コインローファーはスタイル不問。カジュアルもきれいめも使えるメンズおすすめ15ブランド

コインローファーはスタイル不問。カジュアルもきれいめも使えるメンズおすすめ15ブランド

1960年代からメンズシーンの定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドをご紹介していきます。

2022.10.19
SHARE
記事をお気に入り
近間 恭子

執筆者

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。 記事一覧を見る
...続きを読む

ローファーの中でも代表的存在のコインローファー

ローファーの中でも代表的存在のコインローファー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ローファーの始まりには諸説ありますが、コインローファーにおいては1936年にジーエイチバス(G.H.BASS)社が発売した「ウィージャンズ」が原型とされています。サドル部分にダイヤモンド型の切れ込みが入っているのが特徴で、そこに1セント硬貨を差し込んだことでコインローファー(またの名をペニーローファー)と呼ばれています。

ローファーの中でも代表的存在のコインローファー 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

また、コインローファーには種類があり、それはサドルの縫い付け方で区別されています。両端が平面的に裁断されたモノを「フラットストラップ」、こちらのような両端をタコ糸でグルグル巻きに仕上げているモノを「ビーフロール」。前者はどこか知的で上品、後者はワイルドでカジュアルな印象を与えます。

コインローファーは、メンズファッションのカジュアルからきれいめまで汎用性が抜群!

コインローファーは、メンズファッションのカジュアルからきれいめまで汎用性が抜群!

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コインローファーはレザーシューズの中でもカジュアルな位置づけですが、汎用性においては優れています。きれいめからカジュアル、さらにはビジカジやジャケパンならビジネスにも対応。また、シンプルなデザインゆえ、ソックスとのスタイリングを楽しめるという利点も。なので、1足持っていると確実に重宝するのです。

コインローファーの汎用性を証明するべく、カジュアルときれいめのイチ押しコーデを紹介。スタイリングの参考にしてみては?

カジュアル:今どきに進化させたアイビースタイルの足元に

カジュアル:今どきに進化させたアイビースタイルの足元に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

1960年代に流行したアイビールックの足元に欠かせない存在だっただけに、コインローファーはチノパンとの相性が抜群。それを今っぽくアレンジするなら、こちらのコーデのようにやや太めのチノをセレクトするのがおすすめです。白ソックスとのスタイリングもお見事。

きれいめ:あえての素足履きでコーデに抜けとこなれを演出

きれいめ:あえての素足履きでコーデに抜けとこなれを演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

レザーシューズの中ではカジュアルな位置づけですが、ローファーはビジカジやジャケパンスタイルとも好相性。ドレスコードが許すなら、彼のように素足履きして着こなしに抜けをプラスしてもいいですね。紐靴に比べて、すっきりかつスマートに仕上がるのも利点。

男性におすすめの15ブランドを厳選。コインローファーを探すなら、ここからどうぞ!

ローファーにおける定番デザインだけに、コインローファーは多くのブランドから豊富に展開されています。ここでは信頼の置けるシューズブランドを中心に、おすすめの15足をピックアップ。

ブランド1

『ジーエイチバス』

『ジーエイチバス』

BETTER DAYS/ベターデイズ

BETTER DAYS/ベターデイズ

お気に入り追加

ローファーで有名な『ジーエイチバス』は、1876年にアメリカで創業した老舗。コインローファーの生みの親でもあります。ガラスレザーならではの艶のある風合いが特徴の「ローガン」も代表モデルの一つ。時を経ても色褪せない普遍的なデザインが魅力です。

これぞ名作!ローファーの元祖、ジーエイチバスをどう履きこなす?

スニーカー・シューズ

これぞ名作!ローファーの元祖、ジーエイチバスをどう履きこなす?

ジーンズにもジャケパンにもマッチする高い汎用性が魅力のローファー。そのオリジンとして名高い米国老舗ブランド『ジーエイチバス』の人気モデルと履き方を紹介します。

岡田 太

2022.08.17

ブランド2

『バーウィック』

『バーウィック』

Rakuten Fashion Men

Rakuten Fashion Men

お気に入り追加

靴作りで栄えるスペイン南東部の街アルマンサで1991年に誕生した『バーウィック』。グッドイヤーウェルテッド製法をメインにさまざまな製法駆使したシューズの数々は、ヨーロッパをはじめ世界中で高い評価を受けています。こちらは水や汚れの侵入を防いでくれるノルウィージャンウェルト製法を採用。雨や雪などの悪路でも気にせず履くことができます。

ブランド3

『パラブーツ』

『パラブーツ』

海外ブランド専門店 Brandol

海外ブランド専門店 Brandol

お気に入り追加

独自のゴム合成法を開発して特許を取得し、自社でラバーソールを製造する世界で唯一の靴ブランドでもある『パラブーツ』。ほかとは一線を画すボリューム感が印象的な「ランス」にもオリジナルソールが使われています。油分を多く含み、雨に強いリスレザーをアッパーに採用。

信頼できる名門ブランド。パラブーツの名作&人気モデル15選

スニーカー・シューズ

信頼できる名門ブランド。パラブーツの名作&人気モデル15選

誰もが知る名門シューズブランドであると同時に、勢いに乗った人気ブランドでもある『パラブーツ』。流行とは関係なくずっと愛用していける名作&人気モデルをご紹介。

山崎 サトシ

2019.09.27

ブランド4

『リーガル』

『リーガル』

紳士靴ブランド専門シューズアマン

紳士靴ブランド専門シューズアマン

お気に入り追加

そもそもアメリカブランドの『リーガル』と日本製靴が技術面の提携をおこなったのが歴史の始まり。「2177」は1971年に誕生し、今もなお愛されている『リーガル』の定番。グッドイヤーウェルト製法で作られているため、履き込むほどに足に馴染むという育てる楽しみも味わえます。

ローファーもやっぱりリーガル。名門ブランドで探すヘビロテシューズ

スニーカー・シューズ

ローファーもやっぱりリーガル。名門ブランドで探すヘビロテシューズ

ローファーは定番アイテムだけに選択肢が幅広く、チョイスに悩む人も多いはず。しかし、日本人ならジャパンブランド『リーガル』を押さえておけば間違いありません。

髙須賀 哲

2022.02.28

革靴の王道。リーガルのおすすめシューズ15選

スニーカー・シューズ

革靴の王道。リーガルのおすすめシューズ15選

多くの男性に愛され、日本の革靴文化をけん引してきた『リーガル』。ビジネスマンから支持される同ブランドのおすすめモデルとともに、その魅力を改めて探ってみましょう。

近間 恭子

2022.10.20

ブランド5

『チャーチ』

『チャーチ』

スニークオンラインショップ

スニークオンラインショップ

お気に入り追加

英国高級靴の聖地である英国・ノーサンプトンで1873年に創業。正統派の英国靴として不動の地位を確立し、セレブやファッショニスタから愛されています。素材は独特のシボ感が高級感溢れる上質なカーフを採用しており、ラストはややロングノーズの「126」。

タフに履ける高級靴。チャーチで英国紳士を気取る

スニーカー・シューズ

タフに履ける高級靴。チャーチで英国紳士を気取る

英国の靴作りの聖地、ノーサンプトンで生まれた、高級シューズブランド『チャーチ』。250工程、8週間かけて生み出される1足は、世界中の紳士たちを虜にしています。

八木 悠太

2022.04.08

ブランド6

『サンダース』

『サンダース』

JACKPOT

JACKPOT

お気に入り追加

『サンダース』もノーサンプトン発のシューメーカー。素材や製法にとことんこだわっていながらコスパにも優れています。アッパーのスエードが上品なコインローファーは、同色のラバーソールを採用しているのが特徴。クッション性に優れ、長時間の歩行でも疲れにくいのも優秀です。

実力派英国靴サンダース。その魅力と、知っておきたいおすすめ13足

スニーカー・シューズ

実力派英国靴サンダース。その魅力と、知っておきたいおすすめ13足

『サンダース』は、品質と価格帯の良好なバランスに厚い支持を得ている英国生まれの革靴ブランド。その魅力をチェックしつつ、大人の足元に似合う似合う10足を紹介する。

牟田神 佑介

2019.10.03

ブランド7

『ジャラン スリウァヤ』

『ジャラン スリウァヤ』

Relaaax

Relaaax

お気に入り追加

2003年にデビューした『ジャラン スリウァヤ』は、ハンドウェルテッド・グッドイヤー製法で作られています。定番のローファーは長らく人気を集めてきましたが、最近アップデート。サドル部分のステッチワークがより緻密になり、洗練された表情になっています。さらに、かかと部分のフィッティングが向上。完成度が一層高まっています。

コスパ最高。ジャランスリウァヤの魅力とラインアップを総整理

スニーカー・シューズ

コスパ最高。ジャランスリウァヤの魅力とラインアップを総整理

有名百貨店や人気セレクトショップで展開される『ジャラン スリウァヤ』。革靴に精通する大人に選ばれる理由は、確かな品質を伴ったコストパフォーマンスの高さにある。

TASCLAP編集部

2020.09.23

ブランド8

『クロケット&ジョーンズ』

『クロケット&ジョーンズ』

菅原靴店 (Sugawara Ltd)

菅原靴店 (Sugawara Ltd)

お気に入り追加

1879年に英国・ノーサンプトンで創業した『クロケット&ジョーンズ』。こちらは、長く愛されてきた定番モデルの「ボストン」をアップデートした「ボストン2」です。ラストが変更されているのがポイント。従来のラストを日本人の足型に合わせて修正した新ラスト「376」を採用しています。足のウエスト部分が細くなり、ヒールカップも小ぶりに。着脱しやすいローファーなのにフィット感が抜群です。

クロケット&ジョーンズで人気の高い5モデルを大解剖

スニーカー・シューズ

クロケット&ジョーンズで人気の高い5モデルを大解剖

高級革靴ブランドのなかでも、“日本人の足にも馴染む”と定評がある『クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)』。その魅力や主力ラインアップをご紹介します。

TASCLAP編集部

2019.01.24

ブランド9

『ハルタ』

『ハルタ』

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

1917年に東京で誕生した日本の先駆的靴メーカーで、コインローファーは『ハルタ』の代表的なデザインです。マットなレザーを使用することで学生靴とは一線を画す、落ち着いた足元を演出。非常に柔らかな質感なので、履き込むほどにレザーの魅力を引き出せます。

懐かしのハルタの革靴が大人のメンズコーデに使える!

スニーカー・シューズ

懐かしのハルタの革靴が大人のメンズコーデに使える!

昨年からじわじわ来ているローファー。そんな中、学生時代にお世話になったあのブランドが注目を集めています。コラボモデルや着こなしでその魅力をご紹介。

Asami Kitsukawa

2016.02.22

ブランド10

『カルミナ』

『カルミナ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1998年にデビューしたスペイン発の『カルミナ』からピックしたのは、足当たりが良く、軽い履き心地が楽しめるコインローファー。スエードレザーの上質な風合いとマッケイ製法特有のコバの張り出しによって、エレガントでドレッシーな足元を構築します。長すぎないノーズも上品な印象。

美しさの秘訣は製法にあり。スペイン発のカルミナに注目

スニーカー・シューズ

美しさの秘訣は製法にあり。スペイン発のカルミナに注目

スペイン発のシューズメーカー、『カルミナ』をご存知ですか? ドレスシューズブランドのなかでも、抜群にエレガントなフォルムが特徴。周囲と差がつくこと必至です。

八木 悠太

2018.09.27

ブランド11

『アルフレッドバニスター』

『アルフレッドバニスター』

ABAHOUSE ONLINE

ABAHOUSE ONLINE

お気に入り追加

モード感のあるデザイン性と日本人に合う機能性の両面を追求するシューズブランド『アルフレッドバニスター』。定番モデルのローファーは、何度も追加生産を繰り返すほどの人気を誇っています。オーセンティックな仕様ですが、スリムなフォルムがどこかモード調。ソールのカラーが軽快にアクセントになり、足元が重たい印象に映らないのも人気の理由です。

ブランド12

『レイバラーシューズ』

『レイバラーシューズ』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

2010年にスタートした『レイバラーシューズ』は、ブランド名の通り労働者(=レイバラー)が履いていた靴がモチーフ。古き良きアメリカをイメージしたプロダクトをリーズナブルな価格で展開しています。このローファーはスエードならではの柔らかい触感を生かし、ソフトな足当たりの履き心地を実現。

ブランド13

『ヒロシツボウチ』

『ヒロシツボウチ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2008年に坪内 浩氏が立ち上げたブランドは、トラッドなシューズをベースにしつつモダンな要素や遊び心を融合したデザインが魅力。日本国内での生産にこだわり、上質なシューズを提案しています。バックスキン製のローファーが定番ですが、セレクトショップ『エディフィス』の別注品では表革へとカスタム。上品な光沢が高級感を放っています。

ブランド14

『ビカーシ』

『ビカーシ』

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

お気に入り追加

2011年にスタートした東京ブランド『ビカーシ』。デザインは東京で行い、バングラデシュの自社工場で熟練した職人がハンドメイドで作り上げるアイテムの数々は、本格派の人も唸る出来栄えとして話題です。こちらはアッパーには光沢のある牛革を使用し、無駄な装飾を省くことでシルエットの美しさを際立たせた、まさに逸足。

ブランド15

『アシックス』

『アシックス』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

高機能なドレスシューズの人気が高まっている『アシックス』の「ラインウォーク」シリーズと、セレクトショップ『ユナイテッドアローズ』とのコラボ企画で誕生した1足です。“GEL”をソールに起用することで、衝撃緩衝性・柔軟性・軽量性・適度な反発性を確保。ライナーにゴアテックス ファブリクスを採用し、防水性と透湿性も兼備しています。

ローファーのコーデに悩んだら。基礎から押さえるメンズコーデのノウハウ

スニーカー・シューズ

ローファーのコーデに悩んだら。基礎から押さえるメンズコーデのノウハウ

誰もがよく知る革靴、ローファー。万能靴ともいわれるが、それを取り入れたコーディネートの基本とはいかなるものか。応用力を養うためにも基礎をイチから学んでおこう。

菊地 亮

2022.11.25

タッセルローファーをカジュアルにもビジネスにもおすすめしたい

スニーカー・シューズ

タッセルローファーをカジュアルにもビジネスにもおすすめしたい

軽快な足元を演出し、着こなしを格上げしてくれると注目度の高いタッセルローファー。カジュアルだけでなくビジネスシーンにも取り入れられるそれは1足あると重宝する。

小林 大甫

2021.01.17

気軽に取り入れるべし。オペラシューズが主張する、濃厚なエレガンス

スニーカー・シューズ

気軽に取り入れるべし。オペラシューズが主張する、濃厚なエレガンス

正統派のドレス靴でありながら、紐なし靴ゆえに実は気軽に履けるオペラシューズ。どこか抜け感が欲しい今どきなきれいめコーデの仕上げに、取り入れる価値は大アリです!

遠藤 匠

2021.10.22

短靴のススメ、厳選30足。そろそろ革靴を履こうじゃないか

スニーカー・シューズ

短靴のススメ、厳選30足。そろそろ革靴を履こうじゃないか

スニーカーブームが白熱する一方で、街行く洒落者たちは短靴に再注目。スーツはもちろん、カジュアルの足元もかっちりキメるのが、わかっている大人の流儀です。

押条 良太

2022.01.21

この記事の掲載アイテム一覧(全15商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『ジーエイチバス』LOGAN LOAFER
    『ジーエイチバス』 LOGAN LOAFER
  • 『バーウィック』コインローファー
    『バーウィック』 コインローファー
  • 『パラブーツ』ランス REIMS
    『パラブーツ』 ランス REIMS
  • 『リーガル』2177N
    『リーガル』 2177N
  • 『チャーチ』ペンブリー ペニーローファー
    『チャーチ』 ペンブリー ペニーローファー
  • 『サンダース』スエード ローファー
    『サンダース』 スエード ローファー
  • 『ジャラン スリウァヤ』98998
    『ジャラン スリウァヤ』 98998
  • 『クロケット&ジョーンズ』ボストン2 ローファー
    『クロケット&ジョーンズ』 ボストン2 ローファー
  • 『ハルタ』エクストラライトソール 706X
    『ハルタ』 エクストラライトソール 706X
  • 『カルミナ』ローファー
    『カルミナ』 ローファー
  • 『アルフレッドバニスター』コインローファー
    『アルフレッドバニスター』 コインローファー
  • 『レイバラーシューズ』ローファー スウェード
    『レイバラーシューズ』 ローファー スウェード
  • 『ヒロシツボウチ』『エディフィス』別注 コインローファー
    『ヒロシツボウチ』 『エディフィス』別注 コインローファー
  • 『ビカーシ』コインローファー
    『ビカーシ』 コインローファー
  • 『アシックス』RUNWALK G-TX ローファー
    『アシックス』 RUNWALK G-TX ローファー

掲載アイテムをもっと見る(3商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP