ブラック&ホワイトのスニーカーは春の必需品

ブラック&ホワイトのスニーカーは春の必需品

モノトーンが人気の今季は、スニーカーもモノトーン系がブレイク!! アッパーがブラックでソールはホワイトという組み合わせが特に人気です。おすすめの5足を紹介します。

平 格彦

2015.03.11

スニーカー

ブラックのアッパー×ホワイトのソールが今もっともクール!!

『アディダス 』オリジナルス ZX700

1980年代を代表するZXランニングシリーズ。軽量化だけでなく安定性も追求し始めた頃で、このZX700はヒールのTPUパーツを配置することで走行中のねじれを防ぐようになっています。そうした機能性はともかく、こんなレトロランニング系のスニーカーが今の流行です。

『バンズ』スリッポン

クラシックラインを代表する名モデル、スリッポン。現行品はヒールのタブが変更になっています。とにかく着脱しやすいので、1足あるとかなり便利です。ちょっと近くのコンビニに行く際や、大急ぎで外出しないと間に合わない時など…。デザイン的にもバイカラーがシックで、どんな着こなしにもハマって重宝します。

『ナイキ』コートフォース

1987年に登場したナイキ コートフォースの復刻モデル。当時から、バスケットボールプレイヤーだけでなくスケーターからも愛されていました。ロゴマークの「スウッシュ」に加え、甲の部分のホワイトがアクセントとして効いていて、ブラック×ホワイトのカラーパレットながら、インパクトのある足元が演出できます。

『ニューバランス』M574

大人気モデル576のディフュージョンモデルとして登場し、支持を集めたモデル。これはアッパーをワントーンに統一したタイプで、”N” の文字まで目立たないデザインが、かなりクールです!! 『ニューバランス』はグレー系のカラーを履いている人が多いので、こんな配色で差を付けてみてください。

『プーマ』シヴィリアン

ライフスタイルラインのカジュアルモデル。控えめなデザインがスタイリッシュでシックです。アッパーはブラックのワントーン。だからこそ、タンやヒール、外側のアイコンのゴールドが引き立って見えます。カジュアルな着こなしはもちろん、ジャケパンスタイルにもマッチするオールマイティなスニーカーです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

    黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

    リュックの色に迷ったら、黒をセレクトするのが正解。カジュアル、きれいめ、3WAYという3つのテーマからおすすめしたい黒リュックを厳選しました!

    TASCLAP編集部

    汎用性満点。パラブーツのシャンボードが大人のコーデを後押しする

    汎用性満点。パラブーツのシャンボードが大人のコーデを後押しする

    『パラブーツ』の定番として知られる「シャンボード」。質実剛健なデザインや、革靴ながらスニーカー以上に疲れないとも形容される履き心地の1足を徹底的に分析しよう。

    編集ムタガミ

    MA-1と言えば。アルファ インダストリーズの代表作を着こなす

    MA-1と言えば。アルファ インダストリーズの代表作を着こなす

    今季も相変わらず人気のMA-1ですが、選ぶならやはりその道の名門ブランドが正解。米軍への納品実績も豊富な『アルファ インダストリーズ』なら選択肢として間違いなし!

    山崎 サトシ

    ネイビーのパンツで作る、大人のスマートコーデ12選

    ネイビーのパンツで作る、大人のスマートコーデ12選

    上品にもカジュアルにも着こなせる、万能ボトムスの1つであるネイビーカラーのパンツ。大人の着こなしにこそおすすめしたい理由を、コーディネート術とともに伝授します。

    近間 恭子

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    TASCLAP編集部

    BACK