男っぽさもアピールできる春のレザーアウター5着

男っぽさもアピールできる春のレザーアウター5着

大人の男を演出するなら、春こそレザーを活用すべき。暑苦しく見えないポイントは、短めの着丈、薄手の素材、明るいトーン。こなれたムードで装いを格上げしましょう。

平 格彦

2015.03.07

アウター
ジャケット
レザー・ライダースジャケット

シングルタイプのライダース系か、シャツ型のデザインなら、さらに軽快!!

見た目に春らしい定番カラーのキャメルが本命!!

昨シーズンも好評だった『ドープ&ドラッカー』のレザージャケットは、薄手でソフトなラムレザーを使用しているのが特徴的。色はキャメルとオリーブの展開で、ブラックとは異なる軽快感が春にぴったりです。シルエットはかなりタイトですが、裾の脇のジッパーで腰周りのフィット感が調整できます。

さらに明るいベージュは今季らしくて新鮮

有名ブランドのレザーウェアを手掛けてきたナポリのファクトリーブランドから、明るいベージュのレザージャケットをピックアップ。熟練の職人が伝統技法と現代的慣性をミックスして仕上げているため、ミニマルな中にも男っぽさが薫っています。薄くて軽い羊革は、春レザーを象徴するような着用感。

爽快なニュアンスのブルーで春を謳歌!!

専門の職人によって、丁寧になめされた高品位なラムレザーを用い、オイル加工で味わい深く仕上げています。その触感はまるで、手に吸い付くよう。こなれた印象を与えます。また、美しいブルーが春らしい爽やかさも醸出。シンプルなデザインながら、計算されたコンパクトなシルエットがスマートな雰囲気を放っています。

ライトなアウターとしてレザーシャツを選ぶのもオススメ

この1枚は、デニムパンツで人気の『ヌーディージーンズ』がリリースしたレザーシャツ。イタリア製で、こなれたムードを湛えています。しかもウエスタンヨークがあしらわれているため、かなり男っぽいイメージです。ただし、ジャケットやブルゾンではなくシャツなので、適度に軽やかな印象になっています。

ソフトな雰囲気のスエード素材も春にオススメ

これは、ステアハイドの裏面であるスエードを起用。毛足が短く、耐久性も高いのが徳用手です。その一方、柔らかい着用感が春にぴったりです。しかもシャツタイプで、見た目にも軽快なニュアンス。赤いステッチのアクセントも効いています。細身のシルエットを生かしてタイトに着こなすのがイチオシです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    ユニクロのジーンズ、みんなどうはいてる?おしゃれに見せる8つの法則

    ユニクロのジーンズ、みんなどうはいてる?おしゃれに見せる8つの法則

    高品質なのに低価格。汎用性の高いベーシックなデザインも加わり、圧倒的な人気を誇る『ユニクロ』のジーンズ。着こなしをスタイリッシュに見せる法則をご紹介します!

    平 格彦

    メンズの半袖シャツ。選び方から着こなしまで疑問解決

    メンズの半袖シャツ。選び方から着こなしまで疑問解決

    涼しげな半袖シャツが気になるけど、大人っぽく着こなすのは大変。そんなあなたに、おしゃれな1枚の選び方から着こなし方、コーデサンプルまでお届けします。

    久保 綾子

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    TASCLAP編集部

    BACK