ちょっとがキモ。クラッシュデニムの選び方とコーデ

メンズの着こなしにこなれ感を与えてくれるクラッシュデニムですが、過度なダメージ加工は大人コーデには不向き。この春、手持ちのクラッシュデニムを見直してみませんか?

CANADA

CANADA

SHARE
記事をお気に入り
2017.03.08

クラッシュデニムとは? まずは軽くおさらい

クラッシュデニムとは? まずは軽くおさらい

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クラッシュデニムとは、石やヤスリ、金属ブラシなどで、傷や穴など普通にはくだけではなかなか出せない加工があらかじめ施されているデニムのこと。ダメージ加工ならではのワイルドさを楽しめます。

大人がクラッシュデニムを選ぶ際のポイントは?

大人がクラッシュデニムを選ぶ際のポイントは?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2000年代頃に流行った激しいダメージのものはNG。控えめのクラッシュ加工が施されたデニムを選ぶと大人っぽくはきこなせます。また、シルエットもルーズすぎるものは避け、細身のすっきりとしたデザインのものを選ぶことが重要です。

大人の男性がクラッシュデニムを取り入れるポイントは?

大人のメンズコーデで第一優先に考えたい“清潔感”と間逆の位置にあるクラッシュデニムは、他アイテムを清涼感のあるモノを選ぶことが大切。トレンドの白アイテムやこれからの季節に欲しいニットなどを取り入れて、バランスよく取り入れましょう。

大人の男性がクラッシュデニムを取り入れるポイントは?

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ざっくりと編まれたニットにクラッシュデニムを取り入れた、ベーシックな着こなし。ダメージデニムがシンプルになり過ぎないよう、程良いスパイスとなっています。

大人の男性がクラッシュデニムを取り入れるポイントは? 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

先ほどのコーデと同じく、シンプルな着こなしの好スパイスとして活躍するクラッシュデニム。これくらいシンプルな方が、大人の着こなしに必要な清潔感を保ちやすい。

大人の男性がクラッシュデニムを取り入れるポイントは? 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タイトストレートのクラッシュデニムは、着こなし方によってはロックな雰囲気で大人にはやや厳しくなりやすい。ゆるめのカーディガンでヌケ感を作れば、大人らしくまとまります。

大人の男性がクラッシュデニムを取り入れるポイントは? 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ハイネックニットのきれいめな印象とクラッシュデニムのワイルドさが絶妙なバランスで成り立っている着こなし。両要素がちょうどイーブンになっているからできるテクです。

大人の男性がクラッシュデニムを取り入れるポイントは? 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デニム・オン・デニムコーデは、色落ちのテンションを変えれば無理なく着こなしが可能。足元をロールアップして、さり気なく抜け感を出すのがポイント。

大人の男性がクラッシュデニムを取り入れるポイントは? 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オーバーサイズのミリタリーシャツにもクラッシュデニムは好相性。インナーや足元はオーセンティックなアイテムをチョイスすると、カジュアルダウンになりすぎず、きれいめな印象に仕上がります。

大人の男性がクラッシュデニムを取り入れるポイントは? 7枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

明るいグレーのMA-1と白Tの春らしいシンプルな着こなしに、アクセントでクラッシュデニムをプラス。

大人の男性がクラッシュデニムを取り入れるポイントは? 8枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジャケット×クラッシュデニムは大人なら取り入れたいコーディネートの一つ。インナーに白のVネックカットソーをチョイスすることで、爽やかな大人っぽさが追加されています。

大人の男性がクラッシュデニムを取り入れるポイントは? 9枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今年の春大注目のコーチジャケットをプラスした装い。ちょっとルーズなシルエットのクラッシュデニムでも濃いめのカラーをチョイスすれば◎。きれいめなストリートスタイルの出来上がりです。

大人の男性がクラッシュデニムを取り入れるポイントは? 10枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アースカラーを基調としたコーディネートには、くすんだ淡い色合いのクラッシュデニムがベストマッチ。足元もジャケットとリンクさせ、ビビッドなイエローカラーをチョイスした点もバランス感が◎です。

大人にこそ似合うクラッシュデニムはコレ!

クラッシュデニムのキモは、やはり何を選ぶかが超重要。とくに大人ともなれば、加工の加減が印象を左右します。そこで、大人にハマる1本をリサーチ。数あるクラッシュ加工のなかでもおすすめのアイテムを紹介します。

『グリーンレーベルリラクシング』

『グリーンレーベルリラクシング』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スキニーシルエットならではのすっきりとした着用感が魅力のクラッシュデニム。着用の際は、ロールアップするのもおすすめ。明るいトーンで清涼感もあり、春夏のマストアイテムになること間違いなしです。

『アーバンリサーチ ロッソ メン』

『アーバンリサーチ ロッソ メン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“大人も履ける1本を”というコンセプトどおりのクラッシュデニム。リアルに履き倒した際に表れるひざのダメージや全体の色みが見事な加工により実現しています。シルエットやはき心地も申し分なく、初心者でも難なく着こなせるはず。

『ヒルフィガーデニム』

『ヒルフィガーデニム』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

爽やかなカラーリングが魅力的な一本。すっきりスマートなテーパードシルエットに仕上げているので、はくだけでこなれた雰囲気に。ポケットに加えたフラッグロゴが、さり気ないポイントになってくれます。

『グローバルワーク』

『グローバルワーク』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トレンドを意識したカットオフのクロップド丈。股上とモモ回りを少しゆとりをもたせて作っているのではきやすいのも◎です。これから春夏に向けてシンプルなコーディネートになりがちですが、そんな時、1本持っていると鮮度あるスタイリングが作れます。

『ベイフロー』

『ベイフロー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

本格的なダメージ加工とカラーリングでヴィンテージライクに仕上げたデニムパンツ。ロールアップしたとききれいに見えるためのステッチや足が長く見えるよう配慮されたバックステッチなど細やかなデザインが魅力です。

『リーバイス』

『リーバイス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

王道の501Rのシルエットをベースに、ヒザ下をテーパードさせて現代的なデザインに変更したクラッシュデニム。ベーシックかつモダンな新スタイルに仕上がっています。テイストを選ばないニュースタンダードな一着として、さまざまなコーデに合わせられますよ。

『グローリークルー』

『グローリークルー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

程良いクラッシュとリペア加工で、合わせやすさはキープしながらも、スタイリングのアクセントとして使える一本。スリムテーパードのシルエットは脚を長く見せてくれる効果もあり、きれいめスタイリングにもってこいです。

『キャスパージョン』

『キャスパージョン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

しっかりとした素材感のうえに、やわらかな質感とストレッチの効いたはきやすさを兼ね備えた優秀アイテム。褪せた風合いのカラーリングやアタリの出具合はリアルなヴィンテージデニムを彷彿とさせます。

『レッドカード』

『レッドカード』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

やわらかく軽いライトオンスの生地では難しかったリアルなヴィンテージ感を実現した一本。程良いダメージ加工で、適度な色落ちとシワ感が長年はき慣らしたような絶妙な風合いが魅力です。デザインを極力簡素化することで、加工感が際立たせているのも◎。

『シビリア』

『シビリア』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

美しいインディゴ染めの色合いとテーパードシルエット、抜群のはき心地が魅力のクラッシュデニム。ダメージ加工がありながらもカジュアルになりすぎない、洗練された着こなしに仕上がる1本です。

今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

ウェア・コーデ

今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

那珂川廣太

2020.12.10

注目編集者
CANADA
CANADA
メンズファッション誌編集長を経て、現在フリーランスエディター/ライター。好きなものは海、雑誌、パン。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

大人の“懐デジ”、1本いかが? 80年代にフィーチャーした、フォッシル流レトロモダン

洗練されたヴィンテージデザインを得意とする『フォッシル』が、80年代の日本にインスパイアされた新作をリリース。ただ当時を追っただけではない、実力派が登場です。

SPONSORED by フォッシル

続きを読む

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

マスクの下、老け顔になってない? “保湿力”が男のスキンケアには必要だ

男の第一印象を上げるには肌が重要。そして、清潔感のある健康な肌には保湿が何より大切だ。マスクによる肌荒れを恐れない男でいるためのスキンケアの秘訣をご紹介しよう。

SPONSORED by アラミス

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事