エディターズピック vol.13 ~編集部員の私的ショッピングLIST~

エディターズピック vol.13 ~編集部員の私的ショッピングLIST~

TASCLAP編集部員が個人的なお気に入りを紹介する週刊「エディターズピック」。今回はシューズをテーマに、三者三様の“この秋履きたい1足”が集まりました!

2023.10.24
SHARE
記事をお気に入り
TASCLAP編集部

執筆者

プロが書くメンズファッションWEBマガジン

TASCLAP編集部
プロのライターと一緒に、等身大のおしゃれを日々発信。物欲を刺激する良品の数々、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで。今日から役立つメンズファッションの“いろは”を、わかりやすく紹介しています。 記事一覧を見る
...続きを読む

本コンテンツはTASCLAPが制作した独自コンテンツです。また本コンテンツでは掲載するECサイト等から購入実績などに基づいて手数料をいただくことがあります。

TASCLAP編集部/関原 元気

『ドクターマーチン』エイドリアン スナッフル ローファー

『ドクターマーチン』エイドリアン スナッフル ローファー

『ドクターマーチン』エイドリアン スナッフル ローファー 2枚目の画像

お気に入り追加

今日の主役は革靴です

今年の夏は色もデザインもかなり派手なスニーカーを履いて過ごしていました。でも、秋の訪れを感じると今日は革靴にしようかな、という気分になってきます。それも茶系のスエード一択。今まで革靴といえばあまり攻めたデザインのものは手にしなかったのですが、夏の派手スニーカーの影響か、主張強めの革靴が気になります。とはいえ大人なので上品さも大切なポイント。そこで品の良さと装飾具合の塩梅が絶妙にハマったのが『ドクターマーチン』の一足です。ビットに加えてスナッフルの付いたデザイン、そしてスエードにもパイソン柄が入って、足元から主役級の香りがプンプン。なんてことないシンプルでさっぱりした格好の日でも、コレを履くだけで手軽に気合い入れた感じに仕上がります。

関原 元気

関原

デザイン強めの話ばかりしましたが、クオリティはもちろん英国老舗の仕上がり。世界最高峰のスエードメーカーであるC.Fステッド社のアッパーと、『ドクターマーチン』のアイデンティティであるクッション性。最近スニーカーばかりだった人にとって、革靴でこの歩きやすさはほんと助かります。

TASCLAP編集部/金原 望弥

『セオリー』Calf MF301

『セオリー』Calf MF301

『セオリー』Calf MF301 2枚目の画像

お気に入り追加

観るアートもいいけど、歩くアートはいかが?

ここ2年くらい、現代アートにハマっています。休日は個展やイベントなどに足を運びますし、(投資も兼ねて)いくつか作品も所有しております。そんな僕は、こと足元においてもアーティスティックなものを求めてしまう傾向にあるのです。特に最近胸躍ったのが、『セオリー』が放つこちらのスニーカー。ファッションデザイナー、ルカ・オッセンドライバーが手掛けた本作は、展示会で拝見した際、アッパーに施された流動的な曲線がとにかく印象的でした。そして、その曲線を引き立てるかのように同色系でまとめられたカウレザーやスエードなどのマテリアルが、まるで小建築物かのようなこのプロダクトを完成へ導いたのだと思います。モダンで、リュクス。なのに親しみやすい。フォーマルとカジュアルの垣根を超えた1足がここにあります。

金原 望弥

金原

カラーは計4色。今回は、秋冬の脚元にクリーンな印象と“さり気ない”個性を添えてくれるグレーとブルーの色味をセレクトしました。

TASCLAP編集部/桂川 千穂

『テバ』リエンバー テレイン

『テバ』リエンバー テレイン

『テバ』リエンバー テレイン 2枚目の画像

お気に入り追加

ふかふかの履き心地がやみつきに!

サーフィンが趣味で冬でも毎週海通い。その行き来はもちろん、そのまま街履きもできるような楽ちん&暖かなシューズを探していたところ、理想的な1足を『テバ』で発見しました。特筆すべきは、やみつきになる履き心地。実際に着用しましたが、足を包み込んでくれるようなフィット感と軽さに驚きました。その秘密は、『テバ』の独自素材「ULTRA-COMF(ウルトラコンフ)」の発泡マテリアルを使用した2.5cmの二重フットベッド。軽量かつクッション性に優れ、ふかふかの履き心地を提供してくれます。しかもキルティングのアッパーを採用しているので暖かく、さらに水を弾く加工が施されているのもうれしいポイント。スタイリッシュなルックスにより、アウトドアシーン以外に、ワンマイルやカジュアル使いもいけてしまうので、とにかく重宝しそうです。

桂川 千穂

桂川

『テバ』といえば、夏のサンダルのイメージが強いですが、秋冬のシューズも大豊作! 今回ご紹介した「リエンバー テレイン」のほか、ブーツタイプの「リエンバー テレイン ミッド」も狙い目ですよ。

Photo_Shoichi Muramoto
Styling_Tomonori Kobayashi

エディターズピック vol.12 ~編集部員の私的ショッピングLIST~

エディターズピック vol.12 ~編集部員の私的ショッピングLIST~

エディターズピック vol.14 ~編集部員の私的ショッピングLIST~

エディターズピック vol.14 ~編集部員の私的ショッピングLIST~

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP