サーマルは男の必須ワードローブ。実は1年中着られる万能服なんです

サーマルは男の必須ワードローブ。実は1年中着られる万能服なんです

インナーとしてはもちろん、トップスとしても活躍してくれるサーマルカットソー。1枚といわず何枚持っていても便利なサーマルの、歴史や着こなしまで一挙にご紹介します。

那珂川廣太

2020.04.27

トップス
カットソー
Tシャツ

インにもアウトにも大活躍。サーマルについて知っておく

「熱」や「温度」を意味する“Thermal”が語源となっている通り、そもそもサーマルとは保温・防寒用に作られたカットソーのこと。その歴史ははっきりと判然としていませんが、1910年代には既にウールやコットンを用いたサーマルが製造されていました。当時は防寒用の肌着や運動着として着用されていましたが、そんなサーマルの保温性をフルに活用したのが各国の軍隊。第二次大戦期はもとより現代に至るまで各国の軍隊でサーマルが採用され続けていることからも、その利便性の高さがうかがえるでしょう。

生地の編み立てによって凹凸感を出すことで、保温性の高さや肌離れの良さに加えて風合いもプラスされているのがサーマルの魅力。そのため夏にトップスとして1枚で着用してもサマーニットのような雰囲気が出るうえに、冬はインナーとして着用すれば非常に暖か。ヘンリーネックを採用しているサーマルも多いため、サーマル+シャツで着用した首元にアクセントが生まれるなど、抜群の使い勝手の良さを誇ります。また、生地に厚みがあるため、1枚で着ても乳首が透けにくい、なんていう地味にうれしいメリットも。

サーマルの種類は2つ。「ワッフル」と「ハニカム」の違いを押さえるべし

サーマルとTシャツの違いは、要するに生地。天竺編みのTシャツに対し、サーマルではワッフルやハニカムといった立体感のある生地を使用しています。ここではサーマルに使用される生地の特徴を解説します。

種類1主流はこちら。立体的な網目模様が特徴的な「ワッフル」

ベルギーワッフルのように四角形の凹面が連続する編み立てが施されているのが、ワッフル生地。凹んだ部分に空気が溜まることで保温性が高まり、凸部分が肌に擦れることで摩擦熱を発生するように考えられています。また、肌との接触面積が少ないためドライタッチになるのも特徴で、風通しも非常に良くトップスとして1枚で着用した際は想像以上に涼しいのも魅力です。がっしりと目の詰まった編み立てのモノからサラリと薄手のモノまで、さまざまな厚みで仕立てられています。

種類2ヴィンテージにも見られる、玄人好みの「ハニカム」

ミリタリーサーマルなどで使用されることが多いのが、蜂の巣状に編み立てたハニカム生地。基本的な特徴はワッフルと同様ですが、ハニカムの場合はより左右のストレッチ性が強いのが特徴です。そしてミリタリーサーマルの場合、機能素材のない古い時代のモノは保温性と耐久性を重視した厚手の編み立てで、'80年代以降は肌着としての着心地を重視したタイトで薄手のモノが増えています。

サーマルをインに着るならややタイトに、1枚で着るならゆとりを

着こなしによって保温性が変わるのもサーマルの特徴です。秋冬はメリノウールやコットンの厚手なサーマルをインナーとしてタイトに着れば、機能性下着に負けない暖かさを与えてくれます。化繊のようにニオイが付きにくいのも長所で、「山登りをするなら、機能性下着よりも絶対にメリノのサーマルのほうが良い」と登山家が口を揃えて言うように、特に野外で汗をかくアクティビティをする際はサーマルに勝てるインナーはないといえそうです。

春夏ならば通気性に優れる甘い編み立てのモノをゆったりと着れば、サマーニットのようなドレープ感や肌離れの良さを楽しむことができるでしょう。特にコットンリネン素材を用いたサーマルなどでは、ドライタッチで涼しげな着心地を楽しめます。写真のようなレイヤードで、アクセントを付けるとモアベターです。

ガチスペックものからおしゃれ着用まで。サーマルのおすすめ12選

今でも軍にサーマルを納入している本格派のブランドからトレンドをプラスしたセレクトショップオリジナルまで、バリエーション豊かにおすすめ品をピックアップ。コーデの要として活躍してくれるサーマルたちをご紹介します。

アイテム1『ヘインズ』BEEFYサーマルクルーネックロングスリーブ

アメリカンカットソーの定番『ヘインズ』の中でも、肉厚な生地を使用した「ビーフィーT」のサーマル版。綿 97%、ポリウレタン3%の混紡生地とバインダーネックを採用することで型崩れを防いでおり、着込むほどに風合いを増します。

タフで厚手なTシャツ。ヘインズのビーフィーを選びたくなる7つの魅力

タフで厚手なTシャツ。ヘインズのビーフィーを選びたくなる7つの魅力

肉厚なTシャツが好きなら、アメリカの王道ブランド『ヘインズ』が誇る人気の定番「ビーフィー」を愛用しないと。その魅力やラインアップを見ていきましょう!

平 格彦

冬のワードローブのお供に。ヘインズのサーマルが使える!

冬のワードローブのお供に。ヘインズのサーマルが使える!

パックTでおなじみの『ヘインズ』。冬の時期は防寒とおしゃれの両面でアプローチができるサーマルが狙い目だ。おすすめする理由と活用例を紹介したい。

大中 志摩

アイテム2『ビームス』×『レミ レリーフ』サーマルロングスリーブTシャツ

『ビームス』が『レミ レリーフ』に別注したサーマルは生地からオリジナルで製作。『レミ レリーフ』が得意とするヴィンテージ加工をサーマルに施すという掟破りの手法を取り入れることで、最初からこなれ感が漂う、くすんだオリーブの色合いや風合いを演出しています。

加工技術の匠。レミ レリーフの職人技に触れる

加工技術の匠。レミ レリーフの職人技に触れる

リアルユーズドと見紛う高精度な古着加工と、現代的シルエットを巧みに融合する『レミ レリーフ』。その魅力を解剖するとともに、新作とコーデサンプルを紹介します。

山崎 サトシ

アイテム3『ジャックマン』Thermal Crewneck

古き良きアメリカを体現したモノ作りを行う『ジャックマン』の一品は、玄人好みのハニカム地。しっかりと目の詰まった編みを行いつつ、上質なピマコットンを使用することで滑らかな着心地も実現しています。作りにこだわる同ブランドらしく、肌に当たる面の縫製はフラットシーマ。裾も切りっぱなしではないので、洗濯機でガンガン洗えます。

アメリカへの憧憬を日本で表現。ジャックマンで揃える大人の日常着

アメリカへの憧憬を日本で表現。ジャックマンで揃える大人の日常着

アメリカンな香りを漂わせつつ、ベーシックなデザインで人気の『ジャックマン』。ジャパンブランドが注目されている昨今、その急先鋒となる同ブランドの魅力に迫ります。

TASCLAP編集部

アイテム4『デサント ポーズ』×『エディフィス』別注 ゼロシーム サーマル ビッグ Tシャツ

以前リリースされた際に人気を博したコラボが復活です。肌当たりの悪さの原因となる縫製を極力カットした「ゼロシーム」をベースに、ファッショントレンドのど真ん中であるオーバーシルエットを自然な形で表現。やや長めに設定した袖により、1枚でも存在感のあるスタイリングを構築できます。

アイテム5『フルーツオブザルーム』 ハリヌキサーマルニット

『ヘインズ』と並んで有名なアメリカ生まれのTシャツメーカー『フルーツオブザルーム』のサーマル。針抜きでハニカムに編み立てることで、厚みがありつつも程良い通気性と軽やかさをプラスしています。ラグランスリーブ仕様なのも珍しいポイントです。

日常の良き相棒に。フルーツオブザルームの逸品たち

日常の良き相棒に。フルーツオブザルームの逸品たち

アメリカ発の老舗ブランド『フルーツオブザルーム』。象徴であるTシャツは米国人の日常に古くから寄り添ってきました。その魅力とおすすめアイテムをご紹介!

山崎 サトシ

アイテム6『ロサンゼルスアパレル リミテッドライン』ユニセックスサーマル

『アメリカンアパレル』の創業者であるダブ・チャウニー氏が新たに立ち上げた『ロサンゼルスアパレル』のサーマル。肉厚な生地にドロップショルダー、短めの着丈と、リラックス感がありつつトップスとして着用できるように仕立てられており、店舗限定でリリースされた希少作です。

アイテム7『インデラミルズ』 839LSヘビーウェイト

アメリカに現存する最後のサーマルメーカーとも言われる『インデラミルズ』のサーマルはコットン100%の6.5オンスという極めて厚手の生地を採用。今でもMADE IN USAを貫くブランドであり「米軍兵士が極寒冷地で愛用する」という触れ込みは伊達ではありません。

アイテム8『ジチピ』セラフィノ

1948年にイタリアで創業した老舗カットソーメーカー『ジチピ』のヘンリーネックサーマル。イタリアで職人が1枚ずつ仕立てており、上質かつ柔らかで薄手の生地が特徴。こちらはイタリア人よろしく鍛え上げた肉体とともにタイトにツヤっぽく着こなしたいところです。

アイテム9『サンディニスタ』ガセット付きサーマル

肌離れが良くドライタッチの度詰めハニカム地を用い、イージーフィットに仕立てたサーマル。袖や裾はロック仕上げで製品洗いとタンブラー加工が施されており、程良くこなれ感を出しています。スウェットシャツライクな首元のVガゼットもアクセントとして効果的です。

アイテム10『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』サーマル ワイド Tシャツ

トレンドのワイドシルエットにブラックのロックステッチが印象的なサーマル。カットソーやニットの編み立てを得意とするブランドによる日本製の一枚で、ワッフルの目も細かかつしなやかなためゆったりとしたドレープ感を楽しめます。

アイテム11『モンキータイム』BIAS WAFFLE LYD LSL/サーマル

編み方によりバイアスが掛けられたワッフル地は、見た目にユニークなだけでなくサラリとした肌触りも特徴的です。半袖と長袖、2枚のサーマルカットソーをレイヤードしたようなデザインはインパクトも抜群。フェイクレイヤードですが共地なので悪目立ちせず取り入れられます。

アイテム12『フリークスストア』 サーマルレイヤード 半袖Tシャツ&タンクトップ

クレイジーパターンのTシャツとタンクトップサーマルのセットは、それぞれ単体で着てもレイヤードしてもOK。程良くビッグシルエットなTシャツにインナーとしてサーマルを着れば、裾からサーマルがチラリと覗くように設計されています。

高い伸縮性が裏目に。サーマルのケアで、気をつけること

サーマルのケアで気をつけたいのが、伸縮性があだとなって型崩れしてしまうこと。ワッフルやハニカムは編み地のため、洗濯する際はネットに入れて干すときは平干しにするなど、セーターに近いケアを意識したほうがベターです。また、保管時もハンガーに掛けていると肩の部分に跡がついたり伸びたりすることもあるため、たたんでの収納を心掛けましょう。また、伸びてしまった場合はウール混など、素材によってはスチームを掛けることで元に戻すことも可能です。ただし、縮み過ぎることもあるため、あくまで自己責任で行いましょう。

バイク専門誌と男性向けライフスタイル誌で編集を約8年務めたのちに独立。ファッションはアメリカンカジュアルからトラッドまで幅広く執筆を行い、特にブーツやレザー、ジーンズ、古着など男臭いアイテムの知識が豊富。また乗り物やインテリア、フードまでライフスタイル全般にわたって「ラギッド」を切り口に執筆する。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    パックTシャツ最強ガイド。おすすめ5大ブランドを解説

    パックTシャツ最強ガイド。おすすめ5大ブランドを解説

    パックTシャツのお得感は何歳になってもうれしいもの。『ヘインズ』を筆頭に各ブランドから発表されているが大人に合うパックTはどれか、各特徴を踏まえていざ吟味!

    TASCLAP編集部

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    ザ・ノース・フェイスのTシャツは夏の新たな風物詩。おすすめは?

    ザ・ノース・フェイスのTシャツは夏の新たな風物詩。おすすめは?

    アウトドアの名門『ザ・ノース・フェイス』。アウターにばかり目がいきがちだが、実はTシャツも優秀なうえに面白い。その充実のラインアップを見ていこう。

    菊地 亮

    アイテムリスト

    BACK