェイズウォッチを大人が選ぶ理由とは

文字盤上に月の満ち欠けを正確に表示するムーンフェイズウォッチ。そのロマンチックで高級感溢れる同機能の魅力とおすすめモデルをご紹介します。

髙須賀 哲

2020.05.18

この記事の掲載アイテム一覧(全9商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『カルレイモン』ステンレススチール ウィズ ホワイトダイヤル
    『カルレイモン』 ステンレススチール ウィズ ホワイトダイヤル
  • 『カルレイモン』ステンレススチール ウィズ ブラックダイヤル
    『カルレイモン』 ステンレススチール ウィズ ブラックダイヤル
  • 『カルレイモン』ゴールド ウィズ ブルーダイヤル
    『カルレイモン』 ゴールド ウィズ ブルーダイヤル
  • 『カルレイモン』ステンレススチール ウィズ ホワイトダイヤル
    『カルレイモン』 ステンレススチール ウィズ ホワイトダイヤル
  • 『カルレイモン』ゴールド ウィズ ブラックダイヤル
    『カルレイモン』 ゴールド ウィズ ブラックダイヤル
  • 『カルレイモン』ゴールド ウィズ ホワイトダイヤル
    『カルレイモン』 ゴールド ウィズ ホワイトダイヤル
  • 『カルレイモン』ステンレススチールウィズホワイトダイヤル&ブルーハンズ
    『カルレイモン』 ステンレススチールウィズホワイトダイヤル&ブルーハンズ
  • 『カルレイモン』ステンレススチール ウィズ ブルーダイヤル
    『カルレイモン』 ステンレススチール ウィズ ブルーダイヤル
  • 『カルレイモン』ゴールド ウィズ ホワイトダイヤル
    『カルレイモン』 ゴールド ウィズ ホワイトダイヤル

掲載アイテムをもっと見る(-3商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP