オールデン(ALDEN)

オールデンの革靴で、コードバン以外に買い増ししたい10足

オールデンの革靴で、コードバン以外に買い増ししたい10足

『オールデン』は、1887年にアメリカで誕生した名門レザーシューズブランド。男ならば誰もが憧れるであろう極上の“逸足”、その魅力からおすすめまでを紹介します。

コマツ ショウゴ

オールデン解体新書・人気3モデルの革靴を徹底紹介

オールデン解体新書・人気3モデルの革靴を徹底紹介

アメリカ発の革靴ブランド、オールデンの魅力を解説。大人のメンズには必須のプレーントゥやチャッカブーツ、Vチップなど、オールデンの人気革靴も紹介します。

ライターF.W

革靴はコードバンの“オールデン”を選べば間違いない

革靴はコードバンの“オールデン”を選べば間違いない

アメリカントラッドの不可欠な存在であり、アメリカの靴文化を象徴するシューズメーカー『オールデン』。魅力的な別注も出ているけど、まずはコードバンの定番が欲しい!

NAKAYAMA

ボーナスでいかが?10万円以内で探す名作ブーツ10選

ボーナスでいかが?10万円以内で探す名作ブーツ10選

スニーカーもいいがこれからの季節はブーツも気になるところ。そこで今回は、10万円を出してでも手に入れたい名門ブーツメーカーの名作と呼ばれる10足を紹介しよう。

大中 志摩

1足でコーデ幅が広がる! プレーントゥシューズ紹介

1足でコーデ幅が広がる! プレーントゥシューズ紹介

革靴の基本形とも言われ、ベーシックな作りが特徴のプレーントゥ。洗練されたシンプルなデザインはごまかしがきかない分、基本をしっかり押さえて確かな逸品を選びたい。

大中 志摩

シックに取り入れたい!本格ウィングチップシューズ

シックに取り入れたい!本格ウィングチップシューズ

トレンドのクラシックなメンズコーデに取り入れるべき、本格ウィングチップシューズを紹介します。本物を手に入れておけば、末長く愛用できて愛着も増していくハズ。

NAKAYAMA

“いい大人”がローファーを選ぶワケを考えてみた

“いい大人”がローファーを選ぶワケを考えてみた

ファッショニスタから多く支持を集めるローファーだが、なぜおしゃれなメンズはこぞってコーデに取り入れるのだろうか。今回は“いい大人”が選ぶそのワケを考えてみた。

菊地 亮

大人こそ手にしたい! 誰もが名作と認める革靴10選

大人こそ手にしたい! 誰もが名作と認める革靴10選

エレガントなルックスに加え、手入れ次第ではより長く付き合える。革靴はいつの時代も我々を魅了してやまないが、中でもこれを履かずして終われない珠玉の一足をご紹介。

菊地 亮

今シーズンの狙い目は、骨太かつドレッシーなブーツ

今シーズンの狙い目は、骨太かつドレッシーなブーツ

スニーカー人気が落ち着き、久々にブーツ復権の予感が漂う今季。狙い目はワークテイストではなく、スラックスにも合わせられるような、エレガントさを備えるモデルです。

桐田 政隆

革靴でよく聞く、ホーウィン社のクロムエクセルとは?

革靴でよく聞く、ホーウィン社のクロムエクセルとは?

オールデン、ホワイツ、ヴァイバーグなど、世界に名だたるブーツメーカーの名作に使用されるホーウィン社のクロムエクセルレザー。その魅力と起用モデルを紹介します。

大中 志摩

“デキる”大人はいつの時代も足元に投資する

“デキる”大人はいつの時代も足元に投資する

プレゼン、商談、会食など、勝負をかけたい時こそ会心の1足をご準備あれ。“足元”を見られても平然としていられるその姿に、周りは高い信頼を寄せるのだから。

菊地 亮

お堅くならない革靴筆頭のローファーが夏には必要だ

お堅くならない革靴筆頭のローファーが夏には必要だ

革靴の一種であり、どんなボトムスにも遜色なくハマるローファー。ただ、ひとえにローファーと言ってもその種類は多彩。そこで、特に知っておきたい3モデルを取り上げる。

菊地 亮

靴べらにこだわると、大人になった気がする。

靴べらにこだわると、大人になった気がする。

ジャストフィットの靴も踵を潰さずに履けるシューホーン(靴べら)。キーホルダーとして、または玄関のインテリアとして、男を格上げするアイテムです。

ライターT

これがなくちゃ始まらない! 偏愛ローファー

これがなくちゃ始まらない! 偏愛ローファー

時代を超えて愛されるローファーは、紳士の必須ファッションアイテムではないでしょうか? 一度手にしたらもう二度と手放せなくなる、あのブランドの逸品をご紹介。

AI

BACK