どんな服装とも相性抜群。ドクターマーチンの3ホール

『ドクターマーチン』といえば誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホールは大人の日常にピッタリなんです!

ブランド:
キーワード:

どんな服装とも相性抜群。ドクターマーチンの3ホール

まずはおさらい。『ドクターマーチン』の歴史とは?

『ドクターマーチン』は、第2次世界大戦中にドイツ軍に属していた医師、クラウス・マーチン氏がエアクッションソールを開発したところから歴史は始まります。彼は1945年の休暇中に、スキーで足に怪我を負ってしまいました。そのとき、彼は軍から支給されるブーツが怪我を負った足にはまったく適さないことに気付きます。そして怪我のリハビリ中に生み出したのが、タイヤのラバー素材に空気を入れた、クッション性に優れるソール。これが前述のエアクッションソールです。それからシューズファクトリーとして成長を遂げ、後に英国のR.グリックス社が製造権を獲得することに。そして1960年に、英国でのファーストモデルである1460が誕生します。

セカンドモデルとして登場したのが”3ホール”こと”1461”

8ホールスタイルのワークブーツである1460のローカットバージョンとして、1960年代に産声をあげたのが3ホールタイプの1461。このモデルを着用した最初の有名人といわれているのが、英国労働党の社会主義者トニー・ベン氏です。彼は英国上流階級の出身でありながらも労働者の権利を擁護し、ワーカーや政治活動家から絶大な支持を得ていました。60年代の英国では労働者の権利を訴えて多くのデモが行われていましたが、その際トニー・ベン氏はBDシャツにグレースーツ、そして1461といういでたちでデモ行進に参加。彼を支持する共産主義者や学生たちを中心に、そのスタイルが広がっていきました。

1970年代に入ると多くのパンクロックミュージシャンがこぞって着用し、処女作の1460と並びブランドを代表する存在となりました。現在、『ドクターマーチン』では1461以外にもいくつかの3ホールタイプシューズがリリースされていますが、“マーチンの3ホール”といえば、この1461シリーズを指すのが一般的です。

▼ちなみに、ちょっと豆知識

1461には末尾にZがつく1461Zというものも存在します。これらの違いは、ウエルト部分にイエローのステッチ(=Zステッチ)が配されているか否か。黄色のステッチがあしらわれていれば1461Z、そうでなければ1461というワケです。

『ドクターマーチン』の3ホールがもつ魅力とは?

世界中で男女問わず愛される3ホールシューズ。多くの人に愛され続けるには、もちろんちゃんとした理由があるんです。3ホールがもつ魅力をここからは解説していきます。

愛される理由1

完成されたデザイン性

初登場から50年以上が経っても決して色あせない、完成度の高いデザインはやはり3ホールシューズの大きな魅力。細かな変更はあれど、今日にいたるまでベースデザインはほとんど変わっていません。シンプルでいて上質な逸品は、大人コーデにおいて実に頼もしい存在です。

愛される理由2

圧倒的に快適な履き心地

衝撃吸収性に秀でるエアクッションソールが生み出す、極上の履き心地も見逃せません! 通常、レザーシューズは履き心地が弱点になりがちですが、3ホールは機能的ソールのおかげで長時間着用しても疲れを感じさせないんです。だから、多彩なオケージョンで着用することができます。

愛される理由3

ずっと愛用できる丈夫な仕立て

そしてもう1つは、ヘビーローテーションにも難なく対応してくれる丈夫なデザイン。肉厚なレザーアッパーや耐摩耗性に秀でるエアクッションソール、そして職人技術を駆使したていねいな縫製etc……。あらゆる面に注力することで、圧倒的な頑強さをもたせています。

購入時に注意したい点について

3ホールシューズを購入する際に、いくつか注意すべきことがあります。より愛着をもって履いていくためにも、以下のポイントを気にしながら購入すると良いでしょう。

注意点1

ややシルエットが細身なので、ワンサイズ大きめを

3ホールシューズはラスト(木型)がややスリム。そのため、ワンサイズorハーフサイズ大きめを選ぶと良いでしょう。ブランドのサイズ表記はUKインチで、公式サイト情報だとサイズ8が27cmに相当。普段27cmを履いている人はサイズ9(28cm)を選ぶのがベターです。もちろん試着をしたうえで決めてください。

注意2

履き回しを考えるのであれば、カラーはシンプル系が吉

多彩なカラーバリエーションが用意されている3ホールシューズ。ですが、大人のスタイルに合わせることを考えると、ブラックやチェリーレッドといった王道カラーで仕上げられた一足をチョイスすべき。エッジーなカラーのモデルはオーバー30世代には少し難しいので要注意です。

注意3

アッパー素材は天然皮革。撥水ケアはマメにしましょう

上質なリアルレザーで仕立てられているため、水は大敵! 一定の撥水性はもたせているものの、当然ながら完璧な防水アッパーではないので水ぬれは寿命を縮める原因となります。撥水スプレーやクリームなどで定期的にケアしながら履くことが、長く愛用し続けるためには重要となってきます。

3ホールシューズを取り入れた高感度コーデをピックアップ

+CLAP Men世代御用達の逸品である3ホールシューズ。どんなテイストのコーデに合う振り幅の広さは、永世定番アイテムならでは。ファッショニスタの履きこなし術を見ていきましょう。

コーデ1

『ドクターマーチン』=ロックファッションのイメージがあるかもしれませんが、このようなトラディショナルなコーデにも順応。ニットとの色合わせでこなれ感をさらに格上げしています。

コーデ2

モノトーンを基調にして都会的なイメージのスタイルをメイク。モード顔な黒のスリムパンツをはきつつも男っぽく仕上がっているのは、ボリューム感のある1461を足元にもってきたおかげです。

コーデ3

トラッドなグレージャケットコーデを、色落ちデニム&3ホールシューズのカジュアルなマッチングでドレスダウン。上下で雰囲気に差をつけることで、メリハリ感のある装いに!

コーデ4

デニムカバーオール×カーキパンツのワークテイストな着こなし。アッパーにキルトパーツを付けて自分流にカスタムした3ホールシューズで、コーデに個性を出したのもポイントです。

コーデ5

万能シューズである1461は、ダウンベスト使いのアウトドアスタイルとの相性も良好! 秋色のトップスに対して靴は黒を合わせることで、引き締まった印象をプラスしています。

コーデ6

ボトムス・3ホールシューズ・ベレー帽をブラックで統一。色使いを最低限に抑えることによって、レッドカラーをまとった鮮烈なクルーネックニットの存在感を引き立てています。

コーデ7

『ミッドウエスト』のバイカラー切り替えシャツが主役。その色みをシューズと靴ひもでさりげなく拾って、着こなしに遊び心を生んでいます。なんとも小粋なテクニック!

コーデ8

デニム・オン・デニムにミリタリーコートを羽織ったタフなコーデには、質実剛健なマーチンがよく似合います。アイウェア&ハットの投入できれいめ感へのアプローチも抜かりなく。

コーデ9

グリーンのパンツやチェリーレッドの3ホールシューズなど、カラーアイテムを駆使。プレーンなコーデに色でアクセントをつけました。装いが簡潔だからこそ、色使いの上手さがよくわかりますね。

コーデ10

ダウンJKTにダウンオーバーオールを合わせた鮮度の高いスタイリング。ウェアで茶目っ気を効かせた分、足元には王道の1461をもってきて奇抜になりすぎないようバランスを調整しています。

時代や国境を超えて人々に支持される、『ドクターマーチン』の3ホールシューズ。大人であれば、この間違いない定番アイテムを1足は持っておきたいところです。きっと一度足をとおせば、その魅力にヤミツキになるハズ!

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る