ジーンズは断然国産!日本発のデニムブランド徹底紹介

ジーンズは断然国産!日本発のデニムブランド徹底紹介

空前のデニムブームで、改めて国産デニムをピックアップ。ジーンズといえば海外製が主流の印象ですが、世界最高水準のデニムの技術を持っている岡山産に注目してみました。

+CLAP Men編集部

2016.02.19

ジーンズ
メイドインジャパン・国産

世界よ、これがメイドインジャパンだ! 今一度注目したい国産デニム

ただの衣料でなく、男の相棒として末永く愛用できるタフさとデザインを備えるジーンズ。特に生地の質が高く、徹底された色染め、マニアックなディテール、日本人の体型を知り尽くしたシルエットパターンなど、こだわり抜かれたジーンズを探すなら、国産デニムブランドの1本から探すのが近道でしょう。
しかし、昨今のファストブランドによるロープライスな1本や、ジーンズ=海外製のイメージが強く、なかなか手に取られる機会がないのもまた事実。
そこで今回は、+CLAP Men編集部がおすすめする国産デニムブランドをご紹介します。

これを選べば間違いなし! 末永く付き合える、ジャパンデニムブランドはこれ

ジーンズは米国抜きには語れない。ただ、オリジンに勝るとも劣らない質を、国内の匠たちは示してきた。そんな世界から称賛される日本ブランド『ウェアハウス』を紹介。

日本が誇る職人系ジーンズブランド『フルカウント』。屈強でヘビーなイメージをもつデニムを覆すファッション性をもちながら、ジーンズの歴史を重んじた作りに注目したい。

ていねいな作りとロックテイストを加えた独自のデザインで人気の高い『ヒステリックグラマー』。特に、ダメージ加工デニムのクオリティの高さには定評がある。

日本の高い技術力を武器に高品質なアイテムを展開している『クロ』。ここでは、そんな実力派ブランド『クロ』の魅力と特徴を定番モデルと合わせて紹介していきます。

ジーンズは米国を抜きには語れない。ただ、オリジンに勝るとも劣らない質を、国内の匠たちは示してきた。今回はその旗あげとも言えるブランド『ドゥニーム』を紹介しよう。

クオリティの高さからファッション業界でも一目置かれているデニムブランドの『レッドカード』。今回は、その魅力と特徴に迫っていきたい。

ジーンズはアメリカ抜きには語れない。今回はオリジンに勝るとも劣らない、古き良き時代のアメリカンテイストを継承し、現在の技術を融合する『フラットヘッド』を紹介。

20年以上デニム業界に携わってきた元『ドゥニーム』のデザイナー林芳亨氏が、満を持して立ち上げた『リゾルト』。こだわり抜かれたその1本に、今回は迫ろう。

岡山県児島の遺伝子を受け継ぎ、今に伝える『児島ジーンズ』。国内生産にこだわり、古き良き時代のヴィンテージを高品質で提供するこのブランドに今回は迫る。

ジーンズは米国抜きには語れない。ただ、オリジンに勝るとも劣らない質を、国内の匠たちはこれまで示してきた。そんな世界から称賛される日本のジーンズブランドを紹介。

今シーズン高い人気を見せるデニム。この機会に、世界規模で最高品質と称される『エヴィス』ジーンズのデニムに注目してみてはいかだろう。魅力と共に定番モデルを紹介。

ローテクな手法でつくられる『オアスロウ』のデニムは、ファストファションにはない人の温もりを感じさせてくれる。今回は、そんな『オアスロウ』のデニムを紹介します。

ジーンズは米国抜きには語れない。ただ、オリジンに勝るとも劣らない質を、国内の匠たちはこれまで示してきた。そんな世界から称賛される日本のジーンズブランドを紹介。

形、生地、 縫製、洗い、すべての要素が重り、着込むほどに持ち主と同化し変化する。そんなジーンズの本質を追究する『カトー』のモノ作りの秘密に迫る。

国内のデニムブランドの中でもトップレベルの人気を誇る『サムライジーンズ』。 では、ヘビーオンスデニムを得意とする同ブランドの魅力と定番モデルを紹介していこう。

家電ではお馴染みの“10年保証”ですが、それをジーンズに付けるのは稀。国産デニムを用いて、職人の手により丁寧に作られた『桃太郎ジーンズ』を今回はご紹介します。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK