インテリアになじむ、おしゃれ家電バルミューダ

家電ブランド『バルミューダ』をご存じですか? 高機能であるだけでなく、インテリアになじむことで大人気のおしゃれ家電ブランドです。人気の注目アイテムを一挙ご紹介!

ブランド:
キーワード:

インテリアになじむ、おしゃれ家電バルミューダ

意外と知らない。『バルミューダ』って、どんなブランド?

『バルミューダ』は、2003年に東京で立ち上げられた“クリエイティブ”家電ブランド。家電は日々の生活を楽にしてくれるアイテム、という概念を覆す、わくわくするようなおしゃれデザインがバルミューダ社のアイテムの最大の特徴です。同社のミッション「クリエイティブな心で夢見た未来を、テクノロジーの力で実現して役に立つ」のもと、クリエイティブで使う人の心をときめかせる家電アイテムを日々創り出しています。

『バルミューダ』は、2003年に東京で立ち上げられた“クリエイティブ”家電ブランド。家電は日々の生活を楽にしてくれるアイテム、という概念を覆す、わくわくするようなおしゃれデザインがバルミューダ社のアイテムの最大の特徴です。同社のミッション「クリエイティブな心で夢見た未来を、テクノロジーの力で実現して役に立つ」のもと、クリエイティブで使う人の心をときめかせる家電アイテムを日々創り出しています。

いつから? どうして? 『バルミューダ』がヒットしたきっかけとは?

現在若い世代を中心に大人気を誇る『バルミューダ』ですが、何をきっかけにブランドが大ヒットしたのでしょうか? ここは、意外と謎に包まれていることかもしれませんね。まずは、ヒットのきっかけとなった商品をご紹介します。

ヒットしたきっかけになったアイテムは扇風機、グリーンファンジャパン

「エアコンの冷気を好まない人もいる。自然風のような心地よい風を届ける扇風機を作りたい」という一心で開発された扇風機です。扇風機はずっと当たっていると寒いですが、羽根部分を二重にし、高級DCブラシレスモーターを搭載することで、「ずっと当たっていられる」扇風機を実現させました。

価格.comで探す

GreenFan Japanはどのインテリアにも合うシンプルさがスゴい

まったく装飾がなく、むだのないデザインの扇風機・GreenFan Japanは、世界でも最も権威のあるデザイン賞「レッドドット・デザイン賞」、「iFデザインアワード」を受賞したこともあるほど。家電を置く際に気になる「生活感」も出にくく、スタイリッシュ性も抜群です。

見た目だけじゃない。省エネ性・消音性・送風力も魅力

機能面にも目を見張るものがあります。まずは省エネ性。ひと夏の電気代は、なんと24円という結果が出ています。また、13デシベルという、蝶のはばたきと同程度の音しか発しないという静音性も魅力で、風は15m先まで届きます。冬場、暖気を循環させるサーキュレーターとしても使用可能です。

朝食が変わる。『バルミューダ』のトースターが今人気すぎるんです

『バルミューダ』のアイテムは扇風機以外にもたくさんあります。中でも注目度が高いのが、トースター。主婦の方はもちろん、1人暮らしの男性も注目するほどのアイテムなんです。さて、いったいどんなトースターなんでしょうか?

2015年の発売以降、革新的な機能で大注目を集めている、ザ・トースター。大注目された機能は主に2つ。もっちり、サクサクしたトーストを作るスチームテクノロジーと、温度制御システム機能です。これらの機能を組み合わせ、まるで窯から取り出したばかりの焼きたての味を再現できるのです。

価格.comで探す

スチームテクノロジーは、天板上にある注ぎ口から5mlの水を加えるだけで最高の焼き上がりが楽しめる機能です。温度制御はパンのやわらかさをよみがえらせる60℃、表面がきつね色になる160℃、焦げ目ができる220℃の温度帯に区別。これらの機能で、食感や見た目もすばらしいパンが味わえるのです。

見た目はツヤ消し塗装で高級感も感じられるほか、丸い窓や角に施されたアール加工にかわいらしさも感じられます。両脇のつまみは温度調整とパンに合わせたモードに別れています。難しい操作は必要ありません。カラーは、現在のところブラック、ホワイト、限定カラーのグレーの3色展開となっています。

代表アイテムだけじゃない。ライターおすすめの『バルミューダ』アイテム

先ほども少し触れましたが、『バルミューダ』アイテムはこれら2点だけではありません。ほかにも私たちをわくわくさせてくれる、クリエイティブで心おどるような家電をリリースしています。私のおすすめアイテムをご紹介しますね。

ザ・ゴハン

トースターだけでなく、最近は炊飯器も手がけている『バルミューダ』。トースターのスチーム技術を応用し、「やさしい熱でご飯のうまみを引き出す」ことに成功しています。やさしく熱を加えることでご飯の甘みをより引き出せるだけでなく、お米自体もシャキッと味が引き締まるのだそうですよ!

価格.comで探す

ザ・ポット

トースターや炊飯器と並べても見劣りしない、シンプルで立派なこちらのケトルも大人気アイテムなんです。コーヒーなら3杯分、カップ麺なら2杯分程度の容量で、1人世帯でもちょうどよく使えるサイズとなっています。空焚き防止機能や自動電源OFF機能もあり、安全面もばっちり。

価格.comで探す

エア・エンジン

デザイン賞受賞経験がある空気清浄機、エア・エンジンは、従来の空気清浄機では除去が難しかった花粉やPM2.5を強力吸引できる能力を誇っています。また、吸引した細菌などを機内で除菌・分解することも可能で、病気の原因になりかねない細菌やウイルス、カビの活性化を防げますよ。

価格.comで探す

おしゃれです。『バルミューダ』とともに暮らす生活

おしゃれ家電『バルミューダ』のアイテムは、インテリアではどのようにディスプレイできるのでしょうか。とくに、場所を選ばないものはディスプレイをどうしようかな……と悩む方は多いのでは? ルームクリップで見つけた『バルミューダ』のある生活風景をご紹介します。

先ほどご紹介した扇風機は、テレビ近くなど電化製品の近くに置いておくと、扇風機の風で熱を持ちがちな製品の発熱も抑えられそうですね。周りのインテリアのカラーも、ホワイト、ブラック、ウッドとまとめられているため、高さがある同系色の扇風機を置いていても圧迫感がありません。

yuuさんのアカウントはこちら

アイアンのラックやブリキのレトロアイテム……など、レトロでインダストリアルな空間にも『バルミューダ』のトースターはフィットします。周りに高いものがないため圧迫感もなく、また同じスペースに並んでいるアイテムのサイズ感もほぼ同じで、ものは多いですが散らかった印象に見えませんね。

manaさんのアカウントはこちら

この空間のどこかに、先ほどご紹介した空気清浄機があります(恥ずかしながら、私はすぐに見つけることができませんでした)。植木ポットの横にあるのですが、ほぼ植木と同じような高さでまったく目立ちません。植木ポットやインテリアのカラーによくなじんでおり、家電の生活感がすっかり消えています。

okuriさんのアカウントはこちら

ホワイトとブラックを基調とした空間にひっそりとなじんでいる扇風機。こちらも、存在感があるのかないのか、とても絶妙な存在感でたたずんでいます。スリムなため、壁とテーブルの間に置いていても狭さを感じさせません。こんなに小型でも、その位置から一番奥に座る人まで風が届くなんて、驚きですよね。

ishiさんのアカウントはこちら

サイドテーブルと並べるとよくわかりますが、『バルミューダ』の空気清浄機は本当にコンパクト。「これ、空気清浄機だよ」と言われないとわからないようなミニマムなデザイン性はさすがです。隙間にほどよくフィットするため、お部屋が狭い方でも簡単にディスプレイできるのではないでしょうか。

ma717koさんのアカウントはこちら

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る