定番こそおしゃれに。グレーパーカーの選び方とコーデ術

定番こそおしゃれに。グレーパーカーの選び方とコーデ術

着回し力抜群のグレーパーカーは1枚あると重宝します。そこで、大人にハマるグレーパーカーの選び方とおしゃれなメンズコーデのヒントをサンプルとともにお届け!

2022.10.31
SHARE
記事をお気に入り
TASCLAP編集部

執筆者

プロが書くメンズファッションWEBマガジン

TASCLAP編集部
プロのライターと一緒に、等身大のおしゃれを日々発信。物欲を刺激する良品の数々、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで。今日から役立つメンズファッションの“いろは”を、わかりやすく紹介しています。 記事一覧を見る
...続きを読む

長所だらけのパーカー。気をつけるべき唯一のこと

長所だらけのパーカー。気をつけるべき唯一のこと

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

パーカーとはフードが付いているトップスのこと。別名、フーディとも呼ばれます。“パーカー ”と呼ぶ人が多いですが、正式には“パーカ”。(パーカーの呼び名が一般的なので、本記事ではこれを採用しています)

特徴は、季節を問わず着用可能なうえ、どんな色や柄と合わせても調和する着回し力の高さ。洋服の重ね着にも役立つアイテムなので、おしゃれな雰囲気作りが簡単にできるのがおいしいところです。長所ばかりですが、実際はその着回し力の高さから、街中でコーデがカブりやすいことも……。今一度、アイテムの選び方や取り入れ方を見直しましょう。

超定番だけに要チェック。グレーパーカーの選び方

パーカーの中でもとりわけ重宝するのがグレーパーカーです。とはいえ、灰色のパーカーなら何を選んでもOKかというと、答えはNO。自分の好みを把握しつつ、3つのポイントを軸にグレーパーカーを選んでみましょう。

ポイント1

着回しやすいジップアップタイプを選ぶこと

着回しやすいジップアップタイプを選ぶこと

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

パーカーには頭からかぶって着るタイプのプルオーバーパーカーと、フロントに配されたファスナーで開閉するジップアップパーカーの2種類あります。

どちらも定番のデザインで、トレンド的にはストリート色の強いプルオーバーですが、レイヤード感や汎用性、温度調整を考えるとジップアップパーカーのほうが大人には便利でしょう。

ジップアップパーカーをさらに見てみると、裾周りのボリュームを調整できるダブルジップタイプなどの派生系も。ダブルジップのほうが着こなしのバリエーションが増えますが、好みで選んでOKです。

ポイント2

オールシーズン使うならジャストサイズを選ぶこと

オールシーズン使うならジャストサイズを選ぶこと

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

パーカーに限らず、洋服を選ぶ際の重要なポイントとなるのがサイズ感。あえて大きめ・小さめに選んでサイズ感を楽しむのもありですが、着回すことを考えるとジャストサイズからややタイトめあたりを選ぶのがセオリーです。

オーバーサイズだと1枚で使う春秋はよいのですが、冬はアウターのインナーに取り入れるとかさばってしまいます。かといってタイトすぎると、グレーパーカーのなかに着られるモノが限られてしまうので、ジャストサイズ、もしくはややタイトめがベター。

ポイント3

ややムラ感のあるグレーを選ぶこと

ややムラ感のあるグレーを選ぶこと

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

グレーと言っても、明るめのライトグレーから黒に近いグレーなど、多くのバリエーションが存在します。また、織り方によってもグレーの見え方はまったく異なります。

ここで選びたいグレーはフラットなグレーではなく、霜降り感があったり、よく見ると濃淡があったり、表情豊かにムラ感がある杢調のグレーです。このムラ感がコーディネートへの馴染みやすさに影響を与えるので、選ぶ際の指標として覚えておきましょう。

3つのポイントを押さえたグレーパーカー15選

ジップアップタイプでややムラ感があるという条件を満たしつつ、大人の着こなしにハマる上質なグレーパーカーを厳選。この春のコーディネートにも欠かせないアイテムがきっと見つかるはずです。

パーカーブランド厳選20。大人が手に取りたい定番アイテム一覧

ウェア・コーデ

パーカーブランド厳選20。大人が手に取りたい定番アイテム一覧

肌寒くなると出番が増えるパーカー。長いスパンで活用するアイテムだからこそ、セレクトは妥協できません。そこで、こだわる大人におすすめのパーカーを一挙ご紹介!

山崎 サトシ

2022.09.09

アイテム1

『チャンピオン』リバースウィーブ パーカー

『チャンピオン』リバースウィーブ パーカー

SELECT SHOP LOWTEX

SELECT SHOP LOWTEX

お気に入り追加

キング・オブ・スウェットと呼ばれるリバースウィーブ生地を使用した『チャンピオン』のパーカーは、縦にも横にも縮みにくいタフな作りが最大の特徴。肉厚でざっくりとした素材感やさらりと気持ちがいい肌触りは、メイド・イン・USAにこだわった「赤タグ」コレクションならでは。着心地の良さを生かしたシンプルなデザインなので、スタイリングを選ばずにハマります。

アイテム2

『オーシバル』フレンチ テリー ジップ フーディー

『オーシバル』フレンチ テリー ジップ フーディー

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

『オーシバル』らしいオーセンティックな定番パーカーです。旧式のアズマ編み機でふんわりと柔らかく編んだ生地は、着込むほどに体や肌に馴染んでいくのが魅力。適度な厚みで着心地は軽く、季節の変わり目のはおりものとして重宝します。フロントのダブルジップはユニバーサル製で、ゴールドの色味が独特。ヴィンテージライクなムードを放っています。ジップの開き具合で着こなしをアレンジできるのもポイント。

アイテム3

『ナイキ』クラブ フレンチテリー フルジップフーディー

『ナイキ』クラブ フレンチテリー フルジップフーディー

アルペン楽天市場店

アルペン楽天市場店

お気に入り追加

スポーツ界の王道ブランド『ナイキ』も、素材やデザインが異なるさまざまなタイプのグレーパーカーをラインアップしています。その中でもシンプルな正統派がこれ。軽くて柔らかいフレンチテリー生地を用いたシンプルなスウェットパーカーです。ただし、左胸のワンポイントでアイデンティティもしっかり主張。首元に高さのあるデザインなので、必要なときには防風性を確保できるのもポイントです。

街コーデから家着まで。ナイキのパーカー&トレーナーがスポーツMIXに効く

ウェア・コーデ

街コーデから家着まで。ナイキのパーカー&トレーナーがスポーツMIXに効く

旬なスポーツMIXコーデに使えて、リラックスした着心地も堪能できる『ナイキ』のパーカー&トレーナーが人気です。最新ラインアップからおすすめ品を一気にご紹介!

平 格彦

2021.03.01

ナイキのテックフリース最新事情。おすすめアイテムからコーデまで

ウェア・コーデ

ナイキのテックフリース最新事情。おすすめアイテムからコーデまで

スニーカーで名を馳せる『ナイキ』だが、アパレルラインからも目が離せない。着心地抜群でスポーティなうえにスタイリッシュな機能素材、テックフリースの魅力に迫る。

TOMMY

2022.11.11

アイテム4

『ザ・ノース・フェイス』スクエアロゴ フルジップ パーカー

『ザ・ノース・フェイス』スクエアロゴ フルジップ パーカー

ice field(アイスフィールド)

ice field(アイスフィールド)

お気に入り追加

『ナイキ』と同じくロゴ使いが巧みな『ザ・ノース・フェイス』らしい1枚。フードに大きく刺繍されたブランドロゴがインパクトを放っています。要所に使われたホワイトも好バランス。フロントジップや襟元のドローコードなどがクリーンなアクセントとして利いています。肌触りの良いコットンをメインにしながらポリエステルを加えて速乾性を高めるなど、アウトドアブランドらしい工夫も満載です。

アイテム5

『ラコステ』レギュラーフィット プレミアムコットンジップスウェットパーカ

『ラコステ』レギュラーフィット プレミアムコットンジップスウェットパーカ

ココチヤ

ココチヤ

お気に入り追加

定番アイテムとしてポロシャツが真っ先に思い浮かぶ『ラコステ』ですが、スポーツウェアを起源とするブランドだけに、スウェットアイテムも定番品。グレースウェットのパーカーもさすがの完成度です。一見ベーシックですが、左胸のクロックがワンポイントとしてしっかり主張。無撚糸で編んだ生地は極上の柔らかさで、縫い目が気にならないフラットシーマを採用するなど、着心地にもこだわっています。

ポロシャツの原点。ラコステのL1212が愛され続ける理由とは

ウェア・コーデ

ポロシャツの原点。ラコステのL1212が愛され続ける理由とは

ポロシャツの定番ブランド『ラコステ』。誰でも着られるシンプルさとデザインの豊富さが魅力です。なかでも支持率が高い「L1212」、その特徴とスタイリングを解説します。

モチヅキ アヤノ

2022.06.13

アイテム6

『アニエスベー』S179 パーカー

『アニエスベー』S179 パーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ラコステ』と同じくフランスを代表するブランドの『アニエスベー』も、スタイリッシュなグレーパーカーをリリース。左胸の”agnes b.”ロゴが映えているシンプルなデザインが、洗練された印象を与えます。素材はコットン100%でソフトな着心地。霜降りグレーの表情はこなれた雰囲気で、幅広いコーディネートに難なくマッチします。

アイテム7

『ジャックマン』GG スウェットパーカ

『ジャックマン』GG スウェットパーカ

DECO APARTMENT STORE楽天市場店

DECO APARTMENT STORE楽天市場店

お気に入り追加

アイテム名の「GG」は「ガラガラ」の略。独特で強めな杢感を表現しています。粗挽き調の生地はふんわりして柔らかく、ボリュームもたっぷり。あえて起毛させていないため、保温性が高すぎず幅広いシーズンで使えます。フードを後付けしているのも特徴的。ヴィンテージ品のスウェットパーカーに見られる仕様を再現しています。フロントのダブルジップはユニバーサル製でアンティーク感を醸出。

アイテム8

『サンカ』ジップパーカー

『サンカ』ジップパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランド立ち上げの2007年から現在まで展開され続けている定番アイテム。旧式の吊り編み機で時間をかけて編み上げた生地はふんわりと柔らかく、気持ちよく体にフィットします。ウエストと袖口には上質なリブがたっぷりと使われ、高級感のある佇まいに。シンプルで普遍的なアイテムだからこそ、丁寧な物づくりが際立つ逸品です。

アイテム9

『オーハル』スビン ジップアップ パーカ

『オーハル』スビン ジップアップ パーカ

TATRAS CONCEPT STORE

TATRAS CONCEPT STORE

お気に入り追加

超長綿の1種であるスビンコットンの特性を生かした1着。甘く撚ることでふっくらした風合いに仕上げ、糸の入れ方を調整することでボリューム感を高めています。表面には特有の光沢感があり、見るからに上質感たっぷり。『オーハル』は”音楽とともに存在していく上質なワードローブ”を提案していますが、このパーカーのリブ部分にはうっすらと5本線が浮き上がっています。

アイテム10

『モクティ』シックフリース ジップアップ パーカ

『モクティ』シックフリース ジップアップ パーカ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

『mocT(モクティ)』は国内で初めての杢糸を生み出し、ヘザーグレーを日本に広めた新内外綿株式会社がスタートさせたブランド。この1着は、今回の必須ポイントとして挙げている霜降り調の生地を得意とする老舗の傑作です。デザインはいたってオーセンティック。だからこそ、生地の絶妙な表情が際立っています。ダブルジップで上下の開き具合が調整できるので、着こなしに合わせてアレンジしましょう。

アイテム11

『ユナイテッドアスレ』10.0オンス スウェット 裏パイル フルジップ パーカー 5213

『ユナイテッドアスレ』10.0オンス スウェット 裏パイル フルジップ パーカー 5213

輸入品屋さん

輸入品屋さん

お気に入り追加

90年以上もの歴史を持つ国内ボディメーカーの『ユナイテッドアスレ』。さまざまなブランドにボディを提供していることもあり、そのクオリティは折り紙付き。こちらのパーカーは定番のオープンポケットがついているベーシックなタイプなので、どんな着こなしとも相性抜群です。また、裏地はパイル地になっているため着心地も良好。価格がお手頃なのもうれしい限り。

アイテム12

『キャンバー』CAM131 12.5oz ヘビーウェイト ジップパーカー サーマルライナー

『キャンバー』CAM131 12.5oz ヘビーウェイト ジップパーカー サーマルライナー

ミリタリーWAIPER 楽天市場店

ミリタリーWAIPER 楽天市場店

お気に入り追加

『キャンバー』もボディを提供している名門。メイド・イン・USAにこだわり続け、スウェット製のアイテムも得意としています。このパーカーは、12.5オンスのスーパーヘビーな厚手生地を起用。ボリュームたっぷりな仕上がりです。タフな作りとベーシックなデザインも備え、気兼ねなくヘビーローテーションが可能。裏地はワッフルサーマルで、保温性だけでなく通気性も確保しています。

アイテム13

『ヘルスニット』ロングスリーブ スウェット ジップアップ フーディ

『ヘルスニット』ロングスリーブ スウェット ジップアップ フーディ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

『ヘルスニット』はアメリカを代表するカットソーブランドです。高い品質、洗練されたスタイル、快適な着心地という3つの要素を追求するのがポリシー。素材を厳選して長持ちするプロダクトを生み出しています。当然ながらスウェットパーカーも圧巻の出来栄え。程良く肉厚なボディと適度にフィットするリブを組み合わせ、リラックスできる着用感に仕上げています。普遍的なデザインで着回しやすさも抜群。

アイテム14

『ボッコ』ジップパーカ

『ボッコ』ジップパーカ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

独自のリラクシングウェアを提案している『ボッコ』。シンプルかつベーシックなデザインで、肌着でありながら外出もできるアイテムを展開しています。このグレーパーカーもソフトで軽やかなタッチ。綿の段階で色出ししたメランジ感のある別注糸で、ナチュラルなムラ感を表現しています。また、袖周りなどを細めに設定することで、ジャケットなどのインナーとしても着やすいように配慮。

アイテム15

『シップス』マイクロシップス 刺繍 ロゴ 裏毛 スウェットジップパーカー

『シップス』マイクロシップス 刺繍 ロゴ 裏毛 スウェットジップパーカー

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

着回しやすいスタンダードなグレーパーカーなら、セレクトショップのオリジナルも狙い目。『シップス』の1着も、定番のシルエットで合わせるコーディネートを選ばない作りです。コットン100%の裏毛スウェット生地を採用し、リラクシングな着心地に仕上げているのもポイント。デザインもシンプルですが、左身頃の裾付近に小さなロゴ刺繍をあしらい、控えめな個性もプラスしています。

季節別にポイントを指南。グレーパーカーの着こなし方

基本的にどんなアイテムにも、そしてファッションテイストにもハマるグレーパーカー。男女問わず、誰のワードローブでも間違いなくメインとして活躍してくれるアイテムだけに、着こなす際はちょっとしたコツが必要。

そこで、ここからはグレーパーカーの着こなしサンプルを季節ごとにお届け。コーディネートの参考となる着こなしを見つけましょう。

▼春・秋のグレーパーカーを主役にした着こなしは、インナーにデザインを取り入れて

シンプルなグレーパーカーが見た目の面積を多く占める春と秋のメンズコーデは、柄やグラフィックなどがあるアイテムを取り入れて、無地だけにならないようまとめるのがポイント。パンツで柄を取り入れるのもありですが、グラフィックデザインTシャツやチェックシャツなどで取り入れるほうが難易度的にはイージーでおすすめです。

コーデ1

Tシャツのロゴをアクセントに

Tシャツのロゴをアクセントに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ロゴプリントがあしらわれたTシャツでアクセントを加えるのが基本形。どんなブランドを選ぶか、どんなロゴを選ぶかによって個性が演出できます。このコーディネートでは、シンプルな”BALR.”というブランドロゴがメインのTシャツをセレクト。それだけで十分にスタイリッシュなアクセントとして利いていますし、サッカー好きな個性もうかがい知れます。

コーデ2

インナーにシャツを選んで上品に

インナーにシャツを選んで上品に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

より上品なコーディネートにまとめたい場合は、インナーにシャツを合わせるのがセオリー。品が良いのは無地ですが、ドレスなムードが強すぎるとパーカーとマッチしにくくなるため、バンドカラーやデニム生地などを使ったカジュアルなシャツを選ぶのがおすすめです。チェックシャツを選ぶ場合は、柄自体がカジュアルなので他の仕様は上品でOK。

コーデ3

土っぽさをグレーパーカが程良くいなす

土っぽさをグレーパーカが程良くいなす

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらも鮮やかなブルーのチェックシャツと、明るいブラウンのパンツをチョイス。主張の強い2色をグレーパーカーが程良くいなし、アメカジ風のスタイリングにまとめた好例です。

コーデ4

スウェット×スウェットでも、インナー次第でOK

スウェット×スウェットでも、インナー次第でOK

WEAR

WEAR

お気に入り追加

細ピッチのボーダーカットソーなら、アクセント強めに印象を残すことが可能。グレーパーカー×グレースウェットパンツの、着こなし次第ではルームウェアのようになってしまう組み合わせには、これくらい強めのボーダーがおすすめ。

コーデ5

小ぶりなロゴでも効果は十分

小ぶりなロゴでも効果は十分

WEAR

WEAR

お気に入り追加

若干オーバーサイズ気味のパーカーを着てリラックス感を演出したい場合は、インナーに小ぶりなロゴのTシャツを選ぶのが得策。主張が少ないのでラフになりすぎず、全体として大人なバランスに整いやすくなります。このコーディネートで選んでいるのは”SENSE OF PLACE”のブランドロゴが入ったTシャツ。ロゴが小ぶりなだけでなく、英字がラフな筆記体でリラックス感が高まっています。

コーデ6

カラーTシャツを挿し色として活用

カラーTシャツを挿し色として活用

WEAR

WEAR

お気に入り追加

定番カラーではないTシャツやカットソーをインナーに挿すだけで、無難なイメージを払拭することは可能。色だけで個性をプラスすればデザインが過剰になることはなく、バランスの良いコーディネートが簡単に築けます。ここで選んだカラーはカーキに近いグリーン。大人なムードを損なうことなくアクセントカラーとしても機能するので、おすすめの色味です。

コーデ7

ワントーンコーデのハズしにももってこい

ワントーンコーデのハズしにももってこい

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビーベースの落ち着いた色みの着こなしは、グレーパーカーを投入すると一気に軽やかな印象に。パーカーと組み合わせることでジョガーパンツの軽快な表情が生きてきます。変則的なピッチのボーダーTシャツでさり気なく個性も主張。

コーデ8

シャツ+ボーダーの合わせ技も便利

シャツ+ボーダーの合わせ技も便利

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツもボーダー柄トップスもすでに何度か登場しているインナーですが、両者を組み合わせてインナーを構築するのもおすすめ。大人っぽさとカジュアル感のバランスが整い、ラフすぎないパーカースタイルが築けるからです。パンツがジーンズでも大人なコーディネートに仕上がるのは、この好例を見れば明らか。全体的にジャストなサイズ感でまとめているのも大人な印象の理由です。

コーデ9

グラフィックTシャツで個性を主張

グラフィックTシャツで個性を主張

WEAR

WEAR

お気に入り追加

もっとも個性が主張できるインナーはグラフィックTシャツです。大人なコーディネートにふさわしいのはアート系やモード調のグラフィックですが、キャラクターなどを使ったグラフィックでも着こなし次第では大人っぽくまとまります。簡単なのは、このお手本のように全体をモノトーンでまとめて落ち着かせるテクニックです。アウターがジップアップパーカーなので、インナーを隠したい場合はジップを閉じるという手も。

▼アウターとインナーに挟まれる冬コーデは、ジップを開けてレイヤード感を出そう

冬のメンズコーデのカギを握る、“レイヤード”。これを簡単に可能とするのがグレーパーカーです。取り入れるポイントはいたって簡単。フロントのファスナーを閉じず、開くこと。そうすることで内側から順にインナー、パーカー、アウターとレイヤード感がわかり、表情豊かな着こなしにまとまります。

コーデ10

パーカーとカーディガンを一体化

パーカーとカーディガンを一体化

WEAR

WEAR

お気に入り追加

レイヤード感のあるコーディネートと聞くと、作るのが難しいと感じるかもしれません。しかし、パーカーとアウターを一体化し、1つのアウターと考えて着こなせば簡単。このお手本では、明るいグレーのパーカーとダークグレーのカーディガンを統合しています。その後はグレーパーカーを主役にしたコーディネートと同じ要領。デザインのあるインナーで個性を演出しましょう。このお手本では、マリンボーダー柄のバスクシャツを挿して爽やかにまとめています。

コーデ11

重ためのブラックコーデを程良く中和

重ためのブラックコーデを程良く中和

WEAR

WEAR

お気に入り追加

レザージャケットにブラックのパンツでスタイリッシュにまとめたモノトーンスタイル。間に挟んだパーカーと白シャツでハードすぎる印象を中和し、モダンな着こなしに落とし込んだのがポイント。

コーデ12

シックな装いをパーカーで街寄りにシフト

シックな装いをパーカーで街寄りにシフト

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックウォッチ柄のコートでトラッドにまとめたスタイリング。ブラックパンツに同色のブーツでやや重たい印象を、グレーパーカーと白のカットソーで程良く軽量感を与えて、バランスよくまとめましょう。

コーデ13

デニム・オン・デニムをパーカーで攻略

デニム・オン・デニムをパーカーで攻略

WEAR

WEAR

お気に入り追加

おしゃれなコーディネートにまとめるのが難しいそうなデニム・オン・デニムのスタイルですが、グレーパーカーを挿してこなれ感を足すとバランス良く仕上がります。ネイビーがベースの着こなしでも悪目立ちせず、それでいてアクセントとして活躍してくれるのはグレーのパーカーならでは。パーカーのジップは全開にせず、半分だけ閉めるなどしてバランスを整えてもOKです。

コーデ14

ソリッドなコートスタイルを柔らかく仕上げる

ソリッドなコートスタイルを柔らかく仕上げる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トレンチコートにパーカーの定番メンズコーデは、黒スキニーでエッジある着こなしに昇華して、周りと差をつけましょう。モノトーンコーデとベージュカラーの仲立ちとしても、グレーパーカーは役立つ好例。

コーデ15

コントラストの強いコーデの中間色として

コントラストの強いコーデの中間色として

WEAR

WEAR

お気に入り追加

すっきりしたシルエットのミリタリーコートをグレーパーカーでカジュアルにスタイリング。ホワイトとベージュの軽やかな色合わせに中間色のグレーを挟むことで、ブラックのパンツが自然に馴染み、こなれた雰囲気にキマります。

コーデ16

フロントの開け方でこなれた印象に

フロントの開け方でこなれた印象に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

すでに解説したように、グレーのパーカーは全開にしなくてもOK。レイヤード感さえわかれば問題ありません。このコーディネートは、パーカーもアウターも首元だけを留めているのがポイント。少し意外性のある着こなしから、こなれたムードが漂っています。ボディにレイヤード感が出ていて、表情も豊か。首元の防風性が確保できるので、意外と実用的な着こなしでもあります。

コーデ17

プレッピーなスタイル作りにも重宝

プレッピーなスタイル作りにも重宝

WEAR

WEAR

お気に入り追加

グレーパーカーはアメカジスタイルの王道アイテムですが、アメトラ系スタイルの定番品でもあります。例えば、このコーディネートのようなプレッピースタイルとも相性は抜群。少しビビッドな雰囲気のナイロンジャケットをヴィンテージライクなグレーパーカーで中和し、洒脱な装いにまとめています。カジュアルなタイドアップスタイルとグレーパーカーが好相性なのもこの好例を見れば一目瞭然!

コーデ18

多重レイヤードにももってこい

多重レイヤードにももってこい

WEAR

WEAR

お気に入り追加

グレーのパーカーは、春らしさをさりげなく醸す役割も果たしてくれるのがメリット。内側から順にデニムジャケット、パーカー、トレンチコートと1つひとつのアイテムの丈感が徐々に変化している点も抜け目なし。バランスも配色も見事なコーディネートです。

涼やかで大人顔。グレーTシャツでこなれた初夏コーデを

ウェア・コーデ

涼やかで大人顔。グレーTシャツでこなれた初夏コーデを

Tシャツを選ぶ際のこだわりは数あれど、色が基準という人も多いのでは? あらゆる色の中でも大人っぽさがピカイチのグレーに注目し、選び方からコーデ法までをご紹介。

近間 恭子

2022.06.08

試す価値あり。グレーのジャケットを“もっとおしゃれ”に着こなすテクニック

ウェア・コーデ

試す価値あり。グレーのジャケットを“もっとおしゃれ”に着こなすテクニック

グレーのジャケットは定番ゆえに重宝するが、着こなし次第では地味に映ったり、無難に見えたり、着こなすのは意外と難しい。おしゃれに着こなすテクを考えてみよう。

大中 志摩

2019.09.11

秋から春までフル回転! グレースウェットを大人らしく着る4つのコーデ法則

ウェア・コーデ

秋から春までフル回転! グレースウェットを大人らしく着る4つのコーデ法則

アメカジを象徴する定番アイテムの中でも、グレーのスウェットシャツは肌寒い季節のマストハブ。より大人らしく、おしゃれに着こなすためのコーデの秘訣を披露しましょう。

平 格彦

2021.10.14

グレーカーディガンは着回し力抜群で万能。大人にこそふさわしい1着だ

ウェア・コーデ

グレーカーディガンは着回し力抜群で万能。大人にこそふさわしい1着だ

女性ウケが良く、どこか人の良さそうな雰囲気を醸し出せるカーディガン。なかでもグレーの1着は万能で、オンからオフまで活躍する大人にぴったりのアイテムなんです。

近間 恭子

2020.10.02

グレーニットは汎用性抜群。だから知りたいおしゃれなコーデ

ウェア・コーデ

グレーニットは汎用性抜群。だから知りたいおしゃれなコーデ

使い勝手が良く、ワードローブに1枚は備えておきたいグレーのニット。ただし定番アイテムだからこそ、無難になり過ぎないよう着こなすには今季的なセオリーが必要です。

平 格彦

2020.11.26

どんなときも頼りになる。グレーのコート万能説

ウェア・コーデ

どんなときも頼りになる。グレーのコート万能説

どのアイテムともマッチする色はいつの時代も重宝する。代表的なのはグレーだろう。パーカーなどでその威力は実証済みだが、コートにおいても同様。試す価値は大いにある。

菊地 亮

2019.11.26

万能パンツの筆頭。グレーパンツをおしゃれに着こなす方法、教えます

ウェア・コーデ

万能パンツの筆頭。グレーパンツをおしゃれに着こなす方法、教えます

定番であり、抜群の着回し力を誇るグレーパンツ。その着こなし術にフォーカスし、周りと差がつくおしゃれなコーデ例を一挙ご紹介。参考になること請け合いですよ!

近間 恭子

2021.12.10

この記事の掲載アイテム一覧(全15商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『チャンピオン』リバースウィーブ パーカー
    『チャンピオン』 リバースウィーブ パーカー
  • 『オーシバル』フレンチ テリー ジップ フーディー
    『オーシバル』 フレンチ テリー ジップ フーディー
  • 『ナイキ』クラブ フレンチテリー フルジップフーディー
    『ナイキ』 クラブ フレンチテリー フルジップフーディー
  • 『ザ・ノース・フェイス』スクエアロゴ フルジップ パーカー
    『ザ・ノース・フェイス』 スクエアロゴ フルジップ パーカー
  • 『ラコステ』レギュラーフィット プレミアムコットンジップスウェットパーカ
    『ラコステ』 レギュラーフィット プレミアムコットンジップスウェットパーカ
  • 『アニエスベー』S179 パーカー
    『アニエスベー』 S179 パーカー
  • 『ジャックマン』GG スウェットパーカ
    『ジャックマン』 GG スウェットパーカ
  • 『サンカ』ジップパーカー
    『サンカ』 ジップパーカー
  • 『オーハル』スビン ジップアップ パーカ
    『オーハル』 スビン ジップアップ パーカ
  • 『モクティ』シックフリース ジップアップ パーカ
    『モクティ』 シックフリース ジップアップ パーカ
  • 『ユナイテッドアスレ』10.0オンス スウェット 裏パイル フルジップ パーカー 5213
    『ユナイテッドアスレ』 10.0オンス スウェット 裏パイル フルジップ パーカー 5213
  • 『キャンバー』CAM131 12.5oz ヘビーウェイト ジップパーカー サーマルライナー
    『キャンバー』 CAM131 12.5oz ヘビーウェイト ジップパーカー サーマルライナー
  • 『ヘルスニット』ロングスリーブ スウェット ジップアップ フーディ
    『ヘルスニット』 ロングスリーブ スウェット ジップアップ フーディ
  • 『ボッコ』ジップパーカ
    『ボッコ』 ジップパーカ
  • 『シップス』マイクロシップス 刺繍 ロゴ 裏毛 スウェットジップパーカー
    『シップス』 マイクロシップス 刺繍 ロゴ 裏毛 スウェットジップパーカー

掲載アイテムをもっと見る(3商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP