ラコステのポロシャツL1212が愛され続ける理由とは?

ご存知の方も多いであろうブランド、『ラコステ』。誰でも着られるシンプルさとデザインの豊富さが魅力ですね。なかでも支持率が高いL1212が愛され続ける理由に迫ります。

ラコステのポロシャツL1212が愛され続ける理由とは?

改めて再確認。『ラコステ』の名作ポロシャツL1212とは

この世のポロシャツは、『ラコステ』のL1212がなければ生まれていないというほどの定番モデルとして長らくポロシャツ界に君臨し続けています。時代によってマイナーチェンジを繰り返しながら、人々のファッションに貢献してきました。

『ラコステ』の名作のポロシャツL1212の魅力とは

数十色のカラーバリエーションがあることや、長らく多くの人に愛されてきた歴史も魅力ですが、なんといっても多様なファッションテイストに合わせやすいという点が最大の魅力。フレンチカジュアルからヒップホップ系まで合わせられるシャツといわれているほど、汎用性が高いのです。

体型にフィットする日本企画モデルと当時のモデルを忠実に再現した祖国フランスモデル

日本で流通しているL1212にはフランス企画版と日本企画版の2種類あり、それぞれの魅力があります。それぞれの魅力ポイントを考慮してお気に入りの一枚を見つけたいところ。それぞれの魅力を紹介します。

日本企画のL1212

日本人男性の体型に合わせたスリムタイプとして流通しています。他国サイズ規格にはないSSサイズもあり、細身の方にはうれしい日本企画。ヘザーやメランジといった渋めのカラーがあることや、発色性が高く、洗濯を繰り返しても経年変化が少ない点が特徴です。

フランス製のL1212

一度90年代なかばにコストカットのため休止されたフランス製ですが、14年に復活しました。ネームタグも日本製とは異なり、70〜80年内にフランスで生産していたものを使用。ややラフな風合いが特徴で、日本製と異なり、洗濯を繰り返すことで経年変化が楽しめるのが魅力です。

『ラコステ』L1212を取り入れたコーデスナップ

みなさんが一番気になっているであろうコーデ集をご紹介します。長年の人気と信頼をもつ『ラコステ』L1212。すぐにマネできるコーデがたくさんありますよ! ビジネスライクなシーン、普段のカジュアルシーン両方で大活躍の一枚になること間違いなしです。

『ラコステ』L1212をきれいめに取り入れた着こなし

主にデートやビジネスシーンで取り入れられそうなL1212。難しそうなコーデに感じますが、少し工夫するだけでぐっときちんと感が演出できるのです! きれいめの着こなしができれば、1枚といわず何枚も欲しくなりそうですね。

コーデ1

爽やかさ漂うネイビーのL1212とボーダーカーデの組み合わせが初夏の装いにぴったりです。清潔感もあるのでデートコーデにも向いていますね。足元は素足にデッキシューズでより季節感をプラス!

コーデ2

こちらもネイビーのL1212。ホワイトパンツを合わせて爽やかにまとめています。ネイビー×ホワイトの組み合わせは相性抜群なので、おしゃれ初心者さんでも挑戦しやすいですよ。

コーデ3

ショーツスタイルをモノトーンカラーでまとめたクラシックリゾートコーディネート。レザーシューズのブラウンと、胸元のロゴマークがさりげない差し色になっています。

コーデ4

ネイビーの「L1212」はシックな印象ながら、ブラックよりやわらかな表情を醸し出せるので使いやすいのが魅力。ホワイトのパンツを合わせてさりげなくマリンカラーにしました。

コーデ5

こちらは絶対外さない黄金コーデ。ホワイトとネイビーのコンビはキリッとした印象を与えます。オフィスカジュアルにもぴったりですね。やはりネイビーは、着回しやすくておすすめです。

コーデ6

ポロシャツとハーフパンツの着こなしを、カーディガンの肩掛けでエレガントに仕上げています。1枚でさらっと着られるポロシャツですが、たまにはこんなアレンジしてみるのもいいですよね。

コーデ7

開襟衿タイプの別注L1212をシャツの感覚で着用した爽やかなクールビズコーデ。ネイビーカラーをバッグで拾い統一感を高めながら、グレーのセットアップで明るさを足しました。

コーデ8

爽やかさを前面に押し出したいなら、やはり選ぶべきはホワイトの「L1212」。ショーツで涼しさとアクティブさをプラスしながらも、足元はレザーシューズでしっかりと締めています。

コーデ9

ボーダーパターンの「L1212」はシップスの別注アイテム。色をリンクさせて全身をブラックとホワイトでまとめれば、シックな夏の通勤コーディネートが完成します。

コーデ10

プレーンなディテールが魅力の「L1212」は、1枚でさらりと着るだけでなくインナーとしても活躍します。ネイビーとホワイトのツートンコーディネートはソックスが差し色に。

『ラコステ』L1212をカジュアルめに取り入れた着こなし

普段の生活シーンで活躍しそうなコーデを紹介。先輩との飲み会や、友達とのちょっとしたお出掛けなどで注目されそうな着こなしをご紹介します。アウターやボトムスも幅広く合わせられそうです。

コーデ1

全体的にダークトーンでまとめたシンプルな着こなしですが、足元のサンダルでハズしたのがこなれて見えます。襟元から白Tをのぞかせたところも小技が効いていますね。

コーデ2

ホワイトのL1212を主役に、ほかのアイテムも淡いトーンでまとめて爽やかにスタイリング。ソックスの3本ラインがアクセントになり、程よくコーディネートを締めています。

コーデ3

きれいめコーデでご紹介した赤のL1212もハーフパンツならこんなにもカジュアルに。ビーチサンダルをはいたことでよりラフに仕上がっています。リゾートにぴったりの着こなしですね。

コーデ4

ゆったりとしたシルエットのクロップドパンツを合わせた、今年っぽい着こなしです。シンプルですが、L1212が品の良さをプラスし、ぐっと大人っぽい雰囲気に仕上がっています。

コーデ5

ホワイトのL1212をデニムとスニーカーでカジュアルに着こなしています。コーディネートがシンプルな分、柄物のキャップやポケットからのぞかせたバンダナで遊びを取り入れたところがお見事。

コーデ6

黒のL1212は着回し万能の優秀アイテム。デニムパンツとの相性もばっちりですよ。白スニーカーで抜け感と、ストローハットで夏気分をプラスして、きれいめカジュアルに仕上げています。

コーデ7

鮮やかなブルーのフレンチラコステが眩しい、夏のアクティブコーディネート。プロデューサー巻きしたイエローのシャツが、補色効果で開放的な印象を醸し出しています。

コーデ8

美しいエメラルドグリーンの「L1212」は存在感バツグン。さらにボーダーのカットソーを巻いて爽やかさをプラスしています。ボトムとシューズでその色を拾って統一感もバッチリ。

コーデ9

ラコステのトレードマークであるワニのワンポイントをすべてホワイトで表現した、通称「白ワニ」。一見無地にも見えるスッキリとしたデザインはシンプルコーデにぴったりです。

コーデ10

印象的なパターンのショーツを、ホワイトの「L1212」で爽やかに落ち着かせた、開放的な柄もバランス感の良いコーデ。足元をブラックの革靴で引き締めた点もグッドです。

セレクトショップ別注のL1212もチェック

「元祖ポロシャツ」と名高いL1212。名だたるセレクトショップからの別注依頼も後を絶ちません。ここでは今季おすすめの3着をご紹介します。

『シップス』別注

“メイド・イン・フランス”で復刻したこちらのモデルはヴィンテージタグや素材感が魅力的。見た目は誰もが知る1枚ながら所有感のある仕上がりに。

アイテム詳細を見る

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』別注

こちらも『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』の白ワニポロですが、こちらは細ラインのボーダーがあしらわれています。シンプルなカラーリングながら、1枚でさらりと着てもコーディネートの主役になりそうな一着。

アイテム詳細を見る

『エディフィス』別注

やわらかな素材感や胸元のワンポイント刺繍など、大部分は本家「L1212」をしっかりと踏襲しながら、胸のボタンが下まで開くようになっている「開襟衿」のディテールを取り入れており、シャツのように着られる一着。

アイテム詳細を見る

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る