ミリタリーシャツは程良く品良く着こなすのが今っぽい

ミリタリーシャツは程良く品良く着こなすのが今っぽい

男っぽさが薫るミリタリーシャツの注目度が高まっています。では、ミリタリーシャツの選び方&着こなし方のトレンドとはどんなものなのでしょうか。

平 格彦

2019.09.01

トップス
シャツ
ミリタリーシャツ

男らしくて品もあるミリタリーシャツ

男らしくて品もあるミリタリーシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ミリタリーシャツはその名の通り、軍隊用に開発されたシャツのことを指します。フラップつきのパッチポケット、ワッペン、肩章(エポーレット)といった仕様が特徴的ですが、もともとバリエーションが多いうえにファッションアイテムとしてアレンジも加わっていますので、ディテールは多種多様。ただし、共通してミリタリーテイスト独特の男っぽさとシャツならではの適度な品格を備えているのが魅力です。

最旬スタイルに導く、ミリタリーシャツの選び方

今シーズン選ぶべきミリタリーシャツを4つの視点でご提案。どれか1つでも押さえておけば十分ですが、複数のポイントを備えたタイプなら鮮度が一層高まります。すぐにでも旬なコーディネートを築くことができるので、自分らしくて今季らしいミリタリーシャツ選びの参考にしてみてください。

ポイント1シンプルに削ぎ落とした大人顔のデザイン

シンプルに削ぎ落とした大人顔のデザイン

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

エポーレットやワッペンといった要素を省略し、シンプルな面持ちにアレンジしたミリタリーシャツが狙い目。大人なムードを演出しやすい一方で、ドレスシャツよりは武骨でワイルドという絶妙なバランスが、今の気分にマッチします。

ポイント2アウターとしても羽織りやすいジップアップタイプ

アウターとしても羽織りやすいジップアップタイプ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ライトなシャツジャケットとしても使いやすいように、仕様をアレンジしたデザインが増えています。その1つがジップアップタイプ。中央を縦断するメタル感がクールな印象を与えてくれます。

ポイント3トレンドの迷彩柄でミリタリー感を強調!

トレンドの迷彩柄でミリタリー感を強調!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ベースのデザインがシンプルなミリタリーシャツなら、カモフラージュ柄を選んでも大人っぽく着こなせます。本来のミリタリーテイストが強調できる上にトレンドの柄でもあるので、スタイリングに独特なスパイスを効かせることが可能です。

ポイント4人気が続くオープンカラーで鮮度アップ!!

人気が続くオープンカラーで鮮度アップ!!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

旬なリラックス感と男らしいニュアンスを兼備するオープンカラーの人気が続いています。ということで、トレンド感を強調するならオープンカラーのミリタリーシャツが最強。実は定番形の1つで、着こなしやすいデザインでもあります。

ミリタリーシャツの今どきで大人っぽい着こなし方

最後は、ミリタリーシャツを使って旬なコーディネートを築く際のポイントをご紹介。今っぽい4つのパターンを提案しますので、どれか1つを意識して着こなしてみてください。カジュアル要素が強いシャツなので、大人らしさを意識するとバランス良く仕上がります。

着こなしのコツ1スラックスを合わせて上品な着こなしに

パンツのなかでもっとも上品なスラックスを合わせれば必然的に大人っぽく仕上がります。堅苦しいのが苦手な人には、人気が続く、はき心地が快適なスラックス顔のイージーパンツが実用的でおすすめ。ダークトーンを選んで引き締めるのがセオリーです。

スラックスを合わせて上品な着こなしに

WEARWEAR

お気に入り追加

やや品の良いイメージのベージュのミリタリーシャツを選びつつ、ダークネイビーのスラックスを合わせて大人っぽく仕上げたコーディネート。アンクル丈のスラックスなら、適度に軽やかな印象に仕上がります。

スラックスを合わせて上品な着こなしに 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

左襟の花型スタッズがポイントとしてさり気なく効いているネイビーのミリタリーシャツをセレクト。スラックスを合わせつつ全身をダークに統一して大人なムードに仕上げたお手本です。あえて白いソックスを見せ、抜け感とトラッド感を加味。

スラックスを合わせて上品な着こなしに 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スラックス風のパンツさえ選べば、インナーにプリントTシャツを差してもカジュアルになり過ぎることはありません。ミリタリーシャツとテーパードパンツを渋みのある色で揃えることで統一感を生み出し、落ち着きを醸しているのもポイントです。

着こなしのコツ2ホワイトを効かせてクリーンなミリタリースタイルに

大人らしいミリタリースタイルを築くためには、清潔感をMIXするのも常套手段。その代表的なテクニックの1つが、クリーンなホワイトを差す方法です。インナーで白を取り入れるのがもっとも手軽な正攻法です。

ホワイトを効かせてクリーンなミリタリースタイルに

WEARWEAR

お気に入り追加

白いカットソーをインナーに使用し、クリーンさを演出した好例。オリーブのミリタリーシャツからのぞくホワイトが軽やかなイメージを生み出しています。下半身をダークトーンで大人っぽくまとめてバランスを調整。

ホワイトを効かせてクリーンなミリタリースタイルに 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

インナーはホワイト基調のボーダー柄で、ジーンズはホワイトの無地。白いアイテムを2点使用すると一層クリーンに仕上がるという好サンプルです。スニーカーもライトグレーで軽やかな印象を加速。

ホワイトを効かせてクリーンなミリタリースタイルに 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ややクラッシュさせた武骨なジーンズともミリタリーシャツは好相性です。ワイルドな印象になりすぎないよう、シルエットは上下ともにジャストサイズを選びつつ、インナーの白でクリーンさを演出しているのがポイント。

着こなしのコツ3ブラックで引き締めてクールなコーディネートに

ブラックを活用して着こなしを上品に引き締めるのも定番テクニック。ミリタリーシャツを大人っぽく着こなす際にも有効で、活用しない手はありません。スリムなシルエットのパンツでブラックを取り入れると、フォーマルかつシックな印象が簡単に手に入るのでおすすめです。

ブラックで引き締めてクールなコーディネートに

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

キャップを被ったコーディネートは子供っぽく映りがちですが、ブラックのスラックスで引き締めれば大人なムードに仕上がります。シャツとキャップのカラーを揃えて品良くまとめているのもポイント。足元のレザーシューズも品位を高めています。

ブラックで引き締めてクールなコーディネートに 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ミリタリー感の強いオリーブのシャツを選びつつ、ボタンを上まで留めてお行儀の良さを演出。さらに、パンツと靴を黒で統一して品良く引き締めています。全身の色数を抑えることで大人っぽくまとめつつ、ミリタリーシャツとワイドなパンツが旬なムードも醸出!!

ブラックで引き締めてクールなコーディネートに 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アンクル丈のパンツだけでなく、インナーやスリッポンスニーカーまでブラックで揃えてクールな印象を強調。ベーシックカラーのみを使いながら、明るいベージュとブラックのコントラストをつけることで、メリハリのある着こなしに仕上げてます。黒フレームのメガネで知的なムードもプラス。

着こなしのコツ4ジーンズを合わせた王道のアメカジスタイルで

ミリタリーシャツはアメカジの王道アイテムでもあります。ヴィンテージ、レトロ、クラシックといったニュアンスが注目されている今だからこそ、ジーンズを合わせてヴィンテージライクなアメカジスタイルを築くのもおすすめです。ラフすぎる印象にならないように、サイズ感はジャストかタイト気味に。

ジーンズを合わせた王道のアメカジスタイルで

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

オリーブのミリタリーシャツと適度に色落ちしたインディゴブルーのジーンズ、ベージュのスエードを用いたレースアップブーツはいずれもアメカジスタイルの定番アイテム。レトロ感がトレンドの今季は、直球のアメカジスタイルも新鮮に映ります。

ジーンズを合わせた王道のアメカジスタイルで 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

落ち着いたムード作りを意識して、ダークカーキのミリタリーシャツとジョガーパンツをセレクト。ブラックのニットキャップやスニーカーをさり気なく、パンツと色味をリンクさせているのも統一感を出すポイントです。

ジーンズを合わせた王道のアメカジスタイルで 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ミリタリーシャツと絶妙にマッチするインディゴ染めのジーンズをチョイス。シンプルで定番なアメカジスタイルですが、トップスをややオーバーサイズにすることで旬度を向上。その分、ボトムスは細身にしてバランス良く仕上げています。

ミリタリーウォッチを語れる男になろう。その魅力を徹底解説

ミリタリーウォッチを語れる男になろう。その魅力を徹底解説

戦場における実用品として誕生したミリタリーウォッチ。そのルーツを知れば、愛用の1本にもっと愛着がわいてくるはずだ。その歴史に迫りつつ、人気ブランドを掘り下げる。

牟田神 佑介

ミリタリーファッションが大人に味方する5つの理由

ミリタリーファッションが大人に味方する5つの理由

定番メンズファッションであり、今季は旬でもあるミリタリーですが、特に大人の装いにハマることはご存じですか? アイテム紹介、着こなし方を交えて5つの理由をご紹介。

編集イトウ

街でもOK! メンズおすすめの本格ミリタリーブランド

街でもOK! メンズおすすめの本格ミリタリーブランド

ミリタリーブームで再注目を集めるのが、老舗ブランド。本当によいモノだけをまとう大人の男性にすすめたい、真に使える実力派ブランドを厳選してご紹介します。

編集イトウ

男らしさ満点。ミリタリージャケットを種類別に解説!

男らしさ満点。ミリタリージャケットを種類別に解説!

兵士の命を守るために誕生したミリタリージャケットは、あらゆる洋服の原型や元ネタとなっているってご存じでした? 人気の種類を一挙ご紹介します。

TASCLAP編集部

カーキシャツならボトムスで悩まない! 万能カラーのコーデサンプル集

カーキシャツならボトムスで悩まない! 万能カラーのコーデサンプル集

大人のワードローブとして、シャツは欠かせない。定番ゆえに色で印象は大きく変わるが、カーキカラーを選んでおけばスタイリングに悩むことは無い。

NAKAYAMA

ミリタリー系もテーラード系も。流行のカーキジャケットについて知りたい!

ミリタリー系もテーラード系も。流行のカーキジャケットについて知りたい!

今季の流行アイテムであるカーキジャケット。王道はミリタリー系アウターですが、きれいめなテーラード型も注目度高め! 両雄の新作とコーデのポイントに迫ります。

山崎 サトシ

清潔感がキーワード。カーキのアウターで作る春コーデ

清潔感がキーワード。カーキのアウターで作る春コーデ

昨今のミリタリーブームからトレンドカラーとなったカーキは、秋冬はもちろん実は春でも使い勝手のいい優秀カラー。そこで春コーデでの取り入れ方と旬のアイテムをご紹介!

高嶋 一行

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    おしゃれな大人たちの間で『ダントン』のインナーダウンが人気爆発中です。その魅力からコーデサンプル、すぐに買える新作ラインアップまで、余すことなくご紹介します。

    山崎 サトシ

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

    TASCLAP編集部

    圧倒的存在感。ノースのマウンテンダウンジャケットを着こなしたい

    圧倒的存在感。ノースのマウンテンダウンジャケットを着こなしたい

    アウドドア人気を牽引する『ザ・ノース・フェイス』。なかでも、象徴的デザインと圧巻の機能で人気を集めているのが「マウンテンダウンジャケット」です。

    平 格彦

    待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

    待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

    寒さが一段と厳しくなるこれからの時期、最も頼りになるアウターといえば、やはりダウン。この冬も多くのブランドからさまざまなモデルがリリースされているが、TASCLAP…

    TASCLAP編集部

    BACK