新興ラグジュアリーブランドの腕時計

新興ラグジュアリーブランドの腕時計

大型で人目を驚かすような大胆な意匠……贅沢に作り込まれた姿は、まさにラグジュアリーと呼ぶにふさわしい……そんな新興ブランドの成功の秘密に接近します。

黒野 一刻

2015.03.07

腕時計

クォーツショック以後に伸びてきた新しいブランド

今、高級腕時計を語る際に、どうしても外すことのできない新興のブランドがあります。クォーツ時計の台頭で腕時計が大衆化してから、ブランドの歴史が始まり、時代に逆行して成功を収め、機械式腕時計の復興に寄与したブランドです。『フランク・ミュラー』、『ロジェ・デュブイ』、『ウブロ』がその代表的なブランドです。

贅沢というだけでなく、創造性が豊か

どの時計もメカニズム一辺倒ではありません。『フランク・ミュラー』は腕に添う樽型のトノウ カーベックスケースなど外装のレベルも高く、『ロジェ・デュブイ』はその迫力ある文字盤の意匠に目が釘付けに。『ウブロ』は近年の“フュージョン”コンセプトに基づく異素材の使い方が際立ちます。いずれも創造性いっぱいです。

クロコダイル柄をケースに刻む『フランク・ミュラー』トノウ カーベックス アイアンクロコ

『フランク・ミュラー』は「20世紀で最も成功した時計師」と言われる天才が、みずからの名を冠して築き上げたブランドです。複雑機構もこなしますが、外装もこのトノウ カーベックスのように、造形美にあふれる時計を数多く展開。この時計は、ケースにクロコダイル革のようなパターンを刻む、驚きの仕上げを見せつけます。

クロコダイル柄をケースに刻む『フランク・ミュラー』クレイジーアワーズ

フランク・ミュラー氏個人は大変に優れた時計師で、数々のコンプリケーション(複雑機構)を作り上げました。この時計は、一見して時刻インデックスがランダムに配されており、毎時0分に時針が文字盤上をジャンプするように移動。時計の常識を破る計時方式で、『フランク・ミュラー』ならではのコンプリケーションです。

“時”をユーモアたっぷりに見せる『ロジェ・デュブイ』オマージュ オートマティック

このブランドも天才を謳われる時計師の名を冠しており、現代的でダイナミックな文字盤デザインと伝統的で美しいムーブメントが融合した時計作りにより、揺るぎのない地位を築き上げました。このオマージュは、ブランドのルーツモデルで、インデックスのデザインや文字盤のサンレイ装飾が強烈なインパクトを与えます。

ブランドの原点をリニューアル『ウブロ』ビッグ・バン ウニコ チタニウム

仏語で“舷窓”を意味する『ウブロ』は、2004年に“フュージョン”(融合)というコンセプトに基づき、素材をミックスさせたビッグ・バンを登場させました。この時計はケースの前面とケースバックがチタン、側面がグラスファイバーの“融合”モデルであり、自社製ムーブメント・ウニコを搭載した第2世代モデルです。

『ウブロ』クラシック フュージョン クラシコ ウルトラシン

『ウブロ』は1983年の創業から、舷窓のようなベゼルを採用するなど独自のスタイルを作り上げてきました。この時計は、そのスタイルを“フュージョン”コンセプトで再解釈。薄型のエレガントな時計にビッグ・バンのテイストを取り入れました。この時計は、手巻きムーブメントで、一段と薄型かつ優雅な仕上がりを見せます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “伝説の鋼”が囁く、腕時計の本質

    “伝説の鋼”が囁く、腕時計の本質

    腕時計は実用的な道具である以上に、ロマンの塊だ。時刻を知るだけなら、実はスマホで十分。むしろそれ以上の魅力、つまりはブランドの哲学やチャレンジングな姿勢、モノ…

    増山 直樹

    チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

    チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

    2018年の時計界のビッグサプライズといえば、『チューダー』の日本正規展開である。長年に渡るユーザーの期待に応えるコレクション。改めて、その魅力を解き明かす。

    ワダ ソウシ

    チープに見えない。1万円以下で買える大人の腕時計

    チープに見えない。1万円以下で買える大人の腕時計

    少ない予算でも大人らしい雰囲気の腕時計が欲しい。そんなニーズに応える、1万円以下の腕時計を厳選。選び方のポイントやおすすめのモデルも合わせて紹介します。

    Hiroshi Watanabe

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK