WEARで分析。人気のGショックはレトロなオリジン系

『Gショック』の人気モデルを、コーディネート投稿サイトのWEARから分析。ファッション好きから本当に支持される『Gショック』のモデルや、コーディネート例を探ります。

深澤 正太郎

深澤 正太郎

SHARE
記事をお気に入り
2016.07.21

メンズに人気の『Gショック』。なかでも支持されるモデルは?

メンズに人気の『Gショック』。なかでも支持されるモデルは?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

メンズの定番腕時計として知られる『Gショック』。男性の多くが目にしたり、購入したりと馴染み深いブランドですよね。“堅牢さ”という武器と、男らしい見た目の『Gショック』は、モデルのバリエーションが豊富であることも周知のとおり。

ここで気になるのが、本当に人気のモデルは何か、ということ。今回、TASCLAPでは、『Gショック』の人気モデルをコーディネート投稿サイトのWEARから探りました。

人気サイトWEARから探る、『Gショック』の人気モデル

人気サイトWEARから探る、『Gショック』の人気モデル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

WEARとは、ユーザーが自撮りしたコーディネートを投稿するサイトで、“今、何が流行なのか”“どんなスタイリングがおしゃれなのか”を知ることができます。

腕時計では、やはり『Gショック』が人気。"g-shock"のタグを検索すると男女合わせて8,000を超す投稿が見つかるほどです。(2016年7月21日現在)

さっそく発表! 『Gショック』の人気モデルはやはりレトロなオリジン系

さっそく発表! 『Gショック』の人気モデルはやはりレトロなオリジン系

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

数多くの投稿のなかでも、とくに愛用者が多かったのは“オリジン”と呼ばれる、『Gショック』のオリジナルの形状を継承する5600系列のモデルでした。

さっそく、WEARのユーザーたちがどのように『Gショック』の5600系列をコーディネートに取り入れているのかを見ていきましょう。

コーデ1

さっそく発表! 『Gショック』の人気モデルはやはりレトロなオリジン系 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白のポケットTシャツとデニムパンツというカジュアルなコーディネート。カモ柄のトートバッグと『Gショック』は着こなしにアクセントを加える最適なコンビです。赤のスニーカーも、さし色として効果的。

コーデ2

さっそく発表! 『Gショック』の人気モデルはやはりレトロなオリジン系 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ペールトーンの着こなしで上品に仕上げつつ、『Gショック』で引き締めた着こなしです。小物で全体のトーンを引き締めることで、やぼったさを解消しています。

コーデ3

さっそく発表! 『Gショック』の人気モデルはやはりレトロなオリジン系 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

総柄のアロハシャツとショートパンツ、レザーサンダルといった旬なアイテムを盛り込んだコーディネート。黄色の『Gショック』でアクセントカラーを取り入れることで、個性を加味しています。

コーデ4

さっそく発表! 『Gショック』の人気モデルはやはりレトロなオリジン系 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダークトーンでまとめた着こなしにも、黒の『Gショック』はベストマッチ。男らしいムードを盛り立てつつ、統一感のあるコーディネートに仕上げています。

“AKIRAKUBOTA”さんから探る、『Gショック』5600系列のコーデ

『Gショック』5600系列をコーディネートに取り入れる男性のなかでも、投稿数が多かったのが、WEARユーザーのAKIRAKUBOTAさん。30代の男性でフォロワー数は6,000名を超えるセンスの持ち主です。コーデ1でも紹介したAKIRAKUBOTAさんの着こなしを、さらに掘り下げます。

AKIRAKUBOTAさんのWEARはこちら

コーデ1

“AKIRAKUBOTA”さんから探る、『Gショック』5600系列のコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白シャツとデニム地のペインターパンツで大人カジュアルを構築。足元の革靴と『Gショック』でシックなムードをプラスしています。シンプルなアイテムを使いながらも、計算された色づかいがセンスの良さをうかがわせるスタイリングです。

コーデ2

“AKIRAKUBOTA”さんから探る、『Gショック』5600系列のコーデ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ラグランスリーブのカットソーや、カーキのショートパンツに足元の『ニューバランス』でカジュアルにスタイリング。左腕の『Gショック』とバランスを合わせるように、右腕にはブレスレットを重ねづけしたテクニックが◎。

コーデ3

“AKIRAKUBOTA”さんから探る、『Gショック』5600系列のコーデ 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

時にはジャケットとショーツで、きれいめに。カーキのスニーカーと腕元の『Gショック』で、カジュアルなムードをサポート。小物で“抜け感”を出しつつも、大人らしさを感じさせる着こなしです。

コーデ4

“AKIRAKUBOTA”さんから探る、『Gショック』5600系列のコーデ 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボーダーのカットソーと、鮮やかなライトブルーのショーツに色みを感じさせる小物をプラス。引き締め役として『Gショック』を活用しているのはお約束。

コーデ5

“AKIRAKUBOTA”さんから探る、『Gショック』5600系列のコーデ 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ラフな印象ながらも、左右の腕元でセンスの良さを演出。夏をはじめとする軽装のシーズンは、存在感のある『Gショック』をアクセサリーとして代用するのもアリですね。

人気モデルをピックアップ。『Gショック』5600系列のバリエーションを紹介

『Gショック』の5600系列のなかでも、大人の腕元にふさわしい5品を厳選しました。定番の黒はもちろん、洗練された白ベースのカラーリングやカーキなど、色別でゲットするのもおすすめです。

アイテム1

『Gショック』DW5600BB1JF

『Gショック』DW5600BB1JF

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

黒のワントーンで構成された、一切の無駄を省いたデザインはシンプルそのもの。コーディネートに馴染みやすく、それでいて武骨なムードが男心を刺激するモデルです。

アイテム2

『Gショック』DW5600 トリプルコラボモデル

『Gショック』DW5600 トリプルコラボモデル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『Gショック』と人気セレクトショップの『ジャーナルスタンダード』、そしてニューヨークを拠点とするスケートブランドの『DQM』がコラボしたひと品。“I LOVE NY”を前面に押し出したデザインが秀逸なモデルです。

アイテム3

『Gショック』DW5600P-1JF

『Gショック』DW5600P-1JF

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

プロテクターを装備した5600系列の定番モデルのひとつ。ストリート色の強いデザインながらも、世界48都市の時刻表示やサマータイム設定機能、ストップウォッチやフルオートカレンダーなど、充実した機能も兼備。

アイテム4

『Gショック』DW-5600M-3JF

『Gショック』DW-5600M-3JF

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ミリタリーカラーをベースにした5600系列の新モデル。黒で構築した5600系列よりも、やわらかな印象が持ち味です。男性はもちろん、女性にもおすすめしたいカジュアルさも魅力的。

アイテム5

『Gショック』DW5600 『AKM』別注モデル

『Gショック』DW5600 『AKM』別注モデル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

人気アパレルブランドの『AKM』が別注したモデルは、前面に浮かび上がる柄が特徴。ホワイトカモによってシンプルなデザインにアクセントを加味し、オリジナリティを演出します。

次に狙うはGショックの白。腕元の鮮度アップが叶う厳選15本

腕時計・ウォッチ

次に狙うはGショックの白。腕元の鮮度アップが叶う厳選15本

今年もさまざまなモデルが注目されている『Gショック』の中で、今選ぶなら腕元に映える“白”が最適解。見た目でも実用面でもおすすめするに申し分ない逸品が揃っている。

小林 大甫

2021.09.10

5600系列だけじゃない。『Gショック』のレトロ顔をピックアップ

5600系列だけじゃない。『Gショック』のレトロ顔をピックアップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

WEARの投稿を分析してわかったのは、『Gショック』の人気モデルの共通点でした。それは昔ながらのレトロなルックスであること。5600系列以外の、老若男女に愛される“レトロ顔”の『Gショック』を紹介します。

アイテム1

『Gショック』G-001 『ビームス』別注モデル

『Gショック』G-001 『ビームス』別注モデル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“ジェイソン”モデルとしてお馴染みのG-001を、モノトーンカラーにアレンジした『ビームス』別注モデル。『ビームス』40周年を記念して作られたひと品は、ELバックライトも特殊なデザインになっています。

アイテム2

『Gショック』フロッグマン

『Gショック』フロッグマン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

10万円オーバーという価格帯にふさわしい、フロッグマンのリニューアルモデル。サファイアガラスや内装機能などが、より“水”に強い仕様となっています。

アイテム3

『Gショック』G-100BB-1AJB

『Gショック』G-100BB-1AJB

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルな見た目で人気を集めるG-100のオールブラックモデルがこちら。樹脂の質感をダイレクトに感じられる、見た目にこだわる男性におすすめしたいモデルです。

アイテム4

『Gショック』ファイアーパッケージ

『Gショック』ファイアーパッケージ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アナログとデジタルのコンビネーションが人気のAWG-M100をベースに、ブルーのアクセントカラーを取り入れたモデルです。“スカイブルー”と称される色みが、武骨なフォルムに爽快感をもたらします。視認性が高い点もポイントです。

アイテム5

『Gショック』DW-6900B

『Gショック』DW-6900B

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

冒頭で紹介した“5600系列”に負けず劣らず人気が高いのがこちらのモデル。『Gショック』ならではの機能性はもちろん、レトロな見た目が今見ると新鮮なひと品です。

注目編集者
深澤 正太郎

守備範囲広めの髪ヲタ編集部員

深澤 正太郎
美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP