機械式なのにデジタル表示のジャンピングアワー腕時計

機械式のプチコンプリケーションの中でも、愉快なのがジャンピングアワーです。アナログが当然と思われている機械式にデジタル表示を導入し、飛びきりにユニークです。

黒野 一刻

黒野 一刻

SHARE
記事をお気に入り
2015.09.11

機械式=アナログ…とは限りません

機械式=アナログ…とは限りません

普通、機械式時計と言えば、どうしても針を動かす普通のアナログな腕時計を思い浮かべます。しかし、機械式時計でも、デジタル表示ができるのです。それを実現したのがジャンピングアワーであり、毎時0分にインデックスを書いた回転デスクが、カシャッと動いて次の時刻を表示します。その動作はユニークそのものです。

意外に多様性があります

時間のみをデジタル風に送る機構が主流ですが、価格帯には幅があり、中には『ブルガリ』のようにほかと異なるコンプリケーションと組み合わせるなど、コンビネーションにも幅があります。『フランク ミュラー』のように、ジャンピングアワーをベースに独自の計時方式を編み出すなど、大変おもしろ味に満ちた機構です。

楽しい時計が揃いました

『オリス』『フォルティス』『エポス』は、文字盤レイアウトにそれぞれこだわりがあり、『ブルガリ』はレトログラードとの組み合わせ。そして、応用機構として飛びきりに独創的な『フランク ミュラー』クレイジー アワーズをここでは紹介したいと思います。これを機に、ジャンピングアワーにぜひ触れてみてください。

ジャンピングアワーの世界へようこそ

納得価格で仕上げも良好

『オリス』アートリエ ジャンピングアワー

『オリス』アートリエ ジャンピングアワー

YOSHIDA

YOSHIDA

お気に入り追加

一見して、どういう時計と驚かれること請け合いです。時刻は12時位置の窓からジャンピングアワーで示し、分と秒は、「8」をひっくり返したようなダイヤル配置で別個に表示するレギュレーター風のデザインがたまりません。文字盤には細やかなサンレイ装飾も施され、これだけのコンプリケーションなら納得の価格設定です。

合わせて読みたい:
手の届く名品。スイスを代表する実用時計ブランド、オリス

5か所の窓で時刻を表示

『フォルティス』B-47 ミステリアスプラネット リミテッドエディション

『フォルティス』B-47 ミステリアスプラネット リミテッドエディション

ブルーリング

ブルーリング

お気に入り追加

文字通りにミステリアスな時計で、文字盤に5か所の窓が開いていて、インデックスが出現する窓が、毎時異なっています。この窓を惑星に見立てた文字盤デザインも愉快で、腕にするのが楽しくなる時計です。『フォルティス』は限定でジャンピングアワーをたびたび発売していますが、この時計も世界500本の希少モデルです。

ユニークなダイヤル配置

『エポス』パッション 3405SL

『エポス』パッション 3405SL

ブルーク

ブルーク

お気に入り追加

センターに時分針を配し、普通は12時位置に配されることの多い、ジャンピングアワーの窓を3時位置に配しています。文字盤装飾は、ムーブメントでよく見られるコート・ド・ジュネーブと呼ばれる縦ストライプの波紋様が刻まれ、高級感を醸し出しています。ここに紹介する中でも、良心的な価格設定となっています。

2つのレトログラードとの共演

『ブルガリ』オクト バイレトロ ジェラルド・ジェンタ

『ブルガリ』オクト バイレトロ ジェラルド・ジェンタ

ジャックロード

ジャックロード

お気に入り追加

ここまでで紹介したジャンピングアワーモデルの中でも飛び抜けた高級感のある時計です。バイレトロは「2つのレトログラード」を意味し、分針とカレンダーを、扇状に往復運針するレトログラードで表示します。オクトらしいデザインと、2つのコンプリケーションを搭載するため、価格的にも高価となっています。

圧倒的センスで業界震撼。ブルガリの腕時計に愉悦する

腕時計・ウォッチ

圧倒的センスで業界震撼。ブルガリの腕時計に愉悦する

ジュエラーとして名高い『ブルガリ』が時計界に進出して約半世紀。現在はムーブメントも内製化するほど躍進を遂げている。改めて、時計ブランドとしての実力を検証しよう。

ワダ ソウシ

2019.02.28

ジュエラーの、本気。ブルガリのオクトは時計ツウをも魅了する

腕時計・ウォッチ

ジュエラーの、本気。ブルガリのオクトは時計ツウをも魅了する

デザインのみならず技術面でも時計専業ブランドを上回る実力を見せつける『ブルガリ』。6度の世界最薄記録を成し遂げた「オクト」は時計ツウもうなる本格時計です。

石井 良

2020.09.11

実はジャンピングアワーの応用機構

『フランク ミュラー』ロングアイランド クレイジーアワーズ

『フランク ミュラー』ロングアイランド クレイジーアワーズ

ジャックロード

ジャックロード

お気に入り追加

毎時0分に、一見ランダムに時針が飛び回る特殊機構ですが、実はジャンピングアワーの機構を応用。ディスクを針に替え、ジャンプさせる角度を30度(1時間分)から150度に広げているのです。動きはランダムに見えても、キチンと計算されて設計されており、それだけに時計ファンの熱烈な支持を受けているのです。

黒野 一刻
黒野 一刻
ハイスペックなモノに取り憑かれ、ライター/エディターとして活動中。いつしか主戦場は時計誌や時計関係のwebに。時計以外にもアイウェアなどのレビューもこなす。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

細部に宿るリュクス感。存在感満点のスケルトン時計を、人気スタイリストはどう見たか

着実に需要が高まっているスケルトン時計。選択肢は数あれど、どうせ手に取るなら確かな背景を持つブランドの1本を狙いましょう。今冬の注目作、その細部を掘り下げます。

SPONSORED by ブローバ

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP