デンハム(DENHAM)のデニム。モデル別シルエット紹介

テーラリングの技術を駆使したはき心地と独創的なデザインで、日本でも大人気のオランダ発のデニムブランド、『デンハム』。その魅力と主要モデルをご紹介します。

ブランド:
  • デンハム(Denham)
キーワード:

デンハム(DENHAM)のデニム。モデル別シルエット紹介

『デンハム』とは

2008年に英国人デザイナーのジェイソン・デンハム氏がオランダ・アムステルダムにて創設した『デンハム』。ジェイソン氏は有名アーティストのジーンズ製作や人気デニムブランドのプロダクトマネジャーを務めたキャリアを持ち、かつ無類のヴィンテージコレクターでもあります。

『デンハム』デニムの魅力

『デンハム』はスタート時から従来のデニムの枠を飛び越えた独創的なデザインやディティール、はき心地に優れる立体裁断のフォルムなどで注目を集めました。また近年はプレミアムなイタリア製デニムといった素材使いや、日本人体型に合ったモデルの登場も人気に拍車を掛けています。

『デンハム』デニムの特徴1:テーラリングを応用した立体的なフォルム

『デンハム』のデニムは骨太な雰囲気も特徴ですが、立体裁断やダーツ処理を駆使するなど、テーラリングを応用した立体的なフォルムも見所。平面的でのっぺりとした印象がなく、身体にナチュラルに沿った美しいフォルムを描き出します。

『デンハム』デニムの特徴2:小技の効いた独創的なディテール

『デンハム』は「伝統を重んじ、慣習を覆す」がコンセプト。ディティールもヴィンテージを踏襲しつつ、型にとらわれないモダンな感性が感じられます。トップボタンだけ色を変えたボタンフライ、バックポケットにはテーラードのハサミを意味する白ステッチが加えられるなど、眺めているだけでもおもしろみがあります。

『デンハム』のデニム。主要モデルをご紹介

モダンなシルエットとプレミアムな穿き心地が楽しめる『デンハム』のデニムですが、ここでは数ある中でも特に+CLAP Men世代におすすめしたいモデルを3つ紹介。いずれもプレーンながら大人の着こなしをアップグレードしてくれること請け合いです。

アイテム1

BOLT AVA 1901

『デンハム』のメンズラインで最もタイトなスキニーフィットタイプのBOLTは、ヒップから裾にかけてバランスよくフィットするスキニーデニムです。きれいなインディゴブルーのカラーリングを施し、オールシーズンで使えるきれいめなカジュアルな1本に仕上がっています。

アイテム2

RAZOR Y1

数ある『デンハム』のデニムの中でも、RAZORは世界で一番売れているモデル。先にご紹介したBOLTに次いで2番目にスリムなモデルにあたり、美麗なシルエットも人気の理由です。またストレッチ混の赤耳付きデニムを使用しており、はきこむごとにデニムならではの硬派な色落ちも楽しめる、非常にバランスに優れた1本です。

アイテム3

DRILL 3DAIR

DRILLはRAZORをひと回り余裕を持たせた、ストレートに近いシルエット。 『デンハム』のなかでも最もレギュラーなタイプで、しっかり美脚効果も得られます。こちらはワンウォッシュのストレッチデニムではきやすく、飽きのこない1本ですね。

アイテム4

SHANK AVA821

ヒップ回りはレギュラー、ひざはスリム、裾はスキニーのフィット感を採用した、テーパードラインのデニムパンツ。ヒゲのラインやももの色落ちなども、効果的に入れられていてきれいなシルエットを実現しています。

アイテム5

SKIN DBC

SKINは定番のRAZORと同じスリムフィットを採用し、7ポイントポケットやドロップヨーク、ボックスボタンホールなど『デンハム』のシグネチャーディティールを配したモデル。こちらは裾とひざ裏にはダーツが入り、よりフィット感のあるスッキリとしたシルエットです。落ち着いた色みと、長年はき込んだかのようなリアルな加工が大人のデニムスタイルをワンランクアップしてくれます。

美しいシルエットのデニムだからこそ、オールシーズン愛せるか検証してみた

ヴィンテージ感もさることながら、独特の美シルエットにファンの多い『デンハム』。1度はけば分かりますが、ずっと愛用したくなるここの1本。着回せるのはデニムだから当たり前として、着こなしの主役となれる1本かどうかを検証してみました。

ジップアップパーカー×デニムのザ・シンプルコーデ。『デンハム』のスリムフィットタイプであるRAZORモデルは、これくらい飾り気のないベーシックな着こなしでも上品に仕上げてくれるところが優秀です。

ゆるいシルエットのアウターとVネックTシャツに、鮮やかなインディゴブルーの『デンハム』がしっくりとマッチした着こなし。一つひとつのアイテムはシンプルでも着こなしにマンネリ感はなく、むしろデニムの爽やかな色みが着こなしに鮮度を与えてくれます。

全体をネイビートーンでまとめたコーディネート。そこに『デンハム』のワンウォッシュのデニムをチョイスすれば、ベーシックながらも洗練された着こなしへと昇華してくれます。シンプルながらも細部のディテールにこだわった『デンハム』だからこそできる業なのです。

ワイドシルエットの『デンハム』のコーディネート。ジャケットにコートをオンし、革靴を合わせただけのシンプルな着こなしですが、デニムを軽くロールアップすることで、こなれた印象に仕上がります。

インパクトの強い太めのストライプシャツには、クラッシュの効いたデニムをチョイス。『デンハム』のダメージデニムなら、インパクトのあるトップスと合わせても引けをとらない存在感を発揮してくれます。

デニム・オン・デニムのコーデには落ち着いたトーンの『デンハム』デニムがベストマッチ。すっきりとしたスリムシルエットが野暮ったさを払拭し、ワンランク上のコーデに仕上げています。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る