AGの魅力を深掘り! 大人に似合う、美しいジーンズの魅力はなんだ?

AGの魅力を深掘り! 大人に似合う、美しいジーンズの魅力はなんだ?

1990年代後半以降、海外でトレンドとなったプレミアムデニムは高級かつ美しいシルエットが特徴。その代表格と言える『AG』の魅力やラインアップを紹介します。

桐田 政隆

2017.09.21

AGジーンズ(AG JEANS)
ボトムス
ジーンズ

一過性のムーブメントじゃない。実力派デニムブランドの『AG』に注目

『AG』は、デニム業界で華々しいキャリアを積み上げ“デニムの神様”と称されるアドリアーノ・ゴールドシュミット氏を中心に、2000年にロサンゼルスにて設立されたブランド。ブランド名はアドリアーノ氏のイニシャルに由来します。同時期のプレミアムデニムブームを牽引した存在として知名度を高めた同ブランドは、デニム好きなら1度は聞いたことがあるブランドではないでしょうか。

一過性の人気で終わったプレミアムデニムが多いなか、『AG』は今でも第一線で支持される数少ない存在です。

その理由は過度な装飾を控え、時代に即したシルエットとヴィンテージ加工の技術が一流だから。この背景にはデザインから縫製、加工までをロサンゼルスの自社工場で一貫して行っているクオリティコントロールがあるのです。その技術やこだわりの数々を掘り下げてみましょう。

特徴1ヴィンテージ加工のリアルな風合い

モダンなシルエットは言わずもがな。加えて『AG』は加工技術の高さが見逃せません。現在では2年、3年、10年、27年とその年数をはき込んだような、さまざまな加工モデルをラインアップし、バリエーションも豊富。立体的なヒゲやリアルなダメージ感など、ヴィンテージ加工の表情も秀逸です。

特徴2バックポケットのAGステッチ

ブランド名をモチーフにしたバックポケットの『AG』ステッチは、『AG』のジーンズと即座にわかるアイコンとして有名。特徴的なデザインは女性にもだいぶ浸透しているので、女性ウケを意識した1本としても持ってこい。シルエットはもちろん、加工やバックポケットのデザインまで、どこから見ても美しさが醸し出されているのは『AG』ならでは。

大人の着こなしにハマる。『AG』の定番ジーンズ5選

『AG』の魅力を肌で感じられる定番のジーンズをピックアップ。季節を問わず活用可能なラインアップは、2017年秋冬のワードローブとしても検討したいモノばかりです。

アイテム1マッチボックス 10YEARS

『AG』のなかでも一番人気のマッチボックス。程良いフィット感を保ちながら、身体のラインを適度に出さないよう配慮されたスリムストレートモデルは太すぎず細すぎず、はく人を選ばない1本です。こちらは10年加工モデル。

アイテム2タンバリン 23YEARS

タンバリンは『AG』のなかでも長年人気を誇る定番のストレートタイプ。腰や太ももまわりなどを日本人男性向けに細身に調整し、もたつきの少ないすっきりとしたストレートに仕上げられています。どんな着こなしにも対応できる万能アイテムです。

アイテム3プロテジェ 10YEARS THORN BUSH

米国でも日本でも長く続いている定番ストレートタイプ。タンバリンよりも、やや太めの骨太シルエットが特徴です。昔ながらのレギュラーストレートや腰ばきが好きな方、体格が良い方や身長が高い方などに根強く人気。

アイテム4エイペックス 6YEARS OBJECTIVE

ゆとりをもたせた腰まわりから、裾に向けて絞りを入れたテーパードシルエット。股上が深めで非常にメリハリのきいたラインで、大人カジュアルにぴったりの仕様となっています。

アイテム5テリス 16YEARS RAVE MENDED

テリスはスリムストレートのマッチボックスの膝下を絞った、スリムテーパードモデル。タイトながらもストレスのないしなやかなはきやすさが魅力ですが、まるでコットン100%のような風合い豊かなヴィンテージ加工もさすがです。

秋冬の参考に。『AG』ジーンズの着こなし10選

『AG』のジーンズを取り入れた大人の着こなしをご紹介。モデルのバリエーションが多いので、スタイリングの幅も広がります。

シンプルなスタイリングに明るめの『AG』ジーンズを取り入れ、一気に抜け感とこなれ感を演出した好サンプル。こうしたシンプルな着こなしにこそ『AG』の洗練されたこなれ感が生きるのです。

Tシャツにパーカーを合わせるラフなスタイリングにも、リジットのジーンズを差せばカジュアルになりすぎません。同系色のスニーカーを合わせた足元は、ロールアップして軽快な雰囲気に。

こちらもリジットジーンズを用いたコーディネート。上記のコーデ例とは異なり、ややゆったりとしたシルエットでストリート色を出しています。そのため、ネイビーのキルティングジャケット、なかに取り入れたグレーパーカーとも相性抜群です。

テーラードジャケットにも、シルエットのきれいな『AG』ならしっくりハマります。ジーンズの程良い色落ち感が、トラッドななかにスタイリッシュな印象をプラス。

軽快な色使いに、ワンウォッシュのジーンズが効いたコーディネート。足首が見えるようを太めにロールアップさせると抜け感が出て軽やかな印象に。

ボーダーカットソー×ジーンズという定番スタイルですが、パンツのクラッシュ加工がさりげなくアクセントに。クラッシュ加工が施されているとはいえ、『AG』ならばどことなく上品な印象に仕上がります。

ポップなキャラクターが描かれたスウェットに『AG』のダメージジーンズでラギッドさを加え、甘くなりすぎない着こなしに。

柄ニットとジーンズというシンプルな着こなしにもかかわらず、センスを感じさせるのは『AG』のダメージ加工のなせる業。ニットの柄とジーンズの加工、スニーカー、リュックとホワイトがところどころリンクしているのがまたおしゃれ。

アメカジライクなスタイリングは、クラッシュの効いたジーンズで大人のカジュアルコーデをセンスアップさせています。こういった着こなしの際は、ロールアップしないで取り入れるのが気分です。

ハンパ丈のカットオフジーンズで遊んだテーラードスタイル。シンプルな着こなしにも関わらず個性を感じるのはカットオフのハンパ丈ジーンズのおかげ。Tシャツにジャケットを羽織るベーシックなコーデだからこそ、ジーンズで遊び心を加えるとよく映えます。

ファッション誌やニュースサイトなどで執筆。洋服はいろいろなスタイルにふらつくも、なんだかんだでアメカジ好き。またラーメン、酒、川崎フロンターレがライフワーク。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    BACK