不朽の名作。インディビジュアライズドシャツの1枚

オン・オフで重宝するシャツはこだわりの1枚を手にしたい。そんなあなたに、着回しやすく、こなれ感も演出できる『インディビジュアライズドシャツ』のシャツをプッシュ!

不朽の名作。インディビジュアライズドシャツの1枚

そもそも『インディビジュアライズドシャツ』とは

1961年の創業から50年以上たった今日でも、多くの人々から愛されているブランド。アメリカでは高級ドレスシャツファクトリーとして広く認知されています。創業以来変わらない製法で、アメリカはニュージャージーのテーラーシャツファクトリーで一枚一枚ていねいに縫い上げられてきました。ちなみに、すべての型紙はインチ寸法で作られているそう。細かな寸法で作っていくセンチ製法で生産されている日本製品とは若干異なるサイズ感が楽しめるかも。まずはショップに足を運び、袖を通してみたいですね。

『インディビジュアライズドシャツ』の魅力とは

アメリカ国内で多くの人々に信頼される歴史と品質が第1の魅力といえます。また、凝ったデザインが多いブランドではなく、シンプルかつナチュラルなテイストが魅力。ボトムはチノパン、スラックスだけではなく、デニムに合わせてもgood。

ブランドの魅力@パターンの豊富さ

フランネルチェックやデニム、無地、数えるとキリがないほど豊富。休日用とビジネス用とで揃えたいくらい。ショップによって取り扱いもさまざまなので、好きな色とパターンが見つかったらすぐに買い揃えたいところ。オンラインショップだけでなく、主要都市にも直営店があるので近くの方はぜひ!

ブランドの魅力A世界に1枚だけ。自分だけのシャツが作れる!

男性用カスタムシャツも人気。直営店で自分仕様のシャツがオーダー可能!(オーダーは2枚から受付) 世界に1枚だけのシャツのオーダーができますよ。襟のパターンは28種類、袖口は10種類など、ほかにも選べるパーツがたくさんあります。上記のようなシンプルシャツもいいですが、自分のオリジナリティが生かせるシャツを作ってみませんか?

ブランドの魅力B良質な“メイド・イン・USA”のクオリティと使い手への配慮

アメリカの老舗ブランド『ブルックスブラザーズ』の代表モデルシャツの製造を任されていたほどのクオリティを誇っています。また、商品にはユーザーへの気遣いも随所に見られます。首裏にはブランド、形、サイズタグを配置。着用者が気持ちよく着用できるものを見つけてほしい、というブランド側の願いです。

『インディビジュアライズドシャツ』が展開するシャツのタイプはこの3つ

『インディビジュアライズドシャツ』には、クラシックフィット、スリムフィット、スタンダードフィットの、3タイプのシャツカテゴリーがあります。その違いを、くわしく見ていきましょう。

タイプ@クラシックフィット

『インディビジュアライズドシャツ』社最古の歴史あるモデル。胸と腕回りにゆとりがある基本パターン。アメリカ東海岸で発祥した60年代当時の男子大学生の間で広まったクラシカルなアイビースタイルの原型モデルです。

価格.comで探す

タイプAスリムフィット

創業まもない60年代、アメリカの男子大学生の間ではやったフィット感のあるモデル。トリムスリープという、腕と腕回りを絞ったデザインが大きな特徴です。

価格.comで探す

タイプBスタンダードフィット

ファッションスタイルの定番ともいえるモデル。クラシックとスリムフィットの中間にあたるサイズ感。日本でもっとも人気のあるモデルで、カジュアルでもジャケットと合わせてもうまくフィットさせることが可能です。

価格.comで探す

『インディビジュアライズドシャツ』を取り入れたコーデスナップ

ここからは、簡単に取り入れられそうなコーディネートをご紹介します。シンプルなだけに使い回しが利きやすいアイテムですので、うまくカジュアルでもフォーマルスタイルでも活用できたらいいですよね。

▼『インディビジュアライズドシャツ』のきれいめコーデ

はじめに、ビジネスシーンやデートでも使えそうなきれいめコーディネートをご紹介。大人世代ならば上品な着こなしがマストな場合も多いはず。そんなシーンでは、ぜひとも上質な『インディビジュアライズドシャツ』に頼りましょう。

ホワイトのパンツにジャケットをさらりと、内側の『インディビジュアライズドシャツ』がポイントになっているコーデです。パンツのカラーと胸元のハンカチのカラーを合わせていると統一感が生まれてセンスアップ。少し暑くなってきたら、ジャケットを麻素材のものにしてもすてきです。

『インディビジュアライズドシャツ』を使ったきれいめコーデで一番トライしやすいコーデ。ジャケットを合わせるだけで一気にスタイルアップしますよ。ソックスのブルーもシューズのブラウンにぴったり。

『インディビジュアライズドシャツ』のシンプルさと上品さが前面に出ているコーデですね。ストライプのボトムスが生きています。袖口を少しロールアップして、時計などシンプルなアクセサリーをポイントに見せてみてもいいですね。

こちらはクールビズに良さそうな着こなし。ホワイトの『インディビジュアライズドシャツ』はフォームを選ばないのでうれしいところ! タックインとチノパンの組み合わせでもよさそう。

カジュアル使いでも幅広いコーデが可能な『インディビジュアライズドシャツ』ですが、ジャケットと合わせるとビジネスシーンでも大活躍。こだわりの工程で作られた美しい襟元が輝きます。

帽子とパンツをベージュカラーで合わせ、ブルーのストライプシャツとネイビージレの合わせを挟み込んだツートーンコーデ。ブルーとベージュはモダンな印象かつ安定感のある鉄板のカラーコーディネートです。カジュアルときれいめのバランスが絶妙な着こなしですね。

『インディビジュアライズドシャツ』シャツのきめ細かいストライプと、羽織ったカーデの大ぶりなボーダーの対比が目に楽しいコーディネートです。ボトムスはオーソドックスなベージュのチノと、シンプルなブラックのレースシューズでシンプルにまとめて上半身を主役にしました。

上から下までカッチリとキメたジャケパンスタイルの中で、ブルーの鮮やかなカラーシャツがカジュアルなハズしとして大活躍してくれています。ジャケットとパンツ、そしてバッグもすべてブルー系のカラーでまとめた、清潔感の漂うきれいめグラデーションコーディネートです。

グレーのジャケットの襟元から覗くストライプシャツが、コーディネートにスパイスと遊び心を加えています。全体を通してモノトーンのカラーリングながらどこかカジュアルさを感じさせるのも、このストライプのおかげ。さらに中からストールを覗かせてキレイめにまとめました。

▼『インディビジュアライズドシャツ』のカジュアルな着こなし

次に、普段使いでおしゃれに取り入れられそうなカジュアルテイストのコーデをご紹介。友達とのお出かけや先輩や後輩との飲み会時に、ぜひトライしてみましょう!

カジュアルめの着こなしで一番取り入れやすい、『インディビジュアライズドシャツ』と無地パンツの組み合わせ。メガネやキャップとの相性もよく、『バンズ』や『コンバース』のシューズで簡単にセットアップできますね!

『インディビジュアライズドシャツ』の襟元と全体生地のツートンカラーがポイント。少し肌寒い時に羽織れるカーディガンとの相性もいいですね。カジュアルですが足元のレザーシューズで引き締まって見えるところもポイントです。

インナーにTシャツ、アウターに『インディビジュアライズドシャツ』をセレクトしたコーデ。少し暖かくなってきた時期にぴったりのコーデですね。足元も明るい色で季節感も加味しています。

こちらはチェックが明るい『インディビジュアライズドシャツ』を使用。これだけでインパクトがあり、普段使いのシンプルなパンツと合わせるだけでカジュアルなムードを高めています。

春夏におすすめはこちら。鮮やかなブルーの『インディビジュアライズドシャツ』シャツを、1枚でさらりと着て主役に据えた着こなし。ベージュのハーフパンツが醸し出すアクティブな休日スタイルです。全体を通してレジャー感を出した分、足元はレザーシューズでアーバンな抜け感を出しました。

こちらも春夏の着こなしです。半袖+タイにハーフパンツを合わせてプレッピーな印象を出したスタイル。『インディビジュアライズドシャツ』の半袖シャツは、胸のポケットがフラップ仕様になっていてデザイン的なアクセントが添えられています。ボトムスとシューズはブラックを選んでキリッと引き締めました。

『インディビジュアライズドシャツ』のブルーグレーシャツが、アーバンな印象の中にもどこかぼくとつさを漂わせています。アースカラーのアウターとも相まって、全体がナチュラルよりの印象になっていますね。パンツはテーパードタイプを選んでシルエットを引き締めています。

シャツ+パンツ+サンダルオンリーでとことんシンプルに仕上げたコーディネートですね。ライトブルーの細いストライプが入った『インディビジュアライズドシャツ』のシャツが、清潔感とアクセントを加えています。首元と腕を飾る小ぶりなアクセサリーもさりげないアクセントですね。

個性的なアジアンテイストのアウターと、カッチリ感のあるブラックストライプの『インディビジュアライズドシャツ』シャツが、不思議としっくりマッチしているコーディネートです。ボトムスはシンプルにまとめつつも、沈みすぎないように赤いソックスを差し色にして調整していますね。

今選びたい『インディビジュアライズドシャツ』の1枚

先にもご紹介したとおり、バリエーションの豊かさが魅力の『インディビジュアライズドシャツ』。なかでも今こそ選びたい、旬の要素を備えた7枚をピックアップしてみました。

さらりと着るだけでコーディネートが爽やかにキマる、ブルーのスタンダードフィット型シャツ。ボタンダウンスタイルなのできれいめカジュアルな装いにピッタリとハマります。洗濯するほど味が出ていく生地です。

価格.comで探す

クールな表情のブラックシャツ。こちらも扱いやすいスタンダードフィットタイプです。ホワイトやベージュなど、明るくやわらかい色みのパンツと合わせれば、都会的であか抜けた着こなしを楽しむことができるでしょう。

価格.comで探す

パキッとした色の切り替えが目を引く、ブラックとホワイトのストライプシャツ。無地を基調とした単調になりがちなコーディネートにスパイスを与えてくれそうです。やや小ぶりな襟が特徴的なモデルでもあります。

アイテム詳細を見る

こちらのスタンダードフィットシャツは、ナチュラルな風合いが魅力のシャンブレー生地を使って作られています。デニム生地に似ていますが薄手で動きやすく、軽やかに着こなすことができるアクティブなシャツです。

価格.comで探す

上質で暖かなコーデュロイ素材のボタンダウンシャツ。しっかりとした生地感とは裏腹にシルエットはスリムにまとまっており、着ぶくれする心配は無用でしょう。存在感のある生地なのでこれ1枚で主役にもなりそう。

アイテム詳細を見る

ネイビー×ブラウンの穏やかなチェックパターンが施された、ネルシャツのように着こなせる1枚。素材はコットン100%で作られており着心地さらり。薄手に作られているので、重ね着しても着ぶくれしません。

アイテム詳細を見る

個性的なコーディネートが楽しめるクレイジーパターン。パターンの配置は『インディビジュアライズドシャツ』社長のジェイムス ハイザー氏が直々に行ったという、ブランドのファンには嬉しいエピソードつきです。

アイテム詳細を見る

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る