バブアーの人気4定番を攻略! コーディネート術をファッショニスタに学んでみよう

バブアーの人気4定番を攻略! コーディネート術をファッショニスタに学んでみよう

冬の街を席巻している『バブアー』。ですが、周囲とコーデがカブるとおしゃれの楽しさも半減します。そうならないよう自分なりの装いを楽しむヒントをご紹介しましょう。

2022.11.21
SHARE
記事をお気に入り
遠藤 匠

執筆者

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。 記事一覧を見る
...続きを読む

大人気ブランドゆえに。『バブアー』のコーデ術を学んで“カブり”を防止

大人気ブランドゆえに。『バブアー』のコーデ術を学んで“カブり”を防止

WEAR

WEAR

お気に入り追加

例年通り、今年の冬も『バブアー』のジャケット&コートが街に溢れそうな予感。そうなると必然的に、周りとコーデがカブる確率が高まることが予想されます。とりわけ人気の高いモデルともなれば、“だだカブり注意報”の発令対象。そこで本記事では、自分流のアレンジを加えるためのお手本として洒落者たちの着こなしをチェック。特に人気のある4モデルの持ち味を理解したうえで、それをありきたりに見せない装いに落とし込むことが肝要です。そのヒントが『バブアー』巧者な大人たちの装いに散りばめられているので、ぜひ参考にしてみてください!

紳士のマストハブ。バブアーの歴史から名品までそのすべてを読み解く

ウェア・コーデ

紳士のマストハブ。バブアーの歴史から名品までそのすべてを読み解く

英国で誕生し、紳士の必須ブランドとして長きにわたって愛されている『バブアー』。その変わらぬ人気の秘密を、その歴史と名品の数々から読み解いていきます。

髙須賀 哲

2021.10.11

『バブアー』の代名詞。「ビデイル」のコーデ“基礎”と“変化球”

『バブアー』の代名詞。「ビデイル」のコーデ“基礎”と“変化球”

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

これで『バブアー』デビューする人も多い、1番人気のモデルといえば「ビデイル」。サイドベンツや袖口内部のアジャスターといった古き良き乗馬コートの意匠を継承しつつ、テーラードジャケットの裾がちょうど隠れる着丈を採用しているのが特徴です。なお、現在では細身のシルエットをお好みの方用に「ビデイルSL」も用意。理想のシルエットによって使い分けましょう。

「ビデイル」のコーデ1

ジャケット代わりに羽織って、クラシカルかつ新鮮に

ジャケット代わりに羽織って、クラシカルかつ新鮮に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

前述のように「ビデイル」はジャケット映えする着丈で、「ビデイルSL」を選べばシルエットもすっきりして見えます。なので、ジャケットの上にオーバーコートとして羽織ると見栄えします。ただ、その方法論は正攻法。なので、周りとカブるのも必然といえます。その点、こちらのコーデのようにジャケット代わりに羽織ってしまえばそれだけでグッと新鮮な印象に。ジャストサイズならスラックスとの相性も良く、タイドアップの装いにおけるハズしとしても有効です。

「ビデイル」のコーデ2

ワイドパンツの脱力感を抑えてシックなカジュアルに

ワイドパンツの脱力感を抑えてシックなカジュアルに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「ビデイルSL」の縦にストンと落ちるすっきりシルエットは、ルーズな印象に傾きがちなワイドパンツの引き締め役にもうってつけ。ゆったりとした下半身のシルエットに対し、腰から上をシュッとした印象に持っていけるので、大人らしいカジュアルに仕上がります。仕上げにボーダー柄のカットソーで爽やかさを足せばオイルドクロスの重さも払拭でき、周囲とひと味違うスタイルを印象付けられます。

「ビデイル」のコーデ3

ミニマル服を合わせて、都会的なスタイルに変換

ミニマル服を合わせて、都会的なスタイルに変換

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「ビデイル」自体が普遍的なデザインゆえに、王道感のあるトラッドアイテムを合わせてしまいがち。そこを逆手にとって、『コモリ』のシャツやパンツのようにミニマルな服を合わせたのがこちらの装い。この方法論も、カブりを回避するという意味では効果的でしょう。「ビデイル」の流行に左右されないデザインは都会的な服にもスッと馴染み、どこか上級者感のある大人カジュアルを演出できます。

英国ブランド・バブアーの顔、ビデイルを持っているか

ウェア・コーデ

英国ブランド・バブアーの顔、ビデイルを持っているか

一生モノに出会う30代。人生の節目に手に入れる1着として、英国のロイヤルワラントブランド『バブアー』のビデイルを候補に入れておきたい。

牟田神 佑介

2022.10.05

ちょっと長い、がかなり効く。「ビューフォート」のコーデサンプル

ちょっと長い、がかなり効く。「ビューフォート」のコーデサンプル

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

「ビデイル」と見分けがつかないという声も聞く「ビューフォート」ですが、似て非なるものなのでお間違いなく。実は印象がかなり違います。最大の違いは、「ビデイル」よりも10cmほど長い着丈。また、袖口にリブがないので印象としてはグッとスマートに見えます。レングスの長さによってカジュアル感も緩和されるので、よりクラシカルな雰囲気に振った着こなしを楽しめます。

「ビューフォート」のコーデ1

ブリティッシュトラッドの基本を抑えつつ、抜け感を加味

ブリティッシュトラッドの基本を抑えつつ、抜け感を加味

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ヒップまで隠れる「ビューフォート」の丈感が本領を発揮するのは、やっぱりテーラードスタイル。ダブルブレストジャケットの重厚感もしっかりと受け止め、ブリティッシュテイストを味方につけた装いを楽しめます。スラックスはテーパード系を選び、レングスを短めに設定することで抜け感をプラス。こうすることで、現代的なバランスの英国スタイルに仕上がります。

「ビューフォート」のコーデ2

ワイドパンツとの合わせは、裾のクッションで個性出し

ワイドパンツとの合わせは、裾のクッションで個性出し

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「ビューフォート」の長めの着丈は、もちろんワイドパンツとも相性抜群。パンツのレングスはジャストでも悪くはないのですが、このコーデのようにあえて裾周りにクッションを作ってあげることでさりげない個性を加味できます。ニットやパンツの柄にクラシックな味を加えるとオイルドジャケットにも自然と馴染み、コーデ全体にまとまりが生まれます。

「ビューフォート」のコーデ3

あえて爽やかな雰囲気に振ると、より印象的な装いに

あえて爽やかな雰囲気に振ると、より印象的な装いに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

あえて英国テイストに振らない変化球的コーデの良きお手本がこちら。テクニックとしてはいたって簡単で、白パンツとの合わせで爽やかさを加えるだけ。パンツを細身にすることで、「ビューフォート」特有の丈感やボリューム感が際立ち、メリハリのあるシルエットを作れます。マフラーもボリューム感の出る巻き方にしてあげると、上半身と下半身のコントラストが強調されて洒脱な印象に。

“大人バブアー”に適役。ビューフォートは紳士のためのミドル丈

ウェア・コーデ

“大人バブアー”に適役。ビューフォートは紳士のためのミドル丈

英国の雄『バブアー』といえば「ビデイル」が大定番。しかしビジネスシーンにおける使用を考慮するなら、やや着丈の長い「ビューフォート」も知っておくべき存在でしょう。

山崎 サトシ

2022.11.04

『バブアー』の新顔コートといえば。ロング丈の「ニューバーレー」はこう着こなす

『バブアー』の新顔コートといえば。ロング丈の「ニューバーレー」はこう着こなす

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

乗馬用コートの着丈を長めに設計した新定番として、今季各ショップにお目見えしているのがこの「ニューバーレー」。膝がすっぽり隠れるロングコートで、たっぷりとしたフォルムとセンターベントが特徴的な意匠になっています。ショップによって生地違いのモデルも展開していますが、どれも旬なシルエットを簡単に獲得できるモノばかり。ここまで着丈が長いとどんなパンツのシルエットも許容してくれるので、あらゆる着こなしに落ち着きをもたらしてくれます。

「ニューバーレー」のコーデ1

長丈の重厚感を味方につけつつ、肩の力の抜けた装いに

長丈の重厚感を味方につけつつ、肩の力の抜けた装いに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ロングコート特有の重厚感を持ち味とするがゆえに、スーツ映えするのは言わずもがな。タイドアップと相性の良さはもちろん抜群ですが、カブりを回避するという意味では、このコーデのようにタートルニット合わせのビズカジスタイルで変化をつけるのが有効打に。ドレスシューズではなく、あえての白スニーカーでカジュアルを加味する技もぜひお手本に。

「ニューバーレー」のコーデ2

シャツにバサッと羽織るだけで、サマになる

シャツにバサッと羽織るだけで、サマになる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

あれこれ難しいこと考えなくてもコーデが決まるというのも、この長丈コートの強み。ご覧のようにシンプルなシャツにバサッと羽織るだけで、絵になるオフィスカジュアルスタイルに落とし込めます。『バブアー』以外をオイルドクロスに馴染むモノトーンにしておけば、足元はスニーカーでも違和感なく溶け込み、存在感のある佇まいが完成します。

「ニューバーレー」のコーデ3

カジュアル色の強いニットスタイルにも、品格が宿る

カジュアル色の強いニットスタイルにも、品格が宿る

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミリタリー見えするカーキのワイドパンツに、ニットと白インナーのレイヤード。秋冬のメンズスタイルの王道ともいえるセットですが、そこに1着「ニューバーレー」を羽織るだけでグッとクラシカルな装いへと昇華されます。ポイントは、ネックと裾に程良く見える白の分量。特に首元がグッと詰まった白インナーの功績は大きく、カジュアルながらこなれた大人の空気を醸し出しています。

人気急上昇中。超短丈の『バブアー』、「スペイ」を洒落者が着てみたら

人気急上昇中。超短丈の『バブアー』、「スペイ」を洒落者が着てみたら

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

変化球として目下赤丸急上昇中なのが、こちらの「スペイ」です。アーカイブに保存されていたフライフィッシング用ジャケットがベースになっているということで、『バブアー』では最短のショート丈シルエットが特徴。それでいて身幅やアームにゆとりを持たせたバランスが時代感にマッチしているのが人気の理由でしょう。着丈の短さから合わせるインナーを選びますが、うまくハマるとレイヤード巧者な着こなしを演出できます。

「スペイ」のコーデ1

裾からのちょい見せで、レイヤード上手なスタイルに

裾からのちょい見せで、レイヤード上手なスタイルに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

短い着丈を逆手にとって、ロング丈のロン白Tを裾からちょい見せしたのがこちらのコーデ。パンツのシルエットをすっきりとまとめ、配色をモノトーンでまとめているので決してルーズな印象に傾かず、こなれた印象のスタイルに落とし込めています。ちょっと遊びが欲しいときは、写真のようにハットで色を足すくらいに留めておくのが好バランスです。

「スペイ」のコーデ2

インナーの二重奏で、重ね着上手な装いに

インナーの二重奏で、重ね着上手な装いに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「スペイ」の短丈からのシャツ裾見せは一見難しく感じますが、その下に着た同系色のアイテムと一緒にちら見せすることでバランスの良いレイヤードを演出できます。シャツは襟なしのノーカラーを選びつつ、アウターの袖口から裏地のブリティッシュチェックを見せるといった見どころの演出も、周りとの違いを出すうえで効果的。パンツのシルエットは、ワイド系が自然と馴染むようです。

「スペイ」のコーデ3

奇をてらわず“普通”に着こなすのが、逆に新鮮かも

奇をてらわず“普通”に着こなすのが、逆に新鮮かも

WEAR

WEAR

お気に入り追加

実は、短丈ブルゾン感覚で気楽に着られるというのも「スペイ」の良いところ。難しい技を駆使しなくても、この写真のようにジーンズにニットといういつもの着こなしにパッと羽織るだけで雰囲気のあるカジュアルコーデが完成します。ジャストサイズで着ればニットの裾も出過ぎず、ちょうど良いバランスに。こういう自然体のコーデこそが、1番おしゃれに見える……、というのもあながち間違っていないかもしれません。

バブアーの次なる1着。ひざ上丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

ウェア・コーデ

バブアーの次なる1着。ひざ上丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

「ビデイル」を筆頭に、名作揃いの『バブアー』。その中でも今の気分を反映するなら、ロング丈の「ボーダー」か、ショート丈の「スペイ」が狙い目です!

平 格彦

2022.10.21

大人のハンティングジャケット考察。アウトドアをクラシックに着こなそう

ウェア・コーデ

大人のハンティングジャケット考察。アウトドアをクラシックに着こなそう

引き続き人気のアウトドア系アウターですが、大人っぽさを優先するならハンティングジャケットがおすすめ。クラシックな雰囲気が落ち着いたムード作りに重宝します。

平 格彦

2021.10.01

短丈で小粋に。バブアーのトランスポートに熱視線

ウェア・コーデ

短丈で小粋に。バブアーのトランスポートに熱視線

英国生まれの永世定番ブランド『バブアー』。「ビデイル」や「ビューフォート」が有名ですが、今っぽく装うなら昨今復刻された「トランスポート」こそが筆頭候補でしょう!

押条 良太

2022.11.10

今買えるノンオイルのバブアー15着。ワックスなしでさらっと着たいのだ

ウェア・コーデ

今買えるノンオイルのバブアー15着。ワックスなしでさらっと着たいのだ

英国生まれの永世定番アウター『バブアー』。武骨なワックスドコットンが代名詞ですが、今買うなら、着心地もお手入れも楽ちんな“ノンオイル”のモデルが気分です。

押条 良太

2022.02.06

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP