日本製メガネの聖地。鯖江のモノ作りが息づくブランド12選

日本製メガネの聖地。鯖江のモノ作りが息づくブランド12選

福井県・鯖江市といえば、言わずと知れた国産メガネの聖地。MADE IN JAPANの矜持を宿した鯖江生まれのアイウェアは、本物を知る大人男子にこそよく似合います。

2022.06.03
SHARE
記事をお気に入り
山崎 サトシ

執筆者

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物! 記事一覧を見る
...続きを読む

メガネ生産の聖地・鯖江。その歴史とは

メガネ生産の聖地・鯖江。その歴史とは

福井県鯖江市

福井県鯖江市

お気に入り追加

日本国内のメガネ生産において9割以上のシェアを誇る福井県・鯖江市。“メガネの聖地”とも呼ばれるこのエリアでアイウェアの生産が始まったのは、1905年のことでした。実業家の増永五左衛門氏が農閑期の副業として、少ない初期投資で収入が見込めるメガネ作りに着目したことが始まりとされています。以降、“帳場”と呼ばれる職人グループごとにメガネが作られ、互いに切磋琢磨しながら技を磨いたそう。その後、第二次世界大戦が終戦を迎えるとメガネの需要は大幅に拡大し、一大産業へと発展を遂げることになります。

確かな技術力と丁寧なモノ作り。鯖江で作られるメガネの魅力

確かな技術力と丁寧なモノ作り。鯖江で作られるメガネの魅力

メガネ&サングラス REI-GLASSES

メガネ&サングラス REI-GLASSES

お気に入り追加

鯖江といえばその高い技術力で名を馳せています。1983年になると、世界で初めて金属アレルギーが起こりにくいチタン製メガネを開発・生産。これを大きなきっかけとして、日本のみならず世界的にもメガネの産地としての地位を築き上げていくこととなります。ちなみに現在、鯖江が誇るハイレベルなチタン加工の技術は、医療や電子機器などの分野にも応用。メガネ作りで培ったノウハウは、幅広いフィールドへと広がっています。

確かな技術力と丁寧なモノ作り。鯖江で作られるメガネの魅力 2枚目の画像

福井県鯖江市

福井県鯖江市

お気に入り追加

鯖江産のメガネは、多いものになると200以上もの作業工程を経て作り上げられています。生産は工程ごとの専門職人たちによる分業制を採用。各分業の中で厳しい品質管理を行うことにより、良質なアイウェアを生み出しているんです。また、多くの工程において職人によるハンドワークを取り入れているのも鯖江メガネの特徴。生産の機械化が当たり前になった現代ですが、品質の高いメガネを作るためには“人の手”が欠かせないんです。

まずはこちらをチェック。鯖江のメガネを代表する2ブランド

鯖江の歴史や背景を知ったところで、鯖江メイドを象徴する二大メガネブランドをご紹介。どちらもデザインと機能を両立した、高品質なアイウェアを発信しています。メガネ初心者のファーストモデルとしてもおすすめ。

▼代表的ブランド1:『金子眼鏡』

メガネの生産~販売までを一手に行う『金子眼鏡』は、1958年にメガネの卸商としてその歩みをスタート。その後オリジナルブランドの生産に着手し、現在はアイウェア業界のトレンドリーダーとして確固たる地位を築き上げています。また、ファッションブランドとのコラボレーションにも積極的。以下で紹介しているモデルを筆頭に、有名ブランドとの共作を数多く展開中です。

アイテム1

『ユナイテッドアローズ』別注 James

『ユナイテッドアローズ』別注 James

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

毎年定番となっている『ユナイテッドアローズ』とのコラボラインより。細身のメタルフレームを駆使したこちらの一本は、ミニマルなルックスでビジネス・カジュアルとシーンをまたいで活躍してくれます。先セルとフレームを一体化させることで、よりスマートなイメージを強めているのも印象的。

アイテム2

『レアセル』別注 Keyhole Bridge Leaf Glasses

『レアセル』別注 Keyhole Bridge Leaf Glasses

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

人気ドメスティックブランド『レアセル』との協業。デザイナー私物のアンティークウェリントンをベースとして、現代的なデザインアレンジを施しています。太めのフレームやキーホールブリッジなど存在感あるディテールが散見され、コーデアクセントには最適。レンズ横に配された、木の葉型の飾りピンも特徴的な意匠です。

アイテム3

『サンディニスタ』別注 Clever Glasses

『サンディニスタ』別注 Clever Glasses

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

カナダ×東京のグローバルブランド『サンディニスタ』とのジョイントワークは、大胆なツートーン仕様でインパクト抜群! そして、素材に古き良き時代を彷彿とさせるセルロイドを使用しているのもこだわりです。同素材は風合いの良さに加えて変形・縮みが少ないのも魅力で、快適な掛け心地が長く持続します。なお、レンズはUVプロテクト仕様となっており、紫外線を99.9%カット。

金子眼鏡の魅力とは? 日本の意匠を楽しめるアイウェアをピックアップ

バッグ・ファッション小物

金子眼鏡の魅力とは? 日本の意匠を楽しめるアイウェアをピックアップ

ファッションとしてのアイウェアの価値を高め、日本のモノ作りのクオリティを世界へ知らしめたと言っても過言ではない『金子眼鏡』。ここでは今一度その魅力に迫りたい。

菊地 亮

2020.07.14

▼代表的ブランド2:『アイヴァン』

“着る眼鏡”をコンセプトとして、1972年に誕生した日本初のファッションアイウェアブランドが『アイヴァン』です。1985年には米国のアイウェアショップ『オリバーピープルズ』の目に留まったことをきっかけに、アメリカでの展開をスタート。この出来事は、国産メガネが世界に広がる大きな一助となりました。後にブランドは一度休止しますが、2018年に再始動。鯖江メガネならではの品質とハイセンスなデザインを融合した逸品は、今またファッションシーンで大きな支持を集めています。

アイテム1

ダニー

ダニー

GlassGallery Is

GlassGallery Is

お気に入り追加

クラシックなニュアンスを漂わせる今作は、ミッドセンチュリーの家具パーツからヒントを得て開発。幅1.5mmのスリムなヨロイパーツに0.9mm径の超小型カシメピンなど、鯖江メイドならではの繊細なディテールが目を引きます。素材はセル×メタルのコンビネーション仕様で、テンプルにチタンが使われているため掛け心地は実に軽やか。

アイテム2

フリード

フリード

GlassGallery Is

GlassGallery Is

お気に入り追加

厚さ0.7mmの極薄リムが印象深いチタンフレームモデル。掛けているのを忘れるかのような、コンフォータブルな着用感の一本です。クラウンパント型をアレンジしたフロントシェイプや、1920年代のメタルフレームを着想源としたブリッジ&ヨロイなど、センスの光るデザインアプローチでも大人を魅了。

アイテム3

ローウィー

ローウィー

メガネ&サングラス REI-GLASSES

メガネ&サングラス REI-GLASSES

お気に入り追加

ボストンとオーバルの中間のようなシルエットで、雰囲気は実にオーセンティック。マーブル模様のアセテート生地もレトロな印象をアシストします。その一方、リムを極限まで細くすることで今っぽいムードも獲得。モダンクラシックを体現した洒脱なアイウェアは、掛けるだけでスタイリングのセンスアップを約束してくれます。

他にも名品揃いの鯖江メガネ。まだあるおすすめ10ブランドをチェック

上でご紹介した二大ブランド以外にも、鯖江メイドを貫くマジメなブランドは数多く存在しています。ここではファッションシーンで支持を集める注目の鯖江産ブランドを一挙にレコメンド。どのブランドも、大人の良きライフスタイルパートナーとなってくれるはずです。

ブランド1

『イエローズプラス』ケント

『イエローズプラス』ケント

GlassGallery Is

GlassGallery Is

お気に入り追加

2001年に山岸稔明氏によって設立されたブランドで、時代を問わない普遍的な美しさを備えたアイウェアを展開。また、職人の手仕事から生まれた証しとして、すべての製品に“hand finish”という表記がされています。ご紹介の一本は、ココらしいクラシカルなサーモントタイプ。テンプルには程良いボリュームがあり、顔周りにアクセントを生み出してくれます。チタン製のノーズパッドを用いるなど、細部への注力も流石の一言。

ブランド2

『増永眼鏡』ベイシー

『増永眼鏡』ベイシー

デコリンメガネ

デコリンメガネ

お気に入り追加

厳密には福井市が本拠地ですが、福井県のメガネ産業を興した増永五左衛門氏創業の『増永眼鏡』からもピックアップ。世界トップクラスの技術力を誇り、素材開発から最終仕上げまでの一貫生産にこだわり続けています。こちらの「ベイシー」は軽くて丈夫なチタンフレーム製。ブローラインにはアンティークゴールドカラーのチタンを重ね、さりげなくメリハリのあるデザインを構築しています。

ブランド3

『ボストンクラブ』スチュアート

『ボストンクラブ』スチュアート

メガネ・サングラスのThat’s

メガネ・サングラスのThat’s

お気に入り追加

ブランド自体は2013年に始動した『ボストンクラブ』ですが、メガネメーカーとしてのボストンクラブ社は1984年に誕生。腕利きのメガネ工房として、これまでに多くのOEM生産を手掛けてきました。そんな背景を持つ同ブランドは、1980年代の金型・図面を基盤に現代的要素も融合した新しい“ジャパニーズ・トラディショナル”を提唱しています。今回ピックアップしたのは、肉厚感あるラウンドシェイプモデル「スチュアート」。曲線的にデザインされたテンプルも特徴的で、横顔でも個性をアピールできます。

ブランド4

『ジャポニズム』JN-669

『ジャポニズム』JN-669

GlassGallery Is

GlassGallery Is

お気に入り追加

こちらもボストンクラブ社が手掛けるブランドで、1996年に国内最大級の展示会「IOFT」にて発表されました。シンプルなのに存在感もあるデザインが人気で、幅広い層から支持を獲得しています。写真のチタンモデル「JN-669」は鯖江が誇る最高峰のチタン加工技術を駆使して仕立てられたアイテム。リムの太さに抑揚をつけ、立体的に仕上げているのが見どころです。そしてひとたび掛ければ、その軽さに驚くはず!

ブランド5

『クレイトンフランクリン』CF606

『クレイトンフランクリン』CF606

デコリンメガネ

デコリンメガネ

お気に入り追加

1999年に始動した『クレイトンフランクリン』は、米国や欧州でも愛用者が多いジャパンブランド。そのデザインは、主に1930年代の英国ファッションがイメージソースとなっています。この「CF606」はメタルフレームの内側にセル枠を配したインナーセル仕様が特徴で、着こなしのこなれたアクセントに。すらっと細身のフォルムですから、ビジネスコーデにもマッチしてくれます。

ブランド6

『泰八郎謹製』プレミア9

『泰八郎謹製』プレミア9

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

50年以上のキャリアを持つ鯖江きってのメガネ職人・山本泰八郎氏が製作を手掛けるブランド。素材には昔ながらのセルロイドを使用し、テンプルに金属芯を使用しない伝統的な“ノー芯製法”によって一つひとつ丁寧に生産しています。この「プレミア9」はヴィンテージを思わせるややボリューミーなフォルムが持ち味。また、剣をモチーフとしたシルバー925のカシメ飾りが絶妙なスパイスとなっています。

ブランド7

『バディオプティカル』エイス

『バディオプティカル』エイス

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

2011年に大阪でスタートしたブランドですが、ラインアップするメガネは創設以来すべて鯖江メイド。ちなみにそのブランドネームは“メガネが気心の知れた仲間や相棒(=バディ)のような存在になるように”との思いから名付けられています。上のボストンメガネ「エイス」は1990年代をイメージして作られたアイテムで、程良く大ぶりのサイズ感×細身のラインで巧妙に抜け感を演出。チタンならではの快適性もストロングポイントです。

ブランド8

『BJクラシックコレクション』ジャズ

『BJクラシックコレクション』ジャズ

メガネ・サングラスのThat’s

メガネ・サングラスのThat’s

お気に入り追加

鯖江のハイレベルな製造技術と、アメリカン・クラシックなデザインを巧みに融合するブランドが『BJクラシックコレクション』。2004年に設立され、現在もシーンで絶大な支持を獲得しています。そして同ブランドの中でもとりわけ大人に人気なのが、過去の名品を復刻したシリーズ「リバイバルエディション」。その一角である「ジャズ」は1950年代に多くのジャズメンに愛されたモデルを再現したもので、当時と同じくセルロイド素材を使用しています。

ブランド9

『ブラン』B0006-V1 CLEAR

『ブラン』B0006-V1 CLEAR

Deepinsideinc.Store

Deepinsideinc.Store

お気に入り追加

福井県出身の渡辺利幸氏が2012年に立ち上げた『ブラン』のアイウェアは、鯖江産らしい心地良いフィット感とコンテンポラリーなデザインが持ち味。2022年4月に初の直営店「LHITE」を東京・原宿にオープンするなど、今非常に勢いのあるブランドでもあります。ピックアップした一本は、チタンリムとアセテートリムを組み合わせたコンビ仕様。王道のウェリントンメガネに、素材使いの妙で鮮度を与えています。メタルに施されたミル打ち、リム側面に入ったラインなど、細部のあしらいも実にハイセンス!

ブランド10

『アイヴォル』ベック

『アイヴォル』ベック

メガネ&サングラス REI-GLASSES

メガネ&サングラス REI-GLASSES

お気に入り追加

『アイヴァン』のデザインチームによって2017年に発表された『アイヴォル』。クラシックモダンテイストな洗練デザインと、日本人の顔型にジャストフィットする機能的なフレーム設計を十八番としています。その中でも人気モデルとして君臨するのが、スクエアシェイプの「ベック」。レンズの天地幅を抑えたスタンダードなデザインで、あらゆるシーンに順応します。TPE素材の可変式ノーズパッドを採用することによって、ズレにくく仕上げられているのもカギ。

メガネ×コーデのグッドサンプル。手軽におしゃれを叶える方法、教えます

バッグ・ファッション小物

メガネ×コーデのグッドサンプル。手軽におしゃれを叶える方法、教えます

着こなしのおしゃれ度アップに有効なアイテムであるメガネ。自分の顔型にはどんなデザインが似合っておしゃれに見えるのか。おすすめのコーデ例とともにご紹介します。

近間 恭子

2021.07.06

自分に似合うおしゃれなメガネの選び方と“買い”の12本

バッグ・ファッション小物

自分に似合うおしゃれなメガネの選び方と“買い”の12本

近年、ファッションと密接にリンクしたおしゃれなメガネが続々と登場しています。メガネを選ぶポイントと、押さえておきたいおしゃれな人気ブランドを紹介します。

山崎 サトシ

2022.05.09

メガネの人気ブランド13選。大人好みのアイウェアを選りすぐり

バッグ・ファッション小物

メガネの人気ブランド13選。大人好みのアイウェアを選りすぐり

道具としての用途以上に、ファッション小物として存在感を強めるメガネ。数多のブランドがひしめきあう中、大人が手にするうえでふさわしい1本を改めて考えてみたい。

菊地 亮

2022.02.22

この記事の掲載アイテム一覧(全16商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『金子眼鏡』×『ユナイテッドアローズ』別注 James
    『金子眼鏡』×『ユナイテッドアローズ』 別注 James
  • 『金子眼鏡』×『レアセル』別注 Keyhole Bridge Leaf Glasses
    『金子眼鏡』×『レアセル』 別注 Keyhole Bridge Leaf Glasses
  • 『金子眼鏡』×『サンディニスタ』別注 Clever Glasses
    『金子眼鏡』×『サンディニスタ』 別注 Clever Glasses
  • 『アイヴァン』ダニー
    『アイヴァン』 ダニー
  • 『アイヴァン』フリード
    『アイヴァン』 フリード
  • 『アイヴァン』ローウィー
    『アイヴァン』 ローウィー
  • 『イエローズプラス』ケント
    『イエローズプラス』 ケント
  • 『増永眼鏡』ベイシー
    『増永眼鏡』 ベイシー
  • 『ボストンクラブ』スチュアート
    『ボストンクラブ』 スチュアート
  • 『ジャポニズム』JN-669
    『ジャポニズム』 JN-669
  • 『クレイトンフランクリン』CF606
    『クレイトンフランクリン』 CF606
  • 『泰八郎謹製』プレミア9
    『泰八郎謹製』 プレミア9
  • 『バディオプティカル』エイス
    『バディオプティカル』 エイス
  • 『BJクラシックコレクション』ジャズ
    『BJクラシックコレクション』 ジャズ
  • 『ブラン』B0006-V1 CLEAR
    『ブラン』 B0006-V1 CLEAR
  • 『アイヴォル』ベック
    『アイヴォル』 ベック

掲載アイテムをもっと見る(4商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

日本の男にはアテッサがある。節目を迎えた名門が提案する、スタイルに効く腕時計

『アテッサ』は35年にわたり、独自のテクノロジーで時代のニーズに応え続けてきた。究極の実用時計は、日本の男たちの腕元に“スタイル”という恩恵をもたらしてくれる。

SPONSORED by シチズン時計株式会社

続きを読む

時刻を知る以上の価値を問いかける、ラドー。最先端素材で追求し続ける腕時計の“美”

腕時計に時刻を知る道具以上の価値を求めるなら、『ラドー』はいかがだろう? 独自のテクノロジーが生み出すデザインは、普遍的な“モノとしての美しさ”を教えてくれる。

SPONSORED by ラドー

続きを読む

あのGA-2100シリーズがさらなる進化。ファッションのプロたちは話題のGショックをどう見るか?

『Gショック』のニュースタンダードとして誕生し、瞬く間に人気モデルとなった「GA-2100」がこの春、さらに進化。その出来栄えをファッションのプロはどう評価するのか?

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

ポール・スミスと考える“腕時計とシャツ”の相性学。初夏コーデに映えるのはこんな4本

好デザインを誇る『ポール・スミス』の腕時計は、この夏人気再燃中のシャツコーデを格上げする最良の一手に。着こなしの魅力をより引き立てる、珠玉の4本をご紹介します!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP