水沢ダウンの最高峰モデル・マウンテニア。最新ラインアップからサイズ感まで解説

水沢ダウンの最高峰モデル・マウンテニア。最新ラインアップからサイズ感まで解説

今や高品質ダウンの代名詞となった「水沢ダウン」シリーズ。その中でも頭ひとつ抜けた人気を誇るのが定番モデル「マウンテニア」です。その魅力を深掘りしてご紹介!

2023.01.07
SHARE
記事をお気に入り
山崎 サトシ

執筆者

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物! 記事一覧を見る
...続きを読む

「マウンテニア」は、「水沢ダウン」が誇るハイスペックモデル

「マウンテニア」は、「水沢ダウン」が誇るハイスペックモデル

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

スポーツメーカー・デサントが手掛ける『デサント オルテライン』で展開されているダウンジャケットシリーズが「水沢ダウン」。岩手県奥州市(旧水沢市)の“水沢工場”で生産される同シリーズは、高次元な機能性と洗練されたミニマルデザインを兼ね備え、絶大な支持を集めています。とりわけ大人世代に人気なのが、不動のハイスペックモデルとして君臨する「マウンテニア」。シリーズ内でも随一の売れ筋であるこのアイテムを、本記事で詳しくナビゲートしていきます。もし今季、ダウンの購入を検討しているならこの秀作を視野に入れておくと良いでしょう。

水沢ダウンの人気を支える定番&最新モデル

水沢ダウンの人気を支える定番&最新モデル

「水沢ダウン」きっての人気を誇る理由はココにあり。「マウンテニア」の4つの特徴

「水沢ダウン」シリーズ内でも指折りのハイポテンシャルモデルである「マウンテニア」。ここからは同作が備える特徴を一つひとつ見ていきましょう。多角的に優れたモデルであることがよくおわかりいただけるはず!

特徴1

水を弾き返す防水透湿ファブリック

水を弾き返す防水透湿ファブリック

WOODY HOUSE online

WOODY HOUSE online

お気に入り追加

「マウンテニア」の表地に採用されているのは、東レが開発した「ダーミザクス マイクロストレッチ」。非常に高い防水透湿を有しており、厳しい悪天候下でもコンフォートな衣類内環境を保ってくれます。また、その名の通り高いストレッチ性を兼備しているのも魅力で、着心地はストレスフリー! 都会の景観に違和感なく馴染む、マットで柔らかな風合いも◎です。

特徴2

“縫い目”の弱点を解消する熱接着ノンキルト加工

“縫い目”の弱点を解消する熱接着ノンキルト加工

WOODY HOUSE online

WOODY HOUSE online

お気に入り追加

どんなに生地自体の防水性が高くとも、縫い目の部分からはどうしても水が染み込んでしまいます。おまけに、この部分から内側の羽毛が抜けてしまうことも……。そんなダウンジャケットの弱点を解消するのが「熱接着ノンキルト加工」です。ステッチではなく熱の力で表地・羽毛・裏地の3層を重ねているので、縫い目から水が入ったり、羽毛が抜けたりといった心配がありません。そして、どうしても縫製が必要な箇所は裏にシームテープ加工を施し、防水性を確保しています。

特徴3

通気性を確保する各所のベンチレーション

通気性を確保する各所のベンチレーション

refalt

refalt

お気に入り追加

通気性を確保する各所のベンチレーション 2枚目の画像

refalt

refalt

お気に入り追加

フロントジップ、および脇ジップにはベンチレーション機能を搭載。ジップをオープンすることで、衣類内に籠もってしまった湿気をクイックに逃すことができます。電車内や建物内など、ダウンジャケットを着ているとやや暑く感じるシチュエーションは多いので、この機能は非常に重宝! 着用時の快適性を高める一因となっています。

特徴4

フードの水溜まりを防ぐ「パラフードシステム」

フードの水溜まりを防ぐ「パラフードシステム」

ROCOCO attractive clothing

ROCOCO attractive clothing

お気に入り追加

そして、フードに搭載された独自の「パラフードシステム」も大きな特徴。付属のジップを締めればフードを閉口することができ、雨や雪がフードに溜まるのを防げます。フードが必要とされるシチュエーションでは、ジップをオープンしてあげればOK。天候が曖昧なアウトドアシーンなどで特に役立ってくれる機能です。

カラバリやアレンジモデルなど。「マウンテニア」のラインアップをご紹介

豊富なカラーバリエーションが揃ううえ、デザインアレンジモデルも数多い「水沢ダウン」の「マウンテニア」。ここからは、2022-23年秋冬モデルのラインアップを一挙にお披露目していきます。手持ちのワードローブを踏まえながら、自身のスタイルに合う1着を探し出してください。もちろん、圧巻のハイスペックは全モデル共通!

カラバリ

今季の「マウンテニア」は4色のカラバリがスタンバイ

今季の「マウンテニア」は4色のカラバリがスタンバイ

MOONLOID

MOONLOID

お気に入り追加

毎年さまざまなカラーが発表される「マウンテニア」。今季は色鮮やかなイエロー(右上)、クールなブラック(右下)、トレンド感あるブラウン(左下)、シックさを振りまくネイビー(左上)の全4色が展開されます。自分の狙いたいスタイルを考慮して、好みの色をチョイスしましょう。

アレンジモデル1

今っぽいサイズ感にアレンジされた「ビッグマウンテニア」

今っぽいサイズ感にアレンジされた「ビッグマウンテニア」

chanto.

chanto.

お気に入り追加

「マウンテニア」がすっきりしたやや細身のシルエットに仕上げられているのに対して、こちらの「ビッグマウンテニア」は適度にゆとりを持たせたオーバーシルエットに。今季らしいリラクシングな雰囲気を堪能できます。ゆったりとしているぶん重ね着もしやすいので、レイヤードスタイルを好む人にもぴったり! 基本的なスペックは「マウンテニア」と同様です。

アレンジモデル2

きれいめ派にもハマる「マウンテニアハーフコート」

きれいめ派にもハマる「マウンテニアハーフコート」

SELECT STORE SEPTIS

SELECT STORE SEPTIS

お気に入り追加

こちらのバリエーションモデルはやや丈長なハーフコート型。きれいめスタイルやビジネススタイルとも高い親和性を発揮してくれるアイテムです。表地には動きやすく軽やかさを追求したダーミザクス ナイロンストレッチを使用。言わずもがな、防水透湿性は折り紙付き!

人気セレクトショップ×「水沢ダウン」。別注「マウンテニア」も要チェック!

毎年、有名セレクトショップからの別注依頼が絶えない「マウンテニア」シリーズ。「水沢ダウン」の通常ラインとは一味違う趣に仕上げられた逸品群は、周囲との差別化にもってこいです!

別注1

『ジャーナル スタンダード』別注 水沢ダウン ビッグスタンドマウンテニア

『ジャーナル スタンダード』別注 水沢ダウン ビッグスタンドマウンテニア

JOURNAL STANDARD

JOURNAL STANDARD

お気に入り追加

「マウンテニア」をベースとした別注モデル。首もとは「水沢ダウン」シリーズの定番モデル「アンカー」の仕様を取り入れており、スタンドカラー+脱着式フードの2WAY仕様となっています。ややルーズめに仕上げられたシルエットも見どころ。

別注2

『ユナイテッドアローズ』別注 水沢ダウン オーバーサイズマウンテニア

『ユナイテッドアローズ』別注 水沢ダウン オーバーサイズマウンテニア

UNITED ARROWS

UNITED ARROWS

お気に入り追加

基盤モデルは「ビッグマウンテニア」。オリジナルモデルのスペックは踏襲しつつ、カラーをアーバンなグレーに別注しています。シックな見た目なので、通勤コーデとも難なくマッチ。オン・オフとシーンをまたいで躍動してくれること間違いなしです。

別注3

『エディフィス』別注 水沢ダウン マウンテニア ライト

『エディフィス』別注 水沢ダウン マウンテニア ライト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『エディフィス』だけで展開されるスペシャルモデル「マウンテニアライト」。従来の「マウンテニア」から羽毛量を減らして軽量化を図ったり、今どきなリラックスシルエットに改良したりと、都市生活に寄り添うようなデザインとなっているのが魅力です。袖口のスパッツ・裾周りのスノーガードといった、街では不要なディテールを取り除いているのもこだわり。

コーデサンプルから探る。「マウンテニア」のサイズ感や着こなし方

ダウンジャケットは決して安くない買い物だけに、サイズミスは絶対に避けたいところ。コーデサンプルを参考にして、ここで「マウンテニア」シリーズのサイズ感をしっかりと確認しておきましょう。

コーデ1

デザインもシルエットもメリハリを意識!

デザインもシルエットもメリハリを意識!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジャストサイズな「マウンテニア」に対して、ボトムスはゆとりのあるワイドフォルム。アイテム選びの妙で、緩急のあるAラインシルエットを作り上げています。さらに、上下のデザインコントラストも秀逸! アウターがミニマルな無地だからこそ、ボトムスの大胆な柄が際立っています。【身長:175cm、着用サイズ:M】

コーデ2

スマートさと遊び心が絶妙なバランスで融合

スマートさと遊び心が絶妙なバランスで融合

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上下をグレーカラーで揃えてスマートに装いつつ、インナーの鮮やかな挿し色で遊び心を落とし込んでいるのがポイント。こなれ感たっぷりなダウンスタイルに仕上がっています。レイヤードすることを考慮して、「マウンテニア」は適度に余裕のあるLサイズをセレクト。【身長:178cm、着用サイズ:L】

コーデ3

引き締まったシルエットで大人のアウトドアスタイルを構築

引き締まったシルエットで大人のアウトドアスタイルを構築

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「マウンテニア」はシャープなSサイズを選択。ダウンジャケット×ベイカーパンツというアウトドアな着こなしを、美麗なサイズバランスで都会的に昇華しています。落ち着きのあるダークトーンでスタイルをまとめることで、さらに大人っぽさを高めているのも好印象。【身長:172cm、着用サイズ:S】

コーデ4

効果的なホワイト使いでダウンを爽やかに着こなす

効果的なホワイト使いでダウンを爽やかに着こなす

WEAR

WEAR

お気に入り追加

一歩間違えると重たい印象に見えてしまう恐れもある黒ダウンですが、ボトムスやインナー、シューズなど随所に白を挿し込むことで、印象をグッと軽快なものにしています。ニットでほんのりときれいめ感をプラスしているのも技アリな要素! 高身長&がっちり体型の人なら「マウンテニア」はLサイズがジャストです。【身長:183cm、着用サイズ:L】

コーデ5

リラクシングなモノトーンスタイルが新鮮!

リラクシングなモノトーンスタイルが新鮮!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

余裕あるフォルムの「ビッグマウンテニア」ならば、Mサイズで着てもリラックスムードが漂います。さらに、ボトムスに選んだ総柄コーデュロイパンツも着こなしの抜け感をアシスト! 柄使いのコーデが野暮ったく見えないようカラーリングをモノトーンで統一するなど、計算力の高さもさすがは上級者です。【身長:174cm、着用サイズ:M】

コーデ6

素材感の違いで遊んだ小粋なブラックコーデ

素材感の違いで遊んだ小粋なブラックコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボリュームたっぷりなLサイズの「ビッグマウンテニア」。フロントジップを閉じれば、一層その量感が引き立ちます。ツルンとしたシェル素材のダウンに、ほっこりしたコーデュロイパンツ、ファー使いのシューズなど、素材感の差でワントーンコーデに変化を出しているのもカギ。また、インナーのデニムシャツもさりげないアイキャッチとなっています。【身長:175cm、着用サイズ:L】

コーデ7

カジュアルな着こなしをハーフコート型の1着で格上げ

カジュアルな着こなしをハーフコート型の1着で格上げ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

着用したのは「マウンテニアハーフコート」。いわゆるジャケット型のダウンよりも大人びた雰囲気なので、パーカー×ワイドパンツというカジュアルなスタイリングを格上げするにはうってつけです。少し大きめのサイズを選べば、多少インナーに厚みがあっても問題なくレイヤリングできます。【身長:177cm、着用サイズ:L】

メンズ必修。ダウンジャケットの人気24ブランドとおしゃれなコーデ術

メンズ必修。ダウンジャケットの人気24ブランドとおしゃれなコーデ術

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP