オイルドジャケットならここ! バブアー解体新書

オイルドジャケットならここ! バブアー解体新書

アウターが主役になる季節がやってきた。去年とは違う新しいアウターをワードローブに加えたい!って思う人、デザイン性と機能性を兼ね備えたバブアーはいかがだろうか?

NAKAYAMA

2015.11.23

バブアー(Barbour)
アウター
ジャケット

『バブアー』とは

『バブアー』とは

DELICIOUS DELUXEDELICIOUS DELUXE

お気に入り追加

1894年、イングランド北東部のサウスシールズでジョン・バブアーにより創業された。今でこそイギリス上流階級のアウトドア、ライフスタイルを体現するブランドとして認知されているが、当時は水夫や漁師など過酷な環境下で働く労働者のために、オイルドクロスを提供したのが始まり。その耐久性に優れた防水ジャケットは革新的と、瞬く間に『バブアー』の名は広がった。戦時中はイギリス軍に供給されるほどの高い機能性を誇った。真摯な物作りと品質が評価され、イギリス王室御用達の栄誉を得るのであった。

『バブアー』の魅力1:バブアーを象徴する防水オイル

『バブアー』の魅力1:バブアーを象徴する防水オイル

世界最高品質として評価される『バブアー』のオイルドジャケット。秘訣は最高級のエジプト綿に独自の防水オイルを施したところにある。化学繊維では真似できない高い防水生と通気性、そして耐久性を実現させた。

『バブアー』の魅力2:購入後のアフターサービスがすばらしい!

『バブアー』の魅力2:購入後のアフターサービスがすばらしい!

refaltrefalt

お気に入り追加

公式ホームページでは、製品を最高の状態で着用し続けるためのアフターサービスを行なっている。長年愛用していると外部からの摩擦などでオイルが抜けてくる。よって、防水性や耐久性が下がってきてしまう。その場合はリプルーフを行なうことで、再び最高水準のオイルドジャケットとしてよみがえる。クリーニングや修繕などのメンテナンスも年間を通して受け付けている。

『バブアー』の魅力3:いつもの着こなしにすんなりハマる

創業から100年以上経った今でも、色褪せることのないスタンダードかつ都会的なデザイン性。ファッショナブルな装いは、スウェットにデニムパンツなどのカジュアルなスタイルから、セットアップのトラディショナルなコーデまで、合わせるスタイルを選ばない。確固たる定番アウターとしての地位を築いている。

『バブアー』の魅力3:いつもの着こなしにすんなりハマる

WEARWEAR

お気に入り追加

定番モデルのビデイルをカジュアルに着こなした。ジージャンのレイヤードで新鮮さを醸し出し、『オールデン』のシューズで上品さも加味。ぜひお手本にしてほしい着こなしだ。

『バブアー』の魅力3:いつもの着こなしにすんなりハマる 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ハンティング仕様のビューフォートを、こなれた風合いを感じさせるラフなスタイルに落とし込んだ。使い込まれたバブアーだからこそ、生地から感じる渋い表情がいい。

『バブアー』の魅力3:いつもの着こなしにすんなりハマる 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ニットにスラックスパンツを合わせた大人スタイルに、落ち着いた佇まいのバブアーがなじんでいる。裏地のカモフラージュ柄が着こなしのいいアクセントに。足元の抜け感も◎。

『バブアー』の魅力3:いつもの着こなしにすんなりハマる 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ネイビーカラーのビデイルが目を引くクールなスタイル。全身の色味を統一しつつ、インナーにラフなホワイトのスウェットをINしたことで、メリハリが効いたコーデに。

『バブアー』の魅力3:いつもの着こなしにすんなりハマる 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

トップスの定番レイヤードにスウェットパンツでスパイスを効かせた都会的な装い。ウインドウペン柄で落とし込まれた『バブアー』が、さり気なくも存在感を漂わせている。

『バブアー』の魅力4:安定人気を誇る定番モデルが揃う

いつでも購入することができて、失敗がない。そんな定番アイテムが揃うのも『バブアー』の魅力。『バブアー』を購入するのが初めての人はまず、この3モデルからチェックすることをおすすめする。

定番モデル1ビデイル

ビデイル

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドを象徴するビデイルは、乗馬用に開発されたロングセラーのオイルドジャケット。ラグランスリーブをはじめ、サイドベンツやハンドウォーマー、袖口のリブ仕様などのディテールがポイント。コーデュロイ素材を採用した襟の切り替えデザインも魅力的だ。

英国ブランドバブアーの顔、ビデイルを持っているか

英国ブランドバブアーの顔、ビデイルを持っているか

一生モノに出会う30代。人生の節目に手に入れる1着として、英国のロイヤルワラントブランド『バブアー』のビデイルを候補に入れておきたい。

編集ムタガミ

定番モデル2ビューフォート

ビューフォート

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ハンティング用として開発されたビューフォートも、『バブアー』を代表するオイルドジャケット。2つの大きなポケットが特徴的で、ゲームポケットと呼ばれる。これはハンティングで得た獲物を入れるため、サイズが大きく作られている。

定番モデル3ボーダー

ボーダー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ロング丈が特徴のフィールドジャケット。ビデイルやビューフィートに負けず劣らず人気の定番モデル。着丈は膝上まであるため、突然の雨でも体を水から守ってくれるアウターとしても最適。こちらの商品は現代的なフィッティングをもたせたSLシリーズのもの。

『バブアー』の魅力5:ひと味違う別注モデルも展開

ファッション感度の高いセレクトショップとの別注作は、オリジナルにはないトレンドが散りばめられたエクスクルーシブなアイテム。まわりと差をつけたい時はもちろん、少し個性を出したい人にはこちらの3点がおすすめ。

別注モデル1『アーバンリサーチドアーズ』 別注

『アーバンリサーチドアーズ』 別注

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アーバンリサーチドアーズとのコラボアイテムは、今では廃盤になっているモデルを採用し復刻。ビデイルをベースに、短めの丈感、ポケットのマチをなくし、スタイリッシュな印象に仕上げた。高い防風性と防水性を保ちながら、使い勝手の良さも実現された一着。

別注モデル2『ビームス』別注

『ビームス』別注

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アイルランドメイドの『モロイ&サンズ』ファブリックを使用した、『ビームス』別注のトリプルコラボアイテム。ドネガルヘリンボーンツイードらしさが漂う、カラーネップ入りの素材がヘリテージ感に拍車をかける。クラシカルな印象に仕上がった一着。

別注モデル3『シップス』別注

『シップス』別注

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

現代性を持たせたSLシリーズのビューフォートに、クラシカルなウインドウペン柄を溶け込ませた『シップス』との別注品。フロントジップをゴールドではなくシルバーをチョイスしたことで、より都会的で洗練された逸品へと昇華された。

バブアーの次なる1着。コート丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

バブアーの次なる1着。コート丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

「ビデイル」を筆頭に、名作揃いの『バブアー』。その中でも今の気分を反映するなら、ロング丈の「ボーダー」か、ショート丈の「スペイ」が狙い目です!

平 格彦

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人の着こなしは“紺ジャケ”より“紺ブレ”でメイク

    大人の着こなしは“紺ジャケ”より“紺ブレ”でメイク

    大人のジャケットスタイルの基本は“紺ジャケ”ですが、今年はよりトラディショナルな気分の“紺ブレ”がおすすめです。ジャケットとブレザーの違いも含め解説しましょう。

    池田 やすゆき

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

    使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

    Tシャツ1枚は少し早いけど、上着を着るほど寒くもない……。気温が曖昧な時期にさらりと羽織れるカーディガンは必携です。人気ブランドを、しっかり把握しておきましょう。

    山崎 サトシ

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK