コスパで厳選。大人にハマる高級腕時計ブランド番付

高価な腕時計のなかでも、実用性やスペックに対してお手頃価格で販売されている一本があります。なかでも大人におすすめしたいブランドを、番付にしてご紹介。

黒野 一刻

黒野 一刻

SHARE
記事をお気に入り
2017.01.17

「高級腕時計はコスパが悪い」。いえいえ、それは間違いです

「高級腕時計はコスパが悪い」。いえいえ、それは間違いです

正規代理店 ヨシダ

正規代理店 ヨシダ

お気に入り追加

高級腕時計と見たり聞いたりすると、それだけでコストパフォーマンスが悪いような気がしてしまうもの。でも、そもそも論ですが“高級”の定義とは何でしょうか? たとえば、1,000円台の安いクォーツ時計と比較すれば、数万円の腕時計も十分過ぎる高級時計ですよね。

コスパを求めるならば、値段ばかりを気にするのも考えもの。むしろ、実用的でスペックの高い腕時計に対して、その価格が見合うかどうかこそ目を向けるべきなんです。なかでも「これだけのスペックならば、安い」という一本に出会えたら最高でしょう。そんな一本を、ライター視点でご紹介。とくにコスパが高い腕時計から順に、私の独断と偏見で番付にして解説します。

横綱:真のマニュファクチュール『セイコー」

『セイコー』は世界に先駆けたクォーツ腕時計はもちろん、機械式時計やGPS電波時計まで、あらゆる時計を作ります。ネジの一本にいたるまで、真の意味でパーツを完全に内製化できるのは、『セイコー』のみといわれており、その技術力は世界でも最高峰に位置づけられているのです。

横綱:真のマニュファクチュール『セイコー」

THE WATCH SHOP.楽天市場店

THE WATCH SHOP.楽天市場店

お気に入り追加

世界でも認められる『セイコー』は、クォーツ腕時計をはじめ、数々の世界初となる技術と時計を実現してきた歴史があります。文字通り、実用時計の王者にふさわしいメーカーなのです。

世界初のクォーツ腕時計の名を継承す写真の“アストロン”も、世界初のGPS電波時計。最高の技術を自分のものとして所有できる喜びを、20万円台で手に入れられるのは贅沢の極みですね。

大関:かつての世界最大の時計工房『ロンジン』

『ロンジン』は、大規模な工場制をいち早く導入し、20世紀の初頭には「世界最大のマニュファクチュール」と称されたブランド。数々の航空時計、名作クロノグラフを開発し、そのノウハウは巨大なスウォッチグループに継承されています。もちろん、大関に位置するだけのコストパフォーマンスにも優れてるんです。

大関:かつての世界最大の時計工房『ロンジン』

ジャックロード

ジャックロード

お気に入り追加

現在の『ロンジン』はクラシカルな過去のアーカイブを再現するコレクションに妙味があります。それも、機械式時計としては値頃感のある20万円台という価格設定でファンの心をつかんでます。このモデルも、クラシカルなスタイルがたまりません。

関脇:抜群すぎるコストパフォーマンス『ティソ』

創業時から進取の気性に溢れたブランドで、先進的技術を取り入れることにも積極的なブランドです。現在でも、廉価でありながらも自動巻きで80時間駆動を実現したパワーマティック80などにより、圧倒的なコストパフォーマンスと技術力を見せつけてします。

関脇:抜群すぎるコストパフォーマンス『ティソ』

THEATER

THEATER

お気に入り追加

パワーマティック80は、2013年以降の時計シーンを揺るがした技術革新で、駆動時間と精度で驚くほどの価格性能比を実現したムーブメント。この時計も、破格のアンダー10万円というから驚きです。

小結:より親しめる時計ブランドを目指す『シチズン』

『シチズン』は、『セイコー』と双璧をなす国産メーカーで、市民に親しまれる時計を……という願いがブランド名に込められています。ソーラー発電や電波腕時計の国内の先駆者で、近年は機械式時計も復活。スイスのムーブメントメーカーを傘下に収めるなど、進境著しいものがあります。

小結:より親しめる時計ブランドを目指す『シチズン』

日新堂 Web Shop

日新堂 Web Shop

お気に入り追加

『シチズン』の外装技術や電子技術は、世界でもトップクラス。ただし、機械式時計も完全自社生産で復活させたことで、総合的な時計メーカーとして盤石のラインアップを誇ります。“ザ・シチズン”は、そんな機械式時計のトップモデルです。

腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

腕時計・ウォッチ

腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

2018年、「シチズン」は創業100周年を迎えた。GPSなどの先進技術を生み出す一方、近年は海外ブランドの買収や機械式の生産にも力を入れて多角的かつ精力的な活動が続く。

ワダ ソウシ

2018.12.09

前頭:ただ使われるだけの時計を目指す『ジン』

『ジン』は、プロのための実用時計を目指しており、創業者はドイツ空軍のパイロット。その経験が時計作りに注ぎ込まれています。高い視認性、タフなケース、さらにムーブメントを守るための特殊技術と、独自の方法論を展開しており、熱心なファンに支えられているブランドです。

前頭:ただ使われるだけの時計を目指す『ジン』

ジャックロード

ジャックロード

お気に入り追加

『ジン』は航空時計に関して深いノウハウを持つほか、さまざまな分野で突出したスペックの時計を輩出しています。近年は航空時計の規格化に心血を注ぎ、ドイツ工業規格に採用される見通しのTESTAFという基準を作りだすなどの実力派です。

十両:4つの柱で優れた時計を優れた時計を提供『オリス』

『オリス』は、古典的デザインからスポーツモデルまで幅広くこなし、アビエーター、モータースポーツ、ダイバーズ、カルチャーの4路線でコレクションを整備。しっかりとしたスペックで親しみやすい価格設定で時計作りに取り組む、スイスブランドです。

最初から実用時計を掲げてきました

最初から実用時計を掲げてきました

ジャックロード

ジャックロード

お気に入り追加

この航空時計はビッグクラウン(大型リューズ)とポインターデイト(指針式日付表示)という、20世紀の前半から引き継ぐアイコン機能を搭載。当初から実用時計を目指してきた『オリス』らしさは、今も継承されています。

オリスの復刻から最新まで。老舗が送る“誠実”な機械式時計たち

腕時計・ウォッチ

オリスの復刻から最新まで。老舗が送る“誠実”な機械式時計たち

高価な印象のスイス時計。だが、作りは一流にも関わらず手の出しやすい価格帯のブランドも存在する。『オリス』はその代表格。ビギナーにもおすすめしたい魅力を解説する。

ワダ ソウシ

2020.08.07

幕下:アメリカ時計の伝統を継承『ハミルトン』

20世紀前半まで、アメリカの機械式時計は鉄道時計の伝統を引き継ぎ、精密かつ頑強で、世界に冠たる水準にありました。そんなアメリカ時計の伝統を色濃く継承したのが、『ハミルトン』。スイスに製造拠点が移った現在も、そのスピリットは失われていません。

アメリカ生まれの名門、ハミルトン。普遍的な魅力を放つ腕時計15本を厳選

腕時計・ウォッチ

アメリカ生まれの名門、ハミルトン。普遍的な魅力を放つ腕時計15本を厳選

アメリカの発展期に創業し、鉄道・軍用・航空時計で世界にその名を知らしめた『ハミルトン』。スイス発・スイス育ちのブランドとはひと味違う、唯一無二の魅力に迫ります。

押条 良太

2021.11.12

幕下:アメリカ時計の伝統を継承『ハミルトン』

日新堂 Web Shop

日新堂 Web Shop

お気に入り追加

『ハミルトン』は、鉄道時計に始まって、航空時計、軍用時計に、ファッション系やエレクトリックウォッチまで手がけた名ブランド。とくに軍用腕時計の大傑作である“カーキ”は、時計業界の永遠の定番。歴史に残る時計メーカーです。

三段目:単なるスポーツウォッチメーカーではない『エドックス』

『エドックス』は、日本初上陸は2004年でしたが、伝統ある時計ブランドです。当初はパワーボートとの関連でスポーツモデルを前面にPRされましたが、独自のクォーツ防水時計やドレス系の時計でも名作もラインアップ。近年は日本でも幅広いコレクションが展開されています。

機能も見栄えも欲張る。エドックスが本物志向の大人から密かに人気

腕時計・ウォッチ

機能も見栄えも欲張る。エドックスが本物志向の大人から密かに人気

スポーツウォッチの名作を数々輩出してきた『エドックス』は、2007年に日本上陸を果たした。圧倒的なスペック、クールなデザイン、高コスパで市場を席捲し続けている。

ワダ ソウシ

2019.03.05

三段目:単なるスポーツウォッチメーカーではない『エドックス』

THE WATCH SHOP.楽天市場店

THE WATCH SHOP.楽天市場店

お気に入り追加

パワーボートやラリーなど過酷な場面で使われるスポーツ系で定評が高いのですが、エレガント路線も半端のない実力です。この時計も、ビッグデイトを搭載しつつ、シンプル&ラグジュアリーな、高コスパモデルです。

序二段:新素材のパイオニア『ラドー』

比較的新興のスイスブランドですが、切削器具に使われるハードメタルを皮切りに、ハイテクセラミックなど、新しいケース素材の世界を切り開いてきましたす。特にセラミックケースの形成技術は、円熟の域に達しており、右にでるブランドはありません。

序二段:新素材のパイオニア『ラドー』

ジャックロード

ジャックロード

お気に入り追加

素材をステンレスとゴールドに限ることはないという進取の考え方は、まさに目からうろこ。そのパイオニアとなったモデルを、今はメタルのような質感のセラミックケースで作るなど、技術的に突出しています。

革新を続ける“素材”の名手。ラドー(RADO)の時計について知りたいこと

腕時計・ウォッチ

革新を続ける“素材”の名手。ラドー(RADO)の時計について知りたいこと

新素材の採用と近未来的なデザインをお家芸とする『ラドー(RADO)』。20世紀後半に高級時計ブランドの地位を確立した名門の先進的なモノ作りが、今注目を浴びています。

押条 良太

2021.11.27

序の口:壊れないという一点では最上のブランド『カシオ』

世界に知れ渡ったGショックという大看板があり、“壊れない時計”という一点に限れば、文字通り世界最強ブランドに間違いないでしょう。実際には、Gショック以外にも、多彩な腕時計を展開しており、エレガント路線にも見るべきものがあります。

序の口:壊れないという一点では最上のブランド『カシオ』

一心堂時計店

一心堂時計店

お気に入り追加

Gショックのイメージが強いせいで、ギアっぽさが売りのようになっていますが、このオシアナスのようにエレガントな時計も魅力的です。これで、光発電でGPS+標準電波の受信能力まで付くのはさすがです。

高級腕時計ブランド46選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

腕時計・ウォッチ

高級腕時計ブランド46選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

夏目 文寛

2021.11.24

メンズが腕時計を選ぶ5つの基準。機能、ルックス、それともブランド力か

腕時計・ウォッチ

メンズが腕時計を選ぶ5つの基準。機能、ルックス、それともブランド力か

腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

夏目 文寛

2021.08.13

黒野 一刻
黒野 一刻
ハイスペックなモノに取り憑かれ、ライター/エディターとして活動中。いつしか主戦場は時計誌や時計関係のwebに。時計以外にもアイウェアなどのレビューもこなす。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

細部に宿るリュクス感。存在感満点のスケルトン時計を、人気スタイリストはどう見たか

着実に需要が高まっているスケルトン時計。選択肢は数あれど、どうせ手に取るなら確かな背景を持つブランドの1本を狙いましょう。今冬の注目作、その細部を掘り下げます。

SPONSORED by ブローバ

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP