冬のジャケパンは、ツイードジャケットで着こなそう!

冬のジャケパンは、ツイードジャケットで着こなそう!

寒冷地であるイギリス発祥のツイードは、今の時期にうってつけの生地。今の時期にピッタリな温かみのあるジャケパンを目指すなら、ツイード仕立てのジャケットがおすすめ!

編集イトウ

2015.11.26

ハリスツイード(HARRIS TWEED)
アウター
ジャケット
ジャケパン
テーラードジャケット

そもそもツイードとは

ツイードはイギリスのスコットランド特産の織物で、もともとは手紡ぎの紡毛糸を、経糸・緯糸を二本以上引きそろえて綾織した生地のことを指しますが、現在はざっくりとした素材で味わいのある厚手の紡毛織物を総称していいます。産地や毛種などによってバラエティが多く、ジャケットやコート、ボトムスなどカントリー調の衣服などに用いられることが多いです。

ツイードの魅力とは

日本では『ハリスツイード』のものが高い知名度を誇りますが、アイルランドのドニゴルツイードなど、ほかにもたくさんの産地があります。これは日本でいうとコシヒカリやササニシキのような米作りに似て、地域性があり、これによって印象が異なるのもツイードならではの魅力といえます。

大人が真似たい! ツイードジャケットを用いたジャケパン3パターン

ここからはツイードジャケットを取り入れた着こなしを、大人におすすめしたい3パターンをご紹介。それぞれ誰もがワードローブに並ぶアイテムなので、簡単に挑戦できるハズ。

パターン1:ジーンズと合わせて大人の余裕が漂うジャケパンに

ジャケパンの定番、ジーンズとのコンビはツイードジャケットでも問題なし。むしろツイードの素材感が風合いのあるデニム生地と相まって、相性よくまとまります。難易度としても非常に簡単なので、まずはここから試してみてはいかがでしょう。

味わいのあるツイード生地のジャケットは、色落ちしたジーンズ相性抜群。きれいめ過ぎずカジュアル過ぎないバランス感が、大人のオフスタイルにピッタリです。

よりカジュアル感を出したいなら、インナーにネルシャツをチョイスして。さらにそのなかにはタートルネックカットソーを投入することでレイヤード感を高め、上級者の面持ちに昇華しています。

ノーブルな雰囲気漂う上級者向けのスタイリングは、裾からチラッと見える赤がほどよいスパイスとなっています。ジーンズは濃いめのカラーをチョイスすることで、色落ちにはないカチッと感ある着こなしにまとまりました。

インナーに色を持ってきて大胆な挿し色使いが印象的。グレー×レッド×ブルーの配色の割合がほぼ均等なので、ケンカせずちょうどよいバランスでまとまっています。

パターン2:季節感を強調するニットとのコンビスタイル

冬素材を代表するウールニットは、同じく冬素材のツイードとは言わずもがな相性抜群。組み合わることでこの上なく季節感を強調することができます。トレンドを重視するならタートルネック、着回しやすさを考慮するならシャツとの重ね着が楽しめるクルーネックタイプのニットを選びましょう。

『ハリスツイード』のジャケットをメインに、他アイテムをブラックに揃えてスタイリング。こうすることでクレイジーパターンのデザインが引き立ち、シンプルながらおもしろみのあるコーデに仕上がりました。

グレーカラーのツイードジャケットは、目を引く明るめカラーとも相性◎。ブルーカラーのタートルネックニットが地味になりがちな着こなしのアクセントとして活躍しています。

インナーのニットに加えてツイードジャケット、スラックスとトラッドベースのスタイリング。ここにニット帽やスリッポンを加えて着崩すことで、今日的な雰囲気にまとまります。

ツイードのセットアップスタイルには、着崩しの意を込めてクルーネックニットを選ぶのが正解。足元はスエードのシューズでカジュアル感を加速させ、タウンユースな着こなしに。

パターン3:ホワイトorブルーシャツと合わせて、品のよさを加速させて

こちらもジーンズ同様多くの人が持っていると思われるホワイト&ブルーカラーのシャツ。どちらのカラーもグレーが主となるツイードジャケットとは相思相愛の仲で、通常のジャケパンよりもドレッシー過ぎず、かといってラフでなく上品さを助長してくれます。

変化球デザインのクレイジーパターンジャケットは、シャツで品よくまとめつつサルエルデザインのパンツでユニークなスタイリングに。崩し過ぎないよう、小物は黒に統一して大人っぽく装って。

ツイードジャケット×インナーダウンのコンビは、保温性もスタイリング鮮度も抜群。タイドアップ&メガネを追加することでかっちり度が高まり、大人の装いに昇華しています。

セットアップコーデを程よくカジュアルダウンするなら、ワークシャツでさり気なく崩すのがおすすめ。こちらのコーデはシャンブレー生地のタイプで、グレーカラーのツイードとも相性よくまとまります。

日本を代表するドメスティックブランドで揃えたツイードスタイルは、そのまま取り入れるだけでサマになるのがうれしいところ。シャツのボタンをきちっと上まで留めて、品よく仕上げて。

ビジネスマンはもちろん、大人の着こなしバリエーションとして知っておきたいジャケパンスタイル。今回は冬のジャケパンに特化しましたが、以下記事も合わせてご覧下さい!

●ジャケパンの基本的な着こなし方を知りたいなら
→ジャケパン着こなし術2016:ビジネスから休日まで対応


●ネイビーブレザーで作るジャケパンスタイルをチェックするなら
→紺ブレで着こなす、大人のビジネス・カジュアル

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK