おしゃれな大人を魅了する、リモワのスーツケースとは

『リモワ』といえば、旅慣れた大人たちから圧倒的な支持を集めるスーツケースのリーディングブランド。大人が魅了される理由、さらにはシリーズの種類まで一挙お届け。

おしゃれな大人を魅了する、リモワのスーツケースとは

大人の憧れ! 『リモワ』ってこんなブランドです

『リモワ』は、1898年にポール・モルシェック氏がドイツのケルンで立ち上げたブランドで、当初は欧州の上流階級の人々に向けレザー製の旅行鞄を作っていました。1930年代からは息子のリチャード氏に事業をバトンタッチ。欧州全土が深刻な革不足に陥る中、彼は航空機に使われていたアルミニウムに着目。1935年にアルミニウムトランクを完成させました。

1937年に一般市場に展開すると、広く認知され世界中で人気に。1950年にはアルミニウム合金(アルミニウム×マグネシウム)を用いることでさらに耐久性を高めたトパーズを発表。今なお定番として続く同作の大ヒットによって、『リモワ』はスーツケースブランドとして揺るぎない地位を確立しました。

『リモワ』のスーツケースの魅力

ドイツが誇る由緒正しきスーツケースブランド『リモワ』の魅力を、3項目に分けて徹底解説。長年にわたってワールドワイドに支持を得ているのは、ちゃんとした理由があるんです。

魅力1

独自のリブ加工による優れた耐久性

『リモワ』のスーツケースには、ご覧のとおり表面に凹凸がつられていますよね? これはリブ加工と呼ばれるもので、耐久性を飛躍的に高める効果があります。1930年代当時にドイツの最新鋭航空機であった、ユンカース52の外板設計技術から着想を得たディテールです。

驚異の耐久性に注目! なんと15階の高層ビルから落としても中に入っているものを保護する耐久性。修理をすれば半永久的に使えます。

魅力2

使い込むほどに味が出るから長く愛せる

使えば使うほどに味が深まるというのも見逃せない利点です。愛用による凹みや傷は本来デメリットになってしまいそうなもの。ですが『リモワ』の完成されたスーツケースは、それを味として昇華するポテンシャルを持っているんです。

ピカピカの『リモア』もいいですが、使い込んでいくうちについた擦れた傷やテープの跡も、味があってなかなかいいものですよ。傷を見るたびに、旅の思い出がよみがえるかもしれませんね。

魅力3

他ブランドにはない高級感とスタイリッシュさが楽しめる

そして『リモワ』のプロダクトは何といっても理屈抜きに“カッコイイ”んです。上質さとスタイリッシュ感をあわせ持ったそのルックスは、ほかのブランドと確実に一線を画しています。持つだけでコーディネートの格上げをかなえられる、そんなスーツケースブランドなんです。もちろん、街のしゃれ者たちも愛用中!

持っているだけでおしゃれな『リモア』。普通のスーツケースでは、これほどまでスタイリッシュになんて決まりません!

『リモワ』のスーツケース。正規品と並行輸入品それぞれの特性は?

『リモワ』のスーツケース。正規品と並行輸入品それぞれの特性は?

国内の正規店で買うメリットは何といっても安心感。商品知識豊富な専門スタッフのアドバイスを受けながら購入できますし、アフターサービスも100%安心です。一方、並行輸入品の魅力は何といっても安さにつきます。為替などにもよりますが、多くの場合は正規品よりも数割安価に購入することが可能。ただし、場合によっては傷ものや模造品、あるいは保証書がないものをつかんでしまうケースも……。必ず信頼性の高いショップで購入するようにしましょう。きちんと下調べができる人は並行輸入品を買うのも1つの手です。

『リモワ』のスーツケースの修理について

『リモワ』のスーツケースの修理について

『リモワ』のスーツケースには、なんと5年間もの修理保証がついています。たいていのブランドが2〜3年程度ということを考えると、これは心強いポイントですね。適切な使用の範囲内でのトラブルなら、保証期間内であれば、たいてい無償にて修理してもらえます。海外で購入した『リモワ』であっても、ギャランティカードのつく出自の確かなものであれば期間内は修理OK。基本的には国内の直営店に持ち込むか、正規代理店である林五のカスタマーサービスに送る形となります。

『リモワ』のスーツケース。サイズ感が知りたい!

『リモワ』から展開されているスーツケースの大きさは、写真のとおり。宿泊日数によって、スーツケースの大きさも異なるので、スーツケースを選ぶときは参考にしてください。

『リモワ』で選ぶべきスーツケースの種類をお届け!

最後は、『リモワ』が展開しているスーツケースを一挙公開。さまざまなバリエーションが用意されているので、自身のライフスタイルに合わせてピックアップすると良いでしょう。

モデル1

トパーズ

これなくして『リモワ』は語れない、ブランドを象徴する大定番ロングセラーモデル。実は筆者もヘビーユーザーのひとりです。初代の登場から66年がたつ今も、不動の看板ケースとして君臨しています。外側には鞄を引っ掛けられるフック、内部には2枚のディバイダーが付属するので非常に便利。また、頑強で風合いの良いアルミニウム合金は凹みがついてもサマになります。

価格.comで探す

モデル2

トパーズ チタニウム

各種ファンクションは上で紹介したトパーズとまったく同じですが、シャンパンゴールドカラーのアルミニウム合金を用いることでラグジュアリー感を出しているのが特徴。その華やかなカラーリングもあり、引いているとかなり目を引きます。周囲と差別化を図りたい人にオススメしたい、ハイエンドな逸品です。ただし、多少トパーズよりもプライスがアップします。

価格.comで探す

モデル3

トパーズ ステルス

こちらもトパーズのバリエーションシリーズのひとつ。マテリアルはほかと同じくアルミニウム合金なのですが、表面にマットブラックの塗装が施されているために、まるでステルス機のようにクールな&シャープな雰囲気を放っています。使い込むとこの塗装が徐々にはげてきてシルバーのアルミ合金が露出し、なんともいないこなれたムラ感が生まれるんです!

価格.comで探す

モデル4

クラシック フライト

スクエアなボディーシルエットやレザー巻きされたハンドルで、その名の示すとおりクラシックなムードを演出しているのがこのクラシックフライトです。内装に飛行機柄を散りばめたユニークなファブリックを用いているのも見どころのひとつ。マテリアルはこちらもアルミニウム合金で、価格はフラッグシップのトパーズよりも少しだけ抑えめの設定となっています。

価格.comで探す

モデル5

サルサ

絶対的な強度を備えるうえ、−100度〜+125度の温度変化にも耐えるポリカーボネート樹脂を使ったシリーズ。この素材は、機動隊のシールドで用いられるほどにハイクラスなものなんです! それでいて軽量性も抜群なのだから言うことナシ。アルミニウム合金製のケースよりもかなりライトウエイトなので、軽快に動きたい人向きのモデルと言るでしょう。

価格.comで探す

モデル6

サルサ デラックス

前述のサルサをベースとしつつ、さらに機能性をアップさせたのがサルサ デラックス。具体的には内装にディバイダーが1枚プラスされ、外側にはバッグホルダーが仕様されています。メタリックな表面加工を施したポリカーボネート樹脂を使っているのもキーポイント。“デラックス”の名に冠するにふさわしい、機能性&デザインともに一切隙のないプロダクトです。

価格.comで探す

モデル7

サルサ エアー

サルサシリーズの中はもとより、『リモワ』のスーツケース全体で最軽量を誇るのがこのモデル。なんと、サルサと比べて約4分の3程度の重量となっているのだから驚くばかり。写真は比較的コンパクトなサイズですが、105Lモデルでもたった3.7kgなんです。もちろん、テレスコープハンドルやTSAコンビネーションロックといった『リモワ』を象徴するディテールは踏襲しているので、使い勝手に関しても申し分ありません。

価格.comで探す

モデル8

ボレロ

デザインの基盤はサルサですが、大きく異なるのはボディーの前面に収納ポケットがセットされている点です。ジップを開けるとその中は蛇腹式で複数のポケットが装備されており、デジタルガジェットや書類などを仕分けて入れることが可能。ビジネスユースに特化したモデルといます。単体で持ち運ぶことができるラップトップケースが付属するのも魅力的。

価格.comで探す

モデル9

ボサノバ

クラシカル&ラグジュアリーな雰囲気がお好きな方には、このボサノバがおすすめ。四方の角と取っ手の部分には飾りミシンの入った本革があしらわれており、内装も全面にパラシュートと同程度の強度を持つキルティング素材が使用されているなど、とても高級感があり、かつ強度も申し分ないモデルです。もちろんTSAロック対応で、アメリカ圏への渡航も盤石。

価格.comで探す

モデル10

リンボ

ポリカーボネート製のスーツケースなのですが、トパーズなどのアルミニウム合金ケースの要素を取り入れているのがリンボの特徴。通常、ポリカーボネート製はファスナーオープンスタイルなのですが、このリンボはトパーズと同じフレーム式の開閉構造に。また、コーナーがアルミニウム合金によって補強されています。ポリカーボネートケースとアルミケースのイイとこ取りが◎。

価格.comで探す

ファッショニスタがこぞって愛する『リモワ』

ファッショニスタに愛用者多し! しゃれ者たちのスタイリッシュな『リモワ』スタイルをご紹介します。

コーデ1

ベスト&ハット、そしてボトムスには『ディーゼル』のジーンズと、トラッドとカジュアルのサジ加減が絶妙なスタイリング。そこにさらりと合わせたのは『リモワ』のトパーズ。艶やかなシルバーカラーのボディーが、大人のコーディネートをピリッと引き締めてくれます。

コーデ2

ネイビーの上下、そしてインナーにはカットソーをチョイスしたリゾートライクなセットアップ。着こなしに合わせてスーツケースも同系色を選択しています。ちなみに、ブルーをまとったこの『リモワ』のサルサは、日本国内のみの限定でリリースされているニューカラー。

コーデ3

『ユニフォームエクスペリメント』のレザージャケットとスーツケースのカラーリングをブラックで同調することで、シックなスタイルを構築した上級者。これぞ大人のトラベルコーデといったところでしょうか。愛用しているのは『リモワ』のトパーズ ステルスです。

コーデ4

ジャケット、パンツともに控えめなカラーリングでまとめたジャケットコーデ。だからこそ、パープルで彩られた『リモワ』のサルサ エアーがスタイルアクセントとして奏功します。スーツケースを着こなしのハズしで使う……なんていうのも、なかなかに小粋でいいですね。

コーデ5

アクセント使いした上のコーデとは対照的に、こちらは色使いの鮮やかなアメカジスタイルを、ブラックの『リモワ』で落ち着かせた着こなし。しかも、さりげなく靴と色を合わせています。どんなスタイルともハマる汎用性の高さは『リモワ』の大きなストロングポイント。

コーデ6

ボーダーのカットソーが爽やかな夏のリゾートコーディネート。半袖+ショートパンツ+スニーカーの身軽な着こなしに、良質なホイールでするすると軽快に滑る『リモワ』のスーツケースがよく似合います。シルバーカラーは主張が強いようでどんな着こなしにも合う万能選手。

コーデ7

こちらもまた、シンプルなコーディネートにシルバーの『リモワ』のスーツケースでスパイスを加えたグッドサンプル。全体的にゆったりしたアイテムを選んでいますが、さりげなくスニーカーにメタルカラーを選んでスーツケースと揃えているところが◎。

コーデ8

ビビッドなグリーンのマウンテンパーカーがインパクトを放つ、こちらのコーディネート。アウトドア感満載の着こなしにも『リモワ』のスーツケースはマッチします。こちらは32Lと28Lのもの。28Lのものは取っ手がブラウンレザーになっているところがポイント。

コーデ9

爽やかなブルーのステッチワークのシャツとホワイトの『リモワ』のスーツケースが好バランス。足元は脱ぎはぎ楽ちんなスリッパサンダルですが、スタイリッシュなデザインを選んでいるためラフすぎずキマっています。

コーデ10

『リモワ』のゴールドをステッカーで自分仕様の一点に。シンプルなデザインだからこそ、自由にアレンジできるのも魅力です。『ヒューマンメード』を着用したストリート系コーデともお似合い!

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る