“アレ”がないカーゴパンツなら、大人っぽくはける!

“アレ”がないカーゴパンツなら、大人っぽくはける!

秋には必ず浮上する“ミリタリー”。今年はとりわけ“マイルドで大人っぽい”進化版がトレンドです。アレのないカーゴパンツがあればスマートなスタイルを容易に築けます。

平 格彦

2015.10.20

ボトムス
カーゴパンツ

カーゴパンツでスマートにミリタリー要素を取り入れる

メンズファッションの定番要素である“ ミリタリー ”は、どんな着こなしとも相性が抜群。とくに今シーズンは注目を浴びていて、男臭さを中和してマイルドに取り入れるのが主流です。先日は ファティーグパンツ を紹介しましたが、スマートに着こなすなら断然“カーゴパンツ”。スリムなシルエットがイチ押しです。

特徴的なカーゴポケットは“マチ”のないタイプがマイルド

“カーゴパンツ”は、貨物船 (cargo ship) の荷役作業員がはいていた作業用パンツ。膝上の大きなポケットが特徴で、カーゴポケットとも呼ばれます。またポケットが特徴的だからこそ、カーゴパンツは“6ポケットパンツ”という別称も。そのポケットに“マチ”がなくスリムだと、ミリタリー感がマイルドになるというわけです。

マチのないカーゴパンツを使えば大人っぽくて今季的なスタイルに

Style1

マチのないカーゴパンツを選びつつ、全身のシルエットをスマートにまとめるだけで、こんなにもスタイリッシュな印象に。定番アイテムだけとは思えない、こなれたイメージです。

Style2

シルエットは細身がおすすめですが、そうでなくともポケットにマチがないだけでどこかおしゃれ。迷彩柄は、トーンが抑えめで主張の控えめなタイプを選ぶと大人っぽくまとまります。

Style3

ポケットにマチがないのはもちろん、シルエットもスリムなカーゴパンツをセレクト。白いスニーカーを合わせることで、爽やかな抜け感を加味しているのもポイントです。

Style4

カーゴパンツの色はオリーブが王道。ですが、モノトーンを選ぶとさらにマイルドでスマートな印象です。いつもの着こなしにブラックのカーゴパンツを組み込むだけで新鮮!!

Style5

モノトーン系カーゴパンツの中でも、ホワイトがもっとも鮮度が高いイメージを打ち出せます。クリーンなミリタリー感が独特で、新鮮なジャケットスタイルを築くことも可能です。

ポケットにマチがなく、細身で無地の大人っぽいカーゴパンツ5選

Item1『エドウィン』のJERSEYS テーパード カーゴパンツ

ストレッチ素材でリラックスしてはける新感覚のジャージーズに、シンプルなカーゴパンツが追加されました。スリムで大人っぽいシルエットですが、着用感はかなり快適。太もも付近にゆとりがあるテーパードシルエットも今日的です。ポケットもスッキリした印象で、マイルドなミリタリー調です。

Item2『エムケーミッシェルクランオム』のストレッチデザインカーゴ

カーゴポケットにマチがないのはもちろんですが、高い位置にレイアウトされているのも重要なポイント。脚長効果があるのは一目瞭然です。シルエットもタイトでスタイリッシュな雰囲気ですが、ストレッチ素材で動きを邪魔しません。オリーブグリーンの色味も落ち着いていて、大人っぽくはきこなせること請け合いです。

Item3『ヒューストン』のミリタリーカーゴリブパンツ

少しヒネりがほしいのであれば、ここ数シーズン人気が継続している裾リブ付きのデザインを選ぶのがおすすめです。足元がスッキリまとまるのでスマートな印象になり、意外と大人っぽくまとまります。全体のシルエットも当然スリム。実はカーゴパンツにマチがありますが、主張し過ぎない程度の幅なので、許容範囲と言えます。

Item4『シップス』のコットン/ウール テーパード スリムカーゴパンツ

オリーブではなく、モノトーンのカーゴパンツを選ぶだけでシックなイメージが作りやすくなります。これはブラックに近いダークグレー。裾に向かって細くなるテーパードシルエットで、もたつきがないためシャープな雰囲気です。ウールトップ糸を用いて繊細な霜降り調を表現しているため、こなれ感と上質感も備えています。

Item5『wjk』のカーゴ S タイトパンツ

モノトーンの中でも、ホワイトを選ぶとかなり新鮮。しかもこの1本は、クリーンになり過ぎない工夫もあります。実は、股から膝にかけては内側に巻き、膝から裾にかけては外に跳ねるように逆に巻いた緩やかなS字パターン。パンツの外側に生まれるシワが無造作感を演出しつつ、陰影ができることで脚を美しく見せてくれます。

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

    カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

    ミリタリーアイテムのなかでも人気のカーゴパンツ。なかなか知ることのないその歴史や着こなすコツ、大人になじむ1本まで、カーゴパンツにまつわる情報を網羅します。

    TASCLAP編集部

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    ユニクロのポロシャツ活用術。おしゃれに今っぽく着こなすコツ、教えます

    ユニクロのポロシャツ活用術。おしゃれに今っぽく着こなすコツ、教えます

    コスパが高いだけでなく、素材や色違いが多彩な『ユニクロ』のポロシャツ。その魅力を深掘りしつつ、洒落者たちのコーデ例とともにおしゃれに着こなすコツをご紹介します。

    近間 恭子

    BACK