長く使えて飽きない、バッグブランドのバックパック

長く使えて飽きない、バッグブランドのバックパック

人気継続中のバックパック。どれを買うべきか悩んだ時には、まずはバッグ専門ブランドのスタイルを選ばず長く使えるベーシックな一品を選んでおくのがおすすめです。

桐田 政隆

2015.10.30

バッグ
バックパック・リュック

自ずとスタイルに合わせやすく、作りのいいバッグに行き着く

ベーシックなものを選ぶ際のメリットは、日々のスタイルを選ばない点が挙げられます。女性でもない限り、バッグを主役にしたコーデをする男性はまずいません。また長く使えるものを選ぶなら、まずはバッグ専門ブランドの定番をチェックするのが吉。スタイルに合わせやすく、作りのいい一品に巡り会えるハズです。

Item1:『ポーター』タンカー デイパック

ご存じ『ポーター』のタンカー。同ラインは3wayやショルダーバッグなどさまざまなモデルが人気ですが、デイパックも負けず劣らない名品だと思います。形はシンプルなティアドロップ型ですが、タフさ、作りのよさ、スタイルの合わせやすさ、いずれも抜かりなしです。

ブラックもいいですが、セージグリーンも名作。フライトジャケットから着想を得たナイロンツイルですが、丸みを帯びたフォルムで男くさくなりすぎないのもいい。また昨今のミリタリートレンドにも使えそうです。

最近登場し、タンカーの新たなスタンダードカラーになっているシルバーグレー。これもまたいい。デイパックにも相性がよく、3色のなかで一番大人っぽい雰囲気があります。

Item2:『グレゴリー』デイパック

「バックパックのロールスロイス」とも称される『グレゴリー』。今ではバックパックの代名詞的な使い方である、デイパック(一日分の荷物を入れられる容量という意味)の言葉は、このモデルが起源。タフで長時間でも疲れにくい背負い心地に定評があり、最近のモデルではPCスリーブなどタウンユースの機能も搭載しています。

Item3:『エルベシャプリエ』デイパック

こちらもバックパックの名品のひとつ、エルベシャプリエのフランスメイドのデイパ。アメリカのバックパックとは違った、フランスらしい品があってファンの多い一品です。きれいめスタイルにも合わせやすい、貴重なバックパックのひとつです。

Item4:『エルベシャプリエ』デイパック

上と同じバッグと思いきや、実は異なります。シャプリエのデイパックには2種類あります。それがフランスメイドと、こちらアメリカ・アウトドアプロダクツがOEM生産しているタイプ。ちなみに色も上と同じダークブルーを選びましたが、上と見比べるとこっちのほうがやはりアウトドアライクな雰囲気。素材も丈夫なコーデュラナイロン製です。

Item5:『ハーシェルサプライ』セトルメント

最近日本のストリートをにぎわせているカナダ発の『ハーシェルサプライ』。シンプルながら今どきのセンスを感じさせるデザイン、さりげないタウンユースディテール、そしてリーズナブルなプライスで大人気を博しています。一番人気のセトルメントはカラバリもとても豊富に揃います。

Item6:『ティンバックツー』エスペシャルトレスズバックパック

メッセンジャーバッグの全米No.1シェアを誇るティンバックツー。しかしここは、バックパックもすばらしい作りをしています。まずアウトドアのパックとは違って、徹底的にタウンユースでの使い勝手を追求しているのが特徴。形が長方形、もしくは逆台形なのもこちらのほうが背中にフィットしやすく書類などを収納しやすいからです。

Item7: 『ブリーフィング』フライトライト マーケット サック

アメリカ軍のミルスペックに準拠したブランド『ブリーフィング』。現在もアメリカ軍に納入しており、アメリカ国内の軍事規格工場で生産されたものは、タフさではNo.1といってもいいでしょう。ただタフなだけでなく、都会的な顔つきも人気の秘訣。ブリーフなども人気ですが、通は案外バックパックを愛用していたりします。

Item8:『デイタム』ロールトップパック

キバ デザインの創業者がアーバン・アウトドアをコンセプトに立ち上げ、日本でもすっかり人気となったアメリカの鞄ブランド、『デイタム』。そのコンセプト通り、街とアウトドアのバランス感を巧みに取り入れたデザイン、機能性が魅力で、さらにいまだアメリカ製である点も人気の秘訣。近ごろ人気のロールトップタイプもおすすめです。

Item9:『ミステリーランチ』アーバンアサルト

アメリカ軍特殊部隊にも採用されるなど、今、究極のバックパックとも目される『ミステリーランチ』。ガチなモデルはホントすごいですが、普段使いなら本作が便利。ファスナーをガバっと開けて、内部へ簡単にアクセスできる代名詞の3ジップはそのままに、軽量でお値段もリーズナブル。さらに街使いに便利なPCスリーブも搭載しています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    うれしい矛盾。無難になりがちだけど“無難じゃない”モノトーン

    うれしい矛盾。無難になりがちだけど“無難じゃない”モノトーン

    モノトーンの活用は、ファッションにおける常套手段だ。色を合わせるだけでなんとなくしゃれて見えるし、コーディネートは比較的簡単。一度覚えてしまうと、つい頼りたく…

    増山 直樹

    意外な類似点を持つ2ブランドが、”らしい”コラボをリリース

    意外な類似点を持つ2ブランドが、”らしい”コラボをリリース

    『ファイヤーキング』と『ブリーフィング』。いきなりだが、今回紹介するアイテムを作り上げた両者には共通点がある。ジャンルは違えど、どちらも質実剛健な作りが売りの…

    増山 直樹

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

    編集フカザワ

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    BACK