レアもの発掘。Gショックの別注&スペシャルモデル5選

『Gショック』には数々の別注仕様、アーティストやアスリートとのコラボ企画、スペシャルモデルが目白押し。ポップなカラーに彩られることの多いレア仕様を狙いましょう。

黒野 一刻

黒野 一刻

SHARE
記事をお気に入り
2017.03.15

Gショックのレア仕様の特徴は?

Gショックのレア仕様の特徴は?

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『Gショック』の定番モデルは、ブラックなど落ち着いた色調となっていますが、それだけでなく、さまざまな色彩のバリエーションがあります。季節の彩りを意識したケースもあれば、折々の限定モデルもありで、生産数は少ないものの、我々の目を楽しませてくれます。こうしたカラフルなモデルには、さらに特別な時計もあります。

単なる限定版を越えるレアモデル

単なる限定版を越えるレアモデル

カシオというメーカー単独の企画ではなく、外部の企業・ショップ・アーティストなどの企画を形にした別注モデルや、さらに『カシオ』とそれらの外部の主体が一段と密接に協力したコラボレーションモデルがそれです。『Gショック』の人気が高いことも手伝って、毎シーズン、なかなか面白いコラボレーションが見受けられます。

ここで紹介するのは、コラボモデルを3パターン、さらに海外モデルと復刻されたジェイソンです。毎年いろいろと展開される限定モデルもスペシャル感があってよいのですが、一段と希少性が高く、今後再販市場でもなかなかお目にかかれないという点で、ここに紹介するモデルは、おすすめです。

Gショック希少モデルの世界へようこそ

オールドファンだからこそ欲しい

機動戦士ガンダム35周年記念商品 シャア専用 G-SHOCK

機動戦士ガンダム35周年記念商品 シャア専用 G-SHOCK

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

1979年に初放映の機動戦士ガンダム35周年記念で『バンダイ』とのコラボで2014年に発売されています。シャア専用ザクをイメージしたレッドがまぶしいくらい。バンドにジオンの紋章やザクの型番などが入り、ケースバックにはザクの勇姿も刻まれます。発売時には抽選になったモデルで、レア度は半端ありません。

Gショックとアートのコラボレーション

ケヴィン・ライオンズ タイアップモデル

ケヴィン・ライオンズ タイアップモデル

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『Gショック』と世界のアート活動を支援するArkitipと協力し、デザイナーやイラストレーターとして多彩に活躍するケヴィン・ライオンズがデザインを担当。独特のグレーカラーに、レンガのようなパターンの入ったバンドが印象的。バックライトを点灯させると、文字盤にモンスターキャラクターの目が浮かび上がります。

NYのファッションアイコンがデザインを手がける

GMA-S110VK-9AER ヴァシュティー・コーラ ヴァイオレット コラボ限定モデル

GMA-S110VK-9AER ヴァシュティー・コーラ ヴァイオレット コラボ限定モデル

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

NYをベースにデザイナー、DJなど幅広く活動するアーティスト、ヴァシュティー・コーラと彼女のアパレルラインであるヴァイオレットとコラボしたモデルで、日本未展開。ゴールドのブレスレットのような質感が魅力的で、通常より4mm小さいコンパクトサイズ。日本人なら男性でも馴染みやすいサイズです。

日本未展開という希少性

スカイコックピット 海外逆輸入モデル

スカイコックピット  海外逆輸入モデル

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

この時計は、日本での展開を考えていなかったせいか、このクラスのスカイコックピットでは珍しく、標準電波の受信機能がなく、温度計機能を付加しているのが面白いところです。外観のポイントは、マットな仕上げのブラック文字盤が非常に渋いことで、他人との被りを気にせずにいられる要素となっています。

限定での復刻がうれしくなる“ジェイソン”

ブリージー カラーズ

ブリージー カラーズ

TIME LOVERS

TIME LOVERS

お気に入り追加

映画『13日の金曜日』のホッケーマスクを被った怪人のようなフェイス……“ジェイソン”の愛称で親しまれるこのタイプの時計は、折々に復刻され人気を博しています。このモデルも限定カラーの『ブリージー カラーズ』の一作として復刻。爽やかな色調とジェイソンのダイナミックさのミスマッチ感がたまりません。

黒野 一刻
黒野 一刻
ハイスペックなモノに取り憑かれ、ライター/エディターとして活動中。いつしか主戦場は時計誌や時計関係のwebに。時計以外にもアイウェアなどのレビューもこなす。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND