スタンレーのおすすめ水筒&マグ14選。長く愛され続ける魅力とは?

スタンレーのおすすめ水筒&マグ14選。長く愛され続ける魅力とは?

ステンレス製の真空ボトルで有名な『スタンレー』。人気の背景や同ブランドならではの魅力、そして用途別におすすめのアイテムを紹介する。

大中 志摩

2019.05.18

スタンレー(STANLEY)
アウトドア用調理器具
水筒・ボトル

100年以上愛される名ブランド。『スタンレー』とは?

100年以上愛される名ブランド。『スタンレー』とは?

1913年、ウィリアム・スタンレー氏はオールステンレス製の真空断熱構造のボトルを発明した。この革新的な技術は、アメリカの日常に広く浸透し、100年経った今でも色褪せることなく、さらに進化を続けている。ロガー、ファーマー、アイアンマンなどの労働者、アメリカ国民を支えたボトルには歴史とロマンがある。

使いやすさと頑丈さこそ、『スタンレー』が長く愛される理由

使いやすさと頑丈さこそ、『スタンレー』が長く愛される理由

イエノLabo.イエノLabo.

お気に入り追加

味のあるクラシックな見た目もすばらしい点だが、機能性や使いやすさも特筆すべき点。アイスキューブをそのまま入れることができる大きい注ぎ口や、優れた耐久性とサビ止め加工が施された特徴的なボディなど魅力が満載。高度12,000mから落としても壊れないと言われるほどの高い強度を誇る。

用途に合わせて選びたい。男心をくすぐる『スタンレー』の人気アイテム一覧

家族単位で使える大容量クラシック真空ボトル 1.9L グリーン

クラシック真空ボトル 1.9L グリーン

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

『スタンレー』を代表するグリップ付きのステンレスボトル。『スタンレー』ボトルを象徴するカラー、ハンマートーングリーンのボディは、高い耐久性を備え、一生モノのステンレスボトルとして使える。容量は1.9Lと家族単位で使えるサイズが魅力。BBQやキャンプはもちろん、子どもの運動会などさまざまなアクティブシーンで活躍する。

仕事や遊びで、1~2人で使うならクラシック真空ボトル 1L ネイビー

クラシック真空ボトル 1L ネイビー

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

『スタンレー』ボトルはグリーン、ネイビー、シルバーの3色展開が基本。『スタンレー』を象徴するグリーンに次いで人気が高いのが、深い色合いが魅力的なネイビーのボトルだ。容量が1Lのこちらは、丸1日の仕事や釣り、ハイキングなど、1~2人で使うのに最適なサイズ。

1日のソロ使いに最適クラシック真空ボトル 0.75L グリーン

クラシック真空ボトル 0.75L グリーン

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

特徴的なグリップが付いていないスマートボトルタイプ。0.75Lという容量は、使い勝手に優れていて、さまざまな用途に活用できる。バックパックやトートバッグなど、日常使いのバッグに忍ばせやすいサイズ感が魅力。

ペットボトル1本分の容量クラシック真空ボトル 0.47L グリーン

クラシック真空ボトル 0.47L グリーン

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

ペットボトル1本ほどの容量、0.47Lのボトル。学校や会社などに持って行くのに最適。公園遊びや散歩などでも活躍しそうだ。

コーヒー用の持ち運びに最適ワンハンド真空マグ 0.35L グリーン

ワンハンド真空マグ 0.35L グリーン

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

飲み口付きのコンパクトなマグ。背面のボタンを押すだけで開閉可能な、片手でも楽々操作できる上ブタが特徴。また、上ブタは簡単に分解して洗うことができ、常に清潔に保つことができる。お気に入りのコーヒーの持ち運びにはこちらのマグを!

お酒好きにピッタリ!SSフラスコ 0.23L グリーン

SSフラスコ 0.23L グリーン

TOPPINTOPPIN

お気に入り追加

登山やキャンプの際に、適量のウィスキーやラム酒を持ち込むのに最適なフラスコ。フタには、紛失防止用のストッパー付きで、内側には漏れ防止のパッキンが付いている。

ピクニックやBBQに活躍必至なクラシックランチ BOXセット

クラシックランチ BOXセット

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

真空ステンレスボトルがあまりに有名な『スタンレー』だが、実はアウトドア用品も多数展開している。こちらは1Lのクラシック真空ボトルがセットになったモノ。まだ同アイテムを持っていないという方で、家族や友人とアウトドアを楽しみたい方におすすめしたい。

いつでも、いつまでも熱々マスター真空ボトル 1.3L マットブラック

マスター真空ボトル 1.3L マットブラック

他のモデルよりも約30%厚く作られ、保温性に大幅特化したのがこのモデルだ。フタに取り付けられたカップですら、コーヒーの温かさを20分間維持することができる。

お気軽版マスター真空ボトル 0.75L マットブラック

マスター真空ボトル 0.75L マットブラック

スマートキッチンスマートキッチン

お気に入り追加

1.3Lモデルからハンドルが取り外され、本体もややスリムになったのがこちらのモデル。持ち運びが簡単になり、ランチやジムなどに気軽に持ち運ぶことができるようになった。

車のドリンクホルダーにもフィット真空トラベルマグ 0.47L ネイビー

真空トラベルマグ 0.47L ネイビー

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

しっかりしたフォルムのハンドルが印象的な、スタンレーの水筒の中でも特に見た目の武骨さが際立つモデル。車のドリンクホルダーにも対応しているので、車移動が多いなら買い。

淹れて飲むまでこれ1本真空コーヒーシステム 1L

真空コーヒーシステム 1L

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

スリムなボトルの中には金属フィルターやコーヒーの持ち運び用ケースなどのフレンチプレス用ギミックが入っており、これ1本で淹れたてのコーヒーを楽しむことができる。

1人分のコーヒーならこちら真空コーヒーシステム 0.5L

真空コーヒーシステム 0.5L

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

真空コーヒーシステムがコンパクトになったのがこちら。1人で楽しむのにピッタリなペットボトルサイズだ。作り置きせず、毎回淹れたてを楽しみたい人には断然、こちらだろう。

酒好きのアウトドア必須アイテムクラシック真空パイント 0.47L グリーン

クラシック真空パイント 0.47L グリーン

パッキン付きのフタには栓抜きが付属。キンキンに冷えた瓶ビールを、開けてすぐにこの「クラシック真空パイント」に注げば、冷たいまま最後まで楽しめるという寸法だ。

流行りの「フードジャー」もスタンレー!クラシックフードジャー 0.5L

クラシックフードジャー 0.5L

「弁当に汁モノをつけられる」ということで流行中の、広い口径で固形物も楽々入れられるフードジャー。もちろん、デザートだって冷たいまま持ち運ぶことが可能だ。

都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

    待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

    寒さが一段と厳しくなるこれからの時期、最も頼りになるアウターといえば、やはりダウン。この冬も多くのブランドからさまざまなモデルがリリースされているが、TASCLAP…

    TASCLAP編集部

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    おしゃれな大人たちの間で『ダントン』のインナーダウンが人気爆発中です。その魅力からコーデサンプル、すぐに買える新作ラインアップまで、余すことなくご紹介します。

    山崎 サトシ

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う

    日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う

    スニーカーよりもう少し上品に昇華したい、ドレスシューズのような革靴よりちょっとカジュアルに落とし込みたい。ローファーはそんな我々の欲望を満たしてくれる最適な靴…

    TASCLAP編集部

    BACK