コンバースの人気5大スニーカーとコーデを一挙見せ!

老若男女に愛される『コンバース』のスニーカー。同ブランドの魅力を再検証しつつ、オールスターやジャックパーセルなど、大人におすすめしたいモデルとコーデをご紹介。

コンバースの人気5大スニーカーとコーデを一挙見せ!

あらためて紹介。『コンバース』ってこんなブランドです

スニーカーブランドのなかでも歴史が深く、いわゆる名作モデルからデザインに富んだデザインまで幅広く揃う『コンバース』。1917年にバスケットボールシューズとしてキャンバスオールスターが誕生して以来、ジャックパーセルやスキッドグリップなど人気モデルを生み出しています。

また、ほかのモデルにもファンが多いことも『コンバース』のスニーカーが持つ強み。そんな人気者たちの魅力とコーデサンプルを、あらためて見ていきましょう。

『コンバース』の主力5大モデルとコーディネート

さまざまなモデルが展開されている『コンバース』ですが、なかでも人気の高い主力モデルとそれを取り入れたコーディネートも一緒にご紹介!

モデル1

オールスター

『コンバース』のなかでもっとも定番モデルであるオールスター。シンプルなデザイン、細身のフォルムが特徴でどんなコーディネートにもマッチします。

足首を覆うハイカットのオールスターハイは、ローカットよりもスポーティーなイメージが特徴です。“『コンバース』といえば、これ”という、まさにブランドを代表するモデルではないでしょうか?

アイテム詳細を見る

ハイカット同様にローカットもまたシンプルな見た目がGOOD。ハイカットに施されていたロゴマークがないため、よりクセのないデザインに仕上げられています。

アイテム詳細を見る

カーキ×ホワイトの色合いが春らしさを演出するコーディネート。ゆったりしたトップスがリラックスした雰囲気を作り出し、生成りのオールスターハイがポイントになり全体をやさしくまとめ上げています。

オールスターハイ×ロールアップデニムの組み合わせは、シンプルかつ定番にしたい着こなし。黒のコンバースハイと太めにロールアップしたデニムの武骨さが、男らしさをプラスしてくれます。

バンドカラーシャツはロング丈をチョイスして旬な着こなしにアップデート。シャツ×デニムでシンプルかつ爽やかさを強調しつつ、足元にブラックを取り入れることで全体が引き締められています。

今年トレンドとして注目されるペールカラーのピンクを上品に取り入れたコーディネート。ストールとパンツにアクセントになるアイテムをチョイスしているので、足元はローカットのオールスターでシンプルにまとめた点が◎。

モデル2

ジャックパーセル

1935年の発売当初は運動靴として誕生したジャックパーセル。つま先の“スマイル”やヒールパッチの“ヒゲ”のアイコンが浸透し、今や世界で愛される定番モデルとなっています。

見た目はもちろん、ジャックパーセルは履き心地にも定評あり。土踏まずの部分に厚みを持たせたインソールや、グリップ力を高める波状のアウトソールなど、着用者が快適に履けるディテールも◎。

アイテム詳細を見る

カジュアルなジャケットスタイルには、シンプルながら“スマイル”がどこかキュートな印象のあるジャックパーセルでファニーなスタイリングに。全体をネイビー×ホワイトでまとめることで、主役のチェックシャツを際立たせたのがポイントです。

無骨さのあるミリタリースタイルやワークな着こなしにも、ジャックパーセルは好相性。土くささを醸しながらも都会的なサイジングにまとめたワークスタイルは、オールホワイトのジャックパーセルを選ぶことで、大人に欠かせない清潔感ある着こなしにまとめました。

デニムコートとゆったりとしたジーンズが好相性なコーディネート。全体的に濃いトーンのカラーリングなので、足元は白のジャックパーセルでクリーンに仕上げつつ、抜け感を出しています。

カジュアルなチェックシャツも、きれいめなスラックスや黒のジャックパーセルを合わせることで程よいバランス感に調整。キャップや存在感のある腕時計を取り入れることで、シンプルになりすぎないようバランス良く仕上げています。

モデル3

スキッドグリップ

『コンバース』のなかでも長い歴史を誇るスキッドグリップ。オーセンティックなデザインを残しつつ、ブランドの特徴である細身のラストがスタイリッシュさを追加してくれます。

オールスターやジャックパーセルにはないステッチワークなどの細やかなディテールが幅広い年齢層に人気のスキッドグリップ。足元を品よく着崩す、大人カジュアルに欠かせないローテクスニーカーです。

アイテム詳細を見る

ホワイト×ネイビーで爽やかさ抜群のショーツスタイル。グラデーションがかったデザインが印象的なボーダーのトップスを際立たせるために、他アイテムは無地でシンプルに。足元はネイビーのスキッドグリップで、品と全体の雰囲気をキープしました。

紺ブレ×タイを主役に、キャップとスニーカーではずした上級コーデ。足元はこれらと同系色のスキッドグリップで、統一感を心がけました。シャツや靴下でホワイトを差して作り出した抜け感が絶妙◎。

ショールカラーカーディガンとスキッドグリップはどちらもカジュアルながらきれいめな側面のあるアイテムなので好相性。こちらもホワイト×ネイビーで、野暮ったくなりがちなショールカラーカーディガンを爽やかに昇華しています。

ネイビー×グレーを基調とした上品なコーディネートは、白のカットソーで程よい抜け感とアクセントを与えていているのがポイント。ナチュラルな色合いが魅力的なグレーのスキッドグリップと合わせて、統一感あるスタイルに紹介した好例。

モデル4

スター&バーズ

レザーバッシュとして誕生したスター&バース、別名ジャックスター。誕生以来のトレードマークである星マークと2本ラインは単なるデザインではなく、足の横方向への動きをサポートするために設計された機能性抜群のモデルです。

『コンバース』ファン待望のスター&バース復刻アレンジモデル。なめらかなスエードのアッパーやインソールも軽量化して履きやすく、クラシックな雰囲気があふれる1足に仕上がっています。

アイテム詳細を見る

スウェットにトラックパンツ、ノーカラージャケットと肩の力が抜けたイマ時な着こなし。ここにキャンバススニーカーではいささか力が抜けすぎるので、品を与えるスエード素材のスター&バースをチョイス。ジャケットと色味をリンクさせれば、こなれた大人のリラックススタイルに仕上がります。

ミリタリージャケットとスウェットパンツのカジュアルなスタイリングに自然とマッチしながらも、程よく大人っぽい雰囲気を与えられるのがスター&バースの強み。ボーダーカットソーやキャップと色味をリンクさせて、色数を絞っている点にも注目です。

デニム・オン・デニムのワークスタイルをベースに、黒のパーカーでレイヤード感を意識。春の着こなしとしてはやや重たい配色なので、足元は発色豊かなグリーンのスター&バースでアクセントを追加しました。

春先に便利なライトダウンは、ノーカラータイプで重たくなりすぎないよう調整。これに切りっぱなしデザインのワークパンツやオレンジのカラーの1足を合わせて、軽快さを加速させました。足元は白ソックスで軽快さをキープしつつ、ラフになりすぎないよう調整。このバランス感がしゃれ感ある着こなしの秘密です。

モデル5

プロレザー

1976年にバスケットボールシューズとして誕生したのが、こちらのプロレザー。キャンバス生地を採用するオールスターとは異なり、アッパーにスムースレザーを採用しているのが特徴です。スポーツ用に作られたシューズながらもスマートなシルエットも◎。

2016年に40周年を迎えて復刻モデルが登場。発売当時のシャープなシルエットを忠実に再現し、しっかりとしたレザーの質感がカジュアルダウンしすぎない上品さを生み出します。

アイテム詳細を見る

ショーツをメインにした着こなしは、スニーカーながら品あるレザー素材の1足で、上品な大人のカジュアルコーデに昇華。ポロシャツのインナーに白を効かせて足元とリンクさせることで、ヌケ感を上手に取り入れたグッドサンプル。

きれいめなモノトーンのジャケパンコーデにもプロレザーならしっくりハマります。トップスの白と足元をリンクさせることで、全体の印象を明るくブラッシュアップ。レザー素材のシューズのため、カジュアルに偏りすぎないのもポイントです。

ラフなスウェット×スラックスのコーディネートに、プロレザーを差してクールかつモダンなスタイルに。足元のプロレザーでヌケ感を出しつつ、モノトーンを強調することで野暮ったさを昇華しています。

コーチジャケットにチェックシャツをレイヤードし、スラックスで品を取り入れた大人のスポーツミックススタイル。全体的にモノトーンのグラデーションでまとめて、足元にプロレザーを採用してすっきり見せたのが正解。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る