男にもエプロンが必要だ。タフ&おしゃれに使えるおすすめブランド12選

男にもエプロンが必要だ。タフ&おしゃれに使えるおすすめブランド12選

エプロン=女性のものという認識は今や昔。最近はエプロンを愛用している男性が増えています。選び方のポイントからおすすめのブランドまでを一挙公開!

2022.08.19
SHARE
記事をお気に入り
近間 恭子

執筆者

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。 記事一覧を見る
...続きを読む

料理やDIY、キャンプで活躍。おしゃれで機能的なエプロンが人気

料理やDIY、キャンプで活躍。おしゃれで機能的なエプロンが人気

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

大切な洋服を汚れから守ってくれるエプロン。近年は男性向けのデザインも数多く展開されており、メンズエプロンの需要が年々高まっているんです。その理由は、料理やDIY、アウトドアを趣味にしている男性が増えているから。料理はもちろん、作業するときの動きやすさや収納力も考慮されたエプロンが人気を集めています。おしゃれなエプロンを着けていると、さまざまなシーンで女性から一目置かれることも!

どんなタイプがおすすめ? エプロン選びの3つのポイント

一言でエプロンといってもさまざまなタイプがあります。今回は種類・素材・機能の3つに絞り、男性が選ぶ際のポイントをご紹介。どんなシーンで取り入れるかによっても選ぶべきエプロンは異なるので、そのあたりも踏まえてチェックしましょう。

ポイント1

まずはフルタイプかハーフタイプを選ぶ

まずはフルタイプかハーフタイプを選ぶ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

まずはフルタイプかハーフタイプを選ぶ 2枚目の画像

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

エプロンを大きく分けるとフルタイプとハーフタイプの2種類があります。一般的な胸当て付きのフルタイプは、料理やDIYといった上半身が汚れる作業に適しています。一方、ハーフタイプはギャルソンエプロンとも呼ばれ、腰から下のみを覆うデザインが特徴。上半身の汚れが気にならない作業に向いており、どこかスタイリッシュな印象を与えられます。

ポイント2

経年変化も楽しめるタフな素材をチョイスする

経年変化も楽しめるタフな素材をチョイスする

丸井(マルイ)楽天市場店

丸井(マルイ)楽天市場店

お気に入り追加

料理からDIYやアウトドアまで幅広く活用したいなら、デニムをはじめ、丈夫な素材を使った厚手の生地がおすすめ。なぜなら引き裂き強度が高くて長く愛用できますし、使い込むほどに味わいが増す経年変化も楽しめます。ちなみに撥水・撥油・防汚といった加工が施されたものもありますが、油汚れなども味になるので筆者的にはそれらの加工はなくても良いと思います。

ポイント3

大きめのポケットなど、収納性もチェック

大きめのポケットなど、収納性もチェック

丸井(マルイ)楽天市場店

丸井(マルイ)楽天市場店

お気に入り追加

DIYの工具を入れるなど、あると何かと便利なポケットはエプロンに必須のディテール。荷物をざっくり収納したい人は大きめのポケットを、荷物を小分けして収納したい人は大小さまざまなポケットが配置されているものが使いやすいでしょう。自分の好みや着用するシーンによって、どんなタイプのポケットが使いやすいかを見極めて。

おしゃれで機能的! メンズ向けエプロンのおすすめブランド12選

最近は需要が増えているせいか、エプロンの選択肢が増えています。前述したエプロン選びのポイントを踏まえつつ、男性におすすめのおしゃれなエプロンを厳選。女性も一目置くエプロン男子を目指しちゃいましょう。

アイテム1

『リー』×『ヴァンライフサプライ バイ フリークスストア』

『リー』×『ヴァンライフサプライ バイ フリークスストア』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デニム業界の名門『リー』に、『フリークスストア』のアウトドアラインが別注。『リー』の人気アイテムであるオーバーオールをベースにしたデザインは、程良く武骨でアクティブな印象です。大小さまざまなポケットを多数配した作りで、収納力も抜群。写真のネイビーのほか、爽やかなサックスブルーやイエローもラインアップしています。

リー(Lee)のデニムアイテム総特集! 定番に見る、名門の魅力

ウェア・コーデ

リー(Lee)のデニムアイテム総特集! 定番に見る、名門の魅力

『リー』といえば、デニム業界に燦然と輝く名門中の名門。改めてこの老舗ブランドを解剖し、魅力や定番、おすすめモデルまで余すところなくご紹介します。

山崎 サトシ

2021.01.25

アイテム2

『ダルトン』

『ダルトン』

スタイルライフbosky

スタイルライフbosky

お気に入り追加

ワークウェアをはじめ、ガーデニング用エプロンや料理人のユニフォームなどの製造からブランドをスタートした『ダルトン』。今回ピックしたのは、インディゴブルーのデニムを使ったモデル。使い込むほどに柔らかく、味わい深く変化するエイジングが楽しめるのも魅力です。

アイテム3

『ベイフロー』

『ベイフロー』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

あらゆるアイテムがスマートに収まる、フロントの大きなポケットが印象的。実はこのポケットにコンパクトに収納できるパッカブル仕様になっていて、持ち運びやすい作りになっているのもポイントです。アウトドアシーンで料理を作る際にも重宝すること請け合い。

アイテム4

『ヴォイリー』

『ヴォイリー』

CDC general store

CDC general store

お気に入り追加

東京・目黒でオリジナル雑貨やヴィンテージウェアを扱う『ヴォイリー』よりピックアップ。ライトオンスのコットンキャンバスを使用したこちらは、こなれた雰囲気のニュアンスカラーが魅力的。製品洗いを施し、あえてシワ感やプリントの擦れなど生じさせることで、着古したような柔らかい印象も演出しています。

アイテム5

『カーハート』

『カーハート』

スウィートラグ

スウィートラグ

お気に入り追加

ワークウェアの定番素材として古くから使われてきたダック生地を使用。破れにくくて汚れも落ちやすい丈夫な生地なので、エプロンを長く愛用することができます。道具の出し入れがしやすい大きなポケットも特徴で、胸元のポケットはファスナー付きなのも便利。

アイテム6

『ジョンブル プライベート ラボ』

『ジョンブル プライベート ラボ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“カフェスタッフエプロン”と名付けられたこちらは、岡山のコーヒー専門店「キノシタショウテン」とコラボしたもの。2種類のデニム生地が用いられており、負荷がかかりやすいポケットや裾部分には少し厚手の生地、胸当てなどには薄い生地が使われています。デザインアクセントにもなっているポケットもおしゃれ。

児島産の実力派。ジョンブルのジーンズならではの魅力を読み解く

ウェア・コーデ

児島産の実力派。ジョンブルのジーンズならではの魅力を読み解く

デニムの聖地として知られる児島のなかでも屈指の歴史を誇る老舗、『ジョンブル』。その歴史から物づくりへのこだわりまで、詳しく紐解きます。

那珂川廣太

2021.05.20

アイテム7

『アンドパッカブル』

『アンドパッカブル』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スマートフォンを入れるのに便利な胸ポケットや、貴重品収納に適したファスナー付きポケットなど、タイプの異なる5つのポケットをあしらった1枚。1番大きなポケットにはエプロン本体を収納することができ、持ち運びに便利な点も高ポイントです。スリット入りで動きやすさも申し分なし。

アイテム8

『カルチャーマート』

『カルチャーマート』

RANKUTSUDOU 乱掘堂

RANKUTSUDOU 乱掘堂

お気に入り追加

1950~1970年代のアメリカをイメージした雑貨ブランド『カルチャーマート』からピックしたのは、コットンキャンバスを使ったカフェエプロン。やや味のあるロゴプリントもポイントで、どこかヴィンテージのような雰囲気を醸し出してくれます。

アイテム9

『ニコアンド』

『ニコアンド』

niko and .../ニコアンド

niko and .../ニコアンド

お気に入り追加

ユニセックス対応のギャルソンエプロンは、『ニコアンド』のオリジナル雑貨シリーズ「シティクリーク」のもの。オリーブをベースに、さりげなくコントラストを効かせたベルトやポケットがアクセントになっています。フロントがスリット入りなので、長めの丈感でも動きやすいはず。

アイテム10

『サシコ』×『ビームスジャパン』

『サシコ』×『ビームスジャパン』

BEAMS/ビームス

BEAMS/ビームス

お気に入り追加

90年以上の歴史をもつタネイが手がける、三河木綿の刺子織りの前掛け。軽いながら耐久性が高く、綿ならでは心地良い肌触りを提供し、何より“和”を感じさせる素材感が特徴。『ビームスジャパン』別注は、ポケット横にタグ、下部には富士山ロゴが施されています。

アイテム11

『ココウォーク』

『ココウォーク』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウォッシュデニムを使ったギャルソンエプロンは、『ココウォーク』で人気のアイテムの1つ。着用時からユーズド加工ならではのこなれ感を味わうことができ、さらなる経年変化も期待できます。身幅の調整が自由自在のユニセックスタイプなので、どんな体型にもマッチしますよ。

アイテム12

『アーバンリサーチ ドアーズ』

『アーバンリサーチ ドアーズ』

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

リネン100%で仕立てた、サラリとした質感のギャルソンエプロン。使い込むことで風合いが増し、経年変化が楽しめる1枚です。天然素材でありながら速乾性にも優れているので、キッチンなど水回りのお供には最適。ナチュラルな風合いのストライプ柄で、パートナーとのシェア使いにもおすすめです。

キッチン家電は“おしゃれで便利”が一番。料理が楽しくなるおすすめ10選

インテリア・雑貨

キッチン家電は“おしゃれで便利”が一番。料理が楽しくなるおすすめ10選

家で過ごす時間が増え、これを機に料理を始めたという人も多いはず。そこで今注目のキッチン家電をご紹介。機能はもちろん、デザインにも優れたモデルを厳選しました。

近間 恭子

2020.05.21

料理男子の頼れる相棒。おしゃれで機能的なキッチン用品15選

インテリア・雑貨

料理男子の頼れる相棒。おしゃれで機能的なキッチン用品15選

おうち時間を充実すべく、料理にハマる男性が増えています。そんな料理男子のために、機能性はもちろん、キッチンで映えるおしゃれな調理器具をピックアップしてご紹介!

ai sato

2020.06.19

アウトドア派の必需品。スキレットを選ぶ&使うための基本とおすすめ11選

アウトドア・キャンプグッズ

アウトドア派の必需品。スキレットを選ぶ&使うための基本とおすすめ11選

おいしい料理を簡単に作れて、調理後はそのままテーブルに出すことのできるスキレット。あればキャンプではもちろん、自宅やちょっとした屋外での食事が楽しくなります!

平 格彦

2022.04.13

弁当箱は人気の4タイプから。働く男にうれしい機能を備えたおすすめ12選

インテリア・雑貨

弁当箱は人気の4タイプから。働く男にうれしい機能を備えたおすすめ12選

ビジネスマンに人気の弁当箱にフィーチャー。バッグに立てて入れられる1段弁当箱や、時間が経ってもおいしさをキープできる曲げわっぱなど、タイプ別におすすめをご紹介!

近間 恭子

2022.04.22

この記事の掲載アイテム一覧(全12商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『リー』×『ヴァンライフサプライ バイ フリークスストア』別注 フィールドエプロン
    『リー』×『ヴァンライフサプライ バイ フリークスストア』 別注 フィールドエプロン
  • 『ダルトン』''MW''ワークエプロン
    『ダルトン』 ''MW''ワークエプロン
  • 『ベイフロー』パッカブルエプロン
    『ベイフロー』 パッカブルエプロン
  • 『ヴォイリー』ワークエプロン-D
    『ヴォイリー』 ワークエプロン-D
  • 『カーハート』ダック エプロン
    『カーハート』 ダック エプロン
  • 『ジョンブル プライベート ラボ』カフェスタッフエプロン
    『ジョンブル プライベート ラボ』 カフェスタッフエプロン
  • 『アンドパッカブル』PAP ポケットエプロン 5ポケット
    『アンドパッカブル』 PAP ポケットエプロン 5ポケット
  • 『カルチャーマート』エプロン
    『カルチャーマート』 エプロン
  • 『ニコアンド』シティクリーク ギャルソンエプロン
    『ニコアンド』 シティクリーク ギャルソンエプロン
  • 『サシコ』×『ビームスジャパン』別注 前掛け
    『サシコ』×『ビームスジャパン』 別注 前掛け
  • 『ココウォーク』デニムスリットギャルソン エプロン
    『ココウォーク』 デニムスリットギャルソン エプロン
  • 『アーバンリサーチ ドアーズ』ギャルソンエプロン
    『アーバンリサーチ ドアーズ』 ギャルソンエプロン

掲載アイテムをもっと見る(0商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP