定番こそおしゃれに。グレーパーカーの選び方とコーデ術

定番こそおしゃれに。グレーパーカーの選び方とコーデ術

着回し力抜群のグレーパーカーは1枚あると重宝します。そこで、大人にハマるグレーパーカーの選び方とおしゃれなメンズコーデのヒントをサンプルとともにお届け!

TASCLAP編集部

2018.03.12

トップス
パーカー

長所だらけのパーカー。気をつけるべき唯一のこと

パーカーとはフードが付いているトップスのこと。別名、フーディーとも呼ばれます。“パーカー ”と呼ぶ人が多いですが、正式には“パーカ”。(パーカーの呼び名が一般的なので、本記事ではこれを採用しています)

特徴は、季節を問わず着用可能なうえ、どんな色や柄と合わせても調和する着回し力の高さ。洋服の重ね着にも役立つアイテムなので、おしゃれな雰囲気作りが簡単にできるのがおいしいところです。

長所ばかりですが、実際はその着回し力の高さから、街中でコーデがカブりやすいのが問題。特にこれからの時期はTシャツやシャツの上に羽織る人が増えるので、アイテム選びはもちろん、取り入れ方にも気をつけるべきです。

超定番だけに要チェック。グレーパーカーの選び方

パーカーの中でもとりわけ重宝するのがグレーパーカーです。とはいえ、灰色のパーカーなら何を選んでもOKかというと、答えはNO。自分の好みを把握しつつ、3つのポイントを軸にグレーパーカーを選んでみましょう。

ポイント1着回しやすいジップアップタイプを選ぶこと

パーカーには頭からかぶって着るタイプのプルオーバーパーカーと、フロントに配されたファスナーで開閉するジップアップパーカーの2種類あります。

どちらも定番のデザインで、トレンド的にはストリート色の強いプルオーバーですが、レイヤード感や汎用性、温度調整を考えるとジップアップパーカーのほうが大人には便利でしょう。

ジップアップパーカーをさらに見てみると、裾周りのボリュームを調整できるダブルジップタイプなどの派生系も。ダブルジップのほうがファッション性が高く、レイヤードもしやすいので着こなしのバリエーションが増えますが好みで選んで良いでしょう。

ポイント2オールシーズン使うならジャストサイズを選ぶこと

パーカーに限らず、洋服を選ぶ際の重要なポイントとなるのがサイズ感。あえて大きめ・小さめに選んでサイズ感を楽しむのもありですが、着回すことを考えるとジャストサイズからややタイトめあたりを選ぶのがセオリーです。

オーバーサイズだと1枚で使う春秋はよいのですが、冬はアウターのインナーに取り入れるとかさばってしまいます。かといってタイトすぎると、グレーパーカーのなかに着られるモノが限られてしまうので、ジャストサイズ、もしくはややタイトめがベターでしょう。

ポイント3ややムラ感のあるグレーを選ぶこと

グレーとひと言でいっても、明るめのライトグレーから黒に近いグレーなど、多くのバリエーションが存在します。また、織り方によってもグレーの見え方はまったく異なります。

ここで選びたいグレーはフラットなグレーではなく、霜降り感があったり、よく見ると濃淡があったり、表情豊かにムラ感がある杢調のグレーです。このムラ感がコーディネートへのなじみやすさに影響を与えるので、選ぶ際の指標として覚えておきましょう。

3つのポイントを押さえたグレーパーカー15選

ジップアップタイプでややムラ感があるという条件を満たしつつ、大人の着こなしにハマる上質なグレーパーカーを厳選。この春のコーディネートにも欠かせないアイテムがきっと見つかるはずです。

合わせて読みたい: 定番アイテムだからこそブランドにはこだわりたい。大人が手にすべきパーカー15選

アイテム1『チャンピオン』

キング・オブ・スウェットと呼ばれるリバースウィーブ生地を使用した『チャンピオン』のパーカーは、縦にも横にも縮みにくいタフな作りが最大の特徴。肉厚でざっくりとした素材感やさらりと気持ちがいい肌触りは、メイド・イン・USAにこだわった「赤タグ」コレクションならでは。着心地の良さを生かしたシンプルなデザインなので、スタイリングを選ばずにハマります。

合わせて読みたい: チャンピオンのパーカーが主役。大人のアメカジコーデ

アイテム2『オーシバル』

トレンドや季節を問わず愛用できる『オーシバル』の定番パーカー。1900年代初頭の吊り編み機で糸にストレスをかけずに編まれた生地は、空気を含んだ独特のボリューム感と着こむほどになじむ柔軟さが魅力です。フードは2枚合わせで程よく肉厚にし、ネック周りに立体感を演出。ダブルジップを活用すればどんな着こなしにもハマること間違いなしです。

アイテム3『デウス エクス マキナ』×『ビームス』

サーフ×バイクを軸に幅広いライフスタイルを提案する『デウス エクス マキナ』と『ビームス』がコラボレーション。日本人の体型にフィットするよう補正された別注シルエットは、程良くタイトで使いやすいサイズ感。左胸にはおなじみのブランドロゴ、背中にはヴェニスのアドレスプリントを施しカジュアルなムードに仕上げました。アメカジスタイルはもちろん、きれいめコーデのハズしにも使いたい1枚。

アイテム4『ラコステ』

ポロシャツでおなじみの『ラコステ』ですが、スポーツアイテムを起源とするブランドらしくスウェットアイテムも見逃せません。一見ベーシックなデザインですが、無撚糸で編まれたスウェット生地の肌触りはまさに極上の柔らかさ。縫製には縫い目がごろつかないフラットシーマを採用するなど、着心地への徹底したこだわりが光る逸品です。夏に愛用したポロシャツの上にさらりと羽織ってみてはいかがでしょう。

合わせて読みたい: ラコステのポロシャツL1212が愛され続ける理由とは?

アイテム5『ザ・ノース・フェイス』

フードに大きく刺しゅうされたブランドロゴがインパクト抜群の1枚。肌触りのいいコットンをメインにしつつ、速乾性を高めるためにポリエステルを混紡する工夫は『ザ・ノース・フェイス』ならでは。やや厚手で大ぶりなサイズ感なので、いつもより少し小さめのサイズをチョイスするのがおすすめです。ファスナーや刺しゅうなど、要所に使われた白がデザインのアクセントに。

アイテム6『ナイキ』

『ナイキ』のヒット作として人気の高いテックフリースシリーズ。軽量で保温性に優れたエンジニアードフリース素材は、その機能性だけではなく、なめらかで品のいいルックスも人気の秘訣です。動きやすさをサポートする立体的な縫製や、流れるような曲線のシルエットがスタイリッシュなムードを演出。これからのスポーツMIXコーデにぜひ取り入れたいアイテムです。

アイテム7『ループウィラー』

吊り編み機を用いた国産スウェットウェアを世界に発信し続けている『ループウィラー』。1時間に1mしか編むことができない貴重な吊り裏毛を惜しみなく使用した今作は、ややタイトなサイズ感ながら快適な着心地を約束してくれます。着こむほどに変化するヴィンテージのような味わいは、まさに大人のためのパーカー。袖口にはおなじみのカタカナのブランドロゴが。

合わせて読みたい: 日本発。ループウィラーのスウェットならではの魅力とおすすめ

アイテム8『アヴィレックス』

アメリカ空軍への納品の実績をもつ『アヴィレックス』のパーカーは、軍用衣料を出発点とする同ブランドらしいしっかりとした作り。さらりとした質感ながら、伸縮性の高い糸を使用したリブ編み生地はガシガシ着てもへこたれない耐久性を兼備しています。ポケットがないシンプルなデザインなので、厚手のアウターの下に着てもかさばらないのがうれしいですね。

アイテム9『サンカ』

ブランド立ち上げの2007年から現在まで展開され続けている定番アイテム。旧式の吊り編み機で時間をかけて編み上げた生地はふんわりと柔らかく、気持ちよく体にフィットします。ウエストと袖口には上質なリブがたっぷりと使われ、高級感のあるたたずまいに。シンプルで普遍的なアイテムだからこそ、ていねいな物づくりが際立つ逸品です。

アイテム10『シップス デイズ』

暖かなシーズンにおすすめしたいのが『シップス デイズ』のリネン100%パーカー。コットン素材とは異なるさらりとした肌触りと速乾性の高さは、リネンならでは。多少の汗でもベタつきはゼロなので羽織りとしてはもちろん、薄く軽量な特徴を生かしてインナーとして活用するのも良いでしょう。天然素材のナチュラルな風合いを楽しみたい方には、まさにうってつけです。

アイテム11『ワラワラスポーツ』

40〜50年代に製作されていたフリーダムスリーブを見事に再現した、ヴィンテージ好き垂涎のパーカー。肩から脇にかけてS字ラインを描くように縫製されているのが最大の特徴で、デザインとしての美しさと腕の動かしやすさを両立しています。生地にはヘビーウェイトのスウェット素材を使用するなど、アメリカ生産にこだわる『ワラワラスポーツ』のこだわりが詰まった1枚。

アイテム12『ナノ・ユニバース』

一見するとベーシックな『ナノ・ユニバース』のパーカーは、生地にこだわりアリ。ドレス系アイテムによく使用されるカルゼと呼ばれる生地を採用し、上品な光沢と立体的な織り地をパーカーにも再現。合わせやすいシルエットとは裏腹に、素材でさりげなく違いを主張できる1枚に仕上がっています。着こなしのこなれ感アップにも貢献してくれること間違いなし。

アイテム13『417 エディフィス』

『417 エディフィス』からは、ポンチ素材のなめらかな風合いを生かしたきれいめパーカーをチョイス。ポンチ素材といえば高い耐久性と伸縮性が特徴ですが、今作では上質なコットンにポリエステルを混紡することで通気性と保形性もプラス。シワになりにくいので、すっきりとしたシルエットをきれいなままキープできるスグレモノです。

アイテム14『ビームス』

高い機能性と扱いやすさが人気のダンボールニットを使用したスポーティーなパーカー。伸びがよく保温性も高いのに加え、ビスロンファスナーや立体的な縫製など、随所に本格的なスポーツウェアのディティールを落とし込んだのはさすが『ビームス』といったところ。スタイリッシュなメランジ仕上げは、普段使いにもスポーツシーンにもマッチすること間違いなし。

アイテム15『ドレステリア』

セレクトショップ『ドレステリア』のオリジナルパーカーは、女性から火がついたブランドオリジナルの定番アイテム。まるで手編みのようなふっくらとした風合いは吊り編み機によるもので、絶妙なフィット感と裏毛起毛加工による暖かな着心地が魅力です。肉厚な生地感ながらすっきりとしたシルエットなので、上品にパーカーを着こなしたい大人にはおすすめの1枚。

季節別にポイントを指南。グレーパーカーの着こなし方

基本的にどんなアイテムにも、そしてファッションテイストにもハマるグレーパーカー。男女問わず、誰のワードローブでも間違いなくメインとして活躍してくれるアイテムだけに、着こなす際はちょっとしたコツが必要。

そこで、ここからはグレーパーカーの着こなしサンプルを季節ごとにお届け。コーディネートの参考となる着こなしを見つけましょう。

▼春・秋のグレーパーカーを主役にした着こなしは、インナーにデザインを取り入れて

シンプルなグレーパーカーが見た目の面積を多く占める春と秋のメンズコーデは、柄やグラフィックなどがあるアイテムを取り入れて、無地だけにならないようまとめるのがポイント。パンツで柄を取り入れるのもありですが、グラフィックデザインTシャツやチェックシャツなどで取り入れるほうが難易度的にはイージーでおすすめです。

コーデ1グラフィックTでポイントをメイク

夏にヘビーローテーションしたグラフィックデザインTシャツをインナーにするだけでOKの、簡単グレーパーカー攻略テク。シューズはスニーカーでなく革靴を選んで、カジュアルになりすぎないよう調整すると大人っぽく仕上がります。

コーデ2ドレスライクな足元であくまで品良く

インナーとして取り入れたチェックシャツがアクセントとなるコーデ。全体的にカジュアルな着こなしですが、黒デニムをロールアップしてちら見せした白ソックスとローファーで足元は上品に。

コーデ3土っぽさをグレーパーカが程良くいなす

こちらも鮮やかなブルーのチェックシャツと、明るいブラウンのパンツをチョイス。主張の強い2色をグレーパーカーが程よくいなし、アメカジ風のスタイリングにまとめた好例です。

コーデ4スウェット×スウェットでも、インナー次第でOK

細ピッチのボーダーカットソーなら、アクセント強めに印象を残すことが可能。グレーパーカー×グレースウェットパンツの、着こなし次第ではルームウェアのようになってしまう組み合わせには、これくらい強めのボーダーがおすすめ。

コーデ5ショールスタイルにパーカーがこなれ感をオン

味わい深い古着風のTシャツも、グレーパーカーなら雰囲気を壊さずにコーディネート可能。パーカーと好相性なハーフパンツやニットキャップを組み合わせれば、大人のストリートコーデの完成です。

コーデ6サーフテイストとも相性抜群

ビビッドなロゴTシャツとパーカーは好相性。細身のサイジングのため、やぼったさは皆無です。春らしい配色やこなれたダメージデニム使いも参考に。

コーデ7ワントーンコーデのハズしにももってこい

ネイビーベースの落ち着いた色みの着こなしは、グレーパーカーを投入すると一気に軽やかな印象に。パーカーと組み合わせることでジョガーパンツの軽快な表情が生きてきます。変則的なピッチのボーダーTシャツでさり気なく個性も主張。

コーデ8旬のバンドカラーシャツをより軽やかに

全てのアイテムをワントーンでまとめたすっきりとした着こなし。模様のようなバンドカラーシャツのネイビーのボタンがワンポイントとなっています。パーカーを軸にトーンをあわせることで、軽やかな装いに。

コーデ9無地パーカーに個性を添えボーダー柄

ミリタリーライクなカラーパレットのなか、インナーのボーダー柄が好アクセントに。大人らしさを残しつつも爽やかなコーディネートに仕上げています。

コーデ10トーンを合わせた気軽なワンマイルコーデ

インナーの柄とパーカーの色みをマッチさせると、簡単にナチュラルコーデをつくることができます。軽く、動きやすいパーカーは、散歩やちょっとした外出などの休日のスタイリングにもおすすめ。

▼アウターとインナーに挟まれる冬コーデは、ジップを開けてレイヤード感を出そう

冬のメンズコーデのカギを握る、“レイヤード”。これを簡単に可能とするのがグレーパーカーです。取り入れるポイントはいたって簡単。フロントのファスナーを閉じず、開くこと。そうすることで内側から順にインナー、パーカー、アウターとレイヤード感がわかり、表情豊かな着こなしにまとまります。

コーデ1スウェットの厚みが温かみを演出

爽やかなネイビーのコートを主役に、グレーパーカーを除くアイテムをホワイトに統一した清涼感あるコーデ。ネイビー×ホワイトだけだと寒々しく映るところにグレーパーカーを挟むことで、温かみのある着こなしにまとめました。

コーデ2重ためのブラックコーデを程良く中和

レザージャケットにブラックデニムでスタイリッシュにまとめたモノトーンスタイル。間に挟んだパーカーとボーダーカットソーでハードすぎる印象を中和し、モダンな着こなしに落とし込んだのがポイント。

コーデ3シックな装いをパーカーで街寄りにシフト

ブラックウォッチ柄のコートでトラッドにまとめたスタイリング。ブラックパンツに同色のブーツでやや重たい印象を、グレーパーカーと白のカットソーで程よく軽量感を与えて、バランスよくまとめましょう。

コーデ4難度の高いデニム・オン・デニムをパーカーで攻略

デニム・オン・デニムに、グレーパーカーを差して程よくニュアンス付け。ネイビーベースの着こなしでも悪目立ちせず、しかしきちんとアクセントとして活躍してくれるのは、グレーパーカーならでは。

コーデ5ソリッドなコートスタイルを柔らかく仕上げる

トレンチコートにパーカーの定番メンズコーデは、黒スキニーでエッジある着こなしに昇華して、周りと差をつけましょう。モノトーンコーデとベージュカラーの仲立ちとしても、グレーパーカーは役立つ好例。

コーデ6コントラストの強いコーデの中間色として

すっきりしたシルエットのミリタリーコートをグレーパーカーでカジュアルにスタイリング。ホワイトとベージュの軽やかな色合わせに中間色のグレーを挟むことで、ブラックのパンツが自然になじみ、こなれた雰囲気にキマります。

コーデ7パーカーのグレーがレザーの強さを和らげる

ハードなレザーライダースに、グレーパーカーを挟むことでよりソフトな表情に。。ダブルのライダースジャケットとフードパーカーの組み合わせは、首回りにボリュームが出るため、Vネックをのぞかせてすっきりとまとめると◎。

コーデ8クリーンなジャケットコーデをカジュアルダウン

ジャケパンのセットアップにジップアップパーカーを挟んだモードミックススタイル。きれいめ一辺倒になりやすいセットアップを、ジップアップパーカーとロゴTを差すことでカジュアルに気崩しているところがGOODです。

コーデ9汎用性の高いコートに、フードで変化を

きれいめ代表格のチェスターコートにも、グレーパーカーを挟むことでカジュアル度をプラス。細身ボトムスやロングブリムハットを採用して全体のシルエットに変化をつけ、やぼったさを押さえた大人の着こなしに仕上げました。

コーデ10多重レイヤードにももってこい

グレーのパーカーは、春らしさをさりげなく醸す役割も果たしてくれるのがメリット。内側から順にデニムジャケット、パーカー、トレンチコートと1つひとつのアイテムの丈感が徐々に変化している点も抜け目なし。バランスも配色も見事なコーディネートです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK