アドミラルのスニーカー|おすすめモデルと着こなし

スニーカー全盛の今、アパレルブランドとのコラボなどで人気となっている『アドミラル』。人気のモデルと絶妙なサイズ感で履きこなすコーデを紹介していきます。

アドミラルのスニーカー|おすすめモデルと着こなし

『アドミラル』とは

100年以上の歴史がある『アドミラル』は、長く履き続けられる靴を作るというコンセプトのもと、シンプルでクラシカルなデザインのスニーカーを展開するブランドです。その多くのモデルは男女を問わず、どんなスタイルのファッションにも合わせやすいスニーカーとして年々人気が高まってきています。

『アドミラル』の歴史

ブランド創設から100年以上の歴史をもつ『アドミラル』。イギリス海軍の制服の製造からスポーツチームのオフィシャルスポンサー、そしてスポーツウェアの発表にいたる『アドミラル』の歴史を掘り下げます。

1914年誕生の『アドミラル』

『アドミラル』は1914年、第1次世界大戦時にイギリス海軍(NAVY)の制服の製造および提供を行う会社として、イギリスのレスターに設立されました。ブランド名の『アドミラル(Admiral)』とは、海軍提督を意味し、その袖章がブランドロゴのモチーフとなっています。

写真のアイテム詳細を見る

『アドミラル』とサッカーとの関わり

『アドミラル』は1970年代に入ると、マンチェスターユナイテッドやイングランドのナショナルチームのオフィシャルスポンサーを務めるなど、サッカーとの関わりを深めていきます。サッカーの母国イギリスで、今では当たり前となっているチームウェアの提供を始めたことは、『アドミラル』の歴史の大きな転換となりました。

世界的なスポーツブランドとして『アドミラル』は成長

1980年代に入ると、『アドミラル』はラグビーやクリケットなど、サッカー以外のスポーツにもチームウェアを提供するようになります。その後、ゴルフウェアなど幅広いスポーツウェアやグッズを発表し、現在では世界40か国以上で展開を行うファッションブランドとしての認知度も高まっています。

『アドミラル』はサイズ選びに注意して

『アドミラル』は、“履かなくなった靴を使い捨てるのでなく、お気に入りの靴はボロボロになるまで履きつぶす”という考え方をコンセプトとしています。長い間履きこなすためにはサイズ選びは重要です。『アドミラル』の靴のサイズは1cm刻みになっており、UK4 (23cm)、UK5(24cm)、UK6(25cm)、UK7(26cm)、UK8(27cm)、UK9(28cm) で展開されています。日本サイズはあくまで目安です。自分の足にジャストなサイズを選んで長く履いてください。

『アドミラル』の三大人気スニーカーと着こなしを調査!

『アドミラル』のスニーカーといえばシンプルでベーシックなものが多いのですが、そのなかでもワトフォード、イノマー、ヒースローの定番モデルが人気です。ここではそれぞれのモデルとコーデを紹介していきます。

モデル1

『アドミラル』ワトフォード

ワトフォードは『アドミラル』を代表する定番モデル。シンプルでベーシックなデザイン、そして合わせやすい細身のシルエットはスタイルを選ばない万能さともたつきのないシャープな足元を演出してくれます。それでは、ワトフォードを使ったコーデを紹介していきましょう。

アイテム詳細を見る

白シャツにプリントショーツというミニマルなコーデでは、それぞれのアイテムのグレード感やサイズ感が非常に重要です。ワトフォードのシンプルでシャープなフォルムは、スニーカーにありがちな子供っぽさのない大人の雰囲気を演出しています。

ワトフォードを着用したカジュアルな着こなし。スニーカーのラインのカラーとアウター配色がリンクしているため、全体の統一感が出ています。また、程よいスポーティーテイストも醸出。ワトフォードの応用範囲の広さがうかがえますね。

ジージャンとスウェットパンツのコーデでも、クリーンなワトフォードならスッキリとしたイメージのコーデに仕上がります。スタイルを選ばず合わせられるというところがワトフォードの1番の魅力です。

モデル2

『アドミラル』イノマー

ユニセックスなデザインと豊富なカラーバリエーションのイノマーは、『アドミラル』のスニーカーのなかでも屈指の人気モデルです。ハイカットモデルやファブリックを使用したモデルなど、スタイルに合わせて選べるバリエーションの多さもイノマーの大きな特徴となっています。それではコーデを見てみましょう。

アイテム詳細を見る

こちらはイノマーモデルのハイカットを着用。全体をネイビー×ブラックでまとめた落ち着きある着こなしですが、足元に白をもってくることで、軽やかさが出ています。リラックスコーデながらも、イノマーで程よく引き締めました。

プレーンでベーシックなデザインはそのままに、アッパー部分の素材を毎シーズントレンドに合わせて変化させていくイノマー。なかでも、ブラックのキャンバス×スエードの定番のモデルは、シャープなシルエットとシックなカラーリングでどんなスタイルとも相性のいい1足です。

ハイカットのイノマーもまた人気のモデルですが、ファブリックコレクションのFシリーズは、毎シーズントレンドに合わせた素材を配色して提案しています。このモデルではフラワーレース柄の仕様で、一見ベーシックで控えめながら個性的な足元を演出しています。

モデル3

『アドミラル』ヒースロー

『アドミラル』ならではのスッキリとしたデザインながらも、全体的にボリューム感をもたせたヒースロー。ヒールにはヌメ革が配色されスニーカーでありながらドレスシューズのような雰囲気をもつ人気モデルです。ほかのモデル同様に、多彩なカラーや表面加工のバリエーションが存在します。

価格.comで探す

プレーンでベーシックなデザインで程よいボリューム感のあるヒースローは、合わせるスタイルを選ばない使いやすいスニーカーです。なかでも白いレザーのヒースローは、そのクリーンで上品な見た目を生かして同色系コーデに最適なシューズ。モノトーンやブルー系、ベージュ系の同色コーデの足元をスッキリとまとめてくれます。

別注モデルのオールブラックのヒースローは、ホワイト系とはまた違った表情。ボリュームのあるスウェットパンツやカーゴパンツと合わせても、下半身がゴツくなりすぎず、コーデ全体がスッキリとキレイにまとまります。革靴やブーツを履きにくい春夏のコーデによく合います。

黒レザーのヒースローをワンウォッシュのデニムと合わせた大人っぽいミニマルなコーデ。革靴の代わりにヒースローを合わせることで、端正な雰囲気はそのままに軽快な足元を演出しています。高級感のあるレザーのヒースローはキレイめカジュアルに最適なシューズです。

3大モデル以外のおすすめを厳選!『アドミラル』のスニーカー

『アドミラル』のスニーカーには、人気アパレルブランドとのコラボモデルも存在します。『アドミラル』のシンプルなスニーカーにブランドのエッセンスがプラスされた至極の別注モデルをご紹介します。

『アドミラル』×『ハムネット』

麻混のウィンドペンのジャケットとVネックのニットで構成したシックでキレイ目のコーデ。足元に合わせた『ハムネット』別注のブライトンは、クリーンで軽い雰囲気を出しつつ、程よく汚し加工が施されたこなれ感のある表情で、かたくなりすぎないリラックスした大人のイメージになっています。

使用シューズは『アドミラル』ブライトン

製品で後染め加工と汚し加工を施してユーズド感をプラス。手に入れたその日からコーデになじみ、スタイリングにひと味加えられるスニーカーとなっています。シューレースなしでスリッポンとしても履ける2WAY仕様になっている点もポイント。ショーツを使ったリゾート風コーデにも相性のいいスニーカーです。

アイテム詳細を見る

『アドミラル』×『メンズビギ』

シャツ×ホワイトパンツのクリーンかつ爽やかな装いに軽快なスリッポンがマッチ。こちらは『メンズビギ』が別注した1足で、高級感ある素材が大人な着こなしにハマります。パンツの裾をロールアップして、くるぶしを出すと軽快かつ、好バランスに仕上がります。

使用シューズは『アドミラル』×『メンズビギ 』スリッポン

高級感漂うメッシュ素材を使用したこちらのスリッポンは大人の足元に最適な1足。脱ぎ履きしやすく、履き心地も楽ちんなうえ、軽快な足元を演出します。

アイテム詳細を見る

『アドミラル』×『メンズメルローズ』

ちょっと緩めのネイビースラックスにバンドカラーのシャツと同系色のMA-1を合わせた今年トレンドのリラックス感のあるコーデ。足元は『メンズメルローズ』別注のブライトン。シューレースをハズしてスリッポンで合わせることで、軽さを出しながらも品のあるコーデになっています。

使用シューズは『アドミラル』×『メンズメルローズ』別注ブライトン

素材感を引き立てる後染め加工と汚し加工を施しているため、手に入れたその日からコーデになじんでこなれ感のある表情に。背面のヒールループ、ゴールドのアイレット、そして別注のカラーと、インラインよりもグレード感の高い仕上がりは要注目です。シューレースを外してスリッポンとしても履くことができる2WAY仕様となっています。

アイテム詳細を見る

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る