春に着るコートは大きめシルエットでリラックスしたい

春に着るコートは大きめシルエットでリラックスしたい

今季のスプリングコートはドロップショルダーや大きめでユル感のあるタイプが人気。リラックス感とヌケを手っ取り早く着こなしの中に取り入れられる、鉄板アイテムですよ。

ライターT

2015.03.09

アウター
コート

ちょい大きめのサイズ感が狙い目。ラグランスリーブならさらにリラックスムードが。

Item1『ビームス』のステンカラーコート

撥水加工を施したハリのある生地のステンカラーコート。くすんだブラウンで大人っぽい色合いながら、どことなくユルいムードを感じるのは、スポーティなラグランスリーブのたまもの。肩口から丸みを帯びてドロップするアウターのシルエットが、コーディネート全体を品の良いヌケ感で包んでいます。

Item2『ビームス ライツ』のステンカラーコート

ブルーのステンカラーコートは、白いボトムスとあわせて鮮烈なブルーの魅力を最大に発揮。注目してほしいのはサイズ感。自分の肩よりも少しだけ大きいサイズを選ぶことで今シーズンらしいリラックス感あるコーディネートに。トップスがオーバーサイズになるので、足元はオペラシューズなどの革靴ですっきりまとめましょう。

Item3『ヤーモ』のワークコート

ほっこりとしたワークコートを軽い色合いで染め上げたリネン、ウール混のコート。柔らかい生地が春の風にたなびく心地よさを存分に味わえます。軽く袖をまくって着るという小ワザも効きそうです。

Item4『ウィーク』のショップコート

デニム生地で仕立てたショップコート。前面は通常の袖付け、うしろをラグランスリーブ仕様にしているため、肩から落ちるシルエットに独特のニュアンスが生まれています。たくさん着込んで、デニムならではの肌馴染みを味わってほしい1着です。

Item5『ジョンブル』のショップコート

さわやかな水色のショップコートは、リネン独特の柔らかい発色とサラっとした生地感がいかにも春らしくていいですね。ほっこり感のあるコートに対して、革のクラッチバックを持つことでキリっと品の良さを差し込んでいるあたりの着こなしは参考になります。細身のパンツを合わせると全身のバランスがいいですね。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    雨が待ち遠しくなる。おしゃれで実用的なレインウェア20選

    雨が待ち遠しくなる。おしゃれで実用的なレインウェア20選

    雨が多い日本の気候からか、レインウェアが改めて注目を浴びてきている。そこで、今回は幅広く活躍してくれるおしゃれで機能的なレインウェアを徹底解説。

    大中 志摩

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

    心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

    『セントジェームス』や『オーシバル』に並ぶ、バスクシャツ3大ブランドとして支持されている『ルミノア』。その人気の理由と、おすすめのアイテムを紹介します。

    近間 恭子

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

    平 格彦

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    BACK