ワイドパンツでコーデがこなれる。パンツの種類別着こなしサンプル

ワイドパンツでコーデがこなれる。パンツの種類別着こなしサンプル

ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.27

ワイドパンツなら、簡単にこなれた着崩しを実現できる

ワイドパンツなら、簡単にこなれた着崩しを実現できる

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トレンドのリラックス感やストリートテイストが無理なく演出できるということで、メンズでワイドパンツの人気が継続中。一般的なファッションにおいてはスリムなパンツが主流だからこそ差別化でき、着こなしで新鮮な印象も打ち出せるのも魅力です。

とはいえ、はき慣れていないと抵抗感や着こなすのが難しいイメージがあるでしょうが、セオリーさえ守れば実は簡単。コーディネートのブラッシュアップに大いに活用してください。

コレさえ守れば。ワイドパンツの選び方と取り入れ方

まずはワイドパンツを大人がスタイリングする際のポイントを紹介。具体的なセオリーを3つ提案しますので、1つでも複数でも実践できるポイントから取り入れてみましょう。思っていたよりも、取り入れやすいアイテムであることに気が付くはずです。

ポイント1

落ち着きある定番カラーが原則

落ち着きある定番カラーが原則

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ワイドパンツは、そのシルエットによって否応なしにカジュアルなイメージが際立ちます。そこで、色は落ち着きのあるスタンダードなカラーを選んでバランスを整えましょう。グレーやネイビーはその筆頭で、品の良さを演出可能です。ブラックも条件を満たしますが、武骨でワイルドなムードになりやすいので、ウールやポリエステルなど上品な生地を選ぶと大人っぽい着こなしに仕上がります。

ポイント2

トップスはコンパクトにまとめる

トップスはコンパクトにまとめる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワイドパンツは、生地面積の広さからボリューム感が出るのが特徴。トップスも同じようなボリューム感で揃えてしまうと野暮ったくてラフな印象になってしまうため、上はコンパクトにまとめるのがセオリーです。ジャスト&ショートなシルエットを目指すのが理想。特に丈が長いとだらしなく見えてしまい、着こなしの難易度も跳ね上がってしまいます。上下でコントラストをつければパンツの新鮮なシルエットも際立つことでしょう。

ポイント3

取り入れやすいワイドテーパードシルエットも視野に

取り入れやすいワイドテーパードシルエットも視野に

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ワイドパンツというとバギーパンツのように裾までワイドなパンツを思い浮かべると思いますが、最近はワイドながらもテーパードがかったモノが豊富にスタンバイ。腰周りに余裕を持たせつつ、裾は適度に絞ったシルエットにすることで一気にクリーンさが際立ちはきやすいシルエットに仕上がります。リラックス感とスタイリッシュな印象を兼備し、大人なニュアンスを演出しやすいため、初心者でも取り入れやすいのです。

なお、おすすめは8分か9分の半端丈。テーパードシルエットのすっきり感を存分に生かせます。

SPONSORED by

ナノ・ユニバース

季節感と暖かさを意識するなら、ワイドパンツもニットが狙い目

季節感と暖かさを意識するなら、ワイドパンツもニットが狙い目

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

季節感と暖かさを意識するなら、ワイドパンツもニットが狙い目 2枚目の画像

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

季節感と暖かさを意識するなら、ワイドパンツもニットが狙い目 3枚目の画像

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

秋冬の気候と見た目の季節感を意識するのであれば、ワイドパンツも温かみのある素材が理想的。今季でいえば、『ナノ・ユニバース』の「ファインゲージ ワイドニットパンツ」のようなニット素材のものが新鮮味もあって狙い目です。こちらは、美しい光沢が浮かぶハイゲージニット仕立て。ですが、裏糸にポリエステルを用いることで、ウール特有の素材感を維持しながらパンツとしての使用に耐えうる耐久性を持たせています。毛玉ができにくい「毛玉レス」ニットでもあるので、しゃがんだりして擦れやすい部分の毛玉も気になりません。しかも今季は、写真のように共地のテーラードジャケットもラインアップ。インナーまでニットに徹して、冬ならではのセットアップコーデで差をつけるのも一興です。

大人っぽく、洒脱に。タイプ別ワイドパンツの着こなし好例集

では、ワイドパンツはどう着こなすとおしゃれなのか。今季おすすめのワイドパンツごとに、見本にしたいコーディネートのグッドサンプルを選りすぐりました。さらに、おすすめのアイテムもピックアップして紹介します!!

▼タイプ1:品があって清潔感もあるネイビーのワイドパンツ

メンズファッションの定番カラーであり、落ち着きや爽やかさも備えるネイビー。このカラーのワイドパンツなら、大人なコーディネートに取り入れるのも容易です。

着こなし1

ワイドパンツを生かしたシルエットでセンスアップを実現

ワイドパンツを生かしたシルエットでセンスアップを実現

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワイドなネイビーパンツをシンプルに着こなした好例。スウェットシャツをシンプルに合わせただけですが、首元に白Tを挿してクリーンなアクセントをプラスしています。スウェットシャツはあえてジャストサイズにしつつ、ワイドパンツに存在感あるモカシンを合わせたボリュームの足し引きが実に巧妙!

着こなし2

ラギッドなワイドジーンズをナチュラルに着こなした好例

ラギッドなワイドジーンズをナチュラルに着こなした好例

WEAR

WEAR

お気に入り追加

野良着にヒントを得たというイージーデニムは、ストンと落ちる太めシルエットが印象的。クッションが出ないよう9分丈に裾上げした足元にはレザーのサイドゴアブーツを合わせることで、ラギッドな中にも大人っぽいクリーンさを落とし込んでいます。なお、そこに合わせたマルチストライプシャツは、あえて裾側のボタンを空けることでワイドパンツへ自然につながるシルエットを作り出しています。

着こなし3

素材感で表情豊かに仕上げたダークトーンコーデ

素材感で表情豊かに仕上げたダークトーンコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

パンツには、裾にかけて絞り込んだテーパードのワイドパンツを。裾周りをシャープにまとめた分、トップスにはドレープの効いたセーターをゆるく合わせて大人のオフに相応しいリラックス感を演出しました。ハットまでダークトーンで揃えて統一感を描きつつ、足元のみ白を挿すことで、着こなしをグッとこなれて見せるコントラストが生まれています。

▼ネイビーのワイドパンツのおすすめ3選

アイテム1

『リーバイス レッド』クロップド ワイドレッグ カヤナイト

『リーバイス レッド』クロップド ワイドレッグ カヤナイト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ジーンズの王道ブランド『リーバイス』もワイドなシルエットを提案しています。イチ押しは『リーバイス レッド』の逸品。1999年に登場して大人気となった革新的なコンセプトやデザインは引き継いでいますが、このジーンズは着こなしやすいルックスにアップデートしています。とはいえ、歪なバックポケットの「アーキュエット」ステッチがさりげなく個性をキープ。また、イタリア産のサステナブルなヘンプ混の生地でデニムらしからぬソフトな肌触りを実現しています。クロップド丈で仕上げているため、あえてレングスで合わせてよりワイドに着こなすのもおすすめです。

アイテム2

『マコバー』別注 TC ドローストリングス ワイド イージーパンツ

『マコバー』別注 TC ドローストリングス ワイド イージーパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

中央フランスで誕生したワークウェアブランド『マコバー』に、『シップス』が別注して誕生したワイドなワーク調イージーパンツです。シルエットはルーズですが、センターシームを入れることでスッキリした印象に仕上げているのがポイント。裾にドローコードをセットしているので、裾幅を絞ってアレンジすることも可能です。個性が演出できるライトブルーなどもラインアップしていますが、品が良くてはき回しやすいのはやっぱりネイビー。

アイテム3

『コーエン』裏起毛シェフパンツ

『コーエン』裏起毛シェフパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ゆったりしたテーパードシルエットで人気のシェフパンツがベース。裏起毛生地を起用することで優れた保温性をプラスし、冬仕様にカスタムしています。無駄を省いたミニマルなデザインも特徴的で、前立てすら省略。ただし、イージーパンツ仕様で着脱しやすく動きやすい作りです。ウエストがゴム仕様なのに加え、ドローコードも通しているのでサイズ調整も簡単。きれいめな外見とは裏腹の利便性が圧巻です。

▼タイプ2:大人なニュアンスが強いグレーのワイドパンツ

着こなしのポイントでも挙げたように、落ち着きがあって品もあるカラーの代表といえばグレーです。ワイドパンツもグレーを選べば、自ずと大人なムードに仕上がります。

着こなし1

褪せ感のあるチャコールグレーが、アウトドアライクな着こなしに好マッチ

褪せ感のあるチャコールグレーが、アウトドアライクな着こなしに好マッチ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スナップボタンがデザインとしても効いたアウトドアライクなシャツに合わせたのは、おとなしめのバティック柄がリラックスムードを後押しするイージーパンツ。パッと見はかなりワイドなパンツですが、裾に向けて強くテーパードを効かせているため足元はもたつかずすっきりとした印象に落ち着きます。パンツの褪せ感のあるチャコールグレーと、シャツのベージュとのマッチングが、大人っぽいですね。

着こなし2

ワークパンツもグレーなら、スタイリッシュで都会的

ワークパンツもグレーなら、スタイリッシュで都会的

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワークテイストのワイドパンツも、グレーを選べばかなり上品。トップスがカジュアルでも落ち着いたムードにまとまり、スタイリッシュで都会的なコーディネートが築けます。このお手本コーデでは、ジャストサイズのボーダーニットを合わせて爽やかな印象をプラス。ブーツを選んで重厚感を加えた足元が新鮮です。

着こなし3

シックなチェック柄はカジュアルとのバランスを考慮

シックなチェック柄はカジュアルとのバランスを考慮

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワイドパンツにはワントーンで仕上げたブリティッシュなグレンチェックを。幅広といえどシックな印象が強くなりがちですが、そこにワントーンのパーカーを合わせることでドレスとカジュアルのバランスが取れた大人のオフコーデが完成します。パーカーにブラックを選ぶと重たくなりすぎるので、程良く軽快さも装えるブルーからネイビーくらいがおすすめです。

グレーのワイドパンツのおすすめ3選

アイテム1

『ジェイプレスヨークストリート』2WAY ナイロンタフタパンツ

『ジェイプレスヨークストリート』2WAY ナイロンタフタパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

どんな体型の人でもおしゃれに着こなせるパンツを目指して開発された逸品。ワイドなテーパードシルエットでリラックス感とエレガントなムードが共存しています。生地も特徴的で、ナイロン×ポリウレタンでストレッチ性が抜群。コットンライクな風合い、マットな色味、ナチュラルなシボ感が上質感を放っています。落ち着きを感じさせながら生地感もわかりやすいグレーがイチ押し!

アイテム2

『サンニーワークス』2プリーツ チノパンツ

『サンニーワークス』2プリーツ チノパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

プリーツを2つ入れた新しいシルエットのチノパンツ。腰周りから太ももにかけてはかなりルーズですが、裾を絞っているので全体としてはスタイリッシュにまとまっています。素材はポリエステル64%×コットン34%×ポリウレタン2%。見た目はチノクロスですが、ストレッチが効いていて動きやすさも◎

アイテム3

『ビームスプラス』ペインターツイード

『ビームスプラス』ペインターツイード

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ペインターパンツやバギーパンツは、もともとシルエットがワイドなパンツの代表格。このアイテムはペインターパンツをベースにしつつ、ウール×ナイロンのツイード生地を使うことで、大人なムードにクラスアップしています。チャコールグレーの色味にも落ち着きがあり、さらに風格アップ。その一方、やや短めのアンクル丈で軽やかさも加味しています。

▼タイプ3:大人な品格が漂うワイドスラックス

品の良いパンツの筆頭といえばスラックス。そのドレッシーなムードはワイドなシルエットでも健在で、コーディネート全体を自動的に大人らしいイメージへと導いてくれます。スラックスならチノやリネンなどに比べて生地感が上品なので、ブラックを選んでも品良く着こなせます。

着こなし1

ブラックのワイドスラックスで大人なストリート調に

ブラックのワイドスラックスで大人なストリート調に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワイドなシルエットのスラックス型イージーパンツは、ブラックを選べばクールな印象も漂います。どんなトップスでも引き締めてくれるので、例えばストリートテイストが強いライトアウターとも好相性。その他をモノトーンでまとめていることもあって、あくまで大人っぽい仕上がりに。

着こなし2

暖色ワイドスラックスは、カジュアルスタイルとも好マッチ

暖色ワイドスラックスは、カジュアルスタイルとも好マッチ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スラックスといえばブラックやグレーが定番。しかし、ブラウンなど温かみのある色を選べばクリーンさも残しつつカジュアルにはきこなせます。その際はフルレングスだともたついてしまうこともあるので、8分丈程度でソックスを見せるのがベター。このコーデでは、ロンTと白をリンクさせているのもポイントです。

着こなし3

抜け感の強いトップスとも、相性抜群

抜け感の強いトップスとも、相性抜群

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タックの入ったバルーンシルエットのワイドスラックスに合わせたのは、ややタイトなサイズ感であつらえたノーカラーシャツ。あえてレイヤードもせず首回りをすっきりさせることで、清潔感のあるメリハリの利いた着こなしを構築しています。さりげなく色を揃えたハットとスニーカーで、着こなしにまとまりをもたらしているテクにも注目を。

▼ワイドスラックスのおすすめ3選

アイテム1

『メゾンスペシャル』ロロピアーナ ダブルワイドスラックス

『メゾンスペシャル』ロロピアーナ ダブルワイドスラックス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

世界のジェントルマンから愛されているイタリアの名門『ロロピアーナ』。その代名詞である高級スーツ生地を用いることで、気品を確保しているのがこのワイドスラックスです。具体的には、オーストラリア原産の良質なスーパー150sメリノウールを用い、キメが細かくなめらかなタッチに仕上げた生地を使用。シルエットがルーズだからこそドレープが生まれ、エレガントなムードが際立っています。

アイテム2

『センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ』ウールライクタックワイドパンツ

『センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ』ウールライクタックワイドパンツ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

ウールに近い高級感と、ケアがイージーな実用性を併せ持ったスラックス型パンツ。ストレートに近いシルエットで裾回りにもボリューム感がありますが、太すぎないサイジングで大人でも着こなしやすいバランスにまとまっています。カラバリはライトベージュ、ブラウン、グレー、ブラックの全4色で、どれを選んでも落ち着いた色味です。

アイテム3

『チャオパニック』TR 2WAYストレッチチェック柄 2タックワイドテーパード スラックスパンツ

『チャオパニック』TR 2WAYストレッチチェック柄 2タックワイドテーパード スラックスパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ガンクラブチェックを採用したワイドテーパードスラックスは、コーディネートにトラッドな雰囲気をMIXするのに最適。2タック入りでかなりワイドなシルエットですが、生地感が上品で大人でもコーディネートしやすい1本です。ブラウン基調だけでなく、ダークなブルー基調もセレクト可能。

▼タイプ4:旬な温かみを放つコーデュロイワイドパンツ

厚みがあるものの柔軟さも併せ持つコーデュロイ生地は、ワイドパンツと好相性。温かみを振りまく旬な生地でもあるので、春先から冬まで季節を問わず広く扱えるのもコーデュロイを選ぶメリットでしょう。素材感が強い分、選ぶカラーや合わせるアイテムで印象が大きく変わります。

着こなし1

コーデュロイ素材なら、ソフトな色合いのアイテムにも好適

コーデュロイ素材なら、ソフトな色合いのアイテムにも好適

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ふんわりとやわらかな質感のコーデュロイパンツは、ペールカラーやナチュラルカラーのアイテムと相性抜群。ワイドパンツにおいてはシルエットのリラックス感も手伝って、その傾向はさらに強くなっています。色合わせが難しい生成りのシャツアウターもこの通り、難なくこなすことができます。

着こなし2

オーバーサイズのセットアップも、コーデュロイなら自然にキマる

オーバーサイズのセットアップも、コーデュロイなら自然にキマる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

光沢あるブラックコーデュロイのブルゾンに、共地のワイドパンツのセットアップ。コットンなどつるっとしたアイテムでは味気ない雰囲気に陥ってしまうこともありますが、素材感が変化を生み出すコーデュロイ素材なら手軽に着こなし巧者の雰囲気を演出することも可能です。ワイドパンツならではのこなれ感も、その一助に。

着こなし3

定番のベージュパンツも、ワイド&コーデュロイならさらに洒脱

定番のベージュパンツも、ワイド&コーデュロイならさらに洒脱

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボトムスの定番色といえばベージュ。ワイドパンツにおいてもそれは同様で、どんなトップスにもマッチする懐の深さを発揮してくれます。王道すぎるので物足りない……そう思うときこそ、コーデュロイ生地のパンツがイチ押し。ベージュパンツの汎用性はそのままに、素材感で差別化が図れるからです。こなれた印象が強く、合わせるスタイルを選ばないのも魅力。

▼コーデュロイワイドパンツのおすすめ3選

アイテム1

『サクラ』僕らが纏うモノ at サクラ ワイドコーデュロイパンツ

『サクラ』僕らが纏うモノ at サクラ ワイドコーデュロイパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

昨年リリースして人気を集めたリジッドジーンズをベースにしながら、フランスのワークラウザーのディテールを組み込んでアップデート。光沢のある国産のコーデュロイ生地を使用することで、上品なイメージに仕上げたパンツです。タックを深くすることで立体的に仕上げているのもポイント。岡山県を生産拠点にしている『サクラ』なので、品質も折り紙付きです。

アイテム2

『レイジブルー』28Wコーデュロイワイドパンツ

『レイジブルー』28Wコーデュロイワイドパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ストレッチコットン製のコーデュロイ生地を採用したワイドパンツです。控えめなツヤに加え、細畝の表情がエレガントなムードを放っています。2本のタックで余裕を与えた腰周りに加え、ワイドな裾も今っぽいリラックス感を演出。大人っぽくて個性的なカラーも魅力で、グリーン(ライトカーキ)、オレンジ、オフホワイト、チャコールグレーから選べます。

アイテム3

『ビームス』ワイド コーデュロイパンツ

『ビームス』ワイド コーデュロイパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

かなり太畝の生地を採用した1本。コーデュロイならではの凹凸感が際立つ畝の太さだけでなく、ワイドなシルエットが生きるハリのある生地にもこだわっています。つまり、コーデュロイワイドパンツの魅力をもっとも引き出した逸品。シンプルなデザインのイージーパンツ仕様で、さまざまなコーディネートやシーンにマッチするのもポイントです。

ワイドデニムパンツを攻略。おすすめのブランド&コーデ法則集

ウェア・コーデ

ワイドデニムパンツを攻略。おすすめのブランド&コーデ法則集

今注目のボトムスは、なんといってもワイド。なかでもワイドデニムパンツが新鮮です。男性が取り入れる際の選び方や着こなし方、おすすめアイテムを徹底的に紹介します。

山崎 サトシ

2021.09.27

オーバーサイズシャツが今の気分。推しのブランドとスタイリングのヒント

ウェア・コーデ

オーバーサイズシャツが今の気分。推しのブランドとスタイリングのヒント

シャツを普段使いするなら、今は、サラッと着るだけでキマるオーバーサイズが良い。となれば、ダラっと見せないための選びや着こなしは必須。ここではそのコツを解説!

菊地 亮

2021.04.20

バギーパンツをはこう。ワイドシルエットで叶えるコーデの鮮度アップ

ウェア・コーデ

バギーパンツをはこう。ワイドシルエットで叶えるコーデの鮮度アップ

ゆったりしたシルエットのバギーパンツが注目されています。はきこなすポイントとおすすめ品をご紹介するので、すぐにでも取り入れてコーデをアップデートしましょう!

平 格彦

2021.10.12

大人コーデにタックパンツが必要だ。おしゃれな着こなし方と今おすすめの10本

ウェア・コーデ

大人コーデにタックパンツが必要だ。おしゃれな着こなし方と今おすすめの10本

シンプルな大人の着こなしを今っぽく格上げできるタックパンツ。その魅力を探るべく、選び方から着こなし方、さらにはおすすめモデルまでをご紹介します。

近間 恭子

2021.04.30

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

細部に宿るリュクス感。存在感満点のスケルトン時計を、人気スタイリストはどう見たか

着実に需要が高まっているスケルトン時計。選択肢は数あれど、どうせ手に取るなら確かな背景を持つブランドの1本を狙いましょう。今冬の注目作、その細部を掘り下げます。

SPONSORED by ブローバ

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP