世界中のファッショニスタが注目! デンハムのジーンズの魅力を徹底解説

世界中のファッショニスタが注目! デンハムのジーンズの魅力を徹底解説

ワーク色の強いジーンズにコンテンポラリーな魅力を加味した、日本でも人気の『デンハム』。世界のファッショニスタも注目するその魅力と主要モデルを徹底解剖!

ai sato

2017.10.01

デンハム(Denham)
ジーンズ
着こなし・コーディネート

デニム好きなら見逃せない。『デンハム』って、こんなブランドです

『デンハム』はデニム職人として知られるジェイソン・デンハム氏によって、2008年にオランダのアムステルダムでスタートしました。デニムブランドのプロダクトマネージャーとしての経歴を持つジェイソン氏は、ヴィンテージデニムのコレクターとしても知られており、まさにデニムのプロフェッショナル! 職人技を表すブランドアイコンのハサミにも象徴されるように伝統を重んじつつ、革新的な技術も取り入れた彼のプロダクトは、唯一無二のモノとして世界中のデニムファンをとりこにしています。

どれも大人好み。『デンハム』のジーンズの魅力

プレミアムデニムをルーツとする『デンハム』は、オリジナリティーあふれる洗練されたデザインやエッジの効いたディテール、立体裁断による絶妙なフォルムなど、大人好みの要素がたっぷりなんです。

魅力1絶妙なフィット感による抜群のはき心地

伝統的な仕立て技術を持つイタリアのパターンメーカーとの共同研究を重ねた結果、50以上ものステップで作られているのが『デンハム』のジーンズ。ていねいな作りによって立体的なフォルムが形成され、絶妙なフィット感のはき心地に。

魅力2自然な色落ちや経年変化を完全に再現!

『デンハム』は、社内にヴィンテージデニムを集めたギャラリーを持ち、デニムの経年変化の研究を続けています。自然な色落ち変化を再現する洗い加工により表現する立体的なエイジングプロセスはもちろん、色の濃淡のトーンまで巧みに操った味わいのあるジーンズは、世界中のデニム通からも注目の的!

魅力3クラフトマンシップあふれるこだわりのディテール

ジーンズの素材やシルエットのみならず、隅々のディテールまで余すことなくこだわりを発揮している『デンハム』。たとえば、スレーキやフロントボタンにまでブランドマークのハサミをあしらったり、バックポケットは手の構造を考えて設計されていたりと、見えない部分にまでこだわりが満載!

こだわりの逸品ぞろい。『デンハム』のジーンズのモデル一覧

定番を中心に『デンハム』のジーンズをご紹介。シルエットや色落ちの具合などから、好みの1本をセレクトしましょう。

アイテム1BOLT

BOLTは『デンハム』のメンズジーンズの中で一番細く、かなりタイトなスキニータイプ。ヒップから裾にかけてきちんとフィットするから、脚のラインをすっきりと見せてくれるのもうれしいところ。シンプルなデザインだからこそ素材の良さや絶妙な色落ちなど『デンハム』らしさを感じられる1本です。

アイテム2RAZOR Y1

太ももに程よくゆとりがあり、裾にかけてすっとテーパードしたシルエットが特徴のスリムフィットタイプ。ウエストから裾までの自然なシルエットが日本人の体型にハマります。ちなみにモデル名のY1は、1年はき込んだような経年変化を表したモノ。

アイテム3DRILL 2Y

スリムフィットのRAZORにひと回りゆとりを持たせたDRILLは、ストレートに近いベーシックなシルエット。きちんと感のあるシャツからラフなTシャツまで、どんなアイテムとも合わせやすく飽きのこないジーンズとして、ロングセラーの座をキープしています。

アイテム4SHANK

ヒップ、膝、裾にかけて、それぞれレギュラー、スリム、スキニーのフィットに仕上げたキャロットシルエットのSHANK。モダンで洗練されたフォルムと、ナチュラルな色落ちやヒゲなどのエイジング加工が、大人のこなれ感を出すには最適です。

アイテム5SKIN

裾と膝裏にダーツを入れることで生地のもたつきを抑えた、スリムフィットのシルエットに長年はき込んだかのようなリアルな加工で愛用者の多いSKIN。ブランドのシグネチャーデザインである7角形のポケットやドロップヨークなど、さりげなくも独創性のあるディテールが個性的なアクセントに。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK