憧れの一足。クロケット&ジョーンズの革靴を徹底分析

“高級=良品”とは限りません。しかし、価格に見合うブランドは必ず存在します。『クロケット&ジョーンズ』もそのひとつ。メンズ必見の革靴ブランドの魅力に迫ります。

憧れの一足。クロケット&ジョーンズの革靴を徹底分析

紳士御用達。『クロケット&ジョーンズ』ってどんなブランド?

『クロケット&ジョーンズ』は、1987年にイギリスの靴の聖地といわれているノーサンプトンで誕生したシューズブランド。世界中でもっとも豊富な木型の種類を有しており、シューズ作りに関する優れたノウハウを構築しているブランドです。

熟練したクラフトマンが作り上げる『クロケット&ジョーンズ』の革靴は、デザイン性、機能性ともに優れているのが特徴。数多くの男性の足元を支える一足として、今もなお人気のブランドなのです。

革靴で有名な『クロケット&ジョーンズ』。主力モデルを紹介

高品質の革靴を世に送り出し続けている『クロケット&ジョーンズ』の革靴のなかでも、特に人気が高い主力モデルを紹介します。

モデル1

オードリー

オードリーは、『クロケット&ジョーンズ』のなかで定番かつもっとも人気の高いモデルです。ハンドメイドのクオリティーを持つハンドグレードラインのひとつで、アッパーは靴内側の裏張り、底材にまで高級な素材が使われています。

オードリーはストレートチップシューズというタイプのシューズで、冠婚葬祭からビジネスシーンまで、フォーマルな場面で使用するような形状です。337という木型が採用されており、つま先部分が長すぎず短すぎない、絶妙なシルエットがポイント。

オードリーを含めたハンドグレードラインのシューズには、高価な子牛の革が採用されています。牛革は歳をとっている牛のものほどかたくなるので、やわらかい子牛の革のほうが足になじみやすいのです。ソールには耐久性のあるオークバークソールが使われています。

モデル2

モールトン

モールトンは、甲部分にU字型のステッチが入ったUチップシューズ。Uチップシューズはカジュアル向けのものが多いのですが、モールトンは比較的シックでドレッシーな作りのため、ビジネスシーンで履くことも可能です。

流行に左右されないシンプルなデザインなので合わせやすいことが特徴。また、292という幅広の木型を使用して作られているため、日本人の足にフィットする設計になっています。実はキング・オブ・シューズといわれている『ジョンロブ』のUチップシューズがモデルになったそう。

ソール(靴底)は、かためで耐久性のあるリッジウェイソールを採用。グリップ性のあるソールのため、疲れにくく履き心地も抜群です。また、アッパーにはバーニッシュドカーフという、摩擦を加えることによって革の表面に表情をつけた、味のある素材を使用しています。

モデル3

モンクトン

モンクトンは、モンクストラップという甲部分にバックルつきのストラップが取り付けられたデザインのシューズです。長めのつま先や靴の先端をとがらせてカットしたチゼルトゥ、小ぶりなヒールカップなどもモンクトンの特徴。

モンクトンは機能面もバッチリ。アッパーには防汚処理が施された革、レペロスエードが採用されているうえに、撥水効果もあるのでさまざまな天候にも対応しています。長い間履き続けることのできる、耐久性のある一足です。

また、ラバーソールにはグリップ力のあるイギリスのハルボロラバー社の代ナイトソールを取り入れており、上の2足とともに非常に良い履き心地のシューズです。木型には348が使用されています。

モデル4

チャートシー

チャートシーは『クロケット&ジョーンズ』のなかでも50年以上にわたって愛され続けている、定番のチャッカブーツです。チャートシーのシューズのなかでは比較的つま先部分が短く、シャープすぎないシルエットになっています。

木型224を使用しており、丸すぎずシャープすぎないデザインのチャートシーは、幅広いテイストのスタイルに合わせることができます。スエードのカラーはタバコブラウンと呼ばれる、古き良きイギリスの伝統を感じる温かな色みです。

アッパーはスエードですが、ソールはレザーなのでカジュアルすぎない印象のブーツです。きれいめコーデにハマりそうなアイテム。また、耐久性に優れたスエードなので、長く履き続けられること間違いナシ。

モデル5

チェルシー

『クロケット&ジョーンズ』が製造しているサイドゴアブーツがチェルシーです。サイドゴアブーツの発祥がロンドンのチェルシー地区だったことにちなんでこの名前がついています。むだなものをそぎ落としたシンプルな一足は、所有者も着こなしも選ばず幅広いコーデに活用することが可能です。

チェルシーの木型には341が使われており、シューズは細身でシャープなシルエットになっています。少し丸みを帯びたつま先部分や、小さめのヒールがポイント。甲の部分の高さもしっかりとってあるので、快適な履き心地です。

チェルシーのアッパーには水はじきに優れたワックス加工を施してある、ブラックカーフを使用しているので天気が悪い日でも安心して履くことができます。また、ソールはモンクトンと同じダイナイトソールが採用されています。

『クロケット&ジョーンズ』でつくるビジネス対応のきれいめコーデ

『クロケット&ジョーンズ』の革靴は、やはりスーツ姿に合わせてこそ輝きを放ちます。ただし、合わせるスーツやシャツなどの組み合わせも重要。そのヒントを探りましょう。

『クロケット&ジョーンズ』を使用したオフィスカジュアルスタイル。カッチリしすぎない全体のコーデを重厚感のあるシックなシューズで引きしめた着こなしです。ソックスを履かず、肌を見せることで抜け感のある雰囲気に。

オーソドックスなブラックの革靴をグレーのスーツに合わせることで、より一層落ち着いた大人スタイルを演出。そのシルエットや革の色合いから品質の良さが見て取れるようなアイテムなので、足元にシックな印象をプラスしてくれています。

ライトグレーのスーツをパリッと着こなしたスタイルに、『クロケット&ジョーンズ』のブラックの革靴を投入し、きっちりオフィスコーデに。しっかりキメたいときには、こんなふうに高価で高品質なアイテムをプラスして、デキる大人風に。

『クロケット&ジョーンズ』のブラックの革靴を、ブルー系で統一したネイビーのスーツコーデに合わせると王道フォーマルスタイルに。ビジネスパーソンの貫録や、大人の男といった印象をイメージさせる着こなしです。

ストライプのネイビースーツとストラップ付きのブラックの革靴を合わせた、おしゃれなオフィスコーデです。柄物のスーツなのでファッショナブル感を出しながらもシックでドレッシーなシューズで全体を引きしめたスタイル。

チェックシャツを取り入れたオフィスカジュアルスタイルに、『クロケット&ジョーンズ』のブラウンの革靴を投入したコーデ。カッチリしすぎないジャケットの着こなしに、重厚感のあるシューズをプラスして一気に大人っぽい印象に。

チェックを基調としたビジネススタイルに『クロケット&ジョーンズ』のブラックの革靴をプラスしたドレッシーなコーデ。インパクトの強い柄物のスーツを、同系色のシューズでまとめた絶妙なバランスの着こなし。

ライトグレーのスーツと『クロケット&ジョーンズ』のブラウンの革靴だと、このような明るい印象に。それぞれきれいめ、またはきっちりめのアイテムなので、明るい色み同士でもカジュアルすぎる雰囲気にはならず、節度を持ったオフィススタイルに。

グレー系のチェック、パンツのきれいめモノトーンコーデに、ブラックのクロケット&ジョーンズをプラスしたおしゃれなオフィスカジュアルスタイル。シックなシューズなので、シャツをインして全体のシルエットをタイトにしたコーデによく映えます。

パーティーシーンでのフォーマルな着こなしに『クロケット&ジョーンズ』のブラックの革靴を合わせた、オーソドックスな礼服コーデ。シンプルでむだのない洗練されたデザインのシューズなので、冠婚葬祭場面でも活躍します。

意外とハマる!? 『クロケット&ジョーンズ』でつくるカジュアルコーデ

革靴の王道ブランドでありながら、大人のカジュアルコーデを格上げしてくれるのも『クロケット&ジョーンズ』の魅力。カジュアルなスタイリングに、いかに『クロケット&ジョーンズ』を組み込むかを、街のおしゃれな男性たちから探ります。

ネイビーのロングコートをサラリと羽織ったスタイルに、ブラウンのチェルシーを合わせたきれいめ大人コーデ。シンプルながらも洗練されたデザインのブーツなので、きれいめカジュアルスタイルとの相性はバツグン。

ホワイトとブラックのみを使用した、モノトーンカラーのカジュアルコーデ。『クロケット&ジョーンズ』のブラックの革靴を加えることで、コーデ全体が引きしめたり絶妙なバランスに。足元の肌見せで抜け感を出し、やぼったさを取り除いている技ありスタイル。

チェックシャツとブラックの細身のパンツのカジュアルコーデに、意外にもハマる『クロケット&ジョーンズ』のブラックのシューズ。シャープなシルエットの革靴を投入することで、足元がすっきりとしたスタイリッシュな印象に。

スウェットと白シャツを組み合わせたリラックスカジュアルコーデに、『クロケット&ジョーンズ』のブラックの革靴をプラス。気取らない抜け感のあるスタイルのなかで、洗練されたシルエットの革靴が足元に重厚感を出した着こなしです。

全体をブラックカラーで統一したクールでスタイリッシュなモノトーンコーデと、『クロケット&ジョーンズ』のブラックの革靴の組み合わせ。ジャケットの素材がスポーツテイストもプラスしつつ、シャープな印象になっています。余計なものをそぎ落としたシンプルな大人カジュアルスタイルです。

迷彩柄のシャツがワイルドな印象のカジュアルコーデに、すんなりハマる『クロケット&ジョーンズ』のチェルシー。『クロケット&ジョーンズ』のシューズのなかでは比較的カジュアルなデザインなので、違和感なく合わせることができます。

デニムシャツ、ダウンジャケット、デイパックなどのカジュアルアイテムのなかで、『クロケット&ジョーンズ』の革靴が引きしめ役を担っているコーデ。アクティブな印象の着こなしでも、引きしめやハズし役としてだと無理なく取り入れることができます。

グレーのトップスやホワイトのジャケットなどといった、明るい色みを中心とした適度な脱力感のあるきれいめコーデに、ブラックの革靴を取り入れたスタイル。ここでも全体の引きしめ役として、足元にシックな印象を残しています。

グレーのチェスターコートとパンツを使った、シンプルでありながらもどこかモード感のあるおしゃれコーデにブラックの革靴を組み合わせたスタイリッシュコーデ。ブラックのトップスとソックス、革靴が全体のアクセントに。

暗めのカラーで統一されたきれいめコーデにブラックの革靴をプラスした王道きれいめカジュアルコーデ。モノトーン系のカラーでまとまりが出ているのをシューズが軽く引きしめた大人のシンプルカジュアルスタイル。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る