植物育成LEDライトは観葉植物の強い味方! インテリアに馴染むおしゃれな8選

植物育成LEDライトは観葉植物の強い味方! インテリアに馴染むおしゃれな8選

観葉植物を室内に飾っている方も多いと思いますが、実は光が足りていないことも……。それを解消してくれるのが植物育成LEDライトなんです。選び方とおすすめ品をご紹介!

2022.09.28
SHARE
記事をお気に入り
イトウ ジュン

執筆者

自宅で育てている観葉植物は300以上

イトウ ジュン
都内のインテリア雑貨屋の観葉植物、多肉植物の仕入れ、販売を担当したことをきっかけに植物にのめり込む。さらにアレンジとディスプレイにも興味を持ち、アレンジメントスクールに通い、植物を使ったディスプレイなどの仕事にも携わる。特に好きなのは多肉植物。洋服もフラワープリントのものにときめく。 記事一覧を見る
...続きを読む

室内で育てているその観葉植物、実は日光が足りていないかも……

室内で育てているその観葉植物、実は日光が足りていないかも……

goodroom journal

goodroom journal

お気に入り追加

育てる楽しみを味わえるのはもちろん、インテリアに馴染んで部屋をおしゃれに演出してくれる観葉植物。室内の窓際など、日当たりが良い場所に飾って育てている方も多いかと思いますが、一見元気に見えて実は日光が不足している……という場合があるんです。植物全体を観察してみて、購入時よりも葉と葉の間が広く間延びした姿(徒長といいます)になっていたら、日光不足のサイン。

室内で育てているその観葉植物、実は日光が足りていないかも…… 2枚目の画像

goodroom journal

goodroom journal

お気に入り追加

徒長の原因は日光不足の他に、水分過多の場合もありますが、特にサボテンや多肉植物でわかりやすく、茎の先端がひょろひょろと細くなって伸びていきます。一見、成長しているように見えますが日光が不足しているサインのひとつなので、ぜひ日光に当ててあげましょう。とはいえ、自宅の環境などによっては日当たりの良い場所を確保できない……という方もいると思いますので、そんなときには「植物育成LEDライト」を活用してみることをおすすめします。

室内の日光不足を解消。観葉植物の育成LEDライトとは?

室内の日光不足を解消。観葉植物の育成LEDライトとは?

goodroom journal

goodroom journal

お気に入り追加

観葉植物が育つ日光を照度で表すと大体500~1,000ルクスとされています。室内に日光が入り、植物が健やかに育っているならば日常で使用している照明だけでもOKですが、やや暗めの部屋や日当たりの悪さが気になる場合、植物に適した育成LEDライトを補助光として使うのが有効です。ではいったい、植物用と通常のLEDライトでは何が違うのでしょうか? 植物の育成には赤色と青色の光が必要で、赤色は光合成を促し、青色は葉や茎の成長を促す役割があります。植物育成LEDライトは、それに近い光を出すことができるもので、太陽光の代わりとなって日光不足解消のサポートをしてくれるのです。

室内の日光不足を解消。観葉植物の育成LEDライトとは? 2枚目の画像

goodroom journal

goodroom journal

お気に入り追加

ただし、育成LEDライトを当て続ければ良いというわけではなく、時には太陽光も必要です。あくまでも補助光としての役割なので、午前中だけでも日当たりの良い窓辺で日光と風に当てるなど、なるべくバランス良く管理しましょう。また、育成LEDライトには適した照射時間があります。各メーカーが推奨する時間がそれぞれ異なりますので、取扱説明書などを確認して正しく使用してください。

植物育成LEDライトを選ぶ3つのポイント

植物育成LEDライトといってもいくつも種類があります。植物のサイズや品種に合わせて適したものを選ぶことで、効果的に使うことができますよ。以下では選ぶ際に注意したい3つのポイントをご紹介します。

ポイント1

インテリアに馴染む光の色かどうか

インテリアに馴染む光の色かどうか

SHOPBARREL

SHOPBARREL

お気に入り追加

植物育成LEDライトには、ピンクや紫に近い色の明かりの種類もあります。赤は光合成、青は葉と茎の成長を促すという植物にはうれしい効果がありますが、照明がピンク色ではちょっとインテリアとのバランスが......となることも(好みならばOKです)。電球色や白色のものもあるので、購入する前に何色の光なのかのチェックはお忘れなきよう。

ポイント2

取り付ける場所に適した形状のタイプを選ぶ

取り付ける場所に適した形状のタイプを選ぶ

SHOPBARREL

SHOPBARREL

お気に入り追加

目的や置き場所に合わせて選ぶことも大事なポイント。LED電球のみのものもあれば、スタンドタイプやクリップ式など、さまざまな形状のものがあります。スタンドタイプはどこにでも配置でき、首を曲げられるので角度調整しやすい点などがメリットです。クリップ式はシェルフなどに直接取り付けられて便利。天井から広い範囲に光を当てたい場合は、ライティングレールなどにソケットを使って電球を付けるのがおすすめです。ソケットは角度調整ができるものが良いでしょう。

ポイント3

植物のサイズや量に合わせて選ぶ

植物のサイズや量に合わせて選ぶ

ilychee

ilychee

お気に入り追加

手のひらサイズの観葉植物に大きなライトは不要ですし、たくさんの植物に小さいライトひとつでは光を十分当てられません。効果的に使うためには、植物のサイズや量にマッチしたライトを選びましょう。数が多い場合は、効果的に当てるために植物とライトの配置を考えることも重要です。いくつか必要な場合、まとめて買ってしまいたい気持ちがあるかもしれませんが、まずはひとつ購入して様子を見てみるのも良いでしょう。

インテリアにも馴染む。おしゃれな育成ライト8選

室内で使用するライトなので、インテリアに馴染むかは重要ですよね。以下では、「これが植物の育成LEDライト? インテリアの照明じゃなくて?」と思わず言いたくなるくらいおしゃれなアイテムを集めてみました!

アイテム1

植物育成LED SUN-10W-S(PLANTLIGHT10W)

植物育成LED SUN-10W-S(PLANTLIGHT10W)

SHOPBARREL

SHOPBARREL

お気に入り追加

これが育成ライト? と言わんばかりのスタイリッシュな見た目のスタンド型ライトは、インテリアとしてだけではなく機能もばっちり。ライトの光は温かみのある白色ですが赤色、青色の光が調整された太陽光に近い光を再現しています。観葉植物だけではなく、家庭菜園やテラリウムにも使えますよ。

アイテム2

アマテラス

アマテラス

charm 楽天市場店

charm 楽天市場店

お気に入り追加

植物好きの中では有名かつ人気があるのが「アマテラス」。観葉植物はもちろん塊根植物、ビカクシダなどを育てている人たちからも支持されているLEDライトです。青色の波長を主体に設計されているため温かみよりは透明感のある空間演出に最適。見た目も光も普通のライトなので、植物のスポットライトのように使えて光を補えます。インテリアとしても邪魔しないカラーリングと見た目もうれしいポイント。ライティングレールやスタンドなど置き場所や目的に合わせて使えます。

アイテム3

ツクヨミ LED 20W

ツクヨミ LED 20W

SHOPBARREL

SHOPBARREL

お気に入り追加

植物育成のスペシャリスト・kumanomi360さん監修で生まれたのが「ツクヨミ」。太陽光に近い波長を使用していて、照明を植物に当てた際に、ほぼ太陽光の下で見るのと変わらないきれいな見え方をするというハイスペックな育成ライトです。植物の育ち方も太陽の下での育ち方に近いという特徴も。先にご紹介した「アマテラス」は青みが強いですが、本アイテムは光合成を促す赤波長が主体。温かみのある光で植物を照らし、植物が色ツヤ良く育つことが期待できるでしょう。

アイテム4

植物育成LED PLANTLIGHT5W-W 白色電球E17 SUN-5W-W×E17 PLANT CLIP-B

植物育成LED PLANTLIGHT5W-W 白色電球E17 SUN-5W-W×E17 PLANT CLIP-B

SHOPBARREL

SHOPBARREL

お気に入り追加

小さめの植物にちょうど良いコンパクトな育成ライトのセットです。コンセントコードはクリアで、シンプルな作りと見た目なのでインテリアの邪魔をすることなく、ライトを設置できます。1日12時間照射しても1か月の電気代は約41円と植物だけではなくお財布にもやさしい点もうれしいかぎり。

アイテム5

栽培用ライト ルーチェ

栽培用ライト ルーチェ

エムアンドティー楽天市場店

エムアンドティー楽天市場店

お気に入り追加

ネオンサイン風の育成ライトです。電源を入れるとアクリル板に彫刻されたデザインが輝きます。コンパクトなサイズ感なので窓辺や、デスク、シェルフの上などちょっとしたスペースに置くことが可能。小さな多肉植物やハーブなどと相性が良いですよ。デザインもいくつかあるので集めて飾っても楽しめます。

アイテム6

サンライト

サンライト

Wexthuset Japan

Wexthuset Japan

お気に入り追加

小さな傘をさしているようなデザインがかわいらしい一品。北欧生まれならではの、シンプルなデザインと温かな白色光が魅力です。写真のホワイトのほか、レッド、カッパー、ライムグリーンの4色展開なので、インテリアのテイストに合わせて選んでも良いですね。伸縮可能なスタンドが付属しているので設置も簡単。

アイテム7

ジェントス 植物のためのそだつライト

ジェントス 植物のためのそだつライト

charm 楽天市場店

charm 楽天市場店

お気に入り追加

太陽光に近い光を放つ育成用LEDライト。明るさは3段階、アームの高さは約13~30cmまで調節可能と機能性もしっかりとしています。サイズとしてはややコンパクトなので小さめの鉢やテラリウムなどに使いやすいでしょう。価格も比較的リーズナブルなのでちょっと使ってみたい人にもおすすめ。

アイテム8

タカショー グリーントラッグ 3段 ブラック

タカショー グリーントラッグ 3段 ブラック

青山ガーデン 屋外家具・ライト

青山ガーデン 屋外家具・ライト

お気に入り追加

なんとシェルフと育成ライトがセットになったアイテムもあります。ステンレス製の本体に木製の棚板を組み合わせたシンプルなデザインは、インテリアのテイストを選ばずに空間に取り入れられそうですね。ライトの高さは調整可能なので、植物のサイズに合わせられます。キャスター付きなので移動しやすい点も優秀。

観葉植物で部屋を彩ろう。おしゃれで映える飾り方のアイデア

インテリア・雑貨

観葉植物で部屋を彩ろう。おしゃれで映える飾り方のアイデア

おしゃれな部屋の共通点、それは観葉植物を飾っていること。インテリアとして部屋を彩るのはもちろん、育てる楽しみも魅力の1つでハマる大人も多いんです。

イトウ ジュン

2022.07.14

この記事の掲載アイテム一覧(全8商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 植物育成LED SUN-10W-S(PLANTLIGHT10W)
    植物育成LED SUN-10W-S(PLANTLIGHT10W)
  • アマテラス
    アマテラス
  • ツクヨミ LED 20W
    ツクヨミ LED 20W
  • 植物育成LED PLANTLIGHT5W-W 白色電球E17 SUN-5W-W×E17 PLANT CLIP-B
    植物育成LED PLANTLIGHT5W-W 白色電球E17 SUN-5W-W×E17 PLANT CLIP-B
  • 栽培用ライト ルーチェ
    栽培用ライト ルーチェ
  • サンライト
    サンライト
  • ジェントス 植物のためのそだつライト
    ジェントス 植物のためのそだつライト
  • タカショー グリーントラッグ 3段 ブラック
    タカショー グリーントラッグ 3段 ブラック

掲載アイテムをもっと見る(-4商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP