違いは何?グラミチNNパンツの特徴と最新の別注モデル

『グラミチ』の傑作として知られるナローパンツがNN(ニューナロー)パンツとしてアップデート。その魅力や着こなし、別注モデルなど複数の角度から人気の背景を探ります。

違いは何?グラミチNNパンツの特徴と最新の別注モデル

『グラミチ』の歴史と、NNパンツの前身モデル“ナローパンツ”をチェック

「『グラミチ』といえば、これ」というほどの人気者として知られるのがNN(ニューナロー)パンツ。ただし、まず押さえるべきはその前身でもあるナローパンツです。そのシルエットや機能を簡単におさらいしましょう。

1982年よりカリフォルニアでスタートしたのが『グラミチ』のはじまり。創始者であるマイク・グラハム氏がロッククライマーであったことから、手がけられたパンツには高い機能が備えられています。その機能とは、+CLAP Menの読者である皆さまならばご存じの“ウェビングベルト”や“ガゼットクロッチ”。後述しますが、高機能でありつつもシンプルな見た目という特徴から、今ではファッションシーンでも定番の一本として知られるようになりました。

『グラミチ』の定番として知られるナローパンツは、細身のストレートシルエットが魅力。流行に左右されない普遍的なルックスは、多くの大人が愛用しうるアイテムだったのです。カラバリが豊富であることも、支持率の高さを維持し続ける要因のひとつ。

機能美を物語るガゼットクロッチとは、こちらのこと。股下に長方形のマチをあしらうことで、どんな動きにもついてくる足運びのよさを実現しています。足を広げてもつっぱらず、180度自然に足を開くことができるのです。さらにストレッチもしっかり効いているので、あらゆるシーンをアクティブに演出してくれること間違いなし。

先ほど触れたウェビングベルトとは、こちらのベルトのこと。片手でウエストをしめたり、ゆるめたりとサイズ調整ができるのが特徴。これもクライマーであるグラハム氏ならでは発想ですね。

ナローパンツからNN(ニューナロー)パンツへ。違いはどこ?

”NN”とは「ニューナロー」の略。『グラミチ』の定番であるナローパンツの股上とヒップ周りをすっきりさせたモデルです。ストレッチも入っているのでより快適にスマートにグラミチを堪能できる一本です。もちろん、片手でサイズ調節ができるウェビングベルトを使用し、股下は180度開脚可能なガゼットクロッチ仕様。

シルエットの違いを明確にするため、ナローパンツとNNパンツの両方を見比べてみましょう。

ナローパンツ

細身のテーパードラインがシティライクな表情。とはいえ、もとはアウトドアブランドな『グラミチ』のこだわりか、やや股上が深めでヒップ周りがゆったりしています。

NNパンツ

若干ではありますが、ナローパンツの股上を浅くし、腰回りのシルエットをすっきりとさせることでタウン仕様でスタイリッシュな一本に。

『グラミチ』のNNパンツは着回し力抜群!? どんなテイストにもハマるのか検証してみた

『グラミチ』のNNパンツは、見た目と機能の両立だけが取り柄ではありません。むしろ、その両者をそなえているからこそ、あらゆるファッションにマッチすることが最大の長所。ここでは、『グラミチ』の愛好家たちから、その良さを実証してもらいます。

NNパンツで大人カジュアルを実践

デニムを採用したNNパンツとカジュアルウェアとの相性は抜群。そのマッチングをねらったアイテムセレクトながらも、大人らしいムードに仕上がっているのはパンツのシルエットによるもの。

きれいめカジュアルをNNパンツで難なく攻略

シンプルな着こなしこそ、シルエットが命。だからこそ頼るべきはNNパンツなのです。黒を基調としたワントーンコーデに、赤の『コンバース』という組み合わせも◎。

アウトドアテイストはNNパンツで都会的に

アウトドアテイストのコーディネートながらも、美脚シルエットの『グラミチ』によりアーバンライクな仕上がりに。上下のシルエット差によるメリハリもおしゃれなムードをアシストしています。

NNパンツで“やんちゃじゃない”ストリートを

旬のスポーツミックスもお手のもの。コーチジャケットやパーカー、キャップというストリート感のあるアイテムも、テーパードシルエットのパンツと合わせれば大人顔にシフトします。ロールアップによるスニーカーの強調テクも参考に。

NNパンツでミリタリーをクリーンに

旬のミリタリーテイストにも、もちろん『グラミチ』はハマります。過度にスリムなシルエットではなく、“程良い”細さがクリーンなミリタリーファッションをアシスト。ロールアップによる“おしゃれ感”の演出は、もはや必須のテクニックかも?!

感度が高い大人が注目。2017年も『グラミチ』の別注パンツから目が離せない!

『グラミチ』のNNパンツは、間違いなく名作の1本。ただし、『グラミチ』の強みはNNパンツだけではありません。同ブランドらしい機能はそのままにセレクトショップやほかのブランドとタッグを組んだ別注モデルもイチ推しです。なかでもおすすめの5本をコーデとともに紹介します。

アイテム1

『グラミチ』×『ジャーナルスタンダード』

伸縮性に優れたナイロン4wayクロスを素材に採用。コシのある生地感とテーパードがかったすっきりとしたシルエットにより、カジュアルながらも上品さを演出してくれます。それでいて、撥水性もあり。見逃せない1本です!

アイテム詳細を見る

ベージュのステンカラーコートとデニムジャケットを組み合わせた春コーデ。コートと同系色のパンツと白スニーカーが、軽やかさをプラス。パンツのしなやかな生地感により、品のよさをまとっています。

アイテム2

『グラミチ』×『アダムエロペ』

『アダムエロペ』による2017SSの別注パンツは、ややタイトめなシルエット。スキニーパンツですが、ストレッチの利いたコットン地を使用しているため、動きやすさに問題なし。裾にはジップが付くなど、さり気ないディテールにも注目です。

アイテム詳細を見る

アースカラーでまとめたカジュアルスタイル。アウトドアテイストのパンツといえど、ブーツスタイルにも相性◎。今年はきれいめカジュアルをつくりたい! そんな方にぜひおすすめしたい着こなしです。

アイテム3

『グラミチ』×『ビームス』

メンズの着こなしに欠かせないデニムは、『ビームス』による別注品がおすすめ。やや太めのシルエットにより、リラックス感のある着こなしをつくってくれるでしょう。濃淡のカラバリは、どちらも手に入れたいくらい。

アイテム詳細を見る

トップスとスニーカーのダークトーンカラーの間にライトブルーのパンツをはさんで着こなしにメリハリをつけています。無地・ベーシックカラーのシンプルなコーデこそ、色使いに注目したいですね。

アイテム4

『グラミチ』×『エディフィス』

吸水性・速乾性の優れたクールマックスのジャージー素材を使用した機能的なコラボアイテム。ライトグレーの色みでも、きれいなシルエットと杢グレーにより、部屋着っぽさを感じさせません。ジャケットスタイルにも合うネイビーも展開。

アイテム詳細を見る

パーカーを取り入れた着こなしは、ややもすると部屋着感を漂いかねません。それを払拭してくれるのがこちらのパンツ。アンクル丈なので、足首をチラ見せして抜け感を出すとしゃれ感が倍増。全体をベーシックカラーでまとめるのがポイントです。

アイテム5

『グラミチ』×『エディフィス』

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』による別注品は、中でも、シアサッカー生地のショートパンツがイチオシ。シワになりにくい素材感と、涼しく快適なはき心地は、春夏手放せない1本になりそう。

アイテム詳細を見る

ペールカラーのトップスを合わせた旬なコーディネート。若々しくなりすぎないよう、足元はビットローファーをもってきて着こなし全体を引き締めています。オレンジ〜茶系を組み合わせてスタイリングに統一感を演出すると◎。

ページトップへ戻る