アウトドアウェア&小物の人気ブランド、今マストで押さえておきたい25選

アウトドアウェア&小物の人気ブランド、今マストで押さえておきたい25選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

2022.01.07
SHARE
記事をお気に入り
那珂川廣太

執筆者

アメカジ&アメトラを中心にラギッドな視点で解説

那珂川廣太
バイク専門誌と男性向けライフスタイル誌で編集を約8年務めたのちに独立。ファッションはアメリカンカジュアルからトラッドまで幅広く執筆を行い、特にブーツやレザー、ジーンズ、古着など男臭いアイテムの知識が豊富。また乗り物やインテリア、フードまでライフスタイル全般にわたって「ラギッド」を切り口に執筆する。 記事一覧を見る
...続きを読む

国内・海外から選りすぐり。アウトドアウェアと小物を選ぶならこのブランドから

国内・海外から選りすぐり。アウトドアウェアと小物を選ぶならこのブランドから

レジャーとしてもファッションとしても、今欠かせないキーワードとして挙げられるアウトドア。屋外でのアクティビティだけでなく、都市生活を送るうえでも着用時の快適さを追求するなら、やはりブランド選びは慎重に行いたいものだ。ここでは、機能的でありながらデザイン性も申し分なしのウェア&小物を展開するアウトドアブランドをピックアップ。アメリカ、ヨーロッパ、日本という世界中から厳選した25のおすすめをご紹介したい。

パート1:北米発のアウトドアブランド

昔ながらのクラシックなモノ作りを行う老舗から、最先端の素材やデザインを盛り込んだハイエンドな新鋭まで、幅広いラインアップを有しているのが北米発のアウトドアブランドの特徴。ここではその中でも注目の11ブランドを紹介する。

アウトドアブランド1

『ザ・ノース・フェイス』

『ザ・ノース・フェイス』

ヒマラヤ楽天市場店

ヒマラヤ楽天市場店

お気に入り追加

タウンユースのファッションアイテムとして大人気の『ザ・ノース・フェイス』だが、その出自はもちろん、現在に至るまでプロに愛用されるギアブランドだ。1968年創業当初の主力製品が寝袋であり、ヒマラヤ遠征隊が『ザ・ノース・フェイス』製のダウンジャケットを着用していた事実からもわかるように、ダウンの取り扱いも得意とする。なかでも支持率の高いモデルが、1992年にエクスペディション向けとして開発された名作ダウン「ヌプシジャケット」。現行品はサイズ感がモダンにアップデートされ、大人カジュアルとも難なくハマってくれる。

ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

ウェア・コーデ

ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーといえば、外遊びのみならず街でも使える最強アイテム。魅力や注目作、着こなしから大人に愛される理由を読み解きます。

山崎 サトシ

2022.09.30

アウトドアブランド2

『パタゴニア』

『パタゴニア』

ブランド品セレクトショップ MIXON

ブランド品セレクトショップ MIXON

お気に入り追加

創設者のイヴォン・シュイナード氏が独学で学んだ鍛造技術を用いてクライミング用のピトンを製作したことで始まった『パタゴニア』。もともと使い捨てだったピトンを再利用可能にしたことで大ヒットさせたという事実に象徴されるように、70年代アメリカのアウトドア活動で提唱された“Leave No Trace(自然の中に足跡を残さない)”の精神が同ブランドの原点。そのため環境保護への意識が高く、リサイクル繊維のウェアをはじめ、エシカルで持続可能性を重視した製品づくりも特徴。同社の人気アイテムである「レトロX」でもリサイクルポリエステルを使用したフリースを採用している。

フリースの王道といえばパタゴニア。その名品と洒落者の着こなしを網羅

ウェア・コーデ

フリースの王道といえばパタゴニア。その名品と洒落者の着こなしを網羅

フリースを本物志向で選びたい年齢になると、必ず辿り着くのが本家本元の『パタゴニア』。ダウンに変わる選択肢がほしい今だからこそ、改めてその名品に注目してみては?

遠藤 匠

2021.12.26

パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

ウェア・コーデ

パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

TASCLAP編集部

2021.11.05

アウトドアブランド3

『コロンビア』

『コロンビア』

オレゴン州の小さな帽子問屋の権利を買い取ったことからスタートし、世界的な総合アウトドアウェアブランドへと成長した『コロンビア』。同社の強みといえば、防水透湿素材のオムニテックを筆頭としたさまざまな自社開発テクノロジーだ。今回ピックアップしたこちらの「ブーロポイントパスダウンジャケット」では、最新テクノロジーであるオムニヒートインフィニティを搭載。高機能な裏地が熱を効率的に反射して、瞬時に暖かさを提供する。700フィルパワーの高品質ダウンをたっぷりと封入している点も見逃せない。

レトロ顔で高機能。コロンビアのマウンテンパーカーが今っぽい

ウェア・コーデ

レトロ顔で高機能。コロンビアのマウンテンパーカーが今っぽい

アウトドアブランドの老舗ながら、その今っぽさが支持されている『コロンビア』のマウンテンパーカー。その魅力とともに注目アイテムを厳選してご紹介していきます!

山崎 サトシ

2019.03.22

アウトドアブランド4

『アークテリクス』

『アークテリクス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1989年にカナダのブリティッシュコロンビア州でクライマーのデイブ・レーン氏とジェレミー・ガード氏の2人によって設立された『アークテリクス』。熱圧着技術を用いたクライミングハーネスで人気を博し、やがてゴアテックスを使用したアパレルやバッグなど幅広いアウトドアギアの生産をスタートする。日本では「ビームス」がいち早く紹介したことで世に広まり、現在も両者はコンスタントなコラボレーションを通じて、アウトドアファンだけでなくファッション好きからも支持を集めている。

アークテリクスのリュックは、都会に映える最先端技術の結晶だ

バッグ・ファッション小物

アークテリクスのリュックは、都会に映える最先端技術の結晶だ

アウトドアMIXスタイルがすっかり浸透した今、火付け役ともいえる『アークテリクス』は気になる存在。今回は特に人気の高い、リュックにフォーカスしてご紹介しましょう。

MASAFUMI YASUOKA

2021.02.17

アウトドアブランド5

『エルエルビーン』

『エルエルビーン』

1912年にメイン州で創業した『エルエルビーン』。ハンター向けの防水ブーツである「メインハンティングシューズ」を開発したのが同社の歴史のスタートだが、その初期ロットにソールが剥がれる不具合が発生。しかし、創業者のレオンウッド・ビーン氏はすぐに顧客へ代金を返却するなどの誠意ある対応を行い、かえって顧客の信頼を獲得したという逸話が残っている。以来、現在に至るまで購入した商品に満足できない場合に返品を受け付ける「100%満足保証」を掲げている。

山でも街でもビーン・ブーツ! 永遠の定番について知っておくこと

スニーカー・シューズ

山でも街でもビーン・ブーツ! 永遠の定番について知っておくこと

雨にも負けず野山を歩けて、街でも映える『エルエルビーン』の「ビーン・ブーツ」。“アウトドア生まれアメカジ育ち”なこの名靴について、改めて掘り下げてみましょう。

遠藤 匠

2022.09.21

アウトドアブランド6

『チャムス』

『チャムス』

friends 楽天市場店

friends 楽天市場店

お気に入り追加

キャンプギアからファッショナブルなウェア類までリリースする『チャムス』は、かわいいブービーバードのロゴが印象的。ブランドの原点は、ユタ州で暮らすリバーガイドがコロラド川の激流に何度もサングラスを落として無くしたことから、チューブ状のストラップでサングラスを固定する「オリジナルリテイナー」を開発したことから始まる。そんなリテイナーはもちろん、ガーランドやポーチといった小物類のラインアップが豊富なのも特徴だ。

見た目GOODで実用的。チャムスのバッグがシーンを問わず活躍する

バッグ・ファッション小物

見た目GOODで実用的。チャムスのバッグがシーンを問わず活躍する

実用本位な作りとお茶目なデザインが両立した『チャムス』のバッグは、大人の男性にも人気。バリエーションが豊富なのも魅力で、さまざまなシチュエーションにハマります。

山崎 サトシ

2019.08.25

アウトドアブランド7

『マーモット』

『マーモット』

1973年にアラスカの氷河を研究するプロジェクトに参加した2人の大学生が極寒の条件下で使用するダウンジャケットと寝袋の開発をスタートしたことから始まる『マーモット』。1976年にアウトドアブランドで初めてゴアテックスを採用したことを皮切りに、常に先進的で高機能なギアを開発している。こちらの「モンスーンダウンパーカー」でもリネンライクな表情を備えつつ防水性、透湿性、低結露性を備えたダーミザクスをシェルに使い、750フィルパワーのフランス産ダックダウンを採用するなどハイスペックさを誇っている。

圧倒的機能を誇るマーモットのダウンなら厳しい冬も快適だ

ウェア・コーデ

圧倒的機能を誇るマーモットのダウンなら厳しい冬も快適だ

極限に挑むアルピニストたちを支え続けてきた米国の名門アウトドアブランド『マーモット』。高い機能性を誇るダウンは、日常生活でも頼もしいパートナーになってくれます。

山崎 サトシ

2018.11.16

アウトドアブランド8

『マウンテンハードウェア』

『マウンテンハードウェア』

Victoria L-Breath楽天市場支店

Victoria L-Breath楽天市場支店

お気に入り追加

米国の老舗アウトドアブランド『シエラデザイン』で経験を積んだスタッフが1993年に発足。設立当初よりクライミングとマウンテニアリングに注力したプロダクトで熱視線を浴びていた。現在は『コロンビア』グループの傘下となり、その生産背景と革新的なアイデアを武器として信頼性に優れたモノづくりを行っている。新定番の「ストレッチダウンパーカー」は、糸を織り合わせて縫い目をなくし、コールドスポットの発生やダウン抜けを軽減しているのがポイント。PFC(過フッ素化合物類)フリーの撥水生地を使うなど、サステナビリティも意識している。

隠れた実力派。マウンテンハードウェアのアイテムが高機能すぎる

ウェア・コーデ

隠れた実力派。マウンテンハードウェアのアイテムが高機能すぎる

本格的なアウトドアブランドでありながら、タウンユースにも活躍する『マウンテンハードウェア』。気軽にその機能性とデザイン性を楽しめるブランドの魅力に迫ります!

ai sato

2019.04.30

アウトドアブランド9

『ワイルドシングス』

『ワイルドシングス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

山岳ガイドを営む家系に生まれたマリー・ミューニエール氏の手によって、1981年にニューハンプシャー州で設立された『ワイルドシングス』。“TOUGH&LIGHT WEIGHT”をコンセプトにハイクオリティなクライミング用品をリリースしており、ミルスペック認定工場として米軍の特殊部隊にも製品が納入されているなど、その品質はお墨付き。近年はアメリカの特殊素材メーカーDIMENSION-POLYANT社のX-Pacを使用したサコッシュやポシェットがタウンユース用として人気爆発したことでも記憶に新しい。

おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム5選

ウェア・コーデ

おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム5選

老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

山崎 サトシ

2020.11.24

アウトドアブランド10

『カブー』

『カブー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

創立者のバリー・バー氏が17歳のときにシアトルで始めたサーモン漁の会社を母体に、過酷な漁の現場でも耐え得るサンバイザーのアイデアを思いついたことからスタートしたヘッドウェアブランド。現在はバッグやTシャツもリリースするなど、総合アウトドアブランドとしてラインアップを拡充。なかでもチロリアンテープを巧みに使ったデザインは今やアウトドアの定番として知られるようになったほど、ブランドを象徴するアイコニックなモチーフだ。

レジャーに最適。カブーで揃えたい秋冬アイテム

バッグ・ファッション小物

レジャーに最適。カブーで揃えたい秋冬アイテム

『カブー』は厳しいアラスカの自然の中で生まれ、実用性とモダンさを兼ね備えたアウトドアブランド。外せない定番キャップから、秋冬に活躍するウェアまでおすすめを紹介。

ai sato

2018.09.20

アウトドアブランド11

『グラミチ』

『グラミチ』

MOONLOID

MOONLOID

お気に入り追加

ブランドの立ち上げ人は米国の伝説的ロッククライマー、マイク・グラハム氏。彼は当時のクライミング服の機能性に満足できず、1982年にカリフォルニアの倉庫で『グラミチ』を始動させた。180度開脚を可能にするガゼットクロッチや片手で調節できるウェビングベルトなどを搭載した実用本位なクライミングパンツは、アウトドアマンたちの間で偏愛されることになる。現代においてはファッションシーンでも揺るぎない支持を獲得。特に、クライミングパンツの運動性と美麗なスリムシルエットを両得したこの「NNパンツ」はストリートの定番となっている。

パート2:ヨーロッパ発のアウトドアブランド

アメリカのアウトドアウェアと比べて、欧州のプロダクトは比較的落ち着いた色合いとスマートなシルエットを備えたものが多いのが特徴。また、アルプスの山々での長い登山の歴史で培われた高機能なアイテムが多く存在している。

アウトドアブランド12

『ヘリーハンセン』

『ヘリーハンセン』

ナチュラム 楽天市場支店

ナチュラム 楽天市場支店

お気に入り追加

ノルウェーの港町モスで商船艦長を務めていたヘリー・ハンセン氏が開発した防水アノラックを原点に、現在はスキーウェアからアウトドアウェアまで製作している『ヘリーハンセン』。140年以上にもわたる歴史の中で磨かれた防水・速乾・排水テクノロジーを武器に、雨や波や汗といった野外で常につきまとう水に対するスペシャリストとして、ハイスペックなアイテムを世に送り出している。なかでもこちらの「オーシャンフレイ ジャケット」は海上任命安全条約に準じた仕様を採用するなど、ブランドヒストリーを感じることができる定番のセーリングジャケットだ。

都会に映える北欧アウトドアブランド。ヘリーハンセンがほしい

ウェア・コーデ

都会に映える北欧アウトドアブランド。ヘリーハンセンがほしい

海を感じさせるアウトドアブランドとして独自の地位を築いている『ヘリーハンセン』。機能性だけでなく、北欧由来のデザインも大きな魅力です。

平 格彦

2018.06.06

ヘリーハンセンのリュック10選。デイリーからアウトドアまで用途別にセレクト

バッグ・ファッション小物

ヘリーハンセンのリュック10選。デイリーからアウトドアまで用途別にセレクト

“HH”のロゴでお馴染みの『ヘリーハンセン』。優れた防水性をはじめ、機能性の高いリュックが老若男女問わず支持されています。その魅力をおすすめモデルとともにご紹介。

近間 恭子

2020.08.18

アウトドアブランド13

『マムート』

『マムート』

マンモスのロゴでお馴染みの『マムート』は、スイスを本拠地に置く登山用品ブランドの老舗。150年以上の歴史を備える同社のストロングポイントは、クライミングロープを原点にアルプスの山々で培われたハイスペック製品の数々だ。例えば写真の「フローバーグ HS サーモ フーデッド コート」もその1つ。耐水圧10,000mmを誇るレイヤー素材と極上のグースダウンを組み合わせ、シビアな環境にも耐えうる圧巻のポテンシャルを実現している。しかも、スタイリッシュなデザイン性も兼備しており、街着としても極めて有能だ。

マムートのダウン早見表。街派と山派、それぞれのおすすめ

ウェア・コーデ

マムートのダウン早見表。街派と山派、それぞれのおすすめ

ダウンジャケットを探しているならば『マムート』に注目。スタイリッシュに着たい街派、アウトドア使いも視野に入れたい山派、それぞれにハマる逸品を紹介します。

山崎 サトシ

2020.01.10

アウトドアブランド14

『ミレー』

『ミレー』

ミレー公式ストア楽天市場店

ミレー公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

フランスの鞄職人であったミレー夫妻が、1920年代に登山用ザックの製造を始めたことに端を発する『ミレー』。パッド入りの全面ナイロンストラップの開発や世界初の全面ナイロンザックのリリースを筆頭に、これまでにさまざまな革新的テクノロジーを世に送り出してきた。さらに、ラインホルト・メスナー氏によるエベレスト無酸素登頂の際、その背中に『ミレー』のバックパックが存在していたのは有名な話だ。推奨の逸品は、デイリーにもアウトドアにも対応する定番型「クーラ30」。高耐久ナイロン生地に多ポケットな仕様と、バランスの取れた作りは老舗ならではだ。

背負い心地に感動必至。ミレーのリュックを街にも山にも連れ出したい

バッグ・ファッション小物

背負い心地に感動必至。ミレーのリュックを街にも山にも連れ出したい

多くの登山家に愛用される、フランス生まれのアウトドアブランド『ミレー』。収納力や機能性はもちろんのこと、最大の魅力は背負いやすさにあり。その理由をご紹介します。

八木 悠太

2020.07.07

アウトドアブランド15

『カリマー』

『カリマー』

ナチュラム アパレル専門店

ナチュラム アパレル専門店

お気に入り追加

1948年に英国でバッグメーカーとして設立。英国山岳会のアマダブラム遠征隊が『カリマー』のバッグを正式採用したことを皮切りに、数々の登山隊・遠征隊の登頂成功を背中から支えてきた。その挑戦から得た知見を元に作られるバックパックは、言わずもがな心強いポテンシャルを備えている。数々の秀作をラインアップする同ブランドだが、特にイチ押しなのはビジネスに野遊びにとオールラウンドで活用できる「トリビュート25」。PCスリーブやオーガナイザー、ハングポケットなどを幅広く網羅し、利便性の高さは折り紙付きだ。

カリマーのリュックは何がおすすめ? 人気の13モデルを用途別にレコメンド

バッグ・ファッション小物

カリマーのリュックは何がおすすめ? 人気の13モデルを用途別にレコメンド

機能的で見た目もおしゃれな『カリマー』のリュックを、用途別にご紹介。登山やビジネスなど、それぞれに必要な機能を備えた人気モデルの中からおすすめを厳選しました。

近間 恭子

2020.06.18

アウトドアブランド16

『ホグロフス』

『ホグロフス』

ナチュラム キャンプ専門店

ナチュラム キャンプ専門店

お気に入り追加

『ホグロフス』の歴史は、1914年に創業者のヴィクトル・ホグロフ氏がスウェーデンの農作業小屋でバックパック製造をスタートしたことに始まる。“必要なものを必要な形で作る”というブランドコンセプトのもと、シンプルかつ使い勝手の良いデザインを信条とし、本国のスウェーデンではアウトドアリュックとしてだけでなくスクールバックの定番としてもお馴染み。累計で50万個以上の売り上げを記録するこの「コーカー」も同様に、ミニマルなデザインの中にバックパックとしての機能性を十二分に盛り込んである。型崩れを軽減するボックス構造やエコなリサイクルファブリックも今作の印象的な要素。

北欧アウトドアブランド・ホグロフスの人気アイテム15選

ウェア・コーデ

北欧アウトドアブランド・ホグロフスの人気アイテム15選

北欧ブランドらしい高いデザイン性と、優れた機能性で人気を集める『ホグロフス』に注目。今回はブランドの魅力からおすすめのアイテムまで、掘り下げて紹介していく。

大中 志摩

2018.02.15

アウトドアブランド17

『ピークパフォーマンス』

『ピークパフォーマンス』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ウィンタースポーツの聖地として知られるスウェーデン・オーレで2人のスキーヤーが立ち上げた『ピークパフォーマンス』。当初はスキーウェア専業メーカーだったが、やがてゴルフやサイクリング、アウトドアまでその製品づくりの幅を拡大。現在では北欧らしい人間工学に基づいた機能的な作りと洗練されたデザインで高い人気を獲得している。独特なウェーブキルティングが目を引く「ヘリウム フード ジャケット」は、ブランド屈指の人気アイテム。このユニークな構造は単なるデザインではなく、中の羽毛を偏りにくくするための合理的なディテールだ。

アスリートから支持されるピークパフォーマンスをタウンユースでも

ウェア・コーデ

アスリートから支持されるピークパフォーマンスをタウンユースでも

厳しいフィールドシーンに対応する本格機能と、洗練された北欧デザインを兼備する『ピークパフォーマンス』。その歴史と街使いできるアイテムを紹介します。

山崎 サトシ

2018.09.20

アウトドアブランド18

『クレッタルムーセン』

『クレッタルムーセン』

FLHQ

FLHQ

お気に入り追加

1984年にスウェーデンでピーター・アスカブ氏の手によって創業した『クレッタルムーセン』。多くの欧州ブランドと同じくバックパック作りを原点に、現在ではトータルアウトドアブランドへと成長した。北欧らしいデザインコンシャスなプロダクト製造、そして環境に配慮した素材使いが同ブランドの大きな魅力といえるだろう。ベストセラーとなているアイテムの1つが、この「スコール ジップ」。素材にはリサイクルのイタリアンウールを用い、極上の保温性とエシカルなマインドを両立している。また、肩や袖といった負担の大きい場所は別布で補強し、耐久性を大幅に高めた。

サステナビリティの先駆者。クレッタルムーセンが実践する、自然との調和

ウェア・コーデ

サステナビリティの先駆者。クレッタルムーセンが実践する、自然との調和

持続可能な社会を目指したアウトドアウェア&ギア作りに取り組む『クレッタルムーセン』。その製品には、創業当初から変わらないサステナブルなマインドが息づいています。

遠藤 匠

2020.11.12

アウトドアブランド19

『ティラック』

『ティラック』

イルビゾンテ正規取扱店 ノワ

イルビゾンテ正規取扱店 ノワ

お気に入り追加

アウトドアの盛んなチェコで1986年に創業。高機能アウトドアウェアの一貫生産ができる工場がEU内に数軒しか存在しなくなった現在においても、自社工場によるチェコ生産を継続している。チェコの国営山岳救助隊をはじめ、EU諸国の海上警察や軍がこの『ティラック』のウェアを正式採用しており、信頼性の高さは申し分ない。代表作として紹介したいのは、フラッグシップモデルである「エヴォリューションジャケット」。素材にゴアテックス プロが用いられた完全防水仕様で、立体裁断によってストレスフリーな着用感も叶えている。

アウトドアブランド20

『エーグル』

『エーグル』

sasaya楽天市場店

sasaya楽天市場店

お気に入り追加

『エーグル』はフランスのほぼ中央に位置するロワール地方にある都市・モンタルジで生まれたブランド。1853年に創設者のヒラム・ハッチソン氏が同地にゴム工場を設立したところから歴史が始まった。ラバーブーツの生産からスタートし、1980年代以降はアウトドアアイテムにも力を注ぎながらコレクションを展開。ブランドのルーツたるラバーブーツは今なお健在で、フランスの伝統的な製法に基づいて生産している。その中でもレコメンドしたい1足は、チェルシーブーツのベーシックスタイルを踏襲した「カーヴィル」。着こなしを問わないデザインと全天候に対応する取り回しの良さが美点だ。

パート3:日本発のアウトドアブランド

登山やアウトドアが一般向けに普及したのが60~70年代とあって、アウトドア業界においては後発組にあたる日本。しかし、スタートで出遅れた分、先発組のモノづくりから多くを学び、独自の技術やデザイン性を取り入れて発展してきたのが日本のアウトドアブランドだ。

アウトドアブランド21

『モンベル』

『モンベル』

美’zショップ・神戸支店

美’zショップ・神戸支店

お気に入り追加

1975年に登山家の辰野 勇氏が創業した『モンベル』。今ではあらゆるアウトドアアクティビティをフォローするビッグブランドへと発展を遂げた。独自の素材やテクノロジーを使った機能性、ファッションシーンにもフィットするデザイン性、品質に対して良心的な価格帯と、三拍子揃ったモノづくりで幅広い層から支持を得ている。同ブランドが誇るマスターピースといえばこの「スペリオダウン ラウンドネックジャケット」。中には軽くて暖かなEXダウンがたっぷりと封入され、薄手のダウンとはいえ保温性は高レベルだ。表地は撥水ナイロン製で、多少の悪天候ぐらいなら苦にならない。

機能美を体現するモンベルのダウンジャケット

ウェア・コーデ

機能美を体現するモンベルのダウンジャケット

日本が世界に誇るトータルアウトドアブランド、『モンベル』。「U.L.」シリーズをはじめとする、軽量性と機能性に富んだ高品質なダウンウェアは街使いにも最適です。

八木 悠太

2018.11.09

アウトドアブランド22

『スノーピーク』

『スノーピーク』

surf&snow 54TIDE

surf&snow 54TIDE

お気に入り追加

金属加工の街、燕三条で登山用品メーカーとして1958年に創業した『スノーピーク』。1980年代にはいち早くオートキャンプに注目し、ハイエンドなキャンプグッズの生産で一般層も知られるようになった。その後、2014年にはアパレルラインを発表。野外対応の機能と現代の空気感を融合した逸品群は、瞬く間にシーンで注目を浴びることに。そんな『スノーピーク』の定番といえば、火の粉にも強い難燃素材を使った「FRシリーズ」だ。こちらの「FR 2L ダウン ロング プルオーバー」は、東レの開発したダーミザクスを裏貼りすることで高次な防水性もカバーしている。中には800フィルパワーの羽毛が充填され、防寒性も極めてハイレベル!

キャンプギアだけじゃない。スノーピークのアパレルや小物がおしゃれで機能的

ウェア・コーデ

キャンプギアだけじゃない。スノーピークのアパレルや小物がおしゃれで機能的

人気が続くアウトドアブランド『スノーピーク』。実用性にすぐれたアイデア豊かなギアが代名詞ですが、おしゃれなアパレルも充実しています。

桐田 政隆

2019.02.05

アウトドアブランド23

『ナンガ』

『ナンガ』

1941年に滋賀県米原市に誕生した『ナンガ』は、今なお国内生産にこだわり続ける羽毛商品メーカー。シュラフ(寝袋)を十八番としているが、現在ではそのノウハウを生かしてアウトドアウェア全般を手掛けている。とりわけロングセラーとなっているのが、2003年に開発された「オーロラダウンジャケット」。オリジナルの防水透湿素材であるオーロラテックスによる優れた機能性、そしてスペイン産ダックダウンによる抜群の保温性を持ち味とし、街に山にと躍動する。

ナンガの代表作。オーロラダウンジャケットがやっぱり素敵だ

ウェア・コーデ

ナンガの代表作。オーロラダウンジャケットがやっぱり素敵だ

注目ブランド、『ナンガ』を代表するオーロラダウンジャケット。その定番から別注モデルまでラインアップをご紹介していきます。

TASCLAP編集部

2021.11.04

アウトドアブランド24

『アンドワンダー』

『アンドワンダー』

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

パリコレブランドで研鑽を積んだデザイナーの池内啓太氏と森美穂子氏が2011年に立ち上げた『アンドワンダー』。東京発の新進ブランドらしい独創的なデザイン性が特徴で、いずれの製品もフィールドテストを行うなど機能性も十分だ。紹介の「コーデュラ タイプライター LSオーバーシャツ」も、デザインとスペックが見事に融合した快作。大人の普段着にふさわしいルックスを実現する一方で、頑強なコーデュラ素材やカラビナ付きチェストポケットといったアウトドアな要素も巧妙に融合している。

アンドワンダーのバッグ&ウェア。街とアウトドアを横断する名品に惚れる

バッグ・ファッション小物

アンドワンダーのバッグ&ウェア。街とアウトドアを横断する名品に惚れる

アウトドア服と街着の境界線がなくなりつつある中、存在感を放っているのが『アンドワンダー』という東京ブランド。モードな味付け&高機能なモノ作りから目が離せない!

遠藤 匠

2020.07.30

アウトドアブランド25

『フォックスファイヤー』

『フォックスファイヤー』

好日山荘Webショップ

好日山荘Webショップ

お気に入り追加

フィッシングベストを原点に持つブランドで、誕生したのは1982年のこと。1987年には日本のアウトドアブランドの中ではいち早くゴアテックス製ウェアを生産、2008年には着るだけで防虫効果を発揮する防虫衣料「スコーロン」をリリースするなど、国内のシーンを常にけん引してきた。マストバイなモデルとしておすすめしたいのは、トレッキング用に開発された「サプレックスガイドベストⅡ」。丈夫で軽いサプレックスナイロンを使っているので、山以外でも多彩なシチュエーションで着用できる。しかも、外側に10個のポケットと内側に2個のファスナー付きポケットを装備しており、その収納力はバッグ級!

夏はサーフブランドが気になる。海&外遊びから街使いに映える名品が勢揃い

ウェア・コーデ

夏はサーフブランドが気になる。海&外遊びから街使いに映える名品が勢揃い

夏らしいアクティブな雰囲気漂うサーフブランドが世代を問わず大人気。ビーチはもちろんのこと、街でも映えるアイテムばかりなので持っておかない手はありません!

山崎 サトシ

2021.08.19

この記事の掲載アイテム一覧(全20商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『ザ・ノース・フェイス』ヌプシジャケット
    『ザ・ノース・フェイス』 ヌプシジャケット
  • 『パタゴニア』クラシック レトロX ベスト
    『パタゴニア』 クラシック レトロX ベスト
  • 『アークテリクス』×『ビームス』別注 アロー 22
    『アークテリクス』×『ビームス』 別注 アロー 22
  • 『チャムス』オリジナルスタンダードエンド ワサッチミックス
    『チャムス』 オリジナルスタンダードエンド ワサッチミックス
  • 『マウンテンハードウェア』ストレッチダウンパーカー
    『マウンテンハードウェア』 ストレッチダウンパーカー
  • 『ワイルドシングス』ウエストバッグ
    『ワイルドシングス』 ウエストバッグ
  • 『カブー』ストラップバケットハット
    『カブー』 ストラップバケットハット
  • 『グラミチ』NNパンツ
    『グラミチ』 NNパンツ
  • 『ヘリーハンセン』オーシャン フレイ ジャケット
    『ヘリーハンセン』 オーシャン フレイ ジャケット
  • 『ミレー』クーラ30
    『ミレー』 クーラ30
  • 『カリマー』トリビュート25
    『カリマー』 トリビュート25
  • 『ホグロフス』コーカー
    『ホグロフス』 コーカー
  • 『ピークパフォーマンス』ヘリウム フード ジャケット
    『ピークパフォーマンス』 ヘリウム フード ジャケット
  • 『クレッタルムーセン』スコール ジップ
    『クレッタルムーセン』 スコール ジップ
  • 『ティラック』エヴォリューションジャケット
    『ティラック』 エヴォリューションジャケット
  • 『エーグル』カーヴィル
    『エーグル』 カーヴィル
  • 『モンベル』スペリオダウン ラウンドネックジャケット
    『モンベル』 スペリオダウン ラウンドネックジャケット
  • 『スノーピーク』FR 2L ダウン ロング プルオーバー
    『スノーピーク』 FR 2L ダウン ロング プルオーバー
  • 『アンドワンダー』コーデュラ タイプライター LSオーバーシャツ
    『アンドワンダー』 コーデュラ タイプライター LSオーバーシャツ
  • 『フォックスファイヤー』サプレックスガイドベストⅡ
    『フォックスファイヤー』 サプレックスガイドベストⅡ

掲載アイテムをもっと見る(8商品)

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP