今こそM-65。歴史あるミリタリーウェアで、着こなしをグッと男らしく

今こそM-65。歴史あるミリタリーウェアで、着こなしをグッと男らしく

男らしい装いを完成させる定番アウターM-65。不動の人気の秘密は、軍モノとは思えない高いファッション性にあります。おしゃれにおける“戦闘力”の高さは見過ごせません!

遠藤 匠

遠藤 匠

SHARE
記事をお気に入り
2021.04.22

見た目にもタフさを注入。M-65を気軽に羽織りたい

見た目にもタフさを注入。M-65を気軽に羽織りたい

WEAR

WEAR

お気に入り追加

M-65といえば、2008年前まで米軍の現役戦闘服として活躍していた“リアルガチ”なフィールドジャケット。ですが、ファッションにおける戦闘力の高さも折り紙付きです。古くはアル・パチーノや松田優作といった銀幕のスターも着用し、男気溢れる装いを構築するアウターとして絶対的な信頼を獲得しています。男らしさを印象付けるうえでの要となるディテールについては後述しますが、その持ち味といえば多彩なインナーに映える特徴的な立ち襟。フードやリブ襟と違って、丸首のTシャツはもちろん、シャツにも違和感なく馴染んでくれます。それでいてキリッと男前な印象も演出できて、機能性の高さを体現するディテールも武骨さ満点。バサッと1枚羽織るだけでタフな男らしさを味方につけられます。

そもそも、M-65とは? ウェアとしての歴史を把握しておく

そもそも、M-65とは? ウェアとしての歴史を把握しておく

Qurious 楽天市場店

Qurious 楽天市場店

お気に入り追加

おしゃれにおける戦闘力の高さを掘り下げる前に、知っているようで意外と知らないM-65の出自や基本スペックをおさらい。一口にミリタリージャケットといっても、それらは航空用のフライトジャケットと、野戦用のフィールドジャケットに分類されています。この分類でいうと、M-65は後者のカテゴリ。原型となったM-51に改良を加え、1965年にアメリカ陸軍に正式採用されたことから、フィールドジャケットの完成形として認知されています。原型となったM-51は、その名の通り1951年に誕生したもの。M-65の特徴でもあるミディアム丈やフロントに4つの大型フラップポケットを備えた設計は、このM-51でも採用されていた共通のディテールです。着脱式ライナーによって保温力を向上できる設計も、同様。これをベースに改良を加え、通常の襟より高く、防風性が期待できる立ち襟に変更するなどのアップデートを図って完成したのが現代まで続くM-65です。背面に肩や腕の可動域を広げる目的で搭載されたアクションプリーツや、手の甲を保護する袖口の三角ストラップといったファンクショナルな意匠も初採用され、M-65のタフさを特徴づける意匠として欠かせない存在となっています。

M-65の定義。特徴的なそのディテールを知っておこう

ここでは、M-65を特徴づけるディテールを掘り下げてみましょう。“らしさ”を語るうえで欠かせない要素でもあるので、改めて復習しておくことでより愛着が湧いてきます。

ディテール1

インナーの種類を選ばずキマる。フードを内蔵した、スタンドカラー

インナーの種類を選ばずキマる。フードを内蔵した、スタンドカラー

WEAR

WEAR

お気に入り追加

他のフィールドジャケットとは一線を画す要素の1つが、前述したこのスタンドカラー。通常襟にはない防風対策が可能となり、チンフラップを閉じることで防寒性の向上も図れます。キリッと立ち上がる襟は、首元をスッキリ見せる効果もあり、多彩なインナーに対応可能! 襟付きシャツでも丸首Tシャツでもスッと馴染み、パーカーのフードの収まり具合も良好です。ちなみに、この立ち襟には簡易的なフードが内蔵されているのが基本。これにより、ぺらぺらにならずしっかりと立ってくれます。

ディテール2

アクセントにもなる機能的ディテール。ポケットはフラップ付きが基本

アクセントにもなる機能的ディテール。ポケットはフラップ付きが基本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タフさがみなぎる面構えを特徴づけているのが、フロントに4つも鎮座する大ぶりのポケット。収納した銃弾などを落ちないようにするための配慮として、大型のフラップも採用されています。フラップは、開閉に手間取らないスナップボタン仕様が基本です。

ディテール3

ウエストのドローコードが叶える、自在なシルエット

ウエストのドローコードが叶える、自在なシルエット

WEAR

WEAR

お気に入り追加

M-65はヒップが隠れる着丈で、裾に向かってストンと落ちるボックスシルエットが特徴。ですが、ウエストに内蔵されたドローコードでフィット感を高めることもできるんです。今の気分としてはオーバーサイズで着こなすパターンも多いかと思われますが、気分を変えたいときはシュッと絞ってあげればシルエットの変化が自由自在です。

ディテール4

腕元のポイントにも。寒さもしのげる袖の三角フラップ

腕元のポイントにも。寒さもしのげる袖の三角フラップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

袖口の三角ストラップは、手の甲を保護する役割を果たすディテール。これは内側にたたんで仕舞うこともできる設計で、出していれば袖口から冷たい風もシャットアウトできます。袖口は面ファスナー付きで、これで絞り込めば防風性がさらに向上します。

現代的な1着が欲しいなら。エポーレットなしのダーツなしがスマート

現代的な1着が欲しいなら。エポーレットなしのダーツなしがスマート

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ここまで骨太感満載な意匠を見てきましたが、ミリタリーディテール満載で男くさくなり過ぎるのは避けたいという人もいるかもしれません。でも、だからといってM-65を諦めるのはもったいない! エポーレットやダーツといった、軍モノ感が強く出がちなディテールを省いたデザインを選べば良いのです。両肩のエポーレットがないものなら、オーバーサイズで肩を落として着てもちょうど良いリラックス感を演出できます。またM-65は、袖を立体的に仕立てるためのダーツが入っており、これがたくましい腕周りの演出に貢献しています。このダーツをなくしたものなら袖がストンと落ち、スマートな印象で着こなせますのでぜひ覚えておきましょう。

クリーンにも、アクティブにも。M-65の着こなしは幅広い

クリーンにも、アクティブにも。M-65の着こなしは幅広い

WEAR

WEAR

お気に入り追加

男前なミリタリージャケットでありながら、実は着こなしの振り幅がすこぶる広いM-65。例えばこのコーデのように、パーカーと楽ちんパンツを合わせて肩の力が抜けたリラックスカジュアルに落とし込むことも容易です。フードに干渉しにくい立ち襟は、フード自体をふっくら立ち上げる演出効果も発揮。また、M-65自体をサイズアップすれば、ゆるめのイージーパンツとも好バランスにキマります。

クリーンにも、アクティブにも。M-65の着こなしは幅広い 2枚目の画像

Qurious 楽天市場店

Qurious 楽天市場店

お気に入り追加

かつてのウディ・アレンやダスティン・ホフマンをお手本に、アメリカントラッドのハズしに用いるのも有効な手段。機能に裏打ちされたシルエットだからこそ、ボタンダウンシャツやレップタイといった普遍のトラッドアイテムの存在感にも負けず、スタイルのある着こなしを印象付けられます。

デザイナーズから定番まで。M-65のおすすめ11着

M-65の使い勝手の良さと普遍的な魅力をわかっていただけたら、お次は自分好みの1着を探す段取りに歩を進めましょう。米軍への納入実績のある老舗が手掛けた本格派から、ファッション解釈をセンス良く盛り込んだ秀作まで、選択肢はよりどりみどりです。

1着目

『アルファインダストリーズ』M-65 NYCO(ナイコ)フィールドジャケット

『アルファインダストリーズ』M-65 NYCO(ナイコ)フィールドジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

米軍の納入業者であり、1970年代から民生向けのM-65も手掛けてきた実績のある『アルファインダストリーズ』。これはそんな同社の歴史ある1着のディテールはそのままに、インビスタ社のコーデュラ ナイコによるバックサテンを使用した新作。コットンとナイロンを同率で混紡したこの糸は耐久性と強度が非常に高く、タフさは折り紙付きです。

MA-1と言えば。アルファインダストリーズの代表作を着こなす

ウェア・コーデ

MA-1と言えば。アルファインダストリーズの代表作を着こなす

今季も相変わらず人気のMA-1ですが、選ぶならやはりその道の名門ブランドが正解。米軍への納品実績も豊富な『アルファ インダストリーズ』なら選択肢として間違いなし!

山崎 サトシ

2019.10.17

2着目

『バズリクソンズ』M-65 フィールドジャケット

『バズリクソンズ』M-65 フィールドジャケット

Qurious 楽天市場店

Qurious 楽天市場店

お気に入り追加

東洋エンタープライズが、本格志向のフライトジャケットレーベルとして手掛けているのが、この『バズリクソンズ』。このM-65はセカンドモデルを忠実に再現したモノです。サードモデルでコットンナイロンに変更される前の、コットンバックサテンで仕立てられています。フロントに採用したクラウンジッパーも、サードモデルで真鍮製となる前のものをわざわざ復刻したこだわりの逸品。軍モノ好きも納得の意匠がてんこ盛りの、全部乗せ状態です!

職人気質が宿る。バズリクソンズのミリタリーウェア

ウェア・コーデ

職人気質が宿る。バズリクソンズのミリタリーウェア

リアルヴィンテージさながらの本格ミリタリーウェアで人気の『バズリクソンズ』。ミリタリートレンドがシーンを席巻する今、最優先で押さえておくべきブランドです。

山崎 サトシ

2018.09.20

3着目

『ミルテック』M-65 フィールジャケット レプリカ

『ミルテック』M-65 フィールジャケット レプリカ

ミリタリーショップ 中田商会

ミリタリーショップ 中田商会

お気に入り追加

このM-65を手掛けたミルテック社もアメリカ軍の正式な納入業社。軍に供給していたオリジナルと、生地も仕様もまったく同じものを採用したレプリカです。デザインは1972~1980年代半ばまで製造されていたサードタイプで、ボディのバックサテンは高強度にして乾きやすいコットンナイロン仕立て。フロントジッパーはYKKの真鍮製です。

4着目

『ロスコ』M-65 フィールドジャケット

『ロスコ』M-65 フィールドジャケット

game clothing

game clothing

お気に入り追加

『ロスコ』も1953年の創業当初からアメリカ陸軍・海軍の衣料を供給し、現在はハンティングやサバイバルゲームの世界で広く知られる老舗ブランド。真鍮製ジッパーにコットンナイロンボディを採用したサードタイプ系の仕様を採用しています。通常は別売りの着脱式キルティングライナーがついてこのお手頃プライスというのも、同社ならではの魅力です。

洒落者は気付いている。ロスコを上手く使って、賢くおしゃれに

ウェア・コーデ

洒落者は気付いている。ロスコを上手く使って、賢くおしゃれに

お値段以上のスペックを備えたミリタリー服が洒落者の目にとまり、ストリートでのシェアを高めつつある『ロスコ』。お手軽かつお手頃に街映えできる服は、要チェックです。

遠藤 匠

2021.01.18

5着目

『グリーンレーベル リラクシング』ブレイスメント コンパクトツイル ファティーグジャケット

『グリーンレーベル リラクシング』ブレイスメント コンパクトツイル ファティーグジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ゆとりを持たせた身幅やドロップさせた肩線といった、今どきの味付け満載なのがこちら。エポーレットや立ち襟内のフードを省き、骨太過ぎないデザインに落とし込む手腕もさすがです。ボディはハリ・コシのあるチノクロスの一枚仕立て。春から初夏にかけての羽織りモノとしても使い勝手は良好です。

6着目

『ヒューストン』M65 フィールドジャケット

『ヒューストン』M65 フィールドジャケット

Moat Garage(モートガレージ)

Moat Garage(モートガレージ)

お気に入り追加

1972年創業のユニオントレーディングが手掛ける『ヒューストン』も、日本におけるミリタリーウェアの歴史を語るうえで外せないブランド。そんな同社が手掛けたこちらは、ザラつき感のあるコットンツイルのボディに、アイディール社のゴツいメタルジップを施し、タフさに拍車をかけたモノです。着脱式のキルティングライナーも付属しているので、3シーズンの活躍が期待できます。

7着目

『アヴィレックス』ベーシック M-65 ジャケット

『アヴィレックス』ベーシック M-65 ジャケット

US ONLINE STORE

US ONLINE STORE

お気に入り追加

軽やかな羽織りモノ感覚で着用したい場合は、撥水性に優れるコットンナイロンで仕立てたこちらの1着を。しかもこちらは生地をあえて裏使いし、表面にストーンウォッシュを施しているので、なんとも味わい深い表情を楽しめます。左胸にあしらわれたロゴパッチが、さりげない見どころの演出に一役買ってくれます。

MA-1が代名詞。米国空軍も認めたアヴィレックスの魅力とおすすめ17選

ウェア・コーデ

MA-1が代名詞。米国空軍も認めたアヴィレックスの魅力とおすすめ17選

米空軍が正式採用する『アヴィレックス』のフライトジャケット。高度1万メートルを超える極寒の空中で過酷な任務を全うするための機能とディテールは街着としても人気。

那珂川廣太

2019.11.19

8着目

『タトラス』カオス

『タトラス』カオス

TATRAS CONCEPT STORE

TATRAS CONCEPT STORE

お気に入り追加

イタリア発の人気ブランド『タトラス』らしい洗練されたデザインの1着。シックかつ都会的なイメージで、大人っぽく着こなしやすい面持ちです。機能性も抜群で、透湿防水に優れるPUメンブレンの膜を挟み込んだ3レイヤー生地を採用。水の侵入を防ぎながら湿気は籠もらない快適な環境を約束してくれます。カラバリはネイビー、サックス(グレー)、ホワイトの3色で、いずれもアーバンな印象。

タトラスのダウンを知る。ドレッシーで洗練顔の人気モデル10選

ウェア・コーデ

タトラスのダウンを知る。ドレッシーで洗練顔の人気モデル10選

イタリアのブランドらしい洗練されたシルエットとデザインで人気の『タトラス』。大人にふさわしいハンサムなダウンジャケットの魅力と狙い目モデルを詳しく紹介します。

平 格彦

2020.11.20

9着目

『ナイキ スポーツウェア』フィールドフーディジャケット

『ナイキ スポーツウェア』フィールドフーディジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

骨太オーラ全開のM-65も、『ナイキ』が手掛けたものならスポーツ対応も余裕。立ち襟やフラップポケットでM-65らしさを表現する一方、速乾性に富むメッシュライナー内蔵のポリエステルナイロンシェルで、動きやすさと汗をかいた際の快適さに配慮しています。スッキリとした立ち襟には、フードもしっかり内蔵!

10着目

『ゴードンミラー』ミリタリージャケット

『ゴードンミラー』ミリタリージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

パリッと高密度に編み立てたタイプライター生地を使い、ルーズフィットシルエットを描いたのがこちら。ほんのり起毛感のある春らしい軽やかな生地は、硫化染めで味わい深い色調に仕上げているのも特徴です。前身頃の腰ストラップでウエストをグッと絞れるギア感のあるディテールも、他にはない個性を印象付けるポイントに。

男の物欲を刺激する。ゴードンミラーと過ごす、アクティブな休日

アウトドア・キャンプグッズ

男の物欲を刺激する。ゴードンミラーと過ごす、アクティブな休日

男なら誰しもが憧れを持つガレージライフ。その世界観をギアやウェアで楽しめるのが、『ゴードン ミラー』。アクティブ派の物欲を刺激してやまない、その魅力とは!?

遠藤 匠

2020.07.30

11着目

『エドウイン』フィールドジャケット M-65タイプ

『エドウイン』フィールドジャケット M-65タイプ

エドウインショップ(EDWIN)

エドウインショップ(EDWIN)

お気に入り追加

1960年代のM-65をベースに、身幅にたっぷりゆとりを持たせながら着丈を短めに設計し、今日的なビッグシルエットを演出。本来はフードが収納されている立ち襟には、ボディと共布の巾着バッグが収納されているのがユニーク。ここにアウターをたたんで持ち歩けるパッカブルな作りですが、巾着バッグを単体で使っても便利そう。

モッズコートが大人の男に味方する。おすすめしたいブランド&着こなし方

ウェア・コーデ

モッズコートが大人の男に味方する。おすすめしたいブランド&着こなし方

秋冬に活躍するアウターとして人気の高いモッズコート。カジュアルからきれいめにも着られる汎用性の高さも魅力です。おしゃれに着こなすテクからおすすめまでご紹介!

髙須賀 哲

2020.12.14

男らしさ満点。ミリタリージャケットを種類別に解説!

ウェア・コーデ

男らしさ満点。ミリタリージャケットを種類別に解説!

兵士の命を守るために誕生したミリタリージャケットは、あらゆる洋服の原型や元ネタとなっているってご存じでした? 人気の種類を一挙ご紹介します。

TASCLAP編集部

2019.02.04

男の定番、ミリタリージャケット。コーデを今っぽく見せる6つの法則

ウェア・コーデ

男の定番、ミリタリージャケット。コーデを今っぽく見せる6つの法則

メンズファッションに欠かせないミリタリージャケット。定番服であるが故に、今っぽく装うにはコーディネートに工夫が必要です。ここで旬に着こなすための法則をご紹介!

平 格彦

2020.10.23

コーデもアイテムも。ミリタリーファッションで押さえておくべきこと

ウェア・コーデ

コーデもアイテムも。ミリタリーファッションで押さえておくべきこと

迫力十分のミリタリーアイテムは、1つコーデに取り入れるだけで男らしさを強調できる便利アイテム。ここでは注目アイテムや着こなしについて解説いたします。

那珂川廣太

2020.02.18

ダウンの次はN-3B! 機能性とデザインに優れた名作ウェアに迫る

ウェア・コーデ

ダウンの次はN-3B! 機能性とデザインに優れた名作ウェアに迫る

男らしさと心強い機能性を両得できるN-3Bは、冬アウターとして重宝します。ダウンに食傷気味の方におすすめしたい魅力や人気ブランド、メンズコーデをまとめてご紹介!

山崎 サトシ

2020.01.09

遠藤 匠

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事