細身のダウンジャケットで旬とスマートさを手に入れる

抜群の保温性から真冬の必携アウターとして上位にランクされるダウン。ボリューミーな見た目がたまにキズだが、これをカバーするスリムなダウンならスマートに着こなせる。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2015.11.09

不滅の冬アウターとして君臨するダウンジャケット、その魅力とは

不滅の冬アウターとして君臨するダウンジャケット、その魅力とは

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダウンは水鳥の胸部から採取する綿毛で、芯が残ったものをフェザーと呼ぶ。軽くて柔らかい上に、空気を多く含むことから、保温性にも優れる自然界の機能素材だ。だからこそ、アウターへ取り入れる際には全体へ均一にいきわたり、使用中も偏りが出ないようパッキングしながらキルティング加工を施すのが一般的なのだ。

保温性をキープしながら、すっきりとした見た目の表面フラットタイプが狙い目

保温性をキープしながら、すっきりとした見た目の表面フラットタイプが狙い目

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダウンアウターと聞けば、キルティング加工により均等に表れる膨らみが特徴的。それが保温性を高めるカギにもなっているのだが、少々野暮ったい印象も否めない。しかし、そのステッチを極力排除し表面をフラットに仕上げたアイテムなら心配は無用。今シーズンは、そんな見た目もすっきりしたアイテムがとにかく豊富だ。

着こなすポイントは軽やかな要素を一点取り入れる

スタイリッシュな細身ダウンは通常の一着よりもライトな見た目とはいえ、アウターならではの存在感がある。そこで軽量感を演出するホワイトカラーのアイテムを一点投入することで、これを容易にクリアすることができる。膨らみを抑えたダウンならではのレイヤードを楽しみつつ、どこかにホワイトアイテムを取り入れるのが、今冬スリムダウンを着こなすポイントと覚えておきたい。

一着でもサマになるから省エネスタイリングも可能

一着でもサマになるから省エネスタイリングも可能

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

通常のボリュームのあるダウンジャケットなら、一着でスタイリングを完結できるだけの存在感がある。保温性も申し分ないだけに、インナーは気にせずシンプルに合わせられるところもミソ。しかも、細身のシルエットに仕上げられ、引き締め効果も抜群なブラックを選択すれば、ご覧のようにボリュームを気にせず着こなせる。

パックレスならすっきり見せられてレイヤードも楽しめる

パックレスならすっきり見せられてレイヤードも楽しめる

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダウン特有の膨らみを抑えている分、インナーへさまざまなアイテムを合わせられるのはパックレスダウンアウターの最大の強み。Gジャンなどを加えれば、コーディネートに奥行きも生まれる。トップスを武骨に合わせた分、ボトムスは白パンを採用。爽やかさを加えることにより、やや重たい印象を軽くすることができるのだ。

ダウンジャケットに定評のある鉄板ブランドなら失敗しない

アウターのなかでも比較的高額な部類に属するダウンジャケット。失敗の許されないプライスだけに、購入を検討する時はよく吟味してアイテムを選びたい。とはいえ、見た目で気にいっても質がイマイチということもなくはない。そこを気にせず選ぶなら、ダウンジャケットといえばの鉄板ブランドからチョイスするのも手。見た目も質も確かな3ブランドを紹介しよう。

Brand1

タトラス

タトラス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イタリアを拠点に、日本とポーランドのコラボレートブランドとして誕生した『タトラス』。2007年設立と歴史はまだ浅いものの、その実力は広く世界にも知れ渡っている。イタリアのデザインチームを中心に展開しているだけに、ダウンアイテムの常識を覆す見た目の美しさは必見。スポーティなこちらは雨に強い素材を採用している。

タトラスのダウンを知る。ドレッシーで洗練顔の人気モデル10選

ウェア・コーデ

タトラスのダウンを知る。ドレッシーで洗練顔の人気モデル10選

イタリアのブランドらしい洗練されたシルエットとデザインで人気の『タトラス』。大人にふさわしいハンサムなダウンジャケットの魅力と狙い目モデルを詳しく紹介します。

平 格彦

2020.11.20

Brand2

カナダグース

カナダグース

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『カナダグース』は、1957年にカナダ北東部の都市、トロントで誕生した老舗。50年以上も寒い土地で働き、遊ぶ人々の手で作り上げられてきたアイテムは機能的で、南極探検隊やエヴェレスト登頂時にも使用されたほど。こちらは、名モデルのジャスパーをベースに表地をウールで仕上げたエクスクルーシブアイテム。

カナダグースの最新人気ダウン指名買いリスト

ウェア・コーデ

カナダグースの最新人気ダウン指名買いリスト

ダウンブームを引っ張る『カナダグース』は、大人が最後に行き着くダウンといっても過言ではありません。押さえておきたい人気アイテム群をチェックしておきましょう!

平 格彦

2020.12.01

Brand3

デュベティカ

デュベティカ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダウンのスペシャリストが集い、イタリアのモリス郊外にあるモリアーノ・ベネトで立ち上げられたブランド。以降、洗練されたダウンコートを世界に発信し、多くの共感を受けてきた。こちらのアイテムを見ればそれも納得。ダウンステッチを表に出さないことでよりすっきりとした印象。飽きのこないシンプルなデザインもいい。

プレミアムなダウン。デュベティカで冬の着こなしを格上げ

ウェア・コーデ

プレミアムなダウン。デュベティカで冬の着こなしを格上げ

最高品質の素材と洗練されたデザインを両立し、目の肥えた大人からも支持される『デュベティカ』。プレミアムと呼ぶにふさわしい逸品で冬の着こなしを格上げしましょう。

山崎 サトシ

2019.11.05

変わり種アイテムならコーディネートの幅もグ~ンと広がる

元々が、山フィールド出身のアイテムだけに、やはりダウンジャケットやベストも機能性を重視したものが中心。ただ、そのフォルムが日常のアイテムをベースに作られたものならば、コーディネートのアプローチも変わってくるはず。ここでは、そんなスタイリングの幅を広げる変わり種のダウンアイテムをお届け。

Item1

『デュベティカ』のダウンスタジャン

『デュベティカ』のダウンスタジャン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダウンの名門が仕掛けるこのアイテムは、一見スポーティなルックスが特徴のアワードジャケット。しかし、内側にはしっかりダウンとフェザーを取り入れている。素材にはイタリアでも有数の生地メーカーであるチェルッティ社製ウールメルトンを採用。アームには柔らかなラムレザーを配し、上品さと着心地の良さを高次元で表現している。

Item2

『AKM』のPコートダウンジャケット

『AKM』のPコートダウンジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

実際にアメリカ海軍で使用していたPコートをベースに、そこへ最高級のポーランド産800フィルパワーダウンをプラス。しかも、シャープな襟周りを意識し、台襟を付けながら現代的にモデファイされている。コットン生地にストレッチ性をもたせているため、ストレスなく着ることができ、先染め糸で表現したカモ柄にもぜひ注目してもらいたい。

Item3

『ビームスライツ』のMA-1ダウンシャツジャケット

『ビームスライツ』のMA-1ダウンシャツジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

軽量でコンパクトなMA-1タイプのジャケット。細身なシルエットに加えてすっきりとしたショート丈の設定なので、タウンな着こなしにハマる。また、小さく収納して携行できるサック付きなので、その時々の気温調整アイテムとしても役立つ。

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事