大人がムートンブーツを履くための着こなしテクとおすすめブランド

大人がムートンブーツを履くための着こなしテクとおすすめブランド

防寒対策には必須のムートンブーツですが、そのほっこり感やかわいらしさで、大人が取り入れるには難しいと思われがち。大人にも似合う着こなしテクとセレクトをご紹介!

ai sato

2019.11.29

ブーツ
ムートンブーツ
冬の着こなし・コーデ

暖かくて履き心地抜群のムートンブーツ

暖かくて履き心地抜群のムートンブーツ

ムートンブーツとは、オーストラリアの羊の毛刈り職人発祥のブーツ。ムートンはフランス語で羊毛のことを指しており、英語だとシープスキンブーツと呼ばれます。保温性と通気性に優れた羊毛は、夏は涼しく冬は暖かいのが特徴で、さらに履き心地の良さも魅力です。70年代にはサーファーの間で大ブームとなりました。2000年代に入るとセレブの間で人気に火が付き、西海岸テイストのファッションに欠かせない存在に。

大人の装いにもムートンブーツはアリ! 着こなしのポイントとコーデ例

ムートンブーツというと、女性や若い男性が履いているイメージがあるかもしれませんが、セレクトや着こなし次第で大人のメンズにも難なくマッチします。スタイリッシュさと大人っぽさを意識したスタイリングで、子供っぽく見せないのがポイント。

▼ポイント1:細身ボトムスを合わせてブーツインするのが基本形

ボリュームのあるムートンブーツをすっきり着こなすには、シャープな細身ボトムスを合わせてブーツにインするのが定石。普段のスタイリングのハズしとして、レザーブーツや革靴にはない抜け感を演出することが可能です。

コーデ1レザーの男クサさにムートンブーツで抜け感を演出

レザーの男クサさにムートンブーツで抜け感を演出

WEARWEAR

お気に入り追加

レザージャケット×インディゴジーンズという男らしいスタイルを、ムートンブーツでハズした着こなし。細身のジーンズならブーツインしてすっきりキマるので、野暮ったさとは無縁です。暗くなりがちな冬の着こなしに、明るいベージュが抜け感をプラス。

コーデ2MA-1×ムートンブーツも相性良し!

MA-1×ムートンブーツも相性良し!

WEARWEAR

お気に入り追加

こちらは、MA-1を主役にブラックでまとめた装いにベージュのムートンブーツを投入。シンプルな着こなしのアクセントとしても効果を発揮し、メリハリあるスタイルに仕上がっています。ムートンブーツはショート丈を選ぶとブーツインしやすく、バランスも取りやすくておすすめ。

▼ポイント2:こなれ感アップのカギはボトムスとのバランス!

ムートンブーツの着こなしにおいて、悩むのがボトムスとのバランス。細身のボトムスならすっきりブーツインできますが、ボトムスによってはそうはいかないものもありますよね。以下では、参考にしたいバランスをご紹介します。

コーデ1ジーンズのロールアップでバランス調整

ジーンズのロールアップでバランス調整

WEARWEAR

お気に入り追加

キルティングジャケットにジーンズを合わせたきれいめカジュアル。細身すぎないジーンズなど、ブーツインすると足元がもたついたりルーズに見えたりするようあれば、ロールアップするのが正解です。ジャケット、帽子、ブーツをブラウンで揃えている点も高ポイント。

コーデ2ファーを覗かせて洒落感とメリハリを

ファーを覗かせて洒落感とメリハリを

WEARWEAR

お気に入り追加

ゆるめのカーゴパンツにムートンブーツでは、パンツの裾がもたついてしまいそうですが、ブーツをロールダウンすればOK! 折り返したファー部分がポイントになり、メリハリのある足元が作れます。洒落感がアップするうえに、足元がだらしなく見える心配もありませんよ。

コーデ3クロップドパンツ×アンクル丈ブーツの上級バランス

クロップドパンツ×アンクル丈ブーツの上級バランス

WEARWEAR

お気に入り追加

ロングアウターを着用した上半身が重めの着こなしには、クロップド丈のパンツ×アンクル丈のムートンブーツで足元に軽さを出すと好バランス。パンツの裾から覗くチェック柄のソックスがさりげないアクセントとなり、洒落感アップに貢献しています。

ムートンブーツの鉄板人気はこの3ブランド

ムートンブーツといえば、やっぱりこの3ブランドはハズせません。まずは、男女問わず根強い人気を誇る鉄板ブランドからチェックしましょう。その定番や最新モデルもご紹介します。

▼ブランド1:『アグ』

1978年、南カリフォルニアにてオーストラリア人サーファーが立ち上げたシューズブランド。彼が強い愛情を持っていたシープスキンを使ったブーツは、海あがりに素足で履ける心地良い靴として、瞬く間に定着。2000年代初期にはハリウッドセレブやファッション誌からも注目を浴び、機能だけではなくスタイリッシュなシューズブランドとして人気を博しています。

アイテム1『アグ』クラシック ミニ

『アグ』クラシック ミニ

ブランドを代表するモデルといえば、このクラシックシリーズ。なかでも、1番ショート丈のミニはブーツインはもちろん、パンツをロールアップしたときにもバランス良く履けるとあって人気です。天然ウールのインソールと軽くてしなやかなアウトソールで、履き心地の良さも抜群!

アイテム2『アグ』ニューメル

『アグ』ニューメル

バランスの取りやすいショート丈のレースアップブーツです。足入れがスムーズなソフトなカウスエードアッパーと、シープスキンのライニングで履き心地の良さはバッチリ! ボリュームのあるハイカットスニーカーを思わせるスタイルで、今年らしいアウトドアテイストを演出できます。

その“ふかふか”はやみつきに。アグの定番靴と合わせ方

その“ふかふか”はやみつきに。アグの定番靴と合わせ方

ふかふかの履き心地が魅力の『アグ』の靴。サーフカルチャーで支持されたアイテム群は、日本でもレディースから火が付きメンズにおいてもその人気を高めています。

ai sato

▼ブランド2:『エミュ』

牧場の管理から羊の飼育まで自社で行うほどの、徹底したこだわりで上質なシープスキンのブーツを生み出している『エミュ』。足馴染みの良いヒールカップや二重のEVA素材を使ったアウトソールで、歩きやすさを実現しているのも特徴です。また、防水&撥水加工が施されているので、雨や雪の日でも気にせず履けるのもうれしいですね。

アイテム1『エミュ』スティンガー プラチナム ローカット

『エミュ』スティンガー プラチナム ローカット

HoneyDoHoneyDo

お気に入り追加

ブランドの中の最高峰ラインである「スティンガー プラチナム」はオーストラリア製で、通常のタイプよりも外革がしっかりしており、ボアの量も多いという贅沢な作りが特徴。サイドのヴィンテージ加工されたエンブレムがスタイリッシュなアクセントになっています。シンプルかつ細身のシルエットで、脚長効果が期待できるのも◎。

アイテム2『エミュ』シャーロット ミニ

『エミュ』シャーロット ミニ

TeddyShopTeddyShop

お気に入り追加

こちらは合わせやすく汎用性の高いショート丈。上質なシープスキンを使用した暖かさや履き心地に加え、防水スエードと防水ソールを採用した防水性の高さにも注目です。耐久性・クッション性にも優れているため、歩きやすく疲れにくい点もポイント。

▼ブランド3:『ミネトンカ』

1964年、アメリカはミネソタ州で誕生した『ミネトンカ』は、ネイティブアメリカンによる伝統的な手法によるモカシンからスタート。創業時から現在に至るまで、熟練の職人によりハンドメイドで作られ、足を包み込むようなやさしい履き心地が特徴です。その流れを受け、ムートンブーツも温かみとネイティブ感のあるデザインが取り入れられているものが多く見られます。

アイテム1『ミネトンカ』シープスキン アンクルブーツ

『ミネトンカ』シープスキン アンクルブーツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

折り返しても、足首まで伸ばしても、着こなしに合わせてアレンジして履ける2WAYショートブーツです。ソールには軽量のラバー素材を使っているため歩きやすさは抜群。室内外の両方で履ける汎用性の高さも人気の一因です。

なぜ人気?ミネトンカのモカシンが愛される理由

なぜ人気?ミネトンカのモカシンが愛される理由

素朴で温もりにあふれたルックスとハンドメイドによる伝統的な製法へのこだわりに共感するファンも多い『ミネトンカ』。秋にぴったりな1足の魅力を改めて考えたい。

菊地 亮

他にもチェックしたい。おすすめのムートンブーツ

前述した3ブランド以外にも、秋冬シーズンにはさまざまなムートンブーツが登場します。そんな中から、大人の着こなしに似合うおすすめモデルを厳選。人と差がつく1足をお探しならこちらからぜひ!

アイテム1『トリッペン』別注BOMBムートン

『トリッペン』別注BOMBムートン

ARKnetsARKnets

お気に入り追加

ドイツのシューズブランド『トリッペン』からセレクト。レディースで人気だったボムブーツのメンズバージョンがこちら。艶やかなオイル仕上げのレザーとムートンのライニングで、リッチな見た目と柔らかな履き心地が楽しめます。医療靴の製作にかかわっていた職人がスタートさせたブランドだけに、足に負担をかけず、履きやすさにこだわっているのもポイント。

アイテム2『スイコック』ビブラム ミッド ムートンブーツ

『スイコック』ビブラム ミッド ムートンブーツ

Golden StateGolden State

お気に入り追加

スポーツサンダルでお馴染みの『スイコック』からは、スペシャルモデルをピックアップ。どことなく上品さを感じさせるこちらは、上質なムートンの1枚革で作られた1足。ビブラム社とともに開発したという、オリジナルのEVAラバーフットベッドをソールに搭載しているため、柔軟でスニーカーのような機能性の高い履き心地を実現しています。かかとにはジッパー付きで脱ぎ履きが楽ちんなのも魅力。

だから人気。スイコックのサンダル名作一覧

だから人気。スイコックのサンダル名作一覧

もはや一大トレンドとなったスポーツサンダル。『スイコック』は、モダンなデザインと履き心地のよさから人気を獲得。魅力を掘り下げつつ、おすすめの1足をご紹介。

横山 博之

アイテム3『シェパード』アントンM

『シェパード』アントンM

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

北欧スウェーデンにて、ハンドメイドで作られている『シェパード』のムートンブーツ。なかでもスカンジナビアンデザインらしい、モダンで温かさを感じさせる雰囲気が光るのが、ベストセラーモデルである「アントン」です。北欧の冬の冷えから足を守ってくれるムートンと、軽量なEVAソールの組み合わせで、保温性も軽快な履き心地も両立しているのが優秀! アッパーを折り返して履けば、また違った表情を楽しめます。

メンズブーツ大集合! 種類別に人気ブランドをレコメンド

メンズブーツ大集合! 種類別に人気ブランドをレコメンド

デザインや用途が多種多様なブーツを、エンジニアブーツやチャッカブーツ、サイドゴアブーツなど種類別に整理。それぞれ人気ブランドをピックアップした。

大中 志摩

サーフカルチャー誌、ライフスタイル誌、アウトドアムック本などの編集を経て、2003年に独立。主にファッション誌やライフスタイル誌にて、ファッションページからインタビューまで幅広く携わっており、最近ではオンラインでの記事編集も手がける。得意分野はサーフ系ファッションやライフスタイル、アウトドアなど。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う

    日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う

    スニーカーよりもう少し上品に昇華したい、ドレスシューズのような革靴よりちょっとカジュアルに落とし込みたい。ローファーはそんな我々の欲望を満たしてくれる最適な靴…

    TASCLAP編集部

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

    TASCLAP編集部

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    おしゃれな大人たちの間で『ダントン』のインナーダウンが人気爆発中です。その魅力からコーデサンプル、すぐに買える新作ラインアップまで、余すことなくご紹介します。

    山崎 サトシ

    圧倒的存在感。ノースのマウンテンダウンジャケットを着こなしたい

    圧倒的存在感。ノースのマウンテンダウンジャケットを着こなしたい

    アウドドア人気を牽引する『ザ・ノース・フェイス』。なかでも、象徴的デザインと圧巻の機能で人気を集めているのが「マウンテンダウンジャケット」です。

    平 格彦

    MADE IN USAを履く。チペワのブーツ、大人の足元に威厳を添える全9モデル

    MADE IN USAを履く。チペワのブーツ、大人の足元に威厳を添える全9モデル

    スニーカーブームもひと段落し、徐々にワークブーツに視線が集まりだした昨今。アメリカの老舗ブーツメーカーである『チペワ』について、今一度おさらいしておきましょう。

    那珂川廣太

    BACK