足元もあったかいんだからぁ♪ タウンなダウンブーツ

足元もあったかいんだからぁ♪ タウンなダウンブーツ

外出時の足先の冷え対策していますか?? ムートンブーツ履いている?? それもありですが、今選ぶなら『ザ・ノース・フェイス』の1足!? ダウン仕様で街履きに最適なんです!

編集イトウ

2015.02.18

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)
ブーツ

足先が冷えるお悩みを見事解消! ファッショナブルに履けるダウンブーツ

『ザ・ノース・フェイス』を代表する名作、ヌプシブーティー

多くのダウンアイテムを展開する『ザ・ノース・フェイス』の不屈の名作、ヌプシブーティー。ダウンならではの表情と見た目通りの保温性、さらに日本人の足に合うラストに見直されているので、フィット感も◎です。

合わせて読みたい:
冬の人気靴。ヌプシブーティーの魅力とおすすめラインアップ

アッパーには撥水加工を施したリップストップナイロン地を採用。650フィルパワーを誇る高品質ダウンを封入することで、ダウンジャケットと同じ保温性と軽い履き心地が楽しめます。

ソールには低温下でも硬くならない特殊なラバーを採用し、氷面を捉えるウインターアイスポッドを配置。デイリーユースからアウトドアシーンまで幅広く活躍できる仕様です。

カラーバリエーションやパターンが豊富なのも特長。使い勝手のいいブラックやブラウンからトレンドのウッドランドカモまで、ワードローブに合わせて選びましょう。

ブラックカラー

まずは押さえておきたいブラック。トレンドに左右されず取り入れられる上に、汎用性の高さもピカイチ。迷ったらコレです!

フォレスト ナイト グリーンカラー

落ち着きのある色合いは、渋い大人の男性にピッタリ。ブラックカラーと同じく、合わせやすい色合いが人気のブーツです。

グラファイト グレーカラー

ほかにはあまり見ない、落ち着きのあるマットなグレーカラー。定番カラーと差をつけたい人にイチオシのカラーダウンブーツ。

デミタッセブラウンカラー

ブラウンにカーキ系のカラーを加えたようなカラー。ブルージーンズなどのカジュアルなパンツと合わせたい。

ウッドランドカモカラー

ダウンブーツ全体にデザインされたウッドランドカモ柄が目を引く1足。トレンドの柄をさり気なく足元に取り入れたい人に◎。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    デザイン性と機能性を両立させたアイテムに定評がある『ザ・ノース・フェイス』。それはグローブもしかり。その魅力をおすすめのモデルとともにお届けします。

    近間 恭子

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    TASCLAP編集部

    エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

    エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

    高品質ながらもエレガントな雰囲気を醸す『ヘルノ』のダウンは、すっきり着こなせると特に大人から支持されています。その魅力をこの冬狙うべきモデルとともにご紹介。

    近間 恭子

    冬の人気靴。ヌプシブーティーのおすすめラインアップ&コーデ

    冬の人気靴。ヌプシブーティーのおすすめラインアップ&コーデ

    寒い日は革のブーツに頼りたくなるもの。でも軽くて暖かくて今っぽいシューズがあったらなおいいですよね。そんなときはヌプシブーティーに頼っちゃいましょう。

    平 格彦

    今季も大本命。ザ・ノース・フェイスの人気ダウン15モデル

    今季も大本命。ザ・ノース・フェイスの人気ダウン15モデル

    『ザ・ノース・フェイス』の人気ダウンを総特集。人気のバルトロライトジャケットを筆頭に極寒仕様からタウンユースな1着まで、見た目もスペックも徹底的に紹介します。

    編集フカザワ

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

    TASCLAP編集部

    BACK