バックパックに一家言あり。グラナイトギアのバッグ&ポーチで出かけよう!

バックパックに一家言あり。グラナイトギアのバッグ&ポーチで出かけよう!

軽さ&快適さ至上主義のバッグ作りで、コアなアウトドア派からも一目を置かれる『グラナイトギア』。街や自然に出かけたい気分が高まる季節にこそ頼れるバッグの宝庫です。

2022.07.26
SHARE
記事をお気に入り
遠藤 匠

執筆者

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。 記事一覧を見る
...続きを読む

米国はミネソタ生まれ。『グラナイトギア』のバッグで外遊びを軽快に

アクティブ派のバッグ選びにおいて、やはり軽さは絶対的な正義です。リュックに限らず、ポーチやサコッシュだって、作りが軽く身軽に動けるのに越したことはないですよね。手周り品の多くが小型&軽量化されつつある今だからこそ、なおさらそう思うのかもしれません。そんな時代のニーズに応えてくれるのが、コロラド生まれのバッグブランド『グラナイトギア』です。同社の名を聞いてピンときた人は、おそらく年季の入ったアウトドア好き。何を隠そう同社は、2000年代初頭の“UL(ウルトラライト)バックパック”黎明期に頭角を現した、先駆的ブランドなのです。

米国はミネソタ生まれ。『グラナイトギア』のバッグで外遊びを軽快に

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

このULバックパックとは、極限まで軽量化を図ったスタイルでハイキングに挑むために開発されたもの。当時のアメリカでは、長距離トレイルに挑むコアなハイカーの間で荷物をグラム単位で切り詰めるスタイルが流行し、軽量至上主義的なギアを作るガレージブランドが増えつつありました。一方で同社は、1986年の創業当初からアパラチアン・トレイルで毎年開催されるハイカー向けイベントでギアの修理対応をしてきた実績があり、そこでハイカーたちが自ら改造を加えて軽量化したバックパックを多数目撃することに。それを元に試作したバックパックをハイカーに使ってもらいながら改良を重ね、後に超軽量バックパックの金字塔として語り継がれる「ヴェイパートレイル(※現在は廃盤)」を完成させます。容量60Lにして約1kgというこの革新的バックパックの大ヒットをきっかけに、軽さと耐久性を兼ね備えたバッグのパイオニア的ポジションを確立しました。

「ヴァーガ2」を例に解説。『グラナイトギア』の強みとは?

「ヴァーガ2」を例に解説。『グラナイトギア』の強みとは?

vic2(ビックツー)

vic2(ビックツー)

お気に入り追加

ここからはそんな『グラナイトギア』の強みを、「ヴァーガ2」という代表作の魅力を読み解きながら見ていきましょう。まず、この「ヴァーガ2」とは、前出の「ヴェイパートレイル」と同時期に発売された「ヴァーガ」というバックパックに改良を加えた二代目モデル。サイズ感や雨蓋を省いたその佇まいは「ヴェイパートレイル」の流れを汲んだものですが、背面のフレームやパッド、ファスナーなどをそぎ落とすことで、さらなる軽量化を推し進めているのが特徴です。

▼54Lの容量に対して、わずか540g! ガチのハイカーにも刺さる圧倒的軽さ

▼54Lの容量に対して、わずか540g! ガチのハイカーにも刺さる圧倒的軽さ

vic2(ビックツー)

vic2(ビックツー)

お気に入り追加

▼54Lの容量に対して、わずか540g! ガチのハイカーにも刺さる圧倒的軽さ 2枚目の画像

vic2(ビックツー)

vic2(ビックツー)

お気に入り追加

「ヴァーガ2」は、容量54Lの大型バックパックでありながらわずか540gという驚きの軽さを実現しています。開発コンセプトや用途が違うのでどちらが良いというわけではありませんが、『グレゴリー』のほぼ同等サイズのバックパックである「ジェイド53(容量53L)」の総重量は1,550g。もちろん背負い心地やスペックにも違いはありますが、軽さを重要視する場合「ヴァーガ2」の圧倒的な軽量性がストロングポイントになることは間違いありません。

▼超軽量でも侮るなかれ。素材には耐久性に優れた高機能ナイロンを採用

▼超軽量でも侮るなかれ。素材には耐久性に優れた高機能ナイロンを採用

vic2(ビックツー)

vic2(ビックツー)

お気に入り追加

“軽さファースト”だからといってタフさに妥協しない作りである点も「ヴァーガ2」の特徴。同時に『グラナイトギア』のこだわりが感じられるポイントでもあります。本体には引き裂き強度の高いリップスップナイロンや、薄手でも優れた撥水性と堅牢性を発揮するシルハイブリットナイロンを採用。つまり、副資材やバッドなどを省きつつも作りは決してヤワではないということです。また、同社のバックパックはフロント部分にアーチ状のパーツ(オレンジの部分)が施されていることが特徴なのですが、これもタフさを担保する役割を担っています。これはカヌーのギアを満載して持ち歩くためのポーテージパックの底部分に補強目的で縫い付けられているパーツに着想を得たもの。これをフロントに配することで、副資材を省いたシンプルな構造であっても荷重や経年劣化による破損を防げる作りになっています。

『グラナイトギア』のバックパック10選。街と山を横断する、その実力を知る

「ヴァーガ2」は旅やハイキングに適した大型バックパック。ですが、街でも山でも使いやすい中型~小型バックパックにおいても、軽くて堅牢、そして使い勝手も良好な秀作が揃っています。いつでもどこでも頼れる10モデルをご紹介しましょう。

アイテム1

ダガー

ダガー

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

日帰りのハイキングを想定して開発された、容量22Lのデイパック。従来のフレームの役割を果たす薄手のシートを背面に内蔵することで、軽量化を図りながら背中にかかる負荷を低減しています。重量は680gで、さらに軽くしたい場合はこの背面シートを取り外すことも可能。腰周りのスタビリティを高めるウエストベルトと腰パッドも着脱式です。

アイテム2

スプリットロック 34

スプリットロック 34

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

こちらは、「キャンパス」コレクションにラインアップされた容量34.5Lの中型バックパック。主室から独立させたラップトップスリーブが背面側にあり、フロントには手周り品の収納に便利なオーガナイザーも備えた多機能設計になっています。学生の使用を想定したシリーズだけあって、開口部は書籍や書類の出し入れがしやすいパネルローディング式を採用。

アイテム3

ソウビル20

ソウビル20

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

フレームやパッドに加え、ジッパーや横ポケットさえも省いたミニマル設計。容量20Lにして、わずか170gという軽さを実現しています。開口部にはドローコードのような構造の“シンチクロージャー”という独自システムを採用しており、ワンアクションでの素早い開閉を可能に。主室の背面側には水分補給用のハイドレーションパックのスリーブがあり、ここに小型のスリーピングマットを入れて背面パッド代わりにする人も多いのだとか。

アイテム4

ペリメーター35

ペリメーター35

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

雨蓋に加え、左右に収納が付いたウエストベルトを着脱式にすることで、状況に応じて軽量にカスタマイズができる設計を採用。加えて、背面に荷重を分散するためのサスペンションシステムを内蔵しており、身長や肩幅に合わせて微調整することで背負う人に最適化できる点が秀逸です。容量は35L。

アイテム5

ヴァーガ26

ヴァーガ26

白馬ブルークリフ楽天市場店

白馬ブルークリフ楽天市場店

お気に入り追加

雨蓋なしのロールトップ型で本体はフレームレスという「ヴァーガ2」の仕様を踏襲しつつ、容量26Lにスケールダウン。容量も460gと超軽量設計で、ウエストベルトを取り外すことでさらなる軽量化も可能に。ロールトップの開口部は、目一杯伸ばして使うと容量を35L程度まで拡張可能。外出先や旅先で荷物が増えたときも安心感です。

アイテム6

スラッカーパッカー

スラッカーパッカー

vic2(ビックツー)

vic2(ビックツー)

お気に入り追加

容量25Lの本体に走らせた3本のコンプレションストラップを絞り込むことで、かさ張りがちな衣類や寝袋を収納した際のボリュームを抑えられる設計が特徴的。撥水性に優れるシルナイロンと防水透湿素材のイーベントを組み合わせた本体にシームテープを施すことで、ドライサックとしての使用に耐えられるレベルの防水性能を担保しています。

アイテム7

スカリー24

スカリー24

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

フロントにオーガナイザーを備えた、容量24Lロールトップ型デイパック。両サイドに伸縮素材のポケットを備えた実用的な設計ながら、フレームを省き、背面パッドを最小限の厚みにすることで510gという軽さを実現しています。ショルダーストラップには背負った際のフィット感を高めるチェストストラップが付きますが、必要がない場合やより軽くしたい場合は取り外すことも可能。

アイテム8

ルッセン 35

ルッセン 35

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

荷重を分散し、重さを感じさせない背負い心地に導くための背面システムを搭載した「ルッセン 35」。この背面システムは背面長に合わせて簡単にサイズ調整ができ、最適な荷重分散を得ることができます。同じくサイズ調整ができるウエストベルトも搭載しているために総重量は1,315gありますが、背面システムとウエストベルトを取り外すことで765gまで軽量することも可能です。開口部はU字型に大きく開くパネルローディング式なので、荷物の出し入れも容易。

アイテム9

クリッパー

クリッパー

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

コンプレッションストラップを本体サイド上部のみに施し、外ポケットの数も抑えたミニマル設計で、350gの軽さを実現したデイパック。容量17Lの主室内にはノートPCが収まるスリーブを備えていたり、ドリンクボトルの収納に便利なサイドポケットだけは表面に残したりするなど、必要最小限の実用性はしっかり担保しています。

アイテム10

クロストレック2

クロストレック2

フェルマート

フェルマート

お気に入り追加

ミニマル志向のバッグを得意とする『グラナイトギア』ですが、トラベルコレクションにおいてはスペック面も充実です。36Lの容量を備えた定番モデルである本作は、ブリーフケースのように横持ちもできる2WAY仕様。全天候型トラベルギアと銘打った製品だけあって、耐水性に優れる生地やジッパーの採用で雨天を気にせず使える作りになっています。旅行時はどうしても荷物が重くなりがちですが、本作は人間工学に基づき設計された背面パネルや頸椎にかかる負荷を軽減するランバーサポート機能が荷重を分散してくれるので、旅先での移動も苦にならなそうです。

サコッシュ&サックにも名品あり。『グラナイトギア』のアクセサリー5選

軽くてタフで、見栄えも良し。そんな『グラナイトギア』ならではの世界観とモノ作りは、サコッシュやヒップバッグといった小型バッグで楽しむことも。テンションが上がる配色で作りもアイデアも満載ながら、しっかり機能的なのは流石の一言です。

アイテム1

ハイカーサチェル

ハイカーサチェル

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

わずか60gという、卵1個分くらいの軽さが自慢の定番サコッシュ。本体は軽さと耐久性、そして撥水性という三拍子揃ったシルナイロンコーデュラ製で、着脱式のストラップを外せばポーチやバッグインバッグとしても使えます。スマホやマスクの収納にちょうどいいフロントポケットは内側の面ファスナーで閉じることができ、主室内は仕分けに便利な仕切り付きと、軽さと引き換えに快適な使用感を犠牲にしない作りが秀逸。

アイテム2

エアグロサリーバッグ

エアグロサリーバッグ

sokit 練馬

sokit 練馬

お気に入り追加

こちらは、シルナイロンコーデュラで仕立てたショッピングトートバッグ。容量30Lにしてわずか48gという驚きの軽さですが、約15kgの荷重に耐えうるタフさが自慢です。裏返しにして内ポケ内に本体を収納すると手の平サイズにたためるパッカブル仕様で、フックを使ってメインのバッグに引っ掛けておいても絵になります。

アイテム3

ジップディティー(2個セット)

ジップディティー(2個セット)

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

グルーミング用品や細かい手周り品をまとめておくのに便利で、ポーチとしても使いやすい手持ち用ループ付きスタッフバッグ。こちらもシルナイロンコーデュラ仕立てで、止水ジッパーの採用により水濡れに強い作りになっています。予備バッテリーなどのデジモノも、安心して収納できますね。

アイテム4

ヒップウイング

ヒップウイング

wanna do

wanna do

お気に入り追加

一般的なウエストバッグと違い、マチを排した薄型設計が特徴的。斜めがけしたり腰に装着したりした際のフィット感が非常に高く、動きの邪魔にもならないため自転車ライドの相棒にもうってつけです。薄型とはいえ容量は1.4Lほどあり、500mlペットボトルや財布、スマホといった手周り品がちょうどよく収まってくれるサイズ感が絶妙。

アイテム5

トレイルウォレットM

トレイルウォレットM

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

財布としても、リップクリームなどを携行するミニポーチとしても使いやすいサイズ感(W12.3×H10cm)のジップウォレット。本体のシルナイロンコーデュラは摩擦にも引き裂きにも強いリップストップ織りなので、付属のカラビナでパンツのベルトループやバッグに引っ掛けてアクセ感覚でコーデに盛るのもおすすめです。

アウトドアウェア&小物の人気ブランド、今マストで押さえておきたい25選

ウェア・コーデ

アウトドアウェア&小物の人気ブランド、今マストで押さえておきたい25選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

2022.01.07

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

バッグ・ファッション小物

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

TASCLAP編集部

2022.10.13

大人は大人流に。リュックコーデを子供っぽく見せないコツとアイテム選び

バッグ・ファッション小物

大人は大人流に。リュックコーデを子供っぽく見せないコツとアイテム選び

機能面で他のバッグより頭一つ抜けているリュック。コーデが子供っぽく見えるから……と敬遠する人もいるかもしれませんが、コツを押さえればその心配はありません。

山崎 サトシ

2022.03.23

この記事の掲載アイテム一覧(全15商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『グラナイトギア』ダガー
    『グラナイトギア』 ダガー
  • 『グラナイトギア』スプリットロック 34
    『グラナイトギア』 スプリットロック 34
  • 『グラナイトギア』ソウビル20
    『グラナイトギア』 ソウビル20
  • 『グラナイトギア』ペリメーター35
    『グラナイトギア』 ペリメーター35
  • 『グラナイトギア』ヴァーガ26
    『グラナイトギア』 ヴァーガ26
  • 『グラナイトギア』スラッカーパッカー
    『グラナイトギア』 スラッカーパッカー
  • 『グラナイトギア』スカリー24
    『グラナイトギア』 スカリー24
  • 『グラナイトギア』ルッセン 35
    『グラナイトギア』 ルッセン 35
  • 『グラナイトギア』クリッパー
    『グラナイトギア』 クリッパー
  • 『グラナイトギア』クロストレック2
    『グラナイトギア』 クロストレック2
  • 『グラナイトギア』ハイカーサチェル
    『グラナイトギア』 ハイカーサチェル
  • 『グラナイトギア』エアグロサリーバッグ
    『グラナイトギア』 エアグロサリーバッグ
  • 『グラナイトギア』ジップディティー(2個セット)
    『グラナイトギア』 ジップディティー(2個セット)
  • 『グラナイトギア』ヒップウイング
    『グラナイトギア』 ヒップウイング
  • 『グラナイトギア』トレイルウォレットM
    『グラナイトギア』 トレイルウォレットM

掲載アイテムをもっと見る(3商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP