ティソ(TISSOT)

経験豊富な男たちへ、100年の時を超えて復刻を遂げた名作を

経験豊富な男たちへ、100年の時を超えて復刻を遂げた名作を

さまざまなモノと出会い、あらゆる経験を積みながら熟成されていく男の生き様とは、まるで1本のワインのようだ。そんな熟練した男にぴったりな腕時計が、『ティソ』より…

TASCLAP編集部

高コスパなスイス時計を輩出。ティソから選ぶおすすめモデル15選

高コスパなスイス時計を輩出。ティソから選ぶおすすめモデル15選

多くの名門、高級ブランドがしのぎを削る腕時計のメッカ、スイス。なかでも『ティソ』は、機能的で比較的手が届く価格帯の展開がある、注目度の高いブランドだ。

菊地 亮

トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

一部気の早い好事家の間で、長らく続いていた薄軽ウォッチブームの反動が来ている。昨今腕時計ブランドからリリースされる新作を眺めていても、あえてケースに厚みを出し…

牟田神 佑介

スイスの老舗から、“限定”に弱い我々へ。新生活にうれしい腕時計が到着

スイスの老舗から、“限定”に弱い我々へ。新生活にうれしい腕時計が到着

多少なりとも腕時計に興味を持つ人であれば、スイスメイドの、しかも機械式ムーブメントを搭載した本格派ウォッチに憧れるのは当然だ。だがファッションウォッチとは異な…

牟田神 佑介

世紀を超えて愛される名品に、ほんの少しの“遊び心”を

世紀を超えて愛される名品に、ほんの少しの“遊び心”を

歴史において1つの時代の区切りでもある、100年。現代から遡ること100年前の日本といえば、限られた情報源のなか手探りで西洋化に邁進し、第一次世界大戦や米騒動が起こ…

小林 大甫

古き良き時代に想いを馳せて。40年代の薫り漂う機械式時計

古き良き時代に想いを馳せて。40年代の薫り漂う機械式時計

年齢を重ねるほどに、“良いモノ”に興味を持つ機会は増えていく。腕時計などはとくにそうで、30歳を超えたあたりから機械式時計に興味が出てきた、という人は少なくない…

山崎 サトシ

BACK