今こそ要検討。2タイプのレザーブレスレットで描く、大人の腕元

今こそ要検討。2タイプのレザーブレスレットで描く、大人の腕元

腕にワンポイントが欲しいけれど、シルバーブレスレットでは少し主張が強過ぎる。そんなときに役立つ、レザーブレスレットの魅力について掘り下げていきましょう。

那珂川廣太

那珂川廣太

SHARE
記事をお気に入り
2021.08.23

こんな時代だからこそ。“育つ”アクセサリー、レザーブレスレットが気になります

こんな時代だからこそ。“育つ”アクセサリー、レザーブレスレットが気になります

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

エシカルでサステナブルな要素がファッションにも求められる昨今、とかくレザープロダクトを敬遠する人も多いもの。しかし考えてみれば、レザーは本来、食肉の副産物として発生した皮をなめして作るものであり、素材を余すことなく活用する“もったいないの精神”から生まれたエシカルな素材。また、使い込むほどに味わいを増す経年変化は革ならではの魅力であり特徴です。シーズンごとにトレンドが移りゆくファッションの世界において、長く使えば使うほど愛着を増す革製品は、ある意味で大量消費社会におけるアンチテーゼともいえる存在なのではないでしょうか。

こんな時代だからこそ。“育つ”アクセサリー、レザーブレスレットが気になります 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

そして貴金属と比べてナチュラルな雰囲気を持つレザーブレスレットは、コーディネートの中で悪目立ちしにくいところも魅力でしょう。そのおかげで、普段からずっと着けっぱなしにすることもできます。そのうちに体に馴染み、自分にとってお守りのようになってくれる存在でもあります。ファッションピースとしてだけでなく、自分のアイコンやアミュレット代わりに身に着けるアクセサリーとしても、レザーブレスレットはうってつけでしょう。

気軽に取り入れられる万能選手。細身のレザーブレスレット8選

気軽に取り入れられる万能選手。細身のレザーブレスレット8選

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

バングルや腕時計との重ね着けも可能で、合わせる服も選ばないため、初めてレザーブレスレットを手に取る人におすすめしたいのが細身のデザイン。特に控えめな金具類が付いた細めのアイテムであれば、どんなコーディネートにもアクセントを添える万能選手となってくれるでしょう。

アイテム1

『ミアンサイ』ブランメル フック スターリング

『ミアンサイ』ブランメル フック スターリング

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

細身のソフトレザーを腕に巻きつけ、スターリングシルバーのフックで留めて着用する『ミアンサイ』のレザーブレスレット。ニューイングランドのビーチにインスピレーションの源を求めるブランドだけあってどことなく海の香りを感じさせつつ、プレッピーな着こなしとの相性も良好な品の良さを湛えています。

アイテム2

『ヨウヘイノグチ』ナローブレスレット

『ヨウヘイノグチ』ナローブレスレット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

北欧・ラップランド地域の遊牧民、サーミ族の装飾品にしてお守りでもあるドゥオッチの技法を用いて仕立てられたブレスレット。トナカイの角や革、錫糸などの材料はすべてスウェーデンから輸入し、自身のアトリエにて伝統的な技法に則ってハンドメイドで製作されています。

アイテム3

『ファンタスティックマン』ブレスレット

『ファンタスティックマン』ブレスレット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ネイティブアメリカンスタイルのジュエリー作りに携わってきた池口泰信氏が2013年に立ち上げた『ファンタスティックマン』。同ブランド初となる、シルバー×レザーのコンビネーションモデルがこちらです。使い込むうちに飴色へと変わるイタリアンレザーはもとより、ラスティックな風合いのシルバーバックルも魅力です。

日本発。ファンタスティックマンのアクセサリーが人気

バッグ・ファッション小物

日本発。ファンタスティックマンのアクセサリーが人気

目利きに秀でたバイヤーやスタイリストたちが入れ込んでいるアクセブランド、『ファンタスティックマン』。業界人たちの視線を一身に集めるその魅力について追いかけたい。

菊地 亮

2019.08.26

アイテム4

『ジャム ホーム メイド』3巻レザーブレスレット

『ジャム ホーム メイド』3巻レザーブレスレット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

しなやかで水にも強いディアスキンを使用した程良いボリューム感のブレスレットは、エンドの結び目部分をカットして長さ調節ができるのがポイント。自分の手首のサイズに合わせたり、アンクレットとして活用したりすることも可能です。留め具はシルバー製で、さりげなくダイヤモンドがセットされている点も見逃せません。

アイテム5

『センスオブプレイス』レザーブレスレット

『センスオブプレイス』レザーブレスレット

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

これぞスタンダードといった雰囲気の、フック&ループ留めのシンプルな2連ブレスレット。柔らかで薄手のレザーを細くカットして仕立てられたコードはコバが切りっぱなしになっており、ラフな質感が魅力です。気軽にコーデに取り入れられるプチプライスもうれしいですよね。

アイテム6

『アカシックツリー』マルチカラーレザーブレスレット

『アカシックツリー』マルチカラーレザーブレスレット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ロンハーマン』や『ヒステリックグラマー』など、名だたるセレクトやブランドとコラボレーションしているドメスティックブランドによる三重巻きブレスレット。細めの編み込みコードを使用しつつも、インパクト溢れるコンチョや水牛の骨を削り出した留め具などが相まってインパクト抜群の仕上がりです。

アイテム7

『オロビアンコ』レザーブレスレット

『オロビアンコ』レザーブレスレット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

カバン作りで培った繊細な革のあしらいと、シルバー金具の質感の良さはさすがの一言。ブラック・ブラウン・ブルーの3色展開ですが、やはりイタリアンブランドらしい発色の巧みさを味わいたいなら、ブルーが第一選択肢になるでしょう。品の良いデザインのため、ドレスウォッチとの相性も良好!

アイテム8

『クランプ』二重巻きスモーキークォーツレザーブレスレット

『クランプ』二重巻きスモーキークォーツレザーブレスレット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

靴底に用いられる特厚のレザーをカンナで削り出して丸みを持たせた太めのレザーコードを使用した、二重巻きのブレスレット。ひし形の金具はシルバー925を使用し、トップに革と好相性を描くスモーキークォーツがセットされています。繊維も緻密で硬さのある革のため、使い込んだときの経年変化も楽しみです。

シンプルスタイルの救世主。コーデ改革に効く、ワイドなレザーブレスレット5選

シンプルスタイルの救世主。コーデ改革に効く、ワイドなレザーブレスレット5選

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

90年代後半から2000年代初頭に『ウルフズヘッド』のスタッズブレスレットが大ブームを巻き起こしたように、強烈な存在感を放つレザーブレスレットはスタイリングにインパクトをプラスしてくれる救世主ともいえる存在。とはいえアイテムの迫力に負けないよう、自分のスタイルを理解したうえで身に着けることが肝要でもあります。シンプル&ノームコアからデコラティブなファッションへと流れが変わりつつある今こそ、パンチ力のあるアクセサリーをうまく取り入れて、オリジナルな着こなしを実践してみましょう。

アイテム1

『モトラトリー』×『ビームス』別注 レザー ターコイズブレスレット L

『モトラトリー』×『ビームス』別注 レザー ターコイズブレスレット L

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

革人形作家の家系に産まれた本池兄弟が作る革小物&シルバーアクセサリーブランドの『モト』が実験的かつ挑戦的なプロダクトメイキングをおこなうライン『モトラトリー』。同ブランドと、『ビームス』がタッグを組んだ別注アイテムがこちらです。ネイティブアメリカンのシルバーバングルをモチーフに、経年変化が楽しみなヌメ革へとアレンジされています。

アイテム2

『マリアルドマン』 アークネッツ別注 SAMI-M17

『マリアルドマン』 アークネッツ別注 SAMI-M17

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

サーミ族の手芸品が溢れるスウェーデンで育ち、現在はパリで居住するデザイナーが作るドゥオッチはフォーキーで温かみのある仕立てが魅力。ベースになるトナカイのレザーにセレクトショップの「アークネッツ」がピックしたカラーフェルトを挟んで錫糸を織り込んだ別注モデルです。

アイテム3

『GDC』ネイティブレザーブレスレット

『GDC』ネイティブレザーブレスレット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スタイリストの熊谷隆志氏がディレクターを務める『GDC』のレザーブレスレットは、ブランドアイコンである八角星の刻印入りのレザーにオリジナルのコインチャームがアクセント。ディアスキンコードとビーズで留めるストラップの仕様もネイティブ感に溢れています。

アイテム4

『ノースワークス』10セントドランクスマイル レザー ブレスレット

『ノースワークス』10セントドランクスマイル レザー ブレスレット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルな三つ編みのレザーメッシュのブレスレットに、スナップボタンとしてあしらわれたブランド定番のドランクスマイルがワンポイント。スマイルマークの金具は10セントコインを素材に1点ずつ職人が切り出したもので、コインを改造してジュエリーに仕立てるのは70年代のヒッピージュエリーにルーツを持つ技法です。

アイテム5

『ブラックトライアングルデザイン』ショックコード&レザーダブルブレスレット

『ブラックトライアングルデザイン』ショックコード&レザーダブルブレスレット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

特殊加工を施した、風合いの異なる2種類のレザーを使用したブレスレット。パンキッシュでモードなデザインが魅力です。ブランドと並行して国内外からダークミュージック/クィアシーンのパーティをオーガナイズしているデザイナーだけあって、どこかフェティッシュなエッセンスも感じられます。

ケアをするよりも“劣化させない”ことを念頭に置いて付き合うべし

ケアをするよりも“劣化させない”ことを念頭に置いて付き合うべし

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

靴やレザージャケットは定期的に手入れをするものの、レザーブレスレットの手入れはつい忘れがち……という人も少なくないでしょう。とはいえブレスレットは肌に密着するものであり、手洗いのたびに濡れるなどダメージを受けやすいアイテムでもあります。経年変化も革の魅力と割り切って、ひび割れを防ぐためのオイルを定期的に入れるだけで済ませるのもアリですが、なるべく新品の状態を長く維持したい人は、買ったときにレザー用の撥水スプレーを吹き付けておくのがおすすめ。汚れや汗が浸透しにくくなるため、きれいな状態を長く維持することが可能です。また、夏場は家に戻ったら乾いたタオルで汗をやさしく拭き取ってあげたり、定期的にレザー用のクリーナーで拭きあげたりしていれば、汚れで黒ずむ心配も減るでしょう。

おしゃれなアクセサリーブランド10選。大人におすすめのアクセとは?

バッグ・ファッション小物

おしゃれなアクセサリーブランド10選。大人におすすめのアクセとは?

大人の着こなしは“派手すぎずベーシック”が基本。ならばこそスパイスとなるアクセは重要だ。一点投入するだけでいつものスタイルを格上げしてくれる注目作を集めた。

TOMMY

2019.08.08

ブレスレットで手首に洒落感を。正しい選び方と今着けたいおすすめブランド12選

バッグ・ファッション小物

ブレスレットで手首に洒落感を。正しい選び方と今着けたいおすすめブランド12選

コーデのワンポイントとして活躍してくれるブレスレット。おしゃれ度の向上に活用しない手はありません。選び方の基本から、大人メンズが狙うべきブランドまでをご紹介!

山崎 サトシ

2021.06.11

大人がペアブレスレットを選ぶならこれ。センスが光る10ブランドを厳選

バッグ・ファッション小物

大人がペアブレスレットを選ぶならこれ。センスが光る10ブランドを厳選

気合いを入れずに着けられるペアアクセサリーの筆頭といえばブレスレット。大人ならではのさりげないペア着けが楽しめるアイテムを厳選してお届けします。

ai sato

2021.01.15

男をアゲる13本。バングルをいつもの着こなしのシメにいかが?

バッグ・ファッション小物

男をアゲる13本。バングルをいつもの着こなしのシメにいかが?

スタイリングが薄味に感じたらアクセサリーによる味付けが効果的。とりわけバングルは着こなしに取り入れやすく、かつ大人っぽいダシも効かせられる優れモノなのです。

押条 良太

2021.09.07

注目編集者
那珂川廣太

アメカジ&アメトラを中心にラギッドな視点で解説

那珂川廣太
バイク専門誌と男性向けライフスタイル誌で編集を約8年務めたのちに独立。ファッションはアメリカンカジュアルからトラッドまで幅広く執筆を行い、特にブーツやレザー、ジーンズ、古着など男臭いアイテムの知識が豊富。また乗り物やインテリア、フードまでライフスタイル全般にわたって「ラギッド」を切り口に執筆する。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

“わかっている”引き算がありがたい。チャムスのゴアテックスアウターが、僕たちに響く理由

大人のアウトドアMIXは肩肘張らないこなれ感がカギ。頼れるスペックの中に引き算の美学を落とし込んだ『チャムス』のゴアテックスアウターなら、相棒として完璧です!

SPONSORED by チャムス

続きを読む

シャカではじめる冬支度。サンダル譲りのコンフォートなシューズで装いを新たに

街に野遊びに、この夏お世話になった人も多いであろう『シャカ』のサンダル。しかし、同ブランドが活躍するのは夏だけにあらず。秋冬も頼れる逸品が揃っています!

SPONSORED by シャカ

続きを読む

暖かいだけじゃもう物足りない。エーグルと探る、これからの冬アウターの条件とは

徐々に寒くなりアウターに手が伸び出すこの時期。今の時代に合ったその選び方を、フランス発の名ブランド「エーグル」の優れモノを軸に読み解いていきます。

SPONSORED by エーグル

続きを読む

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事