バブアーのキルティングアウターはもうチェックした? 今狙うべき10着を厳選

バブアーのキルティングアウターはもうチェックした? 今狙うべき10着を厳選

ワックスドクロスに代わる『バブアー』の選択肢として注目したいキルティング。定番とは一味違うその魅力を知れば、この秋冬の相棒に指名したくなること請け合いです!

2022.09.30
SHARE
記事をお気に入り
遠藤 匠

執筆者

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。 記事一覧を見る
...続きを読む

英国の名門『バブアー』は、キルティングモデルも見逃せない

英国の名門『バブアー』は、キルティングモデルも見逃せない

ROCOCO attractive clothing

ROCOCO attractive clothing

お気に入り追加

『バブアー』の代名詞といえば、英国王室御用達のハンティングウェアとして愛されてきたワックスドコットン製のジャケット。創業の地・サウスシールズの漁師や労働者のために開発された防水服を出自とする同社のワックスドジャケットは、第一次・第二次大戦中に英国軍に供給されたことでその防水性能の高さが広く認められることに。その後、乗馬用として開発された「ビデイル」などの代表作は栄誉あるロイヤルワラントを獲得しており、同社の名声はこのワックスドジャケットによって高められたといっても過言ではありません。

英国の名門『バブアー』は、キルティングモデルも見逃せない 2枚目の画像

ROCOCO attractive clothing

ROCOCO attractive clothing

お気に入り追加

ですが、そんな名作に肉薄する人気を誇るのが、キルティングのアウター類です。言うまでもなくキルティングアウターも、乗馬やハンティングを出自とするもの。それゆえにその佇まいやディテールには多くの共通点があります。実際、ワックスドジャケットの人気モデルと同型のキルティングジャケットも存在しており、英国文化の薫りを変わらず味方につけられる点も魅力といえます。そのうえで、中綿入りの表地によってワックスドジャケット以上の保温力を得られ、着心地も軽やか。2着目の『バブアー』、あるいは周りとの違いを印象付けられる『バブアー』としても、キルティングを選択肢に入れる価値大といえるでしょう。

紳士のマストハブ。バブアーの歴史から名品までそのすべてを読み解く

ウェア・コーデ

紳士のマストハブ。バブアーの歴史から名品までそのすべてを読み解く

英国で誕生し、紳士の必須ブランドとして長きにわたって愛されている『バブアー』。その変わらぬ人気の秘密を、その歴史と名品の数々から読み解いていきます。

髙須賀 哲

2021.10.11

バブアーの人気4定番を攻略! コーディネート術をファッショニスタに学んでみよう

ウェア・コーデ

バブアーの人気4定番を攻略! コーディネート術をファッショニスタに学んでみよう

冬の街を席巻している『バブアー』。ですが、周囲とコーデがカブるとおしゃれの楽しさも半減します。そうならないよう自分なりの装いを楽しむヒントをご紹介しましょう。

遠藤 匠

2022.11.21

『バブアー』のキルティングアウターはココが魅力!

ここからは、『バブアー』謹製のキルティングアウターならではの魅力を深掘り。ワックスドコットンとはまた違った恩恵を得られるアイテムであることを、3つのポイントから読み解いていきます。

魅力1

英国ムード漂う上品なルックス

英国ムード漂う上品なルックス

Del Fiore(デルフィオーレ)

Del Fiore(デルフィオーレ)

お気に入り追加

『バブアー』のキルティングアイテムは、ダイヤモンドキルトの表地とクラシカルな意匠で構成された、英国らしい上品な佇まいが魅力。ワックスドコットンがどちらかというとワイルドで粗野な雰囲気を持つのに対し、きめ細かい化繊ツイルなどを採用したキルティングは軽快かつ都会的な印象に。たとえそれがハンティング由来の意匠を満載した1着であってもワイルド感は和らいで見え、きれいめな装いやビジネス服にも馴染みやすくなっています。

魅力2

ノンオイルなので気兼ねなく着られる

ノンオイルなので気兼ねなく着られる

Jalana(ジャラーナ)

Jalana(ジャラーナ)

お気に入り追加

『バブアー』の定番であるワックスドコットンは、染み込ませたオイルによって防水性を担保した生地。そのため、特有の匂いがあり、ベタつきもあります。最近のものはオイルの配合を変え、かつてより匂いやベタつきが軽減されたといわれていますが、それでも他の服にオイル汚れがついてしまうのが心配なことも。また、他者の服を汚してしまう可能性のある満員電車や匂いが気になる飲食シーンなどでは配慮や気遣いも必要です。その点、キルティングはノンオイル生地なので、そこまでデリケートになる必要なし。ワックスドコットンならではの“味”ももちろん魅力的ですが、使い勝手の良さにおいてはこちらに軍配が上がります。

魅力3

名門ならではの普遍的なデザインを踏襲

名門ならではの普遍的なデザインを踏襲

HULLE楽天市場店

HULLE楽天市場店

お気に入り追加

名門ならではの普遍的なデザインを踏襲 2枚目の画像

HULLE楽天市場店

HULLE楽天市場店

お気に入り追加

同じ英国生まれで人気を二分する『ラベンハム』のキルティングアウターは、前立てがスナップボタンだけなのに対し、『バブアー』ではリングファスナーにストームフラップを備えたワックスドジャケットと同じ仕様のモデルも展開しています。また、チンストラップ付きの上襟なども踏襲されており、『バブアー』らしい世界観を変わらず印象付けることが可能。素材は違えど、流行に左右されず末長く着られる普遍的デザインであることは変わりありません。

キルティング素材の『バブアー』10選。ジャケットからベストまで一挙紹介

キルティング『バブアー』の魅力がわかったら、お次は好みの1着を見つけるネクストステップへ。ワックスドコットンでお馴染みの定番モデルと同型のアイテムに加え、ベストやブルゾンを含めた選択肢は意外と豊富。良き相棒候補となる10着をピックアップしました。

アイテム1

ビデイルSLキルトナイロン

ビデイルSLキルトナイロン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

『バブアー』の看板アウターとして名高い乗馬用ジャケット「ビデイル」。本作はそのスリムフィットモデルの表地を、キルティングに変更したモデルです。厚手のニットを着てももたつかないラグランスリーブはもとより、馬の鞍にまたがった際に邪魔にならないサイドベンツ、防風性に富む袖リブといった伝統の意匠は変わらず踏襲。一方で、表地は軽量でほんのり光沢のあるナイロンツイルの採用しており、都会的な装いとの親和性が高い仕上がりに。

英国ブランド・バブアーの顔、ビデイルを持っているか

ウェア・コーデ

英国ブランド・バブアーの顔、ビデイルを持っているか

一生モノに出会う30代。人生の節目に手に入れる1着として、英国のロイヤルワラントブランド『バブアー』のビデイルを候補に入れておきたい。

牟田神 佑介

2022.10.05

アイテム2

リッツデールSL ナイロン キルティング ジャケット

リッツデールSL ナイロン キルティング ジャケット

ROCOCO attractive clothing

ROCOCO attractive clothing

お気に入り追加

「リッツデール」は、キルティングジャケットの定番として展開されているモデル。前出の「ビデイル SL」がリングファスナーとストームフラップを備えた前立てなのに対し、こちらはスナップボタンのみの仕様で、ワックスドジャケットのインナー使いもしやすい作りになっています。着丈は38サイズで70cmとやや短めのため、ジャケットの上にコートとして羽織るというより、カジュアル使いメインのアウターとして人気があります。

アイテム3

リッツデール SL ロング ナイロン キルティングジャケット

リッツデール SL ロング ナイロン キルティングジャケット

ROCOCO attractive clothing

ROCOCO attractive clothing

お気に入り追加

前出の「リッツデールSL」をビジネスシーンでも着用したい場合は、ロング丈を採用したこちらのモデルを。本作の着丈は38サイズで86cmというサイレングス(太もも丈)を採用しているため、ジャケットの裾がすっぽり隠れてくれます。スナップボタンで開閉できるサイドベンツも深めに入っており、通勤電車などで着座する際も窮屈感は一切なし。

アイテム4

パウエル キルテッド ジャケット

パウエル キルテッド ジャケット

イータイムス

イータイムス

お気に入り追加

キルティングの暖かく軽やかな着心地と都会的なルックスを同時に享受できるのが、こちらの「パウエル」。セットインスリーブを採用したテイラードフィットのボディは、着用した際にジャケットのような洗練されたシルエットを描き出してくれます。襟型は精悍さ際立つスタンドカラーで、襟ぐりに丁寧にあしらわれたパイピングが高級感を醸成。マイクロフリースのライニングが施されているため、見た目の以上の保温力が期待できます。

アイテム5

ドム キルト キルティング ジャケット

ドム キルト キルティング ジャケット

Anthology

Anthology

お気に入り追加

ワックスドコットンでも展開しているショート丈モデルの「ドム」。身幅やアームホールにゆとりを持たせたうえで着丈を短めに設定(Mサイズで68cm)したバランスは、今どきなビッグシルエットで着こなすにはうってつけ。前立てはストームフラップなしのリングファスナーのみの仕様で、ワークテイストをほんのり印象付けることも可能です。

アイテム6

マーデン キルト キルティング ジャケット

マーデン キルト キルティング ジャケット

Anthology

Anthology

お気に入り追加

総裏仕様のタータンチェック柄によって、英国テイストをさりげなく印象付けられるのがこちらのモデル。チンフラップ付きのコーデュロイ襟を立てれば、その裏側からチェック柄が顔を覗かせます。前身頃には左右のウエルトポケットのほかにフラップ付きの左胸ポケットも施されており、ボタン付きの内ポケットも合わせて活用すれば、手ぶら外出も叶います。

アイテム7

ギルロック キルト

ギルロック キルト

BEEF

BEEF

お気に入り追加

オン・オフの両方で主役を任せられるのが、ジャケットの裾がちょうど良い塩梅で隠れてくれる着丈(Mサイズで77cm)とテイラードフィットを採用した「ギルロック」。ウエストに少し絞りを効かせたシルエットが都会的な印象を与える一方、両肩をコーデュロイで切り替えたハンティングウェア風の仕立てがどこか男らしさを感じさせるアクセントに。

アイテム8

キルテッド リブカラー ベスト

キルテッド リブカラー ベスト

ALLSPORTS

ALLSPORTS

お気に入り追加

季節の変わり目に重宝し、寒さが厳しい真冬にはインナーとしての活躍が期待できるのが、ナイロンキルティングのベスト。単品で着たときの見栄え良しなリブ襟は、インナー使いした際にはアウターの襟に干渉しない点も魅力です。前裾のポケットはスナップボタンのフラップ付きなので安心感があり、マチも設けてあるので収納力も申し分なし。

アイテム9

テンバー キルト

テンバー キルト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらの1着は、襟とボディが共布で、シャツジャケット感覚で着られる仕立てが特徴的。左胸のフラップポケットや背ヨークのある後ろ身頃といった、シャツ見えが期待できるディテールが満載です。表地も裏地も滑りが良くて光沢感あるポリエステルツイルゆえ、都会的な着こなしにもすんなり馴染んでくれます。

アイテム10

スティーブ・マックイーン コレクション キルティングジャケット

スティーブ・マックイーン コレクション キルティングジャケット

Anthology

Anthology

お気に入り追加

本作は、かつてスティーブ・マックイーン氏がバイクやクルマのレースに出場する際に着用していたハリントンジャケットを、キルティングボディに落とし込んだ1着。マックイーン氏は、1964年に当時の東ドイツで開催されたインターナショナル・シックスデイズ・エンデューロというバイクレースに米国チームの一員として出場し、その際『バブアー』のワックスドジャケットを着用していたことが有名です。本作にはその歴史を物語る意匠として、 “BARBOUR TEAM , S.McQUEEN 1964"と刺繍されたロゴパッチが施されています。

程良く上品なコーデ術。キルティング『バブアー』のおしゃれな着こなし方とは

キルティングの『バブアー』にどんなバリエーションがあるのか把握できたところで、その着こなしサンプルをピックアップ。武骨さと上品さを併せ持つアイテムの魅力を最大限に生かすべく、洒落者たちのコーデからヒントを探りましょう。

コーデ1

単丈キルティングで、ワークテイストの大人見えを叶える!

単丈キルティングで、ワークテイストの大人見えを叶える!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ショート丈のジャケットは、今どきのワイドパンツと合わせるとバランス良く着こなせます。こちらのコーデはその好例。デザイン自体がカバーオール風なので、ワークテイストとのパンツともすんなり馴染みます。それでいてダック地とはまた違う品の良さがあるおかげで、大人らしい印象も担保。着心地も軽やかなので、ランニングシューズでスポーティさを付与しても見栄え良し。

コーデ2

クラシックに徹して、英国テイストを味方につける

クラシックに徹して、英国テイストを味方につける

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『バブアー』の持ち味である英国テイストを味方につけるなら、こちらのコーデが良きお手本に。落ち着いた配色のスラックスやニットに加え、小物として加える帽子もハンティングで英国感マシマシに。キルティングのクラシックさをセンス良く印象付けています。ワイドめのパンツやサボサンダルでさりげなく抜け感を出しているのもお見事。

コーデ3

あえてフレンチな印象に振れば、新鮮さ際立つ装いに

あえてフレンチな印象に振れば、新鮮さ際立つ装いに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

キルティング『バブアー』の上品さは、実はフレンチテイストとも相性良好。このコーデのようにボーダー柄をインナーに投入したうえで白パンツ合わせてあげれば、キルティングの男らしさをほんのり残しつつも都会的なフレンチカジュアルに落とし込めます。パンツは細身でも悪くないものの、ワイドパンツで少しリラックスした印象に振ってあげた方が今の気分にもぴったり。

コーデ4

どこかに英国風味を足せば、ストリートっぽい装いにも対応可能!

どこかに英国風味を足せば、ストリートっぽい装いにも対応可能!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ストリートっぽい装いにキルティング『バブアー』はさすがに無理!? と思いきや、さにあらず。ご覧の通り、パーカーやニット帽といったアイテムにも意外と馴染んでくれます。その際、パンツをチェック柄にするなど、どこかに英国テイストを取り入れてあげるのが吉。これだけで全体がバランス良くまとまり、ストリートスタイルの大人見えも叶います。

コーデ5

ベストをインナー使いする際は、英国柄で援護射撃を

ベストをインナー使いする際は、英国柄で援護射撃を

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベストをジレ感覚でインナー使いするときは、こちらのコーデのようにひと手間加えるのがおすすめ。ポイントはシャツの柄選び。無地ではなくチェック柄を選ぶことで、キルティングが放つ英国テイストを上手に味方につけています。シャツをタックアウトし合わせたブルゾンもカジュアル寄りですが、それでも品良く見えるのはブリティッシュな薫りを生かしていることに起因します。

コーデ6

タートル合わせで、センスを感じさせるビズスタイルを構築

タートル合わせで、センスを感じさせるビズスタイルを構築

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スーツに合わせる際、ぜひ参考にしたいのがこちら。注目したいのはインナーで、コーデュロイ襟と同色の黒タートルネックを合わせているのがポイント。キルティングとタートルネックが双方の品の良さを引き立て合い、それでいてシャツとはまた違うリラックスした印象を醸してくれます。全体の色数を減らし、落ち着いたムードに持っていっているのもセンス良く見せるうえでの勝因に。

軽くて暖かいキルティングジャケット。冬の新たな相棒に迎えたい15品

ウェア・コーデ

軽くて暖かいキルティングジャケット。冬の新たな相棒に迎えたい15品

優れた保温性を備えていながらも軽量で、オン・オフともに活躍するキルティングジャケット。その魅力から選び方、さらにはおすすめモデルまでを一挙ご紹介します。

近間 恭子

2021.12.24

キルティングジャケットといえばココ。ラベンハムの定番&別注モデルを総まとめ

ウェア・コーデ

キルティングジャケットといえばココ。ラベンハムの定番&別注モデルを総まとめ

クラシック回帰の流れを受け、人気再燃のキルティングジャケット。その定番ブランドといえば『ラベンハム』です。オン・オフ使える頼もしい逸品たちは、大人の良き相棒に!

山崎 サトシ

2021.03.01

“大人バブアー”に適役。ビューフォートは紳士のためのミドル丈

ウェア・コーデ

“大人バブアー”に適役。ビューフォートは紳士のためのミドル丈

英国の雄『バブアー』といえば「ビデイル」が大定番。しかしビジネスシーンにおける使用を考慮するなら、やや着丈の長い「ビューフォート」も知っておくべき存在でしょう。

山崎 サトシ

2022.11.04

今買えるノンオイルのバブアー15着。ワックスなしでさらっと着たいのだ

ウェア・コーデ

今買えるノンオイルのバブアー15着。ワックスなしでさらっと着たいのだ

英国生まれの永世定番アウター『バブアー』。武骨なワックスドコットンが代名詞ですが、今買うなら、着心地もお手入れも楽ちんな“ノンオイル”のモデルが気分です。

押条 良太

2022.02.06

この記事の掲載アイテム一覧(全10商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『バブアー』ビデイルSLキルトナイロン
    『バブアー』 ビデイルSLキルトナイロン
  • 『バブアー』リッツデールSL ナイロン キルティング ジャケット
    『バブアー』 リッツデールSL ナイロン キルティング ジャケット
  • 『バブアー』リッツデール SL ロング ナイロン キルティングジャケット
    『バブアー』 リッツデール SL ロング ナイロン キルティングジャケット
  • 『バブアー』パウエル キルテッド ジャケット
    『バブアー』 パウエル キルテッド ジャケット
  • 『バブアー』ドム キルト キルティング ジャケット
    『バブアー』 ドム キルト キルティング ジャケット
  • 『バブアー』マーデン キルト キルティング ジャケット
    『バブアー』 マーデン キルト キルティング ジャケット
  • 『バブアー』ギルロック キルト
    『バブアー』 ギルロック キルト
  • 『バブアー』キルテッド リブカラー ベスト
    『バブアー』 キルテッド リブカラー ベスト
  • 『バブアー』テンバー キルト
    『バブアー』 テンバー キルト
  • 『バブアー』スティーブ・マックイーン コレクション キルティングジャケット
    『バブアー』 スティーブ・マックイーン コレクション キルティングジャケット

掲載アイテムをもっと見る(-2商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP