キーンのサンダル完全ガイド。人気モデルと着こなし方

フェスやキャンプ、屋外のアクティブシーン全般において、欠かせない存在となっている『キーン』。ブランドの歴史から注目のモデル、着こなしサンプルまで一挙に公開!

キーンのサンダル完全ガイド。人気モデルと着こなし方

『キーン』とは?

『キーン』は、2003年にローリー・ファーストによって設立されたアウトドアフットウェアブランド。米国オレゴン州・ポートランドに拠点を構え、「CREATE(創造すること)」「PLAY(楽しむこと)」「CARE(気遣うこと)」という3つのキーワードを組み合わせた“ハイブリッドライフ”というコンセプトのもとにフットウェアを展開。

写真のアイテム詳細を見る

アウトドアで使える『キーン』の魅力

魅力1

本格トレッキングからライトハイクまで。幅広いブーツのラインアップ

『キーン』は本格的なトレッキングモデルから、ライトハイクモデル、タウンユースと兼用できる汎用性の高いモデルまで、幅広いラインアップで、シーンに最適なシューズを見つけることができる。コストパフォーマンスの高さも人気の理由だ。

写真のアイテム詳細を見る

魅力2

サンダルの種類も豊富に展開

トレッキングやハイキングブーツだけではなく、水陸両用のスポーツサンダルやテントサイトで履くサンダルなど、サンダルのバリエーションも豊富に展開。話題のアーティストとのコラボレーションモデルの制作なども意欲的に行っている。

写真のアイテム詳細を見る

魅力3

機能最優先と高いデザイン性を調和

機能性を徹底的に追及。フィールドでの快適性を実現させる高機能シューズを展開しているが、オリジナリティあふれるデザインもしっかりと主張させる。ひと目で『キーン』だと識別できる独自性の強いデザインがファンをとりこにしている。また、環境の保護・推進活動を行っている団体をバックアップするなど、企業としての活動にも注目されている。

写真のアイテム詳細を見る

モデル別。『キーン』のおすすめサンダル

ジャンルを問わず、幅広いシューズを展開する『キーン』。今回はサンダルに絞っておすすめのモデルを紹介する。足をしっかりとホールドするスポーツタイプのモデルから、サッと履けて気軽に使えるモデルまで人気のサンダルをピックアップ!

ユニーク

2本のひもとソールの組み合わせにより作られた革新的なオープン・エア・スニーカー「ユニーク」。足の動きに合わせて自由自在に変形するアッパー部分は、足を締め付けから解放し、無重力状態へと誘ってくれる。防滑性に優れたラバー製アウトソールは歩きやすく、フィールドでの快適な歩行を実現してくれる。

アイテム詳細を見る

ヨギ アーツ

テントサイトなどで活躍する軽量なサンダル。アウトドアだけではなく、タウンユースに着用している人も多い人気のモデルだ。Yogui「Arts」の名のとおり、アッパーを彩る多才なアートが特徴のモデルで、毎年有名なアーティストとのコラボレーションを展開している

アイテム詳細を見る

ニューポートH2

創業モデル「ニューポート」の機能はそのままに、水分を吸収しにくく、軽量な素材へ変更したアップデートバージョン。水辺から陸地まで、地球を旅するために生まれた水陸兼用のハイブリッドモデル。幅広いシーンで活躍する汎用性の高いモデルだ。

アイテム詳細を見る

ザンベジ

『キーン』パフォーマンスサンダルのトップモデル。的確に配置されたTPUパーツが適所をプロテクトし、優れたホールド性能を実現する。軽量かつクッション性に優れたソールユニットははだし感覚を実現してくれる。フィット感に優れ、着脱がスムーズに行えるワンプルウェビング仕様もうれしい。

アイテム詳細を見る

クタ

クタは、快適性と機能性を両立した多機能ライトウェイトモデル。超軽量の水陸両用ハイブリッドフットウェアとして高い人気を誇るモデルだ。コストパフォーマンスにも優れているため、初めて本格サンダルを手にする人には、ぜひこのモデルをおすすめしたい。

アイテム詳細を見る

シャンティアーツ

スタイリッシュでミニマルなデザインに、驚くほど軽量でソフトなボディーを組み合わせたコンフォートサンダルがシャンティアーツ。パッカブルに収納できるので、キャンプやハイキングの際のセカンドシューズとしても最適。1足持っておくと重宝する。

アイテム詳細を見る

『キーン』のサンダルと好相性なアイテムは?

独創的なデザインが際立つ『キーン』のサンダルに最適なアイテムを紹介。デイリーシーンからアウトドアシーンまで使える汎用性の高いアイテムをピックアップしてみた。

『クレッタルムーセン』エタドライジャケット

『キーン』のアイテムと組み合わせるならば、同様にアウトドアブランドで固めるのがおすすめ。その最たるものが、マウンテンパーカー。シンプルなデザインを選んでおけば、タウンユースとアウトドアユースに兼用できる。

アイテム詳細を見る

『マナスタッシュ』Tシャツ

イギリス、マンチェスター在住のイラストレーター、ベン・ラム氏が描いた男性の肖像が印象的なTシャツ。アース系のカラーをふんだんに使ったイラストは『キーン』の持つ独特な雰囲気ともマッチする。シンプルなデニムを挟んでさらりと合わせても様になるだろう。

アイテム詳細を見る

『グラミチ』×『ビームス』別注 ウェザーストレッチ パンツ

『グラミチ』のタウンウェア仕様パンツではナローパンツが最も有名であるが、ダイナミックなフォルムの『キーン』サンダルと合わせるならゆったりめのモデルが向いている。裾をロールアップして足首を見せて履くと全体のバランスが取りやすいのでおすすめだ。

アイテム詳細を見る

『グラミチ』×『シップス』別注タイプライターショーツ

グラミチの中でも一番短丈の軽快なモデルをベースに、シップス別注でタイプライター素材にしたもの。ショーツの場合は、少々派手色でも問題なくなじむ。垂らしたウェービングベルトとサンダルの相性が意外と抜群。

アイテム詳細を見る

『コロンビア』タスパスソックス

サンダルを履いて長時間歩く際は、ソックスを履くと疲れにくい。ソックスを選ぶ際は、アウトドアやスポーツ系の厚手で、しっかりとした作がベストだ。さらにデザイン性のあるものだと◎。

アイテム詳細を見る

『キーン』のサンダルは素足では履く? ソックスと合わせる?

近年、ちまたではシャワーサンダルをソックスに合わせるコーディネートが流行しているが、その波はキーンのサンダルにも及んでいる。もちろん素足に合わせてもオーソドックスなオシャレおしゃれが楽しめるし、ソックスと合わせれば今風に。それぞれのコツをお伝えしよう。

素足で履くなら足首を見せてシルエットにメリハリをつけるべし

ボリューミーに仕上がっているモデルの多い『キーン』のサンダル。そのうえからボトムスの裾を重ねてしまうと、全体的にボッテリとした印象になってしまう。ロールアップして足首を見せ、サンダルとの対比でシルエットにメリハリをつけるとあか抜けるのでおすすめだ。ショーツも夏らしくて◎。

ソックスと合わせて履くなら、2種類のソックスを使い分けよう

『キーン』のサンダルはいずれも主張の強いデザインが多いが、「個性はシェイプにまかせて色柄はシンプルに抑えた」ものと、「色柄も遊んでいる」ものの2種類に大別できる。前者ならば派手なソックスを合わせても楽しいが、後者の場合はケンカしないようシンプルなソックスを選ぼう。

『キーン』のサンダル。おしゃれな着こなし方

アウターのボリュームやパンツの丈感など、サンダルをメインにした着こなしは難易度が高い。たくさんのコーディネート例を紹介するので、自分の取り入れやすい着こなしを探して参考にしてみてほしい。

ノーブルで都会的なモノトーンスタイルに、違和感なく『キーン』のユニークをなじませたお手本の着こなし。色のバランスでアウトドア感を払拭し、スタイリッシュに着こなしている。

カジュアルな街着に、さりげなく『キーン』のユニークを取り入れた小粋さが光る。パンツはロールアップして足首を見せるくらいのほうが、サンダルが際立ち、バランスもよい。

全身アウトドアウェアで統一したフェスやキャンプ、外遊びに最適なスタイル。派手柄×ビビッドカラーの着こなしを黒のユニークで引き締めた。『キーン』のサンダルはショーツとの相性も抜群だ。

どんな着こなしともマッチする黒のユニーク。さりげなくアウトドアの雰囲気が香るカジュアルウエアを合わせて違和感なくまとめている。パンツはロールアップで足首を見せるのが基本だ。

コーディネートのハズシにヨギアーツを合わせた好例。丈の短いパンツをチョイスしたことにより、チェックシャツとサンダルの組み合わせも違和感なくなじんでいる。帽子やサングラスのアクセントもお見事。

ライトブルーのデニムと『キーン』のホワイト。明るい色の組み合わせが目に爽やかなコーディネートだ。そのままだと退屈になりがちなところへ、アースカラーのトップスでスパイスを足した。

『キーン』の中でもカラフルなモデルに、あえて柄アウターをぶつけた冒険的なコーデも、ホワイトパンツを挟めば不思議と落ち着く。インナーでサンダルのピンクを拾った点もミソ。

鮮やかなレッドの『キーン』ニューポート H2を差し色にしたアクティブコーデ。アウターにはグリーン、ボトムスにはブルーを使用し、落ち着きがある中にも開放的な配色だ。

スプリングコートを主役とするきれいめコーデに合わせると、ホワイトのユニークが革靴のような上品さを醸す。アンクルパンツで足首を見せるのは『キーン』サンダル着用時の必勝法だ。

ブラウンカラーのユニークは、アウトドア感が抑えられシックな印象を加えてくれて◎。ボーダーカットソーにカーゴパンツのカジュアルスタイルに合わせても、どことなく上品さが漂う。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る