世界中で人気!オニツカタイガーのスニーカーを大解剖

クラシカルなデザインが人気のスニーカーブランド『オニツカタイガー』。その特徴や歴史、コーデ例などを紹介しながら魅力に迫ろうと思います。

世界中で人気!オニツカタイガーのスニーカーを大解剖

『オニツカタイガー』の歴史

『オニツカタイガー』は、『アシックス』の前進ブランドであることをご存じの方は少なくないでしょう。ただし、その道のりには興味深いヒストリーが詰まっているのです。そこで、まずは1949年に始まった『オニツカタイガー』の長い歴史について紹介します。

1949年誕生の『オニツカタイガー』

『オニツカタイガー』は、1949年に鬼塚喜八郎氏によって神戸で誕生しました。創業以来、当時製造が難しいとされていたバスケットボールシューズを皮切りに、スポーツシューズの製造をはじめ、高校の運動部を中心に拡販していました。その後、オリンピック日本代表のシューズを手掛けるまでに成長し、世界に認められるブランドとなりました。

1977年、『オニツカタイガー』は『アシックス』へと改名

その後の1960年代、『オニツカタイガー』に注目していたBRS社(『ナイキ』の前身)がアメリカでの販売代理店となり、西海岸を中心に大ヒットを起こして成功をおさめます。しかしオリンピック景気が終焉を迎えてからは業績が悪化。1977年に株式会社ジィティオ、ジェレンク株式会社と経営統合することになり、『アシックス』に改名しました。

2002年、『オニツカタイガー』復活

『オニツカタイガー』復活のきっかけは、ヨーロッパでのレトロファッションの流行でした。欧州各地の社員を集め、イタリアの現地法人社長が『オニツカタイガー』の復活を提案。それからヨーロッパ全体の現地法人社長であった尾山氏がこの流行に着目し、レトロなデザインでファッション性の高いシューズとして売り出す方針を固め、復活を遂げました。

『オニツカタイガー』はなぜ世界でウケたのか?

ヨーロッパを中心に世界中で爆発的な人気を誇っている『オニツカタイガー』は現在海外の売り上げが8割。どうしてここまで海外で人気が出たのでしょうか。火付け役となったのは日本を舞台にした映画「キル・ビル」。ユア・サーマン演じるザ・ブライドが着用していたのが話題になり、日本発のシューズブランドとして広まっていきました。

『オニツカタイガー』の3大人気スニーカーと着こなしを調査!

洗練されたクラシカルな『オニツカタイガー』のシューズのなかでも、とくに人気のスニーカーたちを、コーデの実例とともに紹介。着こなしのお手本にしてみてはいかがでしょうか?

モデル1

セラーノ

『オニツカタイガー』の中ではエントリーモデル的存在のスニーカーであるセラーノは、1970年代の陸上スパイクシューズの影響を受けた、軽い履き心地の1足です。前足部分が少し巻き上がったソールや、優れたクッション性がポイント。そんなセラーノを使用したコーデをご紹介します。

もともとクラシカルなデザインでカジュアルすぎない『オニツカタイガー』のシューズは、ブラックのトップスにグレーのカーディガンとグリーン系のパンツを合わせたきれいめカジュアルコーデにピッタリ。グレーのセラーノは落ち着いた印象を足元に添えてくれます。

セットアップをカジュアルに着こなしたモノトーンルックに3つのカラーが取り入れられているセラーノをプラスしてスポーティーな要素を投入したコーデ。シューズのデザインに取り入れられたオレンジが程よい差し色になっています。さまざまさまざまなテイストをミックスしたスタイルとも相性抜群。

ブラックのシャツとグレーのボトムスを組み合わせたちょっとカッチリしたきれいめコーデでも、問題なくまとまりが出るのがグレーのセラーノ。スタイリッシュな細身のシューズはカジュアル要素がないスタイルでもすんなりハマる1足。

モデル2

メキシコ66

メキシコ66は『オニツカタイガー』を代表する超人気モデルで、1962年のトレーニングシューズをベースとし、1966年に初めて搭載されたストライプをミックスしたデザインです。オール天然レザーのアッパーや、芯材が入っていないやわらかいかかと、ヒールフラップが特徴。そんなメキシコ66を使用したコーデをご紹介します。

ゆるめなサイズ感のトップスがほどよい脱力感を出している気負わないカジュアルルックにはホワイトベースのメキシコ66をチョイスして清潔感や明るさもアピール。ネイビーのラインがシンプルなコーデにちょっとしたアクセントを与えています。

トップスボトムスをブルー系、小物をブラウン、ベージュ系でまとめ、グレーのハットでバランスを取ったコーデ。ベージュのメキシコ66はレザーのボディバックと同系色で、落ち着いた大人のカジュアル感を足元にプラス。

余計なものをそぎ落としたむだのないシンプルサマーコーデの足元に、メキシコ66がブルーとレッドのラインで色みをプラスしています。トップスとスニーカーのホワイトがまぶしい、爽やかかつスポーティーなきれいめカジュアルは、すぐにまねできる大人のおしゃれスタイル。

モデル3

タイガーアライアンス

1980年代のジョギングシューズ、アライアンスを基にしたモデル。『アシックス』の得意分野であるアルファゲルを内蔵した成型ミッドソールを採用しているため、クッション性が高くなっています。ほかのモデルと比較して、シックなカラーリングなのも魅力のひとつ。そんなタイガーアライアンスを使ったコーデをご紹介します。

スウェットパンツ×ジージャンのカジュアル感満載のコーデに同系色のタイガーアライアンスを合わせて統一感を出したスタイル。カジュアルな中にも落ち着いた印象を感じるのは、洗練されたシルエットとシックなカラーリングが大人のおしゃれを演出しているから。

上質な印象の天然皮革素材をアッパーに使用した『アライアンス』は、ジャケット+シャツで作るキレイめコーディネートにもすんなりとハマります。スウェットのハーフパンツも相まって程よく全体のイメージを崩し、アーバンカジュアルスタイルを作っています。

グレーのスウェットの下から柄シャツをのぞかせた、シンプルな中にも個性を感じるコーデに同じくグレーのタイガーアライアンスを加えて統一感をプラス。スニーカーにしてはクラシックな見た目だと思いきや、ちょっと脱力感のあるコーデにももちろんハマるスグレモノ。

人気モデルは3モデルだけじゃない。『オニツカタイガー』のおすすめモデルを一挙公開

前述した3モデル以外にも、おしゃれなシューズが豊富にそろっている『オニツカタイガー』。なかでもおすすめしたいモデルをピックアップしました。

タイガー コルセラ

2017年春夏に満を持して復活するこちらのモデル。1970年代のオリジナルに限りなく近いレトロなデザインが魅力です。

ジーエスエム

コートタイプのフォルムが、今の気分にマッチしそうなこちらのモデル。スエードの素材感による品の良さとカジュアルなフォルムがマッチした、まさに大人顔のスニーカーなんです。

カリフォルニア 78

ランニングシューズらしいデザインはもちろん、何よりもこの配色が◎。春らしく、鮮やかな色みは大人のコーディネートの好アクセントにぴったりです。

EDR78

EDR78は、スマートなフォルムがウリ。シックなカラーリングは、どんなボトムスとも難なくなじみます。見た目だけではなく、履いて納得の高いクッション性も魅力的。

サムサラ

パンチング加工によって施されたロゴや、ワントーンの構成がほかのモデルと一線を画すこちらのモデル。大人らしいアッパーのルックスと、アクティブな動きをイメージさせるソールデザインとの調和が見事。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る